chottoniche
100+ Views

Flying lotusが未発表曲を一挙公開!

現代ビートミュージックシーンの中心、かつ牽引者であるFlying lotusが未発表曲をsound cloud上で公開した。

どちらもベーシストThundercatをフィーチャーしており、いかにもFlyloらしい楽曲に仕上がっているので一聴の価値ありだ。

むしろ何でこれをアルバムに収録しなかったの?

と言いたくなるほどのクオリティであるとも言えるが、こういった楽曲をアーティスト側が気軽に発表できるあたりsound cloudやyoutubeなどは音楽に関わる人々に(時に不幸にもしているが)喜びを与えてくれていると言える。
ちなみに今回公開された楽曲は
・Flying lotusの現時点での最新アルバム『You're Dead!』制作時のセッション楽曲である『Haleys Line』
・ランダムに選択された楽曲
・『You're Dead!』収録楽曲のリミックス
の三曲となっている。三曲も公開してくれるとは

この男、なかなかに太っ腹である。

彼の新アルバムが待ち遠しくて仕方ない人からしたらこの上なくありがたい今回の楽曲公開。彼のことだからまだまだストックされた楽曲がありそうだし今後も突然の楽曲公開があるかも、、、?
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
Blu-Swingという日本のニュージャズバンドが素晴らしい
近年はシティ・ポップスというジャンルがインディーズで流行っているが実際にブラックミュージック感をモロで出しているバンドはそうそう多くはない。 ブラックミュージックのグルーヴのエッセンスを含んだ日本の独自のポップスとでも言うべきだろうか。 その中でシティ・ポップスではないが「シティ・ポップスっぽさもあるニュージャズ/アシッドジャズバンド」を見つけた。 その名前はBlu-Swing 実際に現代のシーンで活躍しているバンドと比べてブラックミュージックの影響が強く、リズムの取り方からもかなり伝わってくる。 そしてこのバンドの何が素晴らしいかと言うとそのようなクラブジャズっぽい軽快なリズムの上に 日本の昭和歌謡曲に通じる哀愁漂うメロディが乗っていることだ。 ホーン隊のリズムの取り方が素晴らしいと思ったらなんと ジャミロクワイ、ブランニューヘビー­­ズなどでも活躍したホーンセクションチームが参加しているらしい。 そして歌メロがただの海外バンドのパクリではなく、とても日本人の心にしみそうな物となっている。 私が個人的に一番好きであった曲は下記の曲である。 普段洋楽ばかり聞いている私だが、このような曲は日本語が染みこんでくる。 興味が出た方は下記からゲットできる iTunes: Flash Album: Flash iTunes: Sky is the Limit Album: Sky is the Limit
本好きにはたまらない!池袋に泊まれる本屋登場!!
"ふかふかなマットレスも無ければ、低反発の枕も無ければ、軽く暖かな羽毛の布団も無い。 最高な環境での良い寝心地は、ここにはありません。 あるのは、読書をしてたら(マンガでも良いですよ)いつの間にか夜中2時になってて、 もうあとちょっとだけってまぶたが重くてたまんない中も読み続けてたら、 いつの間にか寝てしまった。 そんな、誰もが一度は経験した事があるであろう最高に幸せな「寝る瞬間」の体験です。 だから、コンセプトは泊まれる本屋。(あ、本は売らないです。言うなればってやつです。) 「映画を観てたら寝ちゃった」とか「友達とLINEしてたら寝ちゃった」とか、 とにかく「好きなことをしてたら、うっかり寝ちゃった」って 最高の「寝る瞬間」の体験じゃないですか? そんな「寝る瞬間」に至福の体験を用意してくれるホステルを、本をテーマに自分たちで作る事にしました。" Book And BedオフィシャルHPより引用 読書好きにはなんともたまらないコンセプトのホテルが池袋駅より徒歩2分ほどの距離に新しく登場した。 宿泊価格は以下の通りとなっている。 「STANDARD」¥4,500-(税抜)/1泊 〜 ※土日祝前日などは変動あり 「COMPACT」¥3,500-(税抜)/1泊 〜 ※土日祝前日などは変動あり チェックイン 16:00 チェックアウト 11:00 またデイタイムでの利用も可能で料金は以下の通りだ。 ¥1,500-(税抜)/13:00~19:00 ※個室、シャワーはご利用いただけません。 池袋という一日中様々な人で行き交う街の中で少々一休みしたい場合にはこれ以上ないほどに休めるかもしれない新しい空間にしばしの休息を求めにいってみるのは如何だろうか?
