pekopeko
2 years ago100+ Views
自分の水曜日の出来事を書いて送ると誰かの「水曜日の物語」が届く不思議なアートプロジェクト
「赤崎水曜日郵便局」に自身の水曜日の出来事を書いて送ると、誰かの「水曜日の物語」が届く....閉校となった海の上の小学校を舞台にアーティストと住民が人々の日常を全国に向けて発信するという、一風変わったアートプロジェクト。
「メッセージボトル」にも近いかなと思うのだけど、「水曜日の出来事」とテーマが限定されているのと、メールではなく「手紙にして書いて送る」というのもポイントなのかも。ぜひ自分もやってみたい!と思いきや、2016年3月末で閉局になってしまうとのこと。残念。
2013年に開局し、2014年には、グッドデザイン­賞を受賞もしているそうです。
こちらのブログではその手紙の一部が紹介されています。これを読むと、知らない誰かのどうってことない内容だったりするのになぜかジーンときますね。毎日忙しくしていると忘れてしまうことがここにはありますね〜
それと、1週間の中で「水曜日」にしたことも意図的なのかもしれません。
水曜日って(土日祝が休日という人にとっては・・・ですが、)休日のゆったり感もないし、月曜日の忙しない感じも薄れてちょうど中だるみ、でも知らぬ間に過ごしてしまう率が一番高そうな曜日だと思うんですよね。だからこそ、あえて水曜日に一日を意識して丁寧に過ごしてみよう、という提案の意味もあるのかなと・・・・
あと単純に、知らない人との刹那的なつながり、というのがなんかロマンティックでいろいろ妄想し甲斐もあって好きですね!
書籍版もでているようです。
0 comments
3
Comment
1