usagiboe307
100+ Views

表参道交差点すぐのタイ・レストラン「ティーヌン青山店」

表参道交差点のアンデルセンの隣、薬局の地下にあるタイ料理店。
都内を中心に数多くを出店しているおなじみ”ティーヌン”の青山店です。ココは(全店制覇したわけじゃないけど)渋谷や赤坂など他のお店とちょっと違い、屋台風タイ料理ではなく、ちょっと”ちゃんとしたレストラン”風で、お値段も少しだけアオヤマ寄りかな。
それでも、この辺りでこのレベルのタイ料理は大変貴重な存在でしょ。大人数に対応できるぐらいのキャパもありつつ、もちろん1人や2人でもOK!夜も23時までやってて、年中無休だし、ランチも含めちょくちょく利用させてもらってます。まさに”困った時のティーヌンさま”という感じ。
夜なら何曜日でも10%OFFになるクーポンは必須です!
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
鳥茂
新宿では圧倒的に”なにもない”方のエリア、南口を出て少し代々木方面へ行ったところにあるやきとんの名店。昭和24年創業の老舗なり。 一般的に”やきとん”と言えば、大衆的なお店がほとんどだけどコチラは違うんです。値段もちょっとお高いけど、その価値は多いにアリです。 何を食べてもハズレなしだけど、せっかく鳥茂へ行ったならやっぱり刺し系!それからレバー。ピーマンの肉詰めとつくねもマスト。何種類かコースあるので、最初はコースでも良いかも。 以前は、南口のルミネやファーストキッチンのまさに交差点のところにあって、小さいお店だったから、いつも満席だったんだけど、移転後、大きくなり予約も取りやすくなりました。 しかも、キレイになったしデートなどにもよろしいかと。ワインもそこそこあるし、日本酒も、焼酎もあって、酒飲みには特に堪らないお店だと思います。利用したことないけど個室もある。 外観はこんな感じ。事前の予約は当日でも必須。LOが24時なので、しいて言えば遅い時間帯が狙い目。クレジットカードが使えなかった気がするのでそこは要注意。 ちなみに、焼鳥屋だと思ってる人もいるけど鶏はないです。 ■店舗情報 渋谷区代々木2-6-5 03-3379-5188 17:00-25:00 日休 ■関連情報 *食べログ *All About *個人ブログ ”SEXY JIRO” *個人ブログ ”あんこのごはん日記”
『東京JAZZ地図』を読んで都内でジャズを楽しもう
これまでに幾度となく使い古されてきたであろうことは承知の上で言わせていただくが、ジャズはとにかく入り口が広く、また敷居が高いという偏見を抱かれがちであるので、ジャズに興味を抱いていてもどう聞き始めればいいのかがいまいち分からないという方が多いそうだ。 ジャズバー、ジャズクラブ、ジャズ喫茶レコードショップetc... ジャズを取り扱う店舗は数多あれど、いかんせんどういった格好でそこに訪れればいいのか、どういった客層の方々がいるのか、と余計な心配事をしてしまう方にオススメの一冊が今月登場した。 それが『東京JAZZ地図』だ。 内容としては今現在トレンドとなっているような店から、ジャズを古くから扱っているような店まで幅広く掲載されているようであり、ジャズ喫茶もコーヒータイム編とバータイム編とで章が分かれているという丁寧っぷり。 更に現役DJ(大塚広子)や評論家、瀬川昌久へのインタビュー、ジャズライブスポット、ジャズレコードショップの特集もあるので非常に盛りだくさんな内容となっている。ジャズイベントリストも掲載されているので、東京JAZZ地図片手に早速イベントに突撃してみることをオススメしたい。 これまでちょっとニッチでも紹介してきたように無料のイベントなども開催されているのでサクッと気軽にジャズを体験してみよう。
二子玉川駅から徒歩で行ける古民家 岡本民家園
最近蔦谷家電など話題のスポットも次々にできてますますオシャレタウンとして盛り上がっている二子玉川ですが、ちょっと足を伸ばすだけでこんな長閑な場所もあるんですよ。 こちらは、江戸時代中期に建てられたという古民家を移築復元した建物。二子玉川の駅から歩いて 20 分くらいの場所にあります。 こちらの民家園、「生きている古民家」をテーマとしており、民家園にある囲炉裏や民具などは実際に現在も利用されているもの。 建物内では、折り紙教室や糸紡ぎ教室、などの体験教室や、養蚕や柿渋作りなど農家に伝わる行事等も行っており、昔ながらの生活や風習を体験することができます。わたしが以前伺った時はお正月の凧作り教室をやっていて楽しそうでしたよ! 畳の部屋にもあがることができ、縁側からこれまた自然いっぱいなお庭を眺めたりすると田舎のおばあちゃんちに遊びに来たような懐かしい気持ちなりますよ〜 小さい子連れで行く時は囲炉裏には注意ですが、大きい畳を歩けるのはなかなか貴重でいいですよ。