chizuru
2 years ago1,000+ Views
4月はじまりだから買うなら今!名画座や旧作邦画好き必携の「名画座手帳」が気になる
すごい手帳を見つけてしまった!!ここ数年は、結局スマホで完結しちゃうので手帳は持たない派だったのですけど、これは激しく欲しい・・・名画座も旧作邦画も大好き人間でもないのですがこの手帳を持つとすごく心が豊かになる予感がします。
こちら、東京都内の名画座の上映情報を網羅したフリーペーパー「名画座かんぺ」発行人・のむみちさんの全面企画/監修によるもの。私、「名画座かんぺ」、というフリペ自体を知らなかったのですけど、南池袋・古書往来座で配布されている、小さいながらも内容が充実したフリペ。名画座通いには必携のアイテム、ということで、あの小西さん(小西康晴さん)がAERAで紹介もしていたという一部映画好きの間では超有名のようです。
まず目に入るのが表紙の推薦文ですが、ここからまずすごいです。
だってあの小西さん!!「エルメスの手帖は去年まで」っていかにも小西さんらしい!!
右側にかかれてかかれているのはアートディレクターの太田和彦さんですが、
太田さんもかっこいいこと言ってますね〜。こんなの読むとさらに買いたくなります・・・
気になる中身についてですが・・・案内を読む限り、たしかにこれよさそうですよ。なんでも文房具好きでもあるのむみちさんのこだわりが詰まった手帳になっていて、さすが「名画座手帳」と言い切るだけあってその内容がすごい。
・各週ごとの見開きに、俳優や監督、脚本家などの誕生日、及び命日を明記!
・日本映画史を代表する監督各氏の活動期がひと目でわかるチャート式のグラフや、「かんぺ」が毎号フォローしている名画座の劇場情報も網羅。通常100歳までの年齢早見表も、141歳まで掲載!
もちろん、手帳としての機能は十分で、予定の見開きと方眼メモの見開きが交互にしていたりとさりげない工夫も。しかも、4月はじまりなんで今のタイミングにぴったり。
毎日の予定や映画の感想を書くことの楽しさに加えて、読んでも楽しい、名画座ファン&旧作映画ファン必携の手帳とのこと。この内容で1620円は決して高くない気がします!!
amazonでも
全面企画/監修したのむみちさんのtwitter
0 comments
5
Comment
4