元バンドマンが始めたカレー店「CURRY BAR シューベル」
バンドマンは多い。しかし元バンドマンのほうが世の中には多いのではないだろうか。 そのような元バンドマンが他の分野で頑張っているのを見ると応援したくなるのは私だけであろうか。 そんな元バンドマンがはじめたカレー店「CURRY BARシューベル」がいい感じだ。 http://curry-shubell.com/ 3/10に2周年を迎えるこのお店は西荻窪の人気カレー店のようだ。 お店のツイッターやインスタグラムに載っている写真を見ているととても美味しそうである...! https://www.instagram.com/shubell/ https://twitter.com/currybarshubell 海鮮とスパイスが良い感じに絡みつく!美味しそう! そしてサイトに載っているシューベルのMINDとHISTORYがとても素敵なので是非読んでみて欲しい シューベルのMIND http://curry-shubell.com/MIND/MIND/mind.html シューベルのHISTORY http://curry-shubell.com/MIND/HISTORY/history.html 元バンドマンならではの思いやコンセプトがあり、めちゃくちゃ興味をひかれる内容となっている。 そしてなんと3/27にはEmeraldのナカノヨウスケ(Vo)が10名限定のライブを行うらしい。 カレーを食べながら彼の歌声を聞く夜は最高であろう。完全予約制なので早めに予約をオススメする! シューベル2周年記念ライブ 2016年3月27日(日)東京都 CURRY BARシューベル OPEN 18:00 / START 19:30 <出演者> ナカノヨウスケ(Emerald) 料金:2500円(カレー付き) 東京都杉並区西荻南1-23-11 日興パレス西荻窪PARTⅡ JR西荻窪駅南口から徒歩約4分
【ex.Red Hot Chili Peppers】ジョン・フルシアンテが18曲無料配信!これはヤバイ!
元レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリスト”ジョン・フルシアンテ(John Frusciante)がSoundCloudとBandcampページを開設。これまで未発表であった 音源18曲を無料DL配信しています。 SoundCloud、Bandcampともに同じ音源が入手できます。フルシアンテはこれら音源を “リリースのためではなく、純粋に音楽を作ることを目的に作られたもの”” と説明しているとのことだ。 http://amass.jp/65652/ より引用  ネットに音源が違法アップロードされることを恐れるアーティストが多いなかでこういった形でポンと大量に無料で曲をネットに流せるアーティストはなかなかいない。しかも今回アップされた音源の中にはアメリカのプログレッシヴロックバンド、マーズ・ヴォルタのギタリスト、オマー・ロドリゲスが参加したりしている楽曲もあるなど「これ本当に無料でいいの?」と言いたくなるような音源もある。  無料だしジョンの楽曲に興味のある人はマストで手に入れておこう。 リンクは以下である。 Soundcloud https://soundcloud.com/jfdirectlyfromjf Bandcamp http://jfdirectlyfromjf.bandcamp.com/ John Fruscianteとは? Wikipediaより引用 ジョン・アンソニー・フルシアンテ(John Anthony Frusciante、1970年3月5日 - )は、アメリカのミュージシャン。レッド・ホット・チリ・ペッパーズの元ギタリスト、ボーカリスト。2012年現在はソロとして活動している。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第18位、2011年の改訂版では第72位。
横浜で行われるBlue Note JAZZ festivalが熱い9/27
