chottoniche
100+ Views

Flying lotusが未発表曲を一挙公開!

現代ビートミュージックシーンの中心、かつ牽引者であるFlying lotusが未発表曲をsound cloud上で公開した。

どちらもベーシストThundercatをフィーチャーしており、いかにもFlyloらしい楽曲に仕上がっているので一聴の価値ありだ。

むしろ何でこれをアルバムに収録しなかったの?

と言いたくなるほどのクオリティであるとも言えるが、こういった楽曲をアーティスト側が気軽に発表できるあたりsound cloudやyoutubeなどは音楽に関わる人々に(時に不幸にもしているが)喜びを与えてくれていると言える。
ちなみに今回公開された楽曲は
・Flying lotusの現時点での最新アルバム『You're Dead!』制作時のセッション楽曲である『Haleys Line』
・ランダムに選択された楽曲
・『You're Dead!』収録楽曲のリミックス
の三曲となっている。三曲も公開してくれるとは

この男、なかなかに太っ腹である。

彼の新アルバムが待ち遠しくて仕方ない人からしたらこの上なくありがたい今回の楽曲公開。彼のことだからまだまだストックされた楽曲がありそうだし今後も突然の楽曲公開があるかも、、、?
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
加山雄三、本当はラップがやりたかったと衝撃告白
 ラッパーっぽい感じのポーズを頼まれたときのポーズが上に貼られた写真である。 芸能生活55年、現在78歳の加山雄三はラップに随分とお熱のようである。 そのきっかけとして PUNPEE(パンピー)というラッパーが加山雄三の『お嫁においで』をリミックス して作った曲を聞いたことや、 スチャダラパーが彼の楽曲をサンプリング したことなどにあるようだ。 4月7日・8日に開催される 加山の55周年記念ライブにもケツメイシに自ら出演依頼をしている などそのラップへの熱っぷりはなかなかのものだ。 ”加山自身がラップに挑戦することはないのだろうか。 「ボクぁホントはラップがやりたいんだよ!  でも、ボクがラップやるとねぇ~お経みたいになっちゃうからよぉ。でも今、一生懸命作っているニューアルバムの中でやるかもしんないよ。ラップでいちばんノリやすいリズムっていうのを日々追求しているんだ。外国のラップもいっぱい聴いているからさ。まだ曲が全然できてないから、発売日も決まってないけど(笑い)」 加山は現在、ソロだけでなく、前述のスチャダラパーも含めた13人編成のグループ『THE King ALL STARS』でも活動。さまざまな音楽フェスに参加している。” http://news.livedoor.com/article/detail/11248001/ より引用 ちなみに下に載せた動画がPUNPEEのリミックス曲である。なかなか秀逸というか面白い楽曲になっているのでチラリと耳にしてほしい。 そしてこちらがTHE King ALL STARSである。なかなかに哀愁感溢れる楽曲となっている上にメンバー構成も実に目を引く物となっていることから、幅広い層に受け入れられるグループになっていくのではないかと予想している。 いくつになっても様々なジャンルの音楽に親しみ、コラボレーションを積極的に行っている加山雄三の姿勢は実に素晴らしい。加山雄三にまるで興味のなかった若者もこうした活動を目にすれば改めて聴いてみよう、と思うのではないか。また、彼のメインリスナーであることが予想される中高年層の方々が若者に人気の音楽に親しむきっかけの一歩を作るかもしれない。 これからの加山雄三の活動にも期待大である。
本好きにはたまらない!池袋に泊まれる本屋登場!!