5歳くらいになったら、凧作りとか折り紙とかいろんな体験教室やってみるのも楽しいかも。 世田谷区内ももう一つ「次大夫堀公園民家園」というのもあるそうです。民家園、横浜や河﨑にもあるし、「民家園巡り」なかなかいいなと思う今日この頃です。 畳の部屋、癒されますよ〜 近くにはユーミンこと松任谷由実さんが寄贈した灯篭があることでも知られる岡本八幡神社も。ほんとすぐ近くなのでセット行かれてみてはいかがでしょうか! 世田谷区岡本民家園 http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1213/1265/d00122210.html
大人シュークリーム♡日本初上陸
シュークリーム専門店「シュー・ダンフェール パリ(choux d'enfer PARIS)」が、日本初上陸です!! 新宿の新商業施設「ニュウマン」に、2016年4月15日(金)にオープンしたとの事でかなり話題になっているお店の一つですよね♡ 私も気になっているものの、まだ行けてませんが;;;;; 早く食べてみたいものです=333 フランス料理界を代表するカリスマシェフ、アラン・デュカス(写真2の方)のもと、2014年にパリで誕生した「シュー・ダンフェール パリ」。 生地には、ローストナッツやあられ糖などでアクセントを。 シューのフレーバーは・・・・・ パリ店と同じショコラとキャラメル、柑橘系のアグリュムに加え、日本限定のカスタード、抹茶、さくらの3種類が追加されているとの事。 ◇特にさくらは、5月末までのシーズンフレーバーで桜の葉の塩味を際立たせたコクのあるクリームになっているとの事です♪ 大きすぎす、小さすぎない大きさも魅力の一つで、これだと飽きずに色々な種類を食べる事 が出来そうで、手土産リストにまた一つ候補が増えました♡ 6個セット680円、3個セットはトラディション240円、セゾン340円。上段《トラディション》/キャラメル、ショコラ、アグリュム(柑橘)。下段《セゾン》/カスタード、抹茶プレミアム(日本限定)、さくら(日本限定・シーズン限定) シュー・ダンフェール パリ『NEWoMan新宿店』 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoManエキナカ(新宿駅新南口駅構内) TEL 03 3354 2181。 営業時間 8時〜22時。定休日は施設に準ずる。 参考サイト http://trendybaru.com/5998.html http://casabrutus.com/food/19196
メーヤウ
信濃町にある都内随一のタイカレーの名店。昼夜通し営業でメニューも共通。遅めの昼にとても重宝する。代わりに閉店は早い。 カレーは3種類でどれも780円。他にカオマンガイとガパオ、タイ風牛スジ煮込みそばがあり、それらの組み合わせてセットメニューもあり。 お店は地下にあり、入り口からの雰囲気はスナック風だけど店内は意外に広くゆっくりできる。ただしつまみ系メニューはなく飲み用途には向かない。食べたらさっさと帰る人が殆どで1人か2人向き。女性1人でも入りやすいかと。 ※早稲田メーヤウ等との関係についてはこちらが参考になる。 店名:メーヤウ 店舗形態:老舗カレー専門店 価格帯:500〜999円 最寄駅:信濃町 住所:新宿区信濃町21 大門ビルB1F 電話番号:03-3355-0280 営業形態:昼夜通し 営業時間:11:30-20:30(LO20:00)※土曜は19:00迄 定休日:日祝 創業:1983年 関連サイト:食べログ ※公式サイトなし Aセット(メーヤウカレー + タイ風牛スジ煮込みそば小) タイカレーの草分け的存在ということで、現地の本格カレーというよりも、かなり日本人向けにアレンジされたされたタイカレー。その点はデリーやエチオピア、ボンディなんかと立ち位置が似ています。 ”大辛”のメーヤウカレーだけど、実際にはそこまで辛くなく、ココナッツミルクの風味も控えめ。あっさりしているけどコクがあり、相変わらず中毒性が高い。具はほろほろの骨付きチキンとじゃがいも、ゆで卵という潔さ。+30円で追加できるパクチーは嫌いじゃなければ外せません。×2にしても良いぐらい。セットのタイ風牛スジ煮込みそばがこれまた旨い。 値段:1,130円(税込) カレー:タイカレー ごはん:日本米? 具材:骨付チキン、じゃがいも、ゆで卵、パクチー(オプション) 異国感:★★★☆☆ スパイシーさ:★★★☆☆ 味わい深さ:★★★★★ ガッツリ度:★★★★☆ 辛さ:★★★☆☆ 総合評価:★★★★☆(月1で通いたい) 2016年3月某日