http://bluenotejazzfestival.jp/ 「Blue Note JAZZ FESTIVAL」が1日限りの野外フェスとして日本初開催! NYのさまざまなクラブやホールで、ジャズの名プレーヤー、そしてジャズの冒険的なスピリットを持ちながら新たなサウンドを生み出すアーティストやDJが一ヵ月にわたり連夜ライヴを繰り広げる一大イベントとしてNYで2011年にスタートした「Blue Note JAZZ FESTIVAL」。今年で5回目を迎え、すっかりNYの夏の風物詩として定着したこのフェスティバルが、1日限りの野外フェスに形を変えて日本に上陸するのが「Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN」。ジャズというキーワードのもとに、ジャンルを超えて良質な音楽を奏でる面々が集結します。 会場はジャズの街、横浜の「赤レンガ野外特設ステージ」。目の前に大さん橋、その向こうにはベイブリッジを臨む最高の環境で、潮風を感じながら音楽を全身で浴びる、特別な体験をしてみませんか。 Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN - ブルーノートジャズ・フェスティバル・イン・ジャパン 開催日:9月27日(日) 時間:開場 12:00 開演 13:00 終演 20:45 会場:横浜赤レンガ野外特設ステージ 出演アーティスト Jeff Beck Robert Glasper Trio INCOGNITO SNARKY PUPPY HIATUS KAIYOTE SOIL&”PIMP”SESSIONS TATSUO SUNAGA (DJ)
加山雄三、本当はラップがやりたかったと衝撃告白
 ラッパーっぽい感じのポーズを頼まれたときのポーズが上に貼られた写真である。 芸能生活55年、現在78歳の加山雄三はラップに随分とお熱のようである。 そのきっかけとして PUNPEE(パンピー)というラッパーが加山雄三の『お嫁においで』をリミックス して作った曲を聞いたことや、 スチャダラパーが彼の楽曲をサンプリング したことなどにあるようだ。 4月7日・8日に開催される 加山の55周年記念ライブにもケツメイシに自ら出演依頼をしている などそのラップへの熱っぷりはなかなかのものだ。 ”加山自身がラップに挑戦することはないのだろうか。 「ボクぁホントはラップがやりたいんだよ!  でも、ボクがラップやるとねぇ~お経みたいになっちゃうからよぉ。でも今、一生懸命作っているニューアルバムの中でやるかもしんないよ。ラップでいちばんノリやすいリズムっていうのを日々追求しているんだ。外国のラップもいっぱい聴いているからさ。まだ曲が全然できてないから、発売日も決まってないけど(笑い)」 加山は現在、ソロだけでなく、前述のスチャダラパーも含めた13人編成のグループ『THE King ALL STARS』でも活動。さまざまな音楽フェスに参加している。” http://news.livedoor.com/article/detail/11248001/ より引用 ちなみに下に載せた動画がPUNPEEのリミックス曲である。なかなか秀逸というか面白い楽曲になっているのでチラリと耳にしてほしい。 そしてこちらがTHE King ALL STARSである。なかなかに哀愁感溢れる楽曲となっている上にメンバー構成も実に目を引く物となっていることから、幅広い層に受け入れられるグループになっていくのではないかと予想している。 いくつになっても様々なジャンルの音楽に親しみ、コラボレーションを積極的に行っている加山雄三の姿勢は実に素晴らしい。加山雄三にまるで興味のなかった若者もこうした活動を目にすれば改めて聴いてみよう、と思うのではないか。また、彼のメインリスナーであることが予想される中高年層の方々が若者に人気の音楽に親しむきっかけの一歩を作るかもしれない。 これからの加山雄三の活動にも期待大である。
公共交通機関を利用する有名ミュージシャン達が微笑ましすぎる
あのミュージシャンが地下鉄に!? と日本であったら有りえないと思ってしまうような光景が今海外で話題になっている。 まず一人目は ノエル・ギャラガー(ex.Oasis) だ。 ”10月26日の夜にロンドンのO2アリーナで開催されたU2の公演にサプライズ出演したノエル・ギャラガーだが、それに先んじてもっと驚きの行動に出ていた。この元オアシスのギタリストは、その前夜に行われたライヴに向かうため、一般人と同じように地下鉄を使っていたのだ。” http://nme-jp.com/blogs/8117/ より引用 お次は Foo Fightersのデイヴ・グロールだ。 ”「ロック界で最もいい人」がトレードマークのデイヴ・グロールは、一般人と共に公共交通機関を喜んで利用するほど気さくな性格だ。