irohasu
100+ Views

怪獣供養の専門家!ウルトラ木魚いろいろ

すいません!!!
これ見て欲しいと思ってももう注文できません!1年以上前の情報です!
でも紹介したかった、、なぜかというと東京の増上寺で実際に使われてるからです!!!
まじめに人形供養してるとかでした。
話が深すぎるwwww
まじめか、、、
ウルトラ木魚は4種類あります。円谷プロ50周年記念企画だったらしい。
メタってるのとかミニサイズとか、、座布団みたいなやつが豪華なのとそうじゃないのがあります。
前書いたやつの表紙にもなってた!!
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
たけしが丁寧にお笑いを語る貴重な機会パート3
ビートたけしは、浅草をルーツとする芸人で、お笑いの歴史を俯瞰できる人でもある。新しいお笑いもいいけれど、たまにはルーツを紐解きたい。なんて人にはおすすめの番組が、漫才、コントと続いていよいよ落語がやってきます。 たけし&鶴瓶が落語を語る「ニッポン芸能史」 立川談春とのスペシャル対談も http://natalie.mu/owarai/news/161385 NHK BSプレミアム 2015年10月10日(土)19:30~21:00 3大コントって伝統のネタがあった!、漫才のルーツがアメリカにあった!とか、過去の2回も興味深い内容でした。流石ビートたけしは、深見千三郎先生の弟子だ。 『たけしの“これがホントのニッポン芸能史” コント』 http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3303/2040332/ http://mediagong.jp/?p=10690 なんと日本3大コントというものがあるらしい (「仁丹」「天丼」「レストラン殺人事件」の3つ) http://d.hatena.ne.jp/karatedou/20121228%23p1 『たけしの“これがホントのニッポン芸能史” 漫才』 http://d.hatena.ne.jp/katokitiz/20150322/1427001992 例えばエンタツ・アチャコの代表的なネタだと言われている「早慶戦」は元々アボット&コステロというアメリカのコンビのネタに「メジャーリーグ」というものがあって、それを絶対見てたはずだと解説。実は今の日本の漫才のスタイルはアメリカから来たものだったという新説をとなえる。 今回はどんな新説が飛び出るのか。楽しみです。
テレビの進化か。正統派年寄り向け番組「じゅん散歩」で高田純次がボケまくる
あの王道散歩番組で高田純次が登場。 いつまで続くのか心配なくらいボケてます。 (見ていない人はじゅん散歩でTwitterをチェック!) 元気が出るテレビ出演時の懐かしいVTRで高田順次さんのロケレポートを見ると、異常なサービス精神で、ハチャメチャにやっていて、とにかく凄い。近年もテキトーと評されることが多いですが、何もない所にすかして無駄な煙を立てる姿は、全然変わっていません。 しかしながら、ちい散歩ゆうゆう散歩に続く正統派の番組に、アナーキーおじさんがはいってきて、絶妙なバランスを取るというのは、テレビも進化したなあと感じませんか(誰への主張なのか)。もはや面白くない人でこういう番組が成り立つ人を探す方が難しいのかもしれません。否、安定のテレビ東京がありました(前田吟、舞の海、長谷川初則いろいろ探せばいるか)。 それはともかく、録画したくなる楽しい番組がまたひとつ増えました。 まあ後半は相変わらずほとんど通販コーナーですが、、、 じゅん散歩http://www.tv-asahi.co.jp/junsanpo/ テレビ朝日 2015年9月28日(月)スタート 毎週月曜~金曜 9:55~10:30 <出演者> 散歩人:高田純次 通販コーナー:新山千春 / 愛華みれ 追伸:生稲さんお疲れさま~。
「仏教的にLGBTってOKなの?」お坊さんに聞いてみたという記事がオモシロい
これは、友人に勧められて読んだ記事です! やる気あり美さん! お坊さん2人とインタビュアー2人(ゲイ俗人らしい!)が繰り広げる会話が本当に面白い。 そして、やたら深いのです。 この記事は、「やる気あり美ーさまざまなゲイの、色々ー」というサイトの1つの記事です。 まず、お坊さんにLGBTについてどう思うか?というインタビューをしようと思ったきっかけは、テレビで、ある占い師が同性愛者は地獄へ落ちると発言していたのを見て、仏教的にはどうなるのかな〜とふと疑問に思ったことからのようです。 仏教的立場で見ると、太田さんや金沢さんだったら、たまたま男性に生まれて好きになった相手が男性だったっていう、ただの因縁というか、現象なんですよね。その事実をありのままに見つめた時に、良いとか悪いっていうことは一切ないんです。 この言葉は、お坊さんの大澤さんのお言葉。仏教、惚れそう。笑 これは一部抜粋で、インタビューの内容は以下の引用元リンクから見られるので、ぜひ見てみてください^^ 引用元:http://yaruki-arimi.com/bohsan/2/ 「やる気あり美」は、任意団体のようです。 メンバーは、サイトには5人と記載されてましたが、写真には6人・・・? 5、6人です。笑 彼らは、「世の中とLGBTのグッとくる接点をもっと」をモットーにこのサイトを運営しているようです。LGBTと言っても、当たり前なのですが本当に色んな方がいます。この方達の記事をみていると、なんだかすごくポジティブな気持ちになります。 LGBTって聞いたことはあるけど、よくわからないんだよなーって人は、このサイトをきっかけに接点を増やしていくのもいいかもしれませんよ〜!
【カズオ・イシグロ】『わたしを離さないで』連ドラ化決定!