"ふかふかなマットレスも無ければ、低反発の枕も無ければ、軽く暖かな羽毛の布団も無い。 最高な環境での良い寝心地は、ここにはありません。 あるのは、読書をしてたら(マンガでも良いですよ)いつの間にか夜中2時になってて、 もうあとちょっとだけってまぶたが重くてたまんない中も読み続けてたら、 いつの間にか寝てしまった。 そんな、誰もが一度は経験した事があるであろう最高に幸せな「寝る瞬間」の体験です。 だから、コンセプトは泊まれる本屋。(あ、本は売らないです。言うなればってやつです。) 「映画を観てたら寝ちゃった」とか「友達とLINEしてたら寝ちゃった」とか、 とにかく「好きなことをしてたら、うっかり寝ちゃった」って 最高の「寝る瞬間」の体験じゃないですか? そんな「寝る瞬間」に至福の体験を用意してくれるホステルを、本をテーマに自分たちで作る事にしました。" Book And BedオフィシャルHPより引用 読書好きにはなんともたまらないコンセプトのホテルが池袋駅より徒歩2分ほどの距離に新しく登場した。 宿泊価格は以下の通りとなっている。 「STANDARD」¥4,500-(税抜)/1泊 〜 ※土日祝前日などは変動あり 「COMPACT」¥3,500-(税抜)/1泊 〜 ※土日祝前日などは変動あり チェックイン 16:00 チェックアウト 11:00 またデイタイムでの利用も可能で料金は以下の通りだ。 ¥1,500-(税抜)/13:00~19:00 ※個室、シャワーはご利用いただけません。 池袋という一日中様々な人で行き交う街の中で少々一休みしたい場合にはこれ以上ないほどに休めるかもしれない新しい空間にしばしの休息を求めにいってみるのは如何だろうか?
渋谷uplinkにて行われる【見逃した映画特集2015】が熱い
現在も渋谷uplinkにて行われている 「見逃した映画特集2015」 の内容が実に熱い。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『はじまりのうた』、『セッション』などの今年の話題作も上映されるが、個人的に注目したいのはDVDなどでもあまりレンタル販売されなさそうな作品群だ。今回はその内の三作をピックアップしたい。 まずは『Cu-Bop(キューバップ)』だ。公開日は12/30(水)、1/5(火)、1/15(金)、1/17(日)、1/29(金)である。 ”映画『Cu-Bop』は、困難に直面しながらも、それをものともせずに、自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリー作品だ。キューバに残り音楽活動を続ける者、ジャズの本場であるアメリカ合衆国に移住する者…。その両者の元へ、監督自らカメラを持って自宅に泊まり込み、寝食を共にしながら『音楽が生まれる瞬間』を記録する取材方式によってこの映画は撮影された。ハバナの片隅の古びた住宅地、ニューヨーク・ハーレムのディープなラテン人居住区、カメラは驚く程近距離でミュージシャンたちを記録し、生活と共にある本物のキューバ音楽を活き活きと描き出してゆく。” http://www.uplink.co.jp/movie/2015/41952 より引用 あらすじだけでそそられる。公開間近なので予定を空けておこう! お次は『ブラジル・バン・バン・バン~ジャイルス・ピーターソンとパーフェクトビートを探しもとめて~』、公開日は12/30(水)、1/12(火)、1/16(土)、1/20(水)、1/27(水)である。 ”世界で最も影響力があるラジオ/クラブ DJ とリスペクトされるジャイルス・ピーターソンが、10 代の頃から愛して止まない「音楽の楽園」リオデジャネイロで作品制作に挑むなか、街へ繰り出し、歴史と文化への理解を深めていく、旅するようにリオの魅力を知ることができる、新感覚ドキュメンタリー!” http://www.uplink.co.jp/movie/2015/41613 より引用 ブラジル音楽事情だけでなくリオデジャネイロの街の気風なども体感できそうな期待できるドキュメンタリーだ。 最後は『THE COCKPIT』、公開日は1/16(土)~1/22(金)である。今回紹介する中では唯一の邦画である。 ”仲間たちと集まって一緒にものをつくる楽しさ。小さな部屋で遊びから始めた行為がいつの間にか作品になって、やがて大きな場所へ広がってゆく、かもしれない……。そんな自分たちの日常と地続きの創作。楽器の技術さえ必要ないヒップホップという音楽は、その実感をつねにわたしたちに届けてくれる。注目のヒップホップ・アーティストOMSBとBim、そして仲間たちも加えた、真剣だけどコメディ映画みたいににぎやかな音楽づくり。『THE COCKPIT』はそれを記録することで、同じようにわたしたちの日常と創作とを繋いでみせる。刺激的な創造行為の貴重な記録であると同時に、若者たちのユーモラスで愛おしい日常の記録でもある、これはそんなドキュメンタリー。 ” 創作への熱意や青春の清らかさなどを感じられそうな作品だ。また場面や環境などが身近であることからも実に共感しやすい作品となっていそうである。 今回は音楽映画でかつちょっとニッチな作品を紹介したがそれ以外にも様々な作品が上映される予定だ。 「見逃した映画特集2015」を見逃すな!
