manamimaru
500+ Views

北欧のライフスタイルマーケット3/12, 13に国連大学前で開催

「モノを通じて現地の美意識を追求」する、この北欧のライフスタイルマーケット。前回は12月に行われたこのイベント、第2回目は3/12, 13に行われます。今回は50店舗が参加!
そのうち、19店舗は初参加なので、第1回のイベントに行かれた人も、また新しい出会いああるはず!
当日は、北欧雑貨、家具、お菓子やグリーン、本など、北欧の生活が感じられるモノで会場があふれます。
これは、フィンランドのアラビアのカップ&ソーサー。
青がとっても綺麗で印象的です。これがもし会場に残ってたら、買いたい〜^^
出店者情報は、こちらから→ http://farmersmarkets.jp/nordic-lifestyle-market/
北欧の古いものを大切にする文化、きっと日本と通じるものがあるはず。
早く行きたいな〜!
Nordic Lifestyle Market Season 02 : Spring 2016
会期:2016年3月12日(土)、3月13日(日) 10:00~16:00
会場:国際連合大学中庭広場/東京都渋谷区神宮前5-53-70
入場:無料
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
京都の穴場、まさに「はんなり」の城南宮(早春は枝垂れ梅と椿の響宴)
友人曰く「まるであの世の光景」だそうですが、私まだ生きてます(笑)。 遡る話なので同じ光景が見られるのはまた来年になりますが、これは普通に京都観光で撮った一枚。このシャッタースポットは多少穴場ではあるんですが、でもこの光景を狙ってここにずっと通ってる写真家さんもいます。 こう見ると観光地っぽいですよね。 場所は京都城南宮の神苑内、「春の山」と呼ばれているエリアの入口付近です。上の写真はこの春の山の逆側に回り込んだあたりから撮ったもの。ここから長い間、向こう側が見通せないくらいの枝垂れ梅が続きます。 苑内を一周してみると全敷地がとても華やかに造園されていて、それぞれの旬に訪れてみたいと思う場所でした。現地のあちこちに「源氏物語」と書かれていたので帰って来て調べたら、そもそも白河上皇が源氏物語の六条院から着想して作った離宮ということで納得。京の言葉で言えばまさしく「はんなり」ですね。 今年2月18日から3月21日は「しだれ梅と椿まつり」。椿は苑内あちこちで見かけるんですが、この春の山は写真の枝垂れ梅がメインのエリアです。今知りましたが期間内は美容健康と招福の「梅の花守り」が梅を冠した巫女さんから特別授与されるとのこと。私もいただいてくればよかった…。同じ羽目にならぬよう、事前に上のリンクで見頃や椿餅など一通りチェックされるのをお勧めします。 私が行った3月一週目は旬を過ぎたころだったのか、風がふくたびに桜吹雪のような梅吹雪が舞い散りました。 だから築山の地表はこのとおり。この写真だと梅の枝は既に花が散って寂しい状態なんですが、この地表だからこその一枚目の写真(地面が白ピンク)になるんですよね。だから枝垂れ梅の散る前でも散り過ぎたころでもない、ちょっとだけ遅いタイミングを狙うと「あの世」感が味わえます。 というわけで、城南宮お勧めです。私も京都に行ったらなるべく訪れることにします。 実は城南宮は京都の南側で周囲になにもないので(※)わざわざ行くのは時間が惜しいと思ってました。 実際行ってみると京都駅から地下鉄で7分&タクシーで1メーターで行けます。タクシーに乗らず20分歩いてもいいのですが、歩いて楽しい道ではないし、旅行中なら貴重な時間と体力をセーブする方がいいかなと思います。ただしタクシーが非常に少ないですが…。 ほかに京都駅から京都らくなんエクスプレスバスで20分程、または市営バスで30分程という手もあります。 ちなみにこれから4月になると桜・藤・つつじの時期、「春の御苑花めぐり」というイベントに切り替わるそうです。 方除けの大社 神南宮 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地 075-623-0846 ※周辺地図を見ると周りに色々あるみたいですね。鳥羽離宮跡はチェックすべきだったかも…というわけで歩くのも悪くないかもしれません。次回はちゃんと予習しなくては!(でも道によっては環七みたいな感じなんですよ)
『東京JAZZ地図』を読んで都内でジャズを楽しもう
これまでに幾度となく使い古されてきたであろうことは承知の上で言わせていただくが、ジャズはとにかく入り口が広く、また敷居が高いという偏見を抱かれがちであるので、ジャズに興味を抱いていてもどう聞き始めればいいのかがいまいち分からないという方が多いそうだ。 ジャズバー、ジャズクラブ、ジャズ喫茶レコードショップetc... ジャズを取り扱う店舗は数多あれど、いかんせんどういった格好でそこに訪れればいいのか、どういった客層の方々がいるのか、と余計な心配事をしてしまう方にオススメの一冊が今月登場した。 それが『東京JAZZ地図』だ。 内容としては今現在トレンドとなっているような店から、ジャズを古くから扱っているような店まで幅広く掲載されているようであり、ジャズ喫茶もコーヒータイム編とバータイム編とで章が分かれているという丁寧っぷり。 更に現役DJ(大塚広子)や評論家、瀬川昌久へのインタビュー、ジャズライブスポット、ジャズレコードショップの特集もあるので非常に盛りだくさんな内容となっている。ジャズイベントリストも掲載されているので、東京JAZZ地図片手に早速イベントに突撃してみることをオススメしたい。 これまでちょっとニッチでも紹介してきたように無料のイベントなども開催されているのでサクッと気軽にジャズを体験してみよう。
とっても綺麗な花で溢れる公園、オランダ・キューケンホフ!
この写真は、オランダの街中ですけど、とっても綺麗なのでトップに持ってきました笑 自転車使用率がとても高いオランダなので、街中は自転車に乗る人がたくさん。駐輪されている自転車もたくさん。 これは、どこでだったか思い出せませんが、自転車泥棒って、自転車まるごとじゃなくて、例えばハンドルだけ、とかも盗んでしまうんですよ。笑 ちょっと駐輪するの躊躇しますよね。ま、駐車しますけど!笑 さて、オランダには、キューケンホフという毎年恒例のお花の祭典があります!(3月下旬〜5月中旬) 正確には、祭典というより、公園を8週間にわたり、開放して、花々を訪れた人々にみせるショーケースのようなものなのです。が、公園の中で人間チェスができたり、面白いイベントがあるのでお祭りみたいなものだと思ってます!笑 これが、本当にすごくて、こんなに花の種類があったのか!!!と衝撃を受けるほど、オランダを代表する花チューリップの他、たくさんの種類の花たちが咲いています。 球根としては700万、チューリップの種類としては800もあり、32ヘクタールの大規模の公園の中に咲いています。 実は、このキューケンホフにある球根は、100の企業が提供しているものなんです。チューリップを生きるカタログとして、ここでビジネスチャンスを掴むようですよ!^^ 観光のいい名所にもなるし、ビジネスのプラットホームにも使っているなんて、さすが効率重視の国オランダ!!! もーーっと咲いてるんですが、持っている写真でいいのがなかった(泣) でも、木漏れ日の落ちる並木道もとても綺麗ですよね。 行くまで知らなかったのですが、オランダは木靴が有名のようで。 私の好きなハイジを思い出しました♡笑 でも、実際履くとなると、痛そうで歩きにくそうだけど、日本でいう下駄みたいな感覚なのだろうか。 オランダまた行きたくなったーーーーーー!!!!!