現存する日本最古のビヤホール 「ビアホールライオン銀座七丁目店」
ビールの美味しい季節ですが、季節問わず美味しいビールを楽しく飲める場所といって一番に思いつくのがここです。1934年創建、現存する日本最古のビヤホールで、戦時中幸いにも空襲を免れた貴重な建物でもあります。 駒澤大学耕雲館(現在は禅文化歴史博物館)なども手がけた菅原栄蔵氏による設計の内装は、当時の建築技術を結集して作られたもの。歴史が詰まった荘厳な空間です。 知らなかったのですが、内装は「豊穣と収穫」をテーマとしてつくられており、『麦の穂』をイメージした柱や、『豊穣』や、『ビールの泡』をイメージした電球などもあるのだとか。細部まではちゃんとチェックできてなかったので今度いったときはしっかりみてみます。 この日本初の250色ガラスモザイク壁画もすばらしく、見応えありますよ〜 これを眺めながら飲むビールがまたおいしいのです。 その他、『生ビールの達人』ともいわれるビールマイスターがいたり、こだわり抜いた「サッポロ生ビールの味」だったりと、オススメポイントは他にも。 ビールはあんまり...な人も建物としての魅力が満載なので行ってみる価値ありです。 お料理も美味しいですよ。 ビアホールライオン銀座七丁目店 http://r.gnavi.co.jp/g131800/
自由が丘らしからぬ店構えも魅力 タイの食卓 クルン・サイアム×アティック×
自由が丘というと、おしゃれな雑貨屋さんやカフェ、というイメージがありますけど結構それとは真逆なお店もあったりするんですよ〜。(いい意味で。) ここはそんなお店の代表格といっていいかも。駅近くの怪しげなビルの4階にあるタイ料理屋さんです。同じ系列のお店がもう一軒自由が丘内にあるのですが、こちらのほうが穴場感があって好きです。 この入り口から4階まで狭い階段を歩いていかなければならないというところからして...期待感高まりますよね。 店内はこんな感じのカウンター。狭いのですが、隠れ家みたいな感じで居心地がいいです。ひとりでも入りやすい、というのもありがたい。 わたしは未経験なんですが、夏限定で、6F屋上テラス席でビアガーデンが楽しめるそうです!一人3,500円で飲み放題たっぷり2時間、タイのおつまみ2品付、ビールサーバー設置でお好きなだけビールが飲めるらしいですよ〜。いつか行ってみたいなあ。 それと、料理はとっても美味しいです!ボリュームもあるし、かなりコスパもいいですよ。麺類が種類豊富なのもいいです。わたしがよく行くのは主に自由が丘の2店舗なのですがそれ以外にも六本木、中目黒、吉祥寺などにも。この春には、渋谷にもできたそうです。 機会あればぜひ行ってみてください〜 タイの食卓 クルン・サイアム公式 http://www.krungsiam.info タイの食卓 クルン・サイアム×アティック×はこちらです。 http://www.krungsiam.info/attix.html
窓からはイサムノグチが手がけた石庭も!丹下健三建築の草月会館のカフェ
港区赤坂にある建築家・丹下健三氏の設計「草月会館」にカフェがオープンしていました!手がけたのはデザインオフィスnendo。天井や壁面には触れずにそのまま残したそうなんですが、やはり床が違うとここまで印象がかわるとは。(下の「レストラン薔薇」と見比べてみてください) 以前から使っていたエーロ・サーリネンの「チューリップ・チェア」「チューリップ・テーブル」も補修してマットブラック塗装を施して再利用したそうです。木目に黒い家具、というのがシックでモダンな印象を引き立てています。 窓からは、イサムノグチの石庭、さらに高橋是清翁記念公園、赤坂御所の緑も楽しめます。そんな贅沢な場所でいただけるコーヒーが目黒の人気店「Switch Coffee Tokyo」のものだというからもう言うことなしですね・・・そして大きいテーブルには電源もあるらしい。 すばらしい。。 ちなみに、こちら公式ページでは、「草月指導者連盟会員のくつろぎの場として ご利用いただけます」との記載がありますが一般の方でも大丈夫のよう。ただ、土日は空いてないようなのでその時点でハードルがかなりあがってしまいますが。 いつか機会見つけていってみたいです。 ちなみに、こちらが改装前の「レストラン薔薇」。やはりちょっとレトロな印象が強いですよね。これはこれで好きですけど・・ connel coffee http://www.nendo.jp/jp/works/connel-coffee/space/?genre http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13185974/