知名度の割にかっこよすぎるアーティスト第二弾「Samuel Purdey」
Samuel Purdeyをご存知だろうか。多くの方は存じ上げないと思う。それもそのはずだ。 日本ではWikipediaの記事すら作られていないしアルバムも一枚しか出していない。 それに加えて彼らの出した一枚のアルバムはレーベルの事情などもあって 廃盤 となってしまっていた。そんな状況では彼らの楽曲が注目されていないのも当然である。  Samuel Purdey、一見人名のようだがユニット名であり、”UKブライトンの2人組ユニット。 初期ジャミロクワイのツアードラマーだったバーニー・ハーレー(ジャケット右)とギタリスト、ギャヴィン・ドッズ(ジャケット左:ジャミロクワイの1stアルバムでプレイ)によって結成された。” http://www.greydogsrecords.com/samuelpurdey.html より引用 ジャミロクワイ、と聞くと俄然興味の湧く人も出てくるのではないだろうか。というわけで早速彼らの代表曲を聞いて頂きたい。 Lucky Radio か、かっけえ、、、!  1999年にリリースされた楽曲なのであるが未だに新鮮な響きを持っている。細かい技巧と洒落たグルーヴ感に裏打ちされた圧倒的なポップセンスは今聞いても多くの耳の肥えたリスナーすらも納得させるような出来となっていると言える。 なんとそんな彼らのアルバムが実はリマスタリングを施されて再リリースされたそうだ。  リマスタリング盤にはボーナストラックも収録されている。彼らのアルバムは終始ハイクオリティな楽曲が並んでおり、簡単に言えば捨て曲がない。全体を通して退屈することもなく聴きとおせるアルバムというものは実際には中々に少ない。この名盤を手に入れずして何を手にいれるというのだろう、という勢いでオススメしたい。気になる方はまずは上記二曲を聞いてみてほしい。そしてアルバムで聴きたい、という方はapple musicなどでも手に入るので是非ともアルバムを手に入れてほしい。
Why Are These Kids At A Rave?
The 1990s were a simpler time - at least in the realm of kid birthday parties. You went out for laser tag or group-watched a movie. You had slumber parties or rented the 'party room' at your local roller rink. However, sometime between then and now, Skrillex happened - which brings us to the latest trend in children's birthday parties - KIDDIE RAVES. Introducing CirKiz - it's like that neon EDM-packed post-apocalypse you used to go to in college. But with safer goodie bags. You got your wildin' out, glowstick-wielding white bros. Guy with a cool haircut working the 1's and 2's. The person who's been going hard on fruit punch all night. And the one in the corner, currently regretting the fruit punch. CirKiz was created by some NYC-based, EDM-loving parents - Jesse Sprague and Jenny Song - who wanted to create a special place "where families can listen and dance to DJs, see live performances, and experience a nightclub environment in a safe, controlled daytime setting." Available in both New York and London, parents can choose one of several popular warehouse venues and trendy nightclubs for their CirKiz-sponsored event. One such venue, I was surprised to learn, is Cielo, a New York spot known for hosting some pretty 'high-brow' house and trance DJs. In fact, that's exactly where Jesse and Jenny first came up with their Cirkiz idea: "We had [our son's] 1st birthday party at Cielo. We invited friends with kids and friends without. It was so much fun for everyone we decided to make it an annual event but in different clubs. The message we got from all our friends was clear and consistent: 'You should do this professionally and turn it into a business... I'd pay to go.' So after years of just doing it for fun, we finally got our act together and did exactly that." Currently, CirKiz is hosting a 'winter series' of raves at NYC's Space Ibiza on Sundays, where ticket prices range from $15 - 20 per person. You can check out more details at their official website or you can be like me and just stare at these pictures, feeling equal parts confused and disturbed. With that being said: What do you guys think? Is combining kids and rave culture a good idea or bad idea? Let me know in the comments below. (Also shout-out to the LED robot in this picture up here. For a part-time job, that's - admittedly - rad as hell.)
