yummlyskitchen
1,000+ Views

ライムがさわやか ライム・レアチーズケーキ

ライムをたくさん買ってきました。
最近暖かい日が続いていたので、少し気が早いけれどちょっと涼しげな雰囲気のライムがたっぷり入ったレアチーズケーキを作ってみました。
ライムのさわやかな香りがたまらない、さっぱりまろやかな口当たり。
これからの季節にぴったりなケーキです。
材料 (直径約18cmの底なしのケーキ型)
クラスト
ダイジェスティブクッキー 7枚
バター 40g
フィリング
クリームチーズ 200g
プレーンヨーグルト 200g
生クリーム 200g
砂糖 60g
板ゼラチン 5枚
ライムの果汁 1個分
ゼリー
ライムの果汁 1.5個分
水 大さじ2
砂糖 大さじ1
板ゼラチン 2枚
飾り用ライム 0.5個
作り方
ケーキ型を皿上におき、底部と側面にバターを薄くぬる。
クラスト部分をつくる。
ダイジェスティブクッキーをフードプロセッサーに入れ粉状にくだく。小鍋にバターを入れ溶かし、クッキーを加えてよくまぜる。
ケーキ型の底部分に敷き詰め、スプーンなどで押しながら平にならす。
冷蔵庫で30分ほど冷やしかためる。
フィリングをつくる。
板ゼラチンを少量の水につけてふやかしておく。
大きめのボールにクリームチーズを入れ、砂糖を加えてよく混ぜ合わせる。
ヨーグルト、生クリームを加えてよくまぜる。
ライムの果汁をしぼり、小鍋にいれて沸騰直前まで熱す。火からおろしふやかしたゼラチンを入れてよく溶かす。すこし冷めるまでおいておく。
クリームチーズの混合物をかき混ぜながら、ライムの果汁をほんのすこしずつ注ぎ入れよく混ぜ込む。
冷蔵庫からケーキ型を出し、クラストの上にフィリングを注ぎいれ、表面を平にならす。
冷蔵庫で再び2時間ほど冷やしかためる。
ゼリー部分をつくる。
ゼラチンを水につけてふやかす。
ライム果汁、水、砂糖を小鍋にいれて沸騰直前まで温める。
ゼラチンを加えてとかし、完全にさめるまでおいておく。
飾り用にライムを薄くスライスする。
冷蔵庫からケーキ型を取り出し、ライムの薄切りをのせ、ゼラチンを溶かした果汁を注ぎ入れる。
冷蔵庫で再び1、2時間冷やし、ゼリーが固まったら型からだして出来上がり。
4 Comments
Suggested
Recent
なるほど!あたためると、とれやすくなるんですね!ほかのデザートにも代用できそう♪試してみます!^^
このケーキ思うより全然簡単に作れちゃうんです。時間的にもそんなにかからないし。型から取るときは内周りを竹串などでなぞったあと金属の型の外側を手で一周温めてあげるんです。するとうまくとれるはずです。ぜひお試しを!
本当に爽やかな香りがしそう!それにしても型からこんなに綺麗にとれるなんて、すごい!お店に買いに行きたくなりました・・・ライムレアチーズケーキ。。美味しそう〜!
