HiroKato
500+ Views

息子の父への理不尽な扱いが笑える「むすおれ」《WEB漫画》

最近、流行りのWEB漫画!「むすおれ」って知ってますか?
漫画家で主夫の横山了一さんが息子について、描いた WEB漫画です。
単行本も発売されているほどの人気漫画。 横山さんは、熱血番長 鬼瓦椿極☆漫という単行本も出しています。知っている人もいるかな?僕は、この「むすおれ」で知ったんだけど。子供いないけど、なんか超笑える。こういうの普通にありそうだなーって。
横山さんは、実は夫婦で漫画家なんですよ。
ブログもやってます。http://blog.livedoor.jp/musuore/
北のダンナと西のヨメ。っていう漫画もおすすめ。北海道出身の夫と関西出身の妻が繰り広げるネタのような毎日が漫画になってる。こういうの憧れるわ。(笑)
第1話はここからご覧あれ。僕が子供の頃は、こんなに父親と親しく接することはなかったから、とりあえず、こういう関係は超新鮮。
僕の息子がこんなんだったら、どうしようか・・・横山さんみたいな対応になるだろうな(笑)
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
DB:マンガペディアはじまる(まんがデータベースあれこれ)
「日本のマンガは凄い」、そうだクールJapanだ売りだそう。なんてスローガンはもはや懐かしい。市場が世界に拡大(実際で来ていない面もあるらしいが)している中で、供給と消費のバランスを持続可能なものにすることは大切なのかもしれない。 そんなマンガ世界の全体像を眺めることができるのが、マンガデータベースサイトだ。 世界初をうたうマンガ・アニメ百科事典「マンガペディア」が正式にリリース http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20160407_752126.html 各項目は適切な執筆者に依頼しているとのことで、可能な限りマンガやアニメの実物(コミック・ムック・雑誌・ビデオ・DVDなど)に目を通した上で執筆されているという。執筆者には漫画評論の著作がある永山薫氏などの名前も見られる。(株式会社VOYAGE GROUP、一般社団法人百科綜合リサーチ・センター、株式会社リンクトデータ) マンガペディア https://mangapedia.com/ 見ていただくとわかるが、一般の人がまとめているのではなく、「適切な執筆者」が「目を通して」書いているという。 画像もある程度(wikiにくらべ)使われている ⇒サザエさんマンガペディア版 ⇒サザエさんwikipedia版 似たような用語事典は実はたくさんあるが、あえて事典サイトを眺めてみると、wikiだけでは収まらない世界があることが面白い。 ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/ みんなでつくるマンガデータベース「まんがseek」 https://mangaseek.net/ メディア芸術データベース https://mediaarts-db.jp/mg/ 今すぐ読みたい。と言う人は絶版になってしまった漫画を読めるサービスとして マンガ図書館Z http://www.mangaz.com/ ※広告収益なので作者への還元もあるので、DBをみていて読みたくなったら、こちらを楽しんでもいいのではとまれあまり有名な作品は無いが、掘り出すなら良いかと。 (懐かしいものだとハイスクール奇面組や、ラブひな、マンダム親子) すべてのを一本化するのは難しいし、あえて一緒にしなくてもいいと思う。 さまざまな編纂者の登場は楽しみでもある。 懐かしい名作と出会うきっかけとして、データベースの充実を期待したい。 ちなみにwikipediaには、パロディサイト「アンサイクロペディア」というものがある。 ウェブ版悪魔の事典といったところ。だれかが書いたはみ出る主観はよみものとして、粗削りながらもおもしろい。 ⇒サザエさんアンサイクロペディア版 日本語版 http://ja.uncyclopedia.info/wiki/ 英語版 http://en.uncyclopedia.co/wiki/
松尾スズキがTV界に進出!NHKで「松尾スズキアワー『恋は、アナタのおそば』」放送!
うおおおおお1!!!!これは!!1!! 松尾スズキが作・演出をした芝居と歌のコメディショーがNHKで放送される! 出演はおなじみ大人計画の池津祥子、皆川猿時、村杉蝉之介、平岩紙に加えて、多部未華子、三宅弘城、栗原類、大竹しのぶも! 自分は何回か大人計画の芝居を見に行ったことがありますが、松尾スズキのギャグは切れ味鋭いですよ〜〜〜。 オリコンスタイルの記事によると、「一幕物の歌あり、芝居あり、レトロで新しいバラエティー番組を作りたくて、画策してきたことがやっと実現しました」「芸人の力に頼らずに芝居と音楽で勝負したい」(松尾)とのこと。意欲的じゃあないですか!期待! ちなみに写真前列真ん中が松尾スズキだが、カツラをかぶると別人のように見えるな〜。 放送は3月30日(水)、31日(木)!まだだいぶ先だ! 松尾スズキアワー「恋は、アナタのおそば」 NHK総合 前編:2016年3月30日(水)22:55~23:20 後編:2016年3月31日(木)22:55~23:20 <作・演出> 松尾スズキ <構成> 天久聖一 <出演者> 多部未華子 / 三宅弘城 / 池津祥子 / 皆川猿時 / 村杉蝉之介 / 平岩紙 / 栗原類 / 松尾スズキ / 大竹しのぶ 他
京都の穴場、まさに「はんなり」の城南宮(早春は枝垂れ梅と椿の響宴)