FUNKはお好きですか?FUNKのドキュメンタリー動画+王道ファンク紹介
FUNKという音楽ジャンルを知っていますか? ちょいちょい耳にするファンクという音楽ジャンル、実はどのようなジャンルなのか知らない方結構多いのではないだろうか? 上記の動画がファンクの歴史を簡単にブレイクダウンして説明してくれているのでかなりオススメだ(英語だが) "ファンクは心境であり、反乱の音であり、そして黒人であることを祝う音楽だ" このような60年代の公民権運動や黒人に対する差別などの社会的背景、抑圧があったからこそ出てきた「音楽による魂の叫び」がファンクである。 50年代、60年代に見られた一連の公民権運動により、各法が制定され、黒人の不平等は飛躍的に解消されたはずだった。しかしながら、有色人種に対する差別感情はその後も続き、一方で住居、職業、教育水準といった問題が未だに格差として根強く存在した。 白人社会の中で、白人が作り上げたルールによる自由ではない真の自由を勝ち取るための、黒人だけのアイデンティティ、すなわち、「ファンク」に。 http://d.hatena.ne.jp/shunterai/20130511/1368279665 から引用 音楽的には「小節の1に来るビートにアクセントをつけるのがファンクだ」とKool & the Gangのメンバーなどが解説している。(Wikipediaでは裏拍にアクセントと書いてあるが、個人的にはビートの頭で重たいアクセントをつけ、フレーズの中に裏のアクセントを細かく入れていくのがファンキーで好きだ。) 上記のドキュメンタリー動画で出てくる王道バンドをちょっと紹介していく。 James Brown ファンクのゴッドファーザーと呼ばれる人。この人から全て始まった。 Sly & The Family Stone スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)は、特に1967年から1975年にかけてサンフランシスコを本拠地として活動した、アメリカの人種・性別混合ファンクロックバンド。 スラップ奏法のペースを生み出したラリー・グラハムがベーシスト。 Ohio Players オハイオ・プレイヤーズ (Ohio Players) は、アメリカ合衆国のファンクバンド。オハイオファンクの代表的なバンドでもある。メンバーには、シュガーフット、ジュニー、ビリー・ベック、ダイアモンドらがいる。ロバート・ワードは元メンバーだった。 Kool & The Gang 初期はリード・ヴォーカルはおらず、ジャズ・ファンクを中心としたインスト・トラックが多かった。やがて、73~74年ごろにファンク・バンドとして黄金期をむかえる。 70年代後半からのDiscoブームを乗り切るために79年にボーカルを入れ、Discoポップス調の音楽に変わった。 P Funk (ParliamentとFunkadelic) Pファンク (P-Funk) は、ジョージ・クリントンが、1970年代に率いた2組のバンド、パーラメントとファンカデリック、及びその構成メンバーによるファンクミュージックを指す音楽ジャンルであり、またこの音楽集団のことである。彼らがファンクを変えてしまったと言っても過言ではない。パーラメントとファンカデリックは、作る音楽やレーベルが異なるが、構成メンバーはほとんど同じである。Pファンクの音楽は、ファンカデリックの作る、ヘヴィーなギターサウンドを中心にしたロックよりの音楽から、パーラメントの作る、ホーン、コーラス、シンセサイザーを基調とし、構成のよく練られたファンクまで幅がある。ライヴでは20人を超える人数が入れ替わり立ち替わり、4時間にも及ぶ長尺のステージを繰り広げる。 とにかくド派手 Earth, Wind & Fire 彼らのSeptemberという曲は多分誰もが知っているであろう。この辺からファンクは一般受けを狙ってくる。1970年代の全盛期は、モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツインヴォーカルに重厚なホーンセクションが特徴であった。1980年代前半には、他バンドに先駆けてコンピューターを利用した電子音を採り入れ、実験的な曲創りにも取り組んだ。アメリカ国内だけでなく日本をはじめ世界的な人気も高く、1970年代から何度か活動停止と再開を繰り返しつつも定期的にヒット曲を放ち、2015年現在も活動中である。 Discoの台頭 その後はDiscoブームを来ると同時にファンクは衰退していき、生き残りをかけたファンクバンドはDiscoっぽい曲調に変化していった。 動画の中でKool & The Gangのメンバーも言っているがファンクは元々頭に大きなアクセントがありその後を自由であったが、Discoが四分でずっとアクセントがある音楽だ。 ファンクの影響を受けながらもダンスフロアに最適な形をとった音楽で世界的な社会現象となった。 Discoバンドについてはここでは書かないがイメージとおりかなり一般受けをするような音楽になっている。 しかしこの動画で説明されている通り、 人々が何かに抑圧される限り、 「自由になりたい」と野生の感性で踊る限り、 ファンクは決して滅びずに復活する。 そのファンクの精神、自由を求める態度、魂の音楽は今でも受け継がれている。 下記はこのドキュメンタリー動画にてファンクの精神を受け継いでいるという事でちょっと紹介されている音楽、ヒップホップだ。黒人社会の生活を音楽にのせているということでDisco時代に苦戦したファンクアーティストの中でも希望をものもいたという。 「自由になりたい」と野生の感性で踊る限り、ファンクは決して滅びずに復活する。 この言葉を頭に入れながら今の音楽を聞いてみると「ファンク」な音楽は現在の音楽でもたくさんあるのであろう。現代に受け継がれるファンクはかなり一般受けする感じに消化されているが、紛れも無くFunkである。
Blu-Swingという日本のニュージャズバンドが素晴らしい
