ricopin
2 years ago500+ Views
防災セットの中身を参考に備えを点検する
昔は9.1だったけど、3.11以降は3月が防災訓練の月になった気がします。それでだと思いますが、テレビでやたらよく見たのがこのユーキャンの防災セットです。
震災経験者1000人の声から生まれました、というのに弱くて買うつもりでしたが、3万円だし中身はうちで備えてるものもあるから全部はいらないんです。家族の分がいるものといらないものがあるし。だからこのセットの中身でうちの備えを点検しました。
(1)カート付きリュック
(2)ウォータータンク
(3)簡易トイレ3日分
(4)両面アルミブランケット
(5)アルファ米セット
(6)災害備蓄用パン
(7)高カロリー食品
(8)食品加熱キット
(9)非常用保存水
(10)救急セット
(11)マスク
(12)軍手
(13)地震マニュアル&ホイッスル
(14)多機能ラジオライト
(15)乾電池
(16)あんしん手帳
点検した結果、うちで追加するのは、カート、タンク、アルミブランケット、ホイッスルです。無印良品の水バッグがあるけど運びにくそうだし。あとは最近普通のラジオを買おうかなと思っていたけど、充電できるのを買った方がいいか両方買うか考えます。
食料と水は家族の1週間分が入ってるセットを買ってありますが、賞味期限が来てしまうから一気に買い直す時期です。防災食品の古いのってどうやって使ってますか?
卓上コンロのガスボンベも結構消費したからまた注文。
東京都の防災ブックはもっと細かく備蓄のこと書いてありましたよね。拾い読みしかできてなかったから、あっちもちゃんと確認して一気に入れ替えようと思います。
備えても備えても憂いは消えないけど、備えないといろんな人に迷惑かけそうだし大事ですよね。
2 comments
ricopinさん偉いですね、うちは大人だけなのでつい呑気にしておりましたけど、たしかにちゃんと備えないといざという時に誰かにお世話かけてしまいますものね。うちも見直しましょう!
2 years ago·Reply
偉くはないけど、そうなんですよね。大変な時はみんな自分のことでいっぱいになりそうで私もと。
2 years ago·Reply
1
2
2