うわああ。。さわやかな香りがこっちまで漂ってきそうな。。。美味しそうです。
Cards you may also be interested in
さつまいも・りんご・レーズンマフィン
こないだコメントをしてくださった@yoshi3さんのアイデア、さつまいも&りんごマフィン、レーズンを足して作ってみました〜 甘酸っぱいりんごとほくほくしたさつまいもが絶妙のマッチ。 ごろごろ入った具が醸し出す食感もまたよし。 おいしい秋色たっぷりのマフィンができました。 材料 バター(室温) 100g 砂糖 100g 小麦粉 200g たまご 2個 ベーキングパウダー 小さじ2 さつまいも 1本 りんご 1個 レーズン 一掴み レモン汁 1/2個分 砂糖 大さじ1 シナモン 小さじ1/2 材料 りんごを皮のままサイコロ状にきる。 小鍋に入れて砂糖とレモン汁を加え、中火で10分ほど、りんごが少し柔らかくなるまで煮る。火からあげシナモンを加え、そのまま冷ましておく。 さつまいもはふかしてから、サイコロ状にきる。 オーブンを200度にあたためておく。 大きめのボールに室温で柔らかくしておいたバターと砂糖を入れ、ハンドミキサーでかき混ぜる。大きなだま状になってよく混ざり合ったら、卵を一つずつ加え、その度によくかき混ぜる。 小麦粉とベーキングパウダーを別のボールでよく混ぜておき、先のボールに半分ずつ加えて混ぜこむ。 粉っぽさが残っているうちに冷めたりんご、さつまいも、レーズンを加えて生地に混ぜ込む。 マフィンシートをしいたマフィン型に生地をスプーンなどですくいながら9分目ぐらいまで入れる。 オーブンに入れ25分焼き、網の上に出して冷ましたらできあがり。
大人のシンプルチーズケーキ LA TERRE さんの“酪”
もとは三宿の洋菓子店、今は渋谷と二子玉川のフードショーに出店されてるラテールさん。私は普段ブーランジェリーの方ばかりでケーキ類の方はそこまで頻繁に買わないんですが、この酪(らく)と米粉のロールケーキだけはことあるごとにお世話になってます。 この酪は5周年記念で開発されたそうなんですが(今知った)、焼いてるタイプのチーズケーキでありながら、クリームのようなスポンジが溶けたような軽めのレアチーズの食感で、少し前まで流行ってた「生○○」って形容詞がまさに似合う感じの口溶けです。 甘過ぎず、酸味が強過ぎず、しっかりチーズの味があるけど気取ってないし重くない。そして見た目もケーキのようにこれ見よがしでなく、実にシンプル向きだしなよさがあります。奇を衒わない見た目同様に、お味も地に足の着いた間違いの無い味。 そんな佇まいなのでこれまでは自分用に買ってたんですが、今日グルマンなお友達にお裾分けしたら評判がよかったのでご紹介してみました。1つ200円程度で、ショップなら1つから買い求められます。ラテールさんはパンも美味しいので、渋谷・二子玉川にお立ち寄りの際はお試しください〜 3個からオンライン注文も可能なようです。 お店の場所
ソウルのおいしいチョコレートカフェ「17℃」
息子が生まれて半年経ったので色々とお出かけするようになり、先日久しぶりにソウルの大好きな街、ホンデに行ってきました!おいしいもの好きの夫がオススメのカフェがあるということで連れて行ってくれたのがこのお店です。 妊娠前からずっと工事中だったヨンナムドンという地域に新しい散歩道が完成して、犬の散歩をしたり芝生に寝転んだりと人々も思い思いに過ごしていてゆったりしたいい空間になっていました。周辺には雰囲気のいいショップやカフェもたくさんできていて、「17℃」もその一角、散歩道沿いにあります。 秋の心地よい空気の中、オープンエアの席でいただくチョコレートのスイーツはどれもハズレなし!とてもおいしいです。 ぶっちゃけ、初めて行ってその味に感激し、3週連続で通いました(笑)。とてもオススメの一軒です。ソウルにいらしたら是非行ってみてください。 初めて行ったときに衝撃を受けたのがこのチョコピンス(かき氷)。凍らせたミルクチョコレートを削っているので溶けても薄まったりしません。とても繊細に削られていて、ふわふわ、軽い口当たりです。 9月末まではミルクチョコかダークチョコが選べるとのことだったので後日、ダークチョコを食べに再訪。ダークといってもそこまで渋くはない、やさしい味でした。 もともとこのカフェを教えてくれたのは夫。自分の誕生日に自分で買ってきた(汗)ケーキがこのお店のチョコレートケーキだったのです。 なんの飾りもないシンプルな見た目にびっくりしましたが、食べてみてさらにびっくり!甘すぎないチョコレートの口どけの良さ、スポンジケーキのしっとり感、絶妙のバランスでした! 前述したチョコレートケーキのカット版。チョコレートドリンクも文句無しのおいしさ!その季節ならではのフレーバーチョコレートドリンクも月替りで楽しめるようです(ちなみに10月は「モンブラン」だそうですよ〜)♡