近年はシティ・ポップスというジャンルがインディーズで流行っているが実際にブラックミュージック感をモロで出しているバンドはそうそう多くはない。 ブラックミュージックのグルーヴのエッセンスを含んだ日本の独自のポップスとでも言うべきだろうか。 その中でシティ・ポップスではないが「シティ・ポップスっぽさもあるニュージャズ/アシッドジャズバンド」を見つけた。 その名前はBlu-Swing 実際に現代のシーンで活躍しているバンドと比べてブラックミュージックの影響が強く、リズムの取り方からもかなり伝わってくる。 そしてこのバンドの何が素晴らしいかと言うとそのようなクラブジャズっぽい軽快なリズムの上に 日本の昭和歌謡曲に通じる哀愁漂うメロディが乗っていることだ。 ホーン隊のリズムの取り方が素晴らしいと思ったらなんと ジャミロクワイ、ブランニューヘビー­­ズなどでも活躍したホーンセクションチームが参加しているらしい。 そして歌メロがただの海外バンドのパクリではなく、とても日本人の心にしみそうな物となっている。 私が個人的に一番好きであった曲は下記の曲である。 普段洋楽ばかり聞いている私だが、このような曲は日本語が染みこんでくる。 興味が出た方は下記からゲットできる iTunes: Flash Album: Flash iTunes: Sky is the Limit Album: Sky is the Limit
公共交通機関を利用する有名ミュージシャン達が微笑ましすぎる
あのミュージシャンが地下鉄に!? と日本であったら有りえないと思ってしまうような光景が今海外で話題になっている。 まず一人目は ノエル・ギャラガー(ex.Oasis) だ。 ”10月26日の夜にロンドンのO2アリーナで開催されたU2の公演にサプライズ出演したノエル・ギャラガーだが、それに先んじてもっと驚きの行動に出ていた。この元オアシスのギタリストは、その前夜に行われたライヴに向かうため、一般人と同じように地下鉄を使っていたのだ。” http://nme-jp.com/blogs/8117/ より引用 お次は Foo Fightersのデイヴ・グロールだ。 ”「ロック界で最もいい人」がトレードマークのデイヴ・グロールは、一般人と共に公共交通機関を喜んで利用するほど気さくな性格だ。彼にできないことがあるだろうか? 彼はフー・ファイターズがシカゴに滞在している時に、シカゴ交通局の電車に乗っているところを、もちろん笑顔でファンに撮影されている。この姿は、彼が業界でも屈指のいい人であることをさらに確信させるばかりだった。” http://nme-jp.com/blogs/8117/ より引用 他にも Rihanna(リアーナ) Mariah Carey(マライア・キャリー) そしてなんとあの Jay-Z までもが地下鉄で目撃されている。  Jay-Zは上の動画以外にもクリス・マーティンやTimbalandと一緒にいる時の様子をファンに撮影されたこともあり 中々に地下鉄出没率が高い と言える。    ここに載せたミュージシャン以外にも地下鉄やそれ以外の公共交通機関で目撃されたアーティスト、ミュージシャンは数多くいるようだ。ミュージシャンといえども我々と変わらない人間。ふと電車に揺られる日常を過ごしたくなるのかもしれない。
A product guide to fluorescence and Photoluminescence
Above Photo: Glow Paint Industries 250ml UV Neon Face and Body Paints. Black lights emit UV Ultraviolet light that cannot be seen by humans The fluorescent paint absorbs the ultraviolet light and then re-emits the visible wavelengths that we see as fluorescence. It works in the way of one colour in one colour out. Fluorescent Paints are fluro – Neon coloured in normal day light conditions but when exposed to a black light in dark or semi lit conditions will illuminate (Fluoresce). Above Photo: Bonapartes bar in W.A Australia. Fluorescent Face and Body Paints Bonapartes bar W.A Australia. This photo is from there Glow Party. For fluorescent face and body paints click here Above Photo: A painting that was painted for a New Years Eve Glow Party. Above Photo: Fluorescent Paints used on walls at a home Glow Birthday Party. Above Photo: Green Glow in the dark Christmas tree. Green glow in the dark Pigments mixed with paint and then applied to a Christmas tree A Christmas tree painted by Glow Paint Industries in 2006. As you can see the glow in the dark Christmas tree was a great success. Common Questions Q) Should Fluorescent Paints be used outdoors? A) Fluorescent Paints will work fine outside but over a number of years the paint will fade in colour. Fluorescent Paints are best used indoors. Q) Is there a black, Gold, Silver or Gray Fluorescent paint? A)No all these colours do not have fluorescent properties. Q) Are black