彼にできないことがあるだろうか? 彼はフー・ファイターズがシカゴに滞在している時に、シカゴ交通局の電車に乗っているところを、もちろん笑顔でファンに撮影されている。この姿は、彼が業界でも屈指のいい人であることをさらに確信させるばかりだった。” http://nme-jp.com/blogs/8117/ より引用 他にも Rihanna(リアーナ) Mariah Carey(マライア・キャリー) そしてなんとあの Jay-Z までもが地下鉄で目撃されている。  Jay-Zは上の動画以外にもクリス・マーティンやTimbalandと一緒にいる時の様子をファンに撮影されたこともあり 中々に地下鉄出没率が高い と言える。    ここに載せたミュージシャン以外にも地下鉄やそれ以外の公共交通機関で目撃されたアーティスト、ミュージシャンは数多くいるようだ。ミュージシャンといえども我々と変わらない人間。ふと電車に揺られる日常を過ごしたくなるのかもしれない。
現代ジャズの流れを読み解く「Jazz The New Chapter」
 今までジャズ、という言葉からどうしても格式高いものというイメージや、少々難解で古臭いもの、というイメージが付きまとってきた。しかし映画、『セッション』のヒットやケンドリック・ラマーの最新アルバム『To Pimp a Butterfly』に様々なジャズミュージシャンが参加したことなどからもみて容易に取れる通り、今確実にジャズは再び大衆に近づきつつあると言える。  それを象徴的に表した現場が先日横浜赤レンガ倉庫にて行われたBlue Note Jazz Festival in Japanであったように思える。出演したIncognitoのBlueyことJean-Paul 'Bluey' Maunick がMCで語った通りこれほど異なる人種、年齢層、性別の人々が集うことは層々ない。ジャズを中心に広がる音楽が多層的な世代、人種の間で大きなムーブメントになっているのだ。 「しかし何から聞けばいいのか分からない」 そう思いジャズを聞くことを躊躇う人にうってつけの雑誌がある。 それが Jazz The New Chapter (現在同雑誌は3作目まで刊行、同タイトルのコンピレーションアルバムも2作発売されている) である。 というわけで上記コンピレーションからまずは一曲聞いてもらいたい。 Robert Glasper - Cherish The Day (Live) ft. Lalah Hathaway http://www.cinra.net/news/20140218-jazzthenewchapter より引用  "ジャズをヒップホップやR&B、ソウルなどと融合させた革新的なサウンドにより、世界で最も注目を集めるジャズピアニストの1人とも言われるロバート・グラスパーにスポットをあてるほか、ホセ・ジェイムズ、エスペランサ・スポルディングといったアーティストたちの紹介記事も掲載。また、21世紀以降のジャズを様々なテーマから捉えた計300枚のディスクガイド、「NYライブハウスレポート」「インターネットカルチャーとジャズ」といった切り口による多彩なコラム、インタビューなども掲載されている"  これがJazz the New Chapterの一作目の説明である。この一作目が非常に好評を博したことから、より現代ジャズの中心人物へのインタビューに力を入れたJazz the New Chapter2、そして現在ではジャズに影響を確実に受けているジャンルのアーティストへの接近を試みたJazz the New Chapter3まで発売されている。  21世紀のジャズシーンを詳しく解説した本は今の所同作しかないのではないだろうか。恐らく今後も激しく拡張と成長を続けていくジャズシーンについていくためにも、是非ともapple musicなどの音楽ストリーミングサービスを使い、同作に登場するアーティストの楽曲を聞きながら手にとって読んで頂きたい雑誌である。 Robert Glasperとは? wikipediaより引用 ロバート・グラスパー(Robert Glasper、1978年4月5日 - )はアメリカ合衆国 ヒューストン出身のアメリカ人のジャズピアニスト、レコーディングプロデューサー。2012年の第55回グラミー賞で最優秀R&Bアルバム賞を、アルバム『Black Radio』で獲得している。