和菓子のお雑煮、花びら餅
お正月休みも終わりますねー。個人的に毎年だいたい大掃除して実家に行って帰ってきたら終わってるという慌ただしい休暇なので特に嬉しくもないんですが、この時期に楽しみなのが花びら餅です。 大大大大好物で、和菓子の中で一番美味しいんじゃないかと思うくらい。お正月前後しか販売されないので飽きるまで食べすぎないのもいいのかもしれません。 もとは宮中雑煮という食べ物からお菓子になった経緯のため、味噌餡と牛蒡がベーシックな中身のようです。私がいつも買う仙太郎さんのは人参も入っていてますますお雑煮。古式ゆかしく牛蒡も二本です。詳しくはこちらを。 お正月限定菓子なのであちこち食べ比べる機会もないのですが、今まで食べた中では仙太郎さんの味が一番好みでかれこれ10年くらいいただいてます。 牛蒡も人参も餡もそれぞれとてもいい味な上に、口の中で一緒になるとこれまた絶妙のバランス。味だけでなく食感や香りや水分もパーフェクトなんじゃないでしょうか。販売されてるうちにあと3回は食べちゃおう。 と、こんなに褒めておきながら実はほかにも美味しい花びら餅があったら食べてみたい。たまには違うお店で買ってみようかなあ。 「ここの花びら餅はすんごいよ」というのがあったら是非教えてください! 仙太郎
厚揚げの中華風サラダ☆お酒のおつまみ
この前、このレシピを発見し、お酒のお供に作ってみました♪ 簡単でお腹もちもよくて、コスパも最高です♡ 材料 厚揚げ 1枚 もやし 1袋 A 酢 大さじ2 醤油  大さじ2 砂糖 大さじ1 みそ 大さじ1 ごま油 小さじ1 にんにく すりおろし 1片分 小ねぎ、白ごま 各適量 作り方 ①もやしは、熱湯でさっと茹でる。 ②ざるにあげてそのまま冷ます。(水っぽくなるので、水にはさらしません。) ③厚揚げは、熱湯をかけて水けをきり、オーブントースターで約8分焼いて、食べやすい厚 さに切る。  ※お魚を焼くグリルでもOk。 ④Aの調味料を混ぜ合わせてタレを作る。  皿にもやし、厚揚げの順で盛り、Aのタレをかける。  白ごま、小口切りした小ねぎを散らす。 そしてここにちょっとアレンジして・・・・ 冷蔵庫に、「ちりめんじぁこ」が あったので、カリカリにして上からかけて食べてましたよ=333 なんといっても、この味噌を入れるのがポイントな気がします!! たれは作り置き可能との事で、多めに作って、保管しておきました♪ 最近では、サラダ・豆腐・唐揚げにかけたりして使ってますよ~(*´∇`*) 低カロリーで美味しく、味もさっぱりしているので、焼酎・日本酒のおつまみにはバッチリです!! 参考レシピ https://oceans-nadia.com/user/36/recipe/101061
カップケーキ・チュートリアル 1
簡単ふわふわカップケーキの作り方、たくさんの画像つきで詳しく紹介します。 今日は第1日目、ふわふわカップケーキ本体の作り方を、次回第2日目ではおいしいかわいいフロスティングの作り方を見ていきます。 それでは始めましょう〜 まずは材料です。 小麦粉(中力粉か薄力粉)200g 砂糖 200g バター(室温において柔らかくしておく) 110g たまご 2こ ベーキングパウダー 小さじ2 牛乳 125ml バニラエッセンス 小さじ2 またはココアパウダー 大さじ4(バニラエッセンスのかわりにココアパウダーを入れるとチョコレート味のカップケーキになります)。 材料を揃えたら、オーブンを180度に温めておきましょう。 さて、では作り方です。 まず大きなボールに柔らかくしたバターと砂糖を入れます。 ハンドミキサーで砂糖とバターをよく混ぜ合わせます。写真のようにボロボロした状態になります。 そこへたまごを一つずつ混ぜ込みます。 たまご2個を混ぜあわせたところです。なめらかになりました。 バニラエッセンスを加えます。(チョコレート味にする場合はこれを省いてください。) 別のボールに小麦粉とベーキングパウダーを混ぜておきます。 チョコレート味にする場合はここでココアパウダーも一緒に混ぜ合わせます。 最初のボールに粉類を2、3回に分けて混ぜ込みます。そのたびにゴムベラで縁に残った粉をこすり落としましょう。 次に牛乳を加えよくまぜこみます。これで生地のできあがりです。 マフィン型にシートを敷きます。 スプーンなどを使い、生地を8分目ぐらいまで入れましょう。 180度に温めておいたオーブンに入れ、25分ぐらい焼きます。 焼き上がりました。マフィン型に入れたまましばらく(10分ぐらい)おいておきましょう。 型からだし、網などの上でよく冷まします。 ふんわりおいしいカップケーキの出来上がりです。普段のおやつにはこのままで十分!さあ召し上がれ〜 次回はカップケーキを華やかに飾るおいしくてかわいいフロスティングの作り方を紹介します。ぜひそちらもご覧ください〜