友人曰く「まるであの世の光景」だそうですが、私まだ生きてます(笑)。 遡る話なので同じ光景が見られるのはまた来年になりますが、これは普通に京都観光で撮った一枚。このシャッタースポットは多少穴場ではあるんですが、でもこの光景を狙ってここにずっと通ってる写真家さんもいます。 こう見ると観光地っぽいですよね。 場所は京都城南宮の神苑内、「春の山」と呼ばれているエリアの入口付近です。上の写真はこの春の山の逆側に回り込んだあたりから撮ったもの。ここから長い間、向こう側が見通せないくらいの枝垂れ梅が続きます。 苑内を一周してみると全敷地がとても華やかに造園されていて、それぞれの旬に訪れてみたいと思う場所でした。現地のあちこちに「源氏物語」と書かれていたので帰って来て調べたら、そもそも白河上皇が源氏物語の六条院から着想して作った離宮ということで納得。京の言葉で言えばまさしく「はんなり」ですね。 今年2月18日から3月21日は「しだれ梅と椿まつり」。椿は苑内あちこちで見かけるんですが、この春の山は写真の枝垂れ梅がメインのエリアです。今知りましたが期間内は美容健康と招福の「梅の花守り」が梅を冠した巫女さんから特別授与されるとのこと。私もいただいてくればよかった…。同じ羽目にならぬよう、事前に上のリンクで見頃や椿餅など一通りチェックされるのをお勧めします。 私が行った3月一週目は旬を過ぎたころだったのか、風がふくたびに桜吹雪のような梅吹雪が舞い散りました。 だから築山の地表はこのとおり。この写真だと梅の枝は既に花が散って寂しい状態なんですが、この地表だからこその一枚目の写真(地面が白ピンク)になるんですよね。だから枝垂れ梅の散る前でも散り過ぎたころでもない、ちょっとだけ遅いタイミングを狙うと「あの世」感が味わえます。 というわけで、城南宮お勧めです。私も京都に行ったらなるべく訪れることにします。 実は城南宮は京都の南側で周囲になにもないので(※)わざわざ行くのは時間が惜しいと思ってました。 実際行ってみると京都駅から地下鉄で7分&タクシーで1メーターで行けます。タクシーに乗らず20分歩いてもいいのですが、歩いて楽しい道ではないし、旅行中なら貴重な時間と体力をセーブする方がいいかなと思います。ただしタクシーが非常に少ないですが…。 ほかに京都駅から京都らくなんエクスプレスバスで20分程、または市営バスで30分程という手もあります。 ちなみにこれから4月になると桜・藤・つつじの時期、「春の御苑花めぐり」というイベントに切り替わるそうです。 方除けの大社 神南宮 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地 075-623-0846 ※周辺地図を見ると周りに色々あるみたいですね。鳥羽離宮跡はチェックすべきだったかも…というわけで歩くのも悪くないかもしれません。次回はちゃんと予習しなくては!(でも道によっては環七みたいな感じなんですよ)
これが実話とは!!「カルト村で生まれました。」
「カルト村」で生まれ育った著者の少女時代の回想記録エッセイ。ちょっと見ただけで「ええええ!」ってなりますよ。これが平成の今の時代の話というのだから驚きです。 カルト村、ってそもそも何?って感じですよね。 まずはこちらをどうぞ。 〈カルト村ってどんなとこ?〉 ●大人と子供の生活空間が別々 ●朝5時半起床で労働 ●布団は2人で1組 ●食事は昼と夜のみ ●卵ミルクを飲ませられる ●お小遣いはもらえない ●すべてのモノが共有で、服もお下がり ●男子は丸刈り、女子はショートカット ●ビンタ、正座、食事抜きなど体罰は当たり前 ●手紙は検閲される ●テレビは「日本昔ばなし」のみ ●漫画は禁止、ペットも飼えない ●自然はいっぱい。探険など外遊びは楽しい♪ すごくないですか、これだけでも十分にお腹いっぱい、あるいは頭ん中ハテナマークだらけになると思いますが、さらに興味が深まった人はこちらをどうぞ。一部だけですが、読めます。http://crea.bunshun.jp/articles/-/9637 これ、本人的には絶対に大変だったと思うんですが、ほんわかした絵の雰囲気とユーモアのある手書き文字につい和んでしまうという。読みやすいです。しかし、冷静に考えるとほんとあんな過酷な状況でよくちゃんと大人になって・・・と思ってしまいます。。 しかもこの村今も実在するらしいです。その世界では有名な団体みたいですね・・・犠牲になっている子供たちが今もいるということですよね・・・それって大丈夫なんだろうか。いろいろ考えさせられます。 http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163904047
京都の小さな焼き菓子工房がつくる猫型お菓子がかわいすぎ。
京都にある菓子工房キャリコ。フランス菓子を基本とした小さな焼き菓子を作っているのですが、ここの人気商品のひとつが、こちらの「猫型お菓子」! 猫型のお菓子を作っているお店は珍しくないけど、ここまで種類が豊富なお店もめずらしい!お店のお菓子職人の方が、猫ちゃんを飼われているようですね。どおりで猫愛がかんじられます。 3匹の顔が並んだ「猫クッキー」はやさしいバニラ味。これ三姉妹なんだそうです。笑 その上にある猫がじゃれあっているようにみえるカタチのは「チーズとバジルのパイ」。このナッツみたいに見えるのは松の実なんだとか。おつまみにもいけますね。 真ん中にあるのがアイシングで仕上げてあるのが「ネコクッキー」。優しい色合いがたまりません。 そして右端にあるのが「三毛猫模様のパウンドケーキ」。形は普通にパウンドケーキだけど模様が確かに三毛猫です!どれも美味しそう。 こちらはネコセット、というお菓子セットでボリューム的には3,4人ぐらいの集まり向けらしいです。猫好きさんのティーパーティなんかにいいですね〜 http://calico-store.com/?pid=75272416 その他、もっとボリューム少なめのものや、猫菓子以外のものと組み合わせたセットもありますよ。http://calico-store.com/?mode=cate&cbid=1236936&csid=0 単品でも購入できるようです! http://calico-store.com/?mode=cate&cbid=1236898&csid=0