アメリカで話題のAnderson .Paakの軌跡PT.2【Dr. Dreとの出会いとその後】
前回のPT.1の続きです!! 前回はAnderson .Paakが妻子持ちホームレス生活からの復活したエピソードやLAのアンダーグランドで名前を売っていったエピソードを紹介した。 そのAnderson .Paakにとってきっかけとなる曲がある。 それがStones Throw Records所属のプロデューサーKnxwledge 一緒にやっている NxWorriesのSuedeという曲である。 (このPVはDr. Dreとの出会いの後にリリースされているがそれ以前に曲は公開されていた) この曲を聞いたプロデューサーのDJ DahiとDr. DreのレーベルのA&RをやっているTy Cannonが彼にある日電話した。 「DJ DahiとDr. Dreがやっているプロジェクトがあるんだけど興味ある?」 Dr. DreといえばDetoxというアルバムを10年ぐらいリリースすると言いつつずっと出していなかった。そのため誰もがもうアルバムを出さないのであろうと信じていた。 Anderson .Paakもこの話しを聞いた時 「Dr. Dreと一緒というのは多分嘘だろうけどDJ Dahiと仕事ができるならやりたい」 ぐらいに思っていたとインタビューで語っている。 しかし約束のスタジオに言ってみたらそこにいたのはなんとそのDr. DreとDr. Dreの長年の共演者のD.O.C. DJ Dahiと既に集められていた他の若手から「君のSuedeという曲を何回も聞いているよ。是非一緒に働きたい」と言われた。 しかしさらに驚いたのはその時Dr. Dreは彼の曲を聞いた事がなかったのである... 「曲を聞かせてくれ」 その場でDr. Dreは無言でSuedeを三回聞いた。 Anderson .Paakはインタビューでその時の緊張感は半端ないものだったと語っている。 Dr. Dreは呼んだアーティストをすぐに跳ね返し断ることでも知られている。 その場で三回聞いたDr. Dreはその場で彼の新アルバムComptonに入る予定であった「All in the Day's Work」を流し、Andersonにボーカルブースに入りアドリブで歌うように要望した。(下記にある曲) その結果Dr. Dreに気に入られ、アルバムの内6曲もフィーチャリングされることになった。 2015年Dr. Dreのアルバム「Compton」がリリースされ、Anderson .Paakの名前は瞬く間にヒップホップファンの間に広まった。 そしてそれにタイミングを合わせたかのように2016年にAnderson .Paakとしての2ndアルバム「Malibu」を発表した。 このアルバムはAnderson .Paakの中でも伝説となるであろう。 正直グラミー賞を受賞してもおかしくないクオリティの作品となっている。 そして2016年1月30日についにDr. DreのAftermath Entertainmentと契約し、所属アーティストとなった。 ここまではこのAnderson .Paakがどのような経歴なのかを説明した。 では何故このAnderson .Paakがここまで期待されているのかを考察してみた。 1. ブラックミュージックや黒人文化を発信していく事に対する姿勢 メディアなどがゲットーのような街にスポットライトを当てるのは何か悪いことが起こっている時だけだ。 彼はこのインタビューで語っている。 Dr. Dreのアルバムで彼が作詞したAnimalsという曲の詞の披露する。 "俺らが住んでいる場所に来て、「動物の集まりのようだ」なんて言わないでくれ。彼らがカメラをこちらに向ける時は俺らが何かミスをしていたり過ちを犯していたりする時だけだ" ちょうどこの曲は2015年のボルチモアのデモ抗議が行われていた頃に書かれた曲である。 その時代のサウンドトラックを作るアーティストとして今起こっている事に対しての自分の意見を伝えたかったと語る。 また音楽面でも昔のヒップホップやファンクサウンドを正当に継承したようなサウンドでかつ現代のフィーリングやパワーのあるボーカルを乗せているため、どの時代のブラックミュージックファンからもリスペクトされるポテンシャルを持っている。 真面目な曲だけでなく、ダンスチューンやドラッグについての曲も自然に出来るというバランスの持ち主である。 