ラズベリーとマスカルポーネのデザート❤️
こないだ作ったマスカルポーネでデザートを。 パイ生地で作ったサクサクのクラストに、マスカルポーネとホイップした生クリームを混ぜ込んだクリームをたっぷりのせ、その上にラズベリーを飾りました。 クリームが濃厚なのでお砂糖を控えめにしたら、かなりあっさり味のデザートになりました。何個でもいけちゃいそうで危険ですけどね🎵 材料 クラスト バター(室温でやわらかくしておく) 60g 砂糖 20g 小麦粉 120g 塩 小さじ1/4 卵白 1/2個分 フィリング 生クリーム 1/2カップ マスカルポーネ 大さじ4 砂糖 大さじ2 飾り ラズベリー ミントの葉 作り方 クラストの材料を卵白以外すべてボールに入れ、手でバターをほぐしながらまぜる。 ぼそぼそした粉状になったら卵白を加え、一つにまとまるまで手でこねる。 サランラップに包み、冷蔵庫で30分ほどねかす。 オーブンを180度にあたためる。 生地を冷蔵庫から出し綿棒などで平に伸ばし、グラスなどを使って丸く型抜く。マフィン型などの裏面にバターを薄くぬり、丸く型ぬいた生地をかぶせて逆さのカップ状に手でならす(上の写真参照)。 オーブンに入れ、20分ほど焦げ色がつくまで焼く。 オーブンから出しそのままおいておき、冷めたら型からはずし、完全にさます。 生クリームを8分目まで泡立て、砂糖、マスカルポーネを加えてさらにかき混ぜ、固めのクリーム状にする。 クラストにスプーンなどをつかってクリームをのせ、ラズベリーとミントを飾ったらできあがり。
ドラゴンボール鍋を食べて願いを叶えよう!
冬と言えば、鍋!! その鍋で今話題になっている鍋があるみたい♪ それは愛知県名古屋市にある「居酒屋 暖家ダイニング」で提供されている『ドラゴンボール鍋』☆☆☆☆☆ でもメニューに「ドラゴンボール鍋」と言うメニューはなく、何種類かの「鍋メニュー」から選び、具として「コラーゲンボール」をオーダーする仕組みになっているよ♪ コラーゲンボールは3個か7個と選択が可能との事ですが、みなさんやはり頼むのは7個を選択する方が多いとか~(✿´ ꒳ ` ) しかも、コラーゲンドラゴンボールの星はにんじんで出来ていて、、7つ頼んだらちゃんと1~7つまでのボールのドラゴンボールが登場するという、クオリティーの高さには驚き!!! 溶ける前に、早く願い事をして食べないとだよね~.ヽ(○´∀`)ノ wwww なにか見るだけでも元気が湧いてきそうな鍋で、旅行で訪れた際には絶対行ってみたい~♪ 早く東京にも出来て欲しいなぁ♡ 鍋の種類も豊富で、「もつ鍋・豚キムチ・鳥団子・豆乳」などいろいろあるみたい~ ※鍋の種類は変わるかもしれないので注意。 暖家ダイニング 場所 愛知県名古屋市緑区万場山1-806 電話 052-891-8189 予約可能 営業時間 17:30~23:30 定休日 月曜・第3火曜(祝日の場合翌日休日 食べログ http://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23010093/ ヒトサラ http://hitosara.com/tlog_23010093/
手作りリコッタチーズ チュートリアル
今日はリコッタチーズの作り方チュートリアルです。 作り方を初めて知った時は、え〜こんなに簡単に作れるのお〜と目からウロコでした。 簡単でまず失敗することもなく、しかもリコッタチーズってお菓子にお料理にと、あるといろいろ活用できてとても重宝。 ぜひぜひ作ってみてください〜🎵 材料 牛乳 750ml 生クリーム 100ml お酢※(米酢や穀物酢などでなくホワイトビネガーと呼ばれるもの)またはレモン汁 大さじ2 塩 小さじ1/2 ※ホワイトビネガー(普通のスーパーにはないかも)とレモン、働きはまったく変わらないので、ホワイトビネガーがなければわざわざ買わずにレモンを使ってくださいね。 それでは作っていきましょう〜 鍋に牛乳、生クリーム、塩を入れて火にかけます。