MEKURUshobo
2 years ago100+ Views
本書の帯を読むだけで商品とはなにか。世間とはなにか。紹介する際の自身の偽善すら考えこんでしまうが、そんな個人的な思惑を飛び越えるくらいに、哀しみをまっすぐに見つめているような短歌が綴られている。歌人・鳥居の初歌集。
「目を伏せて 空へのびゆくキリンの子 月の光はかあさんのいろ」
彼女の半生を語る本も同時発売されたが、できればまず歌集から、まず自分の目線でよんでほしいとおもう。短歌の力そして、自分が「いま」と向き合っているかが確認できるだろう。
鳥居サイト
0 comments
Suggested
Recent
Like
Comment
1