 『わたしを離さないで』をご存知だろうか。これもまた一般に名作として知られる書籍であるが、今作はなんと連続ドラマ化することになった。 以下詳細である。 http://www.oricon.co.jp/news/2062541/full/ より引用  ”女優の綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみの出演 で、日系英国人作家カズオ・イシグロ氏の『わたしを離さないで』が連続ドラマ化されることが18日、わかった。 1月よりTBS系金曜ドラマ枠(毎週金曜 後10:00)で放送 される。  同作は、2005年の発表直後から話題になり、英国でミリオンセラーとなった作品。” これまでにも様々な形で映像化されてきた本作だが、それゆえに中々に評価は厳しいものになるだろう。  さらに加えて今回のドラマ版では 舞台を原作のイギリスから日本に置き換えて物語を展開する とのことでありこれまた物議を醸すこと間違いなしである(出演者が日本人であるため仕方のないことではあるが)。    どうにも最近オリジナルの脚本で作品が描かれるケースが減りすぎているような気がしてならない上にこの独自の設定である。多少なりとも私はこの日本の大衆文化の行く末を憂いてしまうし、こういった形で作品が描かれると知って作家本人はどういった気持ちなのだろうと気にしてしまうが、カズオ・イシグロはここで鬼の寛大さを見せてきた。 曰く ”「この物語が私の生まれた国で、新しくより広い範囲の視聴者に楽しんでいただけるということで深い満足感を覚えます。ドラマという形式がどのような新しい要素を原作から引き出してくれるのか、大変興味があります」とコメント。連ドラ化について「最初の5話の脚本を読みましたが、物語の中でこれまで光の当たっていなかった部分、奇妙で興味をそそるような角やくぼみ、気づいていたけれども開けたことのなかったドアを開けて新しい部屋をまるまる見つけるような、原作の新しい部分を発見して、光を当ててくれると自信を持って言えます」” http://www.oricon.co.jp/news/2062541/full/ より引用 とのことだ。何と心優しいコメント。私もこれくらいの寛大さでこのドラマと向き合ってみようと思う。
スウェーデンの8人の若者が完全に自由を奪われる、リアリティ番組「独裁者の部屋」【Eテレで放送!3月21日~24日】
第1話放送後の反響によって実現した、全編放送! NHK日本賞にも選ばれている「独裁者の部屋」は、スウェーデンのリアリティ番組だ。 電話も、パソコンもなし。外出禁止。あったことはすべて報告。 この番組は、スウェーデンの若者8人が独裁者の監視のもと、8日間の暮らしに挑む話。勝者には、10万クローネ(約133万円)が与えられますが、彼らにはどうすれば賞金が勝ち取れるのかは知らされていません。 すべて管理させている社会ということか・・・。 民主主義とはなにか、人権が尊重されない社会とはなにか、 多くの議論を呼びそうなこの番組は、民主主義とは反対の世界を描くことで、社会問題について考えさせられるものになっている。 政治に無関心ということは、どういう事態を起こしうるのか。 子供や若者だけでなく、大人にも見てほしい番組だと思う。 製作者コメントがありました! (以下、http://www.nhk.or.jp/jp-prize/2015/prize_audio_youth.html から引用) 「独裁者の部屋」は若い視聴者、特に政治には関心がないという若者たちに、民主主義の価値について考えてもらうことを目的とした番組です。また、民主主義の大切さと、それを達成するための市民参加の必要性について議論を巻き起こしたいという狙いもありました。こうした狙いを実現するために、思い切った手法や挑発的な内容にしました。 市民の権利と自由が制限された独裁体制下での暮らしはどんなものなのか。さまざまな状況に対して、彼らはどんな選択をするのか。生まれて初めて民主主義の世界を離れた彼らは、人間としてどう変わってゆき、これまでの生活をどう見つめ直すのか。この体験を通して彼らが考え、そして視聴者が考えることが、この番組の目指すべきところだと考えています。 一部映像は、ここで見られますよ http://www.nhk.or.jp/jp-prize/2015/prize_winner.html 放送日時: 第1~2話 3月21日午前1時55分~ 第3~4話 3月22日1時40分~ 第5~6話 3月23日1時40分~ 第7~8話 3月24日1時50分~ かなり注目の番組。深夜放送なので、録画でもしてぜひチェックを! 感想きかせてください!
展覧会「一休 ‐ とんち小僧の正体」五島美術館(世田谷)
とんちのひと?変わり物?果たしてその実態は アニメ一休さんおなじみの禅僧は実在の人物である事は割と知られているが、その実態はあまり知られていない。一休宗純(いっきゅうそうじゅん)は、室町時代の実在の僧である、後小松天皇の子と言われている(これもアニメなどで知られている)。 しかしあのトンチ小僧のイメージは後付けらしいという話も。 一休をとりまく肖像画、物語など様々な資料から、一休を手繰ろうという展覧会だ。 乱世を生き抜いた一休の姿は今の時代にこそ魅力に感じる人もいるのでは。 (画像はアニメDVDパッケージ) 五島美術館 展覧会「一休 ‐ とんち小僧の正体」 期間 10/24~12/6 休館 月曜(11/23開館)、11/24 時間 10~17時(入館は16:30まで) 入館料 一般1200円/高・大学生900円/中学生以下無料 住所 東京都世田谷区上野毛3-9-25 アクセス 東急・大井町線(各駅停車)「上野毛(かみのげ)駅」下車徒歩5分 http://www.gotoh-museum.or.jp/exhibition/open.html 11/21には公演会も 「とんち小僧一休の正体」岡 雅彦氏(国文学研究資料館名誉教授) 午後2時より(開場・受付は午後1時) 五島美術館別館講堂 アニメの一休さん 懐かしい人は結構大人かな。 http://www.toei-anim.co.jp/lineup/tv/ikkyu/