ちょっと熱くなってきたかなと思ったら温度計をいれて、沸騰直前、90度前後になるのを見計らって、火をとめます。 そこにお酢、またはレモン汁をいれ、軽くかきまぜると、脂肪と水分がすぐに分離し始めます。しばらくそのままにしておきましょう。 10分ぐらい経ったところ。かなり固まってきています。このまま完全に冷めるまでおいておきます。 冷めたらボールの上にざるを置き、その上にガーゼをおきます。そして鍋の中身を静かに注ぎいれます。 そのまま冷蔵庫にいれ、一晩おいておきます。 翌日の朝です。ガーゼを絞ってみるとすっかり水気がきれ、固形状になっています。 こちらはボールに溜まった水分。これは乳清(ホエー)と呼ばれ、パン作りやお料理に使えるので、私は大事にとっておきます。またちょっと検索したところ美容と健康にもいいそうですよ(こちらは参考まで)。せっかくなので捨てずにとっておきましょう🎵 ガーゼをしぼって丸くまとめてからお皿にだし、そのまま食卓にのせてもいいし、ガラス瓶などにいれて保存しても。 味見をしてみると酸味というよりはほんのり甘みさえ感じられる濃厚なクリーム状のチーズがお口に広がって幸せな気分に❤️ まずはパンやクラッカーにのせて食べたり、パンケーキやマフィンにのせたりとそのままのお味を楽しむのがいいかもしれませんね〜
maru
新大橋通りと鍛冶橋通りが交わる八丁堀の交差点のランドマーク的存在で、宮田屋という酒屋が経営する飲み屋ビル。 お酒も料理も空間もすべてが極上で、とにかく活気があります。特にワインは安くて、種類も多く、その筋では”聖地”のように謳われるお店。酒屋直営飲食店のロールモデルといえるのでは。 「みんなでワイワイガヤガヤ」という時にはまさにうってつけ。各フロア、23時迄(フードLOが22時で、ドリンクLOが22時半)という潔さも良い。 そんなこんなで、とにかく人気店なので(2Fと3Fは)当日でも予約は必須かと。あと、日祝休なのでご注意あれ。 1Fの酒屋奥はビール、ワイン、日本酒、焼酎、ウイスキーなどを楽しめるオシャレ立ち飲み屋「STANDBAR MARU」 2Fはカジュアルにワインを中心に楽しめるカウンター中心のバル「maru 2F」 3Fはmaru 2Fにビストロの要素を足した感じの「maru 3F」 ■店舗情報 中央区八丁堀3-22-10 03-3552-4477(2F) 03-3552-4400(3F) 16:30-23:00(LO22:00)※2Fは第1・3土曜が16時〜、3Fは第2・4・5土曜が16時〜 日祝休 ※2Fは第2・4・5土休、3Fは第1・3土休、1Fは土日祝休 http://maru-miyataya.com/ ■関連情報 *食べログ(1F、2F、3F) *ニューヨーカーマガジン ”東京の名店ガイド Vol.6” *個人ブログ ”Non-Stress Life”
りんごの季節がやってきた! りんごケーキ
こないだ@manekiinuさんのこちらのカードを見ていたらモーレツに食べたくなり、りんごケーキつくりました! りんごがた〜っぷり入ってカルデモンの香りがたまらない、とってもおいしいケーキが焼きあがりました。カルデモンがなければ、シナモンでもいけるはずです。どうぞお試しあれ〜! 参考レシピ:http://www.ica.se/recept/appelkaka-med-citron-och-kardemumma-677072/ 材料 (直径24cmの取り外し可能なケーキ型またはパイ型) バター 125g 砂糖 120g 小麦粉 150g たまご 2個 ベーキングパウダー 小さじ1 りんご 中2個 レモン汁 大さじ1 カルデモン 小さじ1 砂糖 小さじ1 作り方 オーブンを175度に温めておく。 ケーキ/パイ型にバターをうすく塗る。 バターを鍋に入れて弱火でとかしそのまま冷ます。 りんごの皮をむき、4等分にして芯をとり縦にうすくスライスし、レモン汁をふりかけておく。 さめたバターを中ぐらいのボールに移し、砂糖を入れてかきまぜ、卵を1個ずつ割り入れその度によくかきまぜる。 小麦粉とベーキングパウダーを混ぜたものを半分ずつボールに入れて混ぜこむ。 粉っぽさがなくなったらケーキ/パイ型にいれ、平にならす。 りんごを生地の上に円状にならべて、カルデモンと砂糖を上からふりかける。 オーブンにいれ一番下の段で約45分焼く。 オーブンから出して粗熱がとれたら型から出し、完全にさめたら召し上がれ。 冷蔵庫に入れてよく冷やしてから頂いても。 ホイップクリームやアイスクリームと一緒に食べるとまた格別においしいですよ〜