2. ちゃんとした実力の持ち主 Dr. Dreと初対面の時にアドリブで歌をのせ、驚かせたというエピソードからわかるように、「なんの編集も時間もいらない、素材としてそのまま最高のものを提供する」ことができるスキルを持っている。 近年のアーティストではこれは珍しいという部分もあり、なんとなくKendrick Lamarと同じような才能の持ち主の匂いがする。 上記の動画はAnderson .Paakの初のテレビ演奏なのだが、ドラムを叩きながらこのクオリティで歌い、さらにはこのレベルのドラムソロを披露する。このようなボーカリストが今までいただろうか?(D'Angelo以外に) ただのボーカリストではなく「アーティスト」としての姿勢を追求しているのがわかる。 Dr. Dreがその才能に惚れるのもわかる。 この2つのカードでAnderson .Paakの軌跡や何故彼が期待されているのかを説明してきた。 今後も彼の活動から目が離せない。
申年なので猿に関係する曲集
新年に猿に関係する映画をまとめました。 それの音楽版をやってみようと思う。 まずは Arctic Monkeys ベタですね。 英シェフィールド出身の4人組ロック・バンド。 デビュー・アルバムが全英米インディー、オリコン洋楽等チャート1位を制覇。ブリットアワード最優秀新人賞、マーキュリー・プライズ他音楽賞を総なめに。過去アルバム4作品は全て全英チャート1位を獲得。オリコン洋楽チャートも常に1、2位を獲得するほど絶大な人気を誇る。12年、ロンドン・オリンピックの開会式で生演奏を披露、その模様は全世界に生中継され話題となった。 Beastie Boys - Brass Monkey 元々はパンク・バンドだったがヒップホップ・ミュージシャン達とツアーを行ったりなどの交流を深めていく中で、ラップロックのひな形が出来上がる。以降は、数多くの独創的な功績を残しており、ヒップホップからロック、さらにはクラブ・ミュージックにまで広大な影響力を及ぼした、白人ヒップホップの草分け的存在である。 Skid Row - Monkey Business スキッド・ロウ(SKID ROW)はアメリカ・ニュー・ジャージーで1986年に結成されたヘヴィメタルバンドである。かつてゲイリー・ムーアが同名のバンドを率いて活動していたことがあるが、そのバンドとは無関係である。ボーカルのセバスチャン・バックは素晴らしい声の持ち主 The Coup - Get that Monkey off your Back カリフォルニア出身のファンク/ヒップホップバンド。Boots Rileyの政治的なリリックが人気である。とてもファンキーであり、かつ丁度いいバランスでヒップホップさが入っている。 Hiatus Kaiyote - Shaolin Monk Motherfunk 最近話題のNeo Soul Jazz R&B+色々のHiatus Kaiyote。 アルバムジャケットがマンドリル?なので追加。 Gorillaz 楽曲面を担当するイギリスのロックバンド・ブラーのデーモン・アルバーンと、ヴィジュアル面を担当する「タンク・ガール」などの作者であるコミック・アーティストのジェイミー・ヒューレットによる覆面プロジェクト。 ヒップホップからパンク、スカ、ヘヴィメタルに至るまで、多様なジャンルを横断した音楽性を持つ。 2001年にリリースされたファーストアルバム、『ゴリラズ』は700万枚以上を売り上げ、ギネスブックの「最も成功した架空のバンド」に認定された。2005年にはセカンドアルバム、『ディーモン・デイズ』がリリースされ、こちらも800万枚超のセールスを記録する大ヒットを記録。2010年にはサードアルバムとなる『プラスティック・ビーチ』をリリースした。 THE YELLOW MONKEY THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)は、日本のロックバンド。愛称・略称はイエモン。 2012年現在、CD総売上枚数は1008万枚。 1988年に結成、2001年1月より活動を停止し、2004年7月7日をもって解散した。かつての公式ファンクラブは「Petticoat Lane」。 2016年1月、16年ぶりの全国ツアーを発表。 Mandrill - Funky Monkey そう、ファンモンと言ってこっちが思い浮かぶとしたらファンクファンでしょう。 色々なヒップホップアーティストによってサンプリングされているファンクバンド。 新発見があったら嬉しいです。 もっと色々ありますがこの辺で!