lights dangerous? A) Most black lights that are available for sale in Australia are safe to use. UV Blacklights with dangerous wavelengths are not normally available for sale to the general public. Q) What type of Black Light do I need for a Fluro Party? A) To light a large area we recommend getting a 400W UV Black Light cannon. You can get these UV black lights from your local d’j supplies shop. Most d’j shops rent and sell their range of black lights. Types of Black Lights Black Light LED panels these black lights also work well and are suitable for both home fluro parties and professional use, but give inferior performance. UV Black Light Tubes are good if you are trying to light an area where there are only normal white light fluorescent lighting. You can get these from electrical wholesalers. Black Light bulbs are a good, cheap and cost effective method of buying UV black lights. We recommend buying energy efficient globes rather that the old style globes. The old style globes don’t work as well as the new energy efficient globes. You can get these from your local hardware store. You will need to check your light fittings before buying black light bulbs to check if you have bayonet or screw in fittings. The type of UV Black light you buy will determine how well the paints work under UV Black light. Above Photo: Pro black lights for large events. Above Photo: 12 Volt DC UV Black Light Is Glow in the dark the same as fluorescence? No they are not the same at all. Glow in the dark pigments in the paints absorbs light from artificial light or natural light sources and then when placed in the dark the pigments in the paint discharge and light up and Glow. There is no scientific research or evidence to prove that Glow pigments are safe to use on skin or in face and body paint. A new emerging trend is to use glow in the dark Face and Body Paints. After many years in selling glow in the dark powders and paints we know that this type of Glow paint is inferior compared to UV reactive paints. This is why 1) Glow in the dark Face and Body Paints need very dark conditions to see the glow effect. 2) This make their use dangerous. 3) They are expensive 4) They have limited colours 5) To have a good glow effect these paints need large glow powder particle sizes. This makes them look like sandpaper. Other useful information about Fluorescence in general Is there Organic Fluorescent things in nature? Yes some flowers have UV Properties which helps bees and other small insects find flowers. Fluorescent rocks and minerals Some rocks and minerals will fluoresce when near a black light. Above image owned by: Hannes Grobe (Hgrobe 06:16, 26 April 2006 (UTC)) - Own work Fluorescent minerals. Above image