Sly & The Family Stone - Family Affair
ジェームス・ブラウンやジョージ・クリントンと並ぶファンクの重鎮、スライ・ストーン率いるスライ&ザ・ファミリー・ストーンの歴史的名盤『There's a Riot Goin' On(邦題は『暴動』)』からの第1弾シングルであり彼らの代表曲。 まず大きなポイントとして、当時の正式メンバーであり、スラップ奏法の生みの親である大御所ラリー・グラハムはベース弾いてません(アルバム自体ほぼスライのソロ・アルバム)。 ほとんどの部分をオーバー・ダビングで一人で録音していて(音質が悪いのはそのせい)、リズムボックスの打ち込みとベースがスライ、ボーカルはスライと妹のローズ。 「ぽわんぽわん」と右で鳴るワウ・ギターのカッティングがボビー・ウーマック、左で鳴る悲しげなんだけど疾走感あるフェンダー・ローズがビリー・プレストン(ビートルズやストーンズでの仕事が有名ですが個人的にはこの曲が彼のベスト・プレイ)!! 聴いたことない人はぜひ一度ヘッドホンで片耳ずつじっくり聴いてみてください。 この曲でスライ・ストーンが使用したと言われるMaestro Rhythm King MRK-2のデモ動画 二人だけのショボショボVerだけど、この当時の動く映像は貴重(TVかな?)!! そしてこちらが、長らく隠居していたスライの復活公演となった2007年のモントルージャズフェスティバルでのVer!! なんて調子で、あらためてこの曲のことを掘り下げてたら、こんなのまで発見しちゃったよ...これはヤバすぎるって〜!! 後で繰り返し見ます
エミネムのデビュー前の1000枚しか売れなかった1stアルバム
エミネムは間違いなくこの世代で一番有名なラッパーだろう。 それだけではなく、2000年代に一番売れたアーティストである。 最近もヒットを飛ばしまくり、ラップゴッド等の曲で知られている。 そんなエミネムのDr. Dreに発掘される前の自主制作アルバム、INFINITEを知っているだろうか?このアルバムは1000枚ほどしか売れなかったらしいがコアなファンの間では名盤として歴史に名を残している。  そんな1000枚しか売れなかったが、名盤とされているアルバムの中で数曲紹介したいと思う。 Eminem- Never 2 Far まずはこの曲。 内容は貧困に負けないようなものになっている。 「今はジリ貧生活で子供も生まれそうだし金銭的にヤバイけど、スターにだって大統領にだって何にでもなれるぞ!」という素晴らしい内容になっている。いつか自分が「ラップゴッド」になるということをこの時からわかっていたのだろうか。 Eminem- Open Mic feat. Denine, Kuniva, and Thyme この曲を聞けばエミネムがフリースタイルバトル出身だということがよくわかる。 曲名はオープンマイク 「お前にマイクを渡したやつは誰だ。お前がフローできるなんていいやがって」 という内容のサビになっており、まさにスキルに厳しいデトロイトのオープンマイクにぴったりな内容となっている。 Eminem - 313 feat. Eye-Kyu 313とはエミネムの出身のデトロイトの市外局番である。 デトロイトは広域にわたって313であり、エミネムも「313」をレペゼンしている。 「313出身のナイスなMCを知っているか?もしナイスなMCになりたいなら俺みたいにならない駄目だぜ」 という内容となっている。 Eminem - It's OK またもやメローなビートである。「大変な時だけど全てOK」というどこか切なげだが、前に進め意志を感じることができる曲である。 このようにして聞くと、一般的に知られている「怒っているエミネム」はこのアルバムにはいない。 実際にはこのアルバムをリリースし、全く世間に相手にされなく、ローカルなラジオ局などから「お前白人なのになんでラップしてんの?」と言われてからリリックに怒りを込めるようになったらしい。 そこから自分の二重人格のスリム・シェイディという人格が出来て、キレキレのラップスタイルに変わっていった。