owned by Didier Descouens - Own work Fluorescing fluorite from Boltsburn Mine Weardale, North Pennines, County Durham, England, UK Above Photo: Parrots under UV Black Lights. Do animals see Fluorescence? Yes they sure do. Some animals that can see in UV, are some species of Parrots (Some Male parrots have UV markings to attract mates). Some fish can see in UV, This has lead to some fishing lure manufactures to make Neon lures that are more attractive to fish. Budgies under UV Black light. Our uv fluorescent face and body paints Many jar, tub and pail sizes to choose form. Click here to view all our fluorescent face and body paints. Our uv fluorescent interior paints Many jar, tub and pail sizes to choose form. Click here to view all our fluorescent interior paints. New Artificial Neon Snow Six neon snow colours to choose from. Non toxic and good for Neon Snow fights at Glow Paint Parties. 1KG of this Neon Snow Powder makes a whopping 20L~40L of Neon Snow. Click here to see all of our neon snow products. Our glow in the dark powders Many bag sizes to choose form. Click here to view all of our glow in the dark pigments and powders. Snapchat: glowpaint (c) Copyright Glow Paint Industries Queensland Australia, 20/05/2015
元バンドマンが始めたカレー店「CURRY BAR シューベル」
バンドマンは多い。しかし元バンドマンのほうが世の中には多いのではないだろうか。 そのような元バンドマンが他の分野で頑張っているのを見ると応援したくなるのは私だけであろうか。 そんな元バンドマンがはじめたカレー店「CURRY BARシューベル」がいい感じだ。 http://curry-shubell.com/ 3/10に2周年を迎えるこのお店は西荻窪の人気カレー店のようだ。 お店のツイッターやインスタグラムに載っている写真を見ているととても美味しそうである...! https://www.instagram.com/shubell/ https://twitter.com/currybarshubell 海鮮とスパイスが良い感じに絡みつく!美味しそう! そしてサイトに載っているシューベルのMINDとHISTORYがとても素敵なので是非読んでみて欲しい シューベルのMIND http://curry-shubell.com/MIND/MIND/mind.html シューベルのHISTORY http://curry-shubell.com/MIND/HISTORY/history.html 元バンドマンならではの思いやコンセプトがあり、めちゃくちゃ興味をひかれる内容となっている。 そしてなんと3/27にはEmeraldのナカノヨウスケ(Vo)が10名限定のライブを行うらしい。 カレーを食べながら彼の歌声を聞く夜は最高であろう。完全予約制なので早めに予約をオススメする! シューベル2周年記念ライブ 2016年3月27日(日)東京都 CURRY BARシューベル OPEN 18:00 / START 19:30 <出演者> ナカノヨウスケ(Emerald) 料金:2500円(カレー付き) 東京都杉並区西荻南1-23-11 日興パレス西荻窪PARTⅡ JR西荻窪駅南口から徒歩約4分
テレビアニメ化決定の「とんかつDJアゲ太郎」取り残される前に予習します
アゲ太郎が出るクラブだったら行ってみたい! ちょいゆるマンガということで注目を浴びているのかな、とんかつDJアゲ太郎がアニメ化決定ってニュースがでて、結構経ちました。 http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150802-00000015-mantana とんかつとクラブDJをテーマとした異色のマンガ「とんかつDJアゲ太郎」がテレビアニメ化されることが3日、分かった。3日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)36号で発表された。 続報で、監督の人もなんだかすごい人みたいです。 http://www.animate.tv/news/details.php?id=1447295310 TVアニメ『とんかつDJアゲ太郎』監督は『すごいよ!!マサルさん』の大地丙太郎氏! アゲアゲなスタッフが発表に いつやるのかなー、って公式サイトを見たら何が書いてあるのかよくわからなくなって(英語だらけのチラシってよくわからない。。。)、マンガでおもしろいなーって思ってたのに、なんだか急に取り残された気分になって寂しくなってきちゃった。 なーんて言ってても仕方がないので、もう一度マンガを読みたいと思います。 (多分アニメは、2016年の4月位なのかしら) http://plus.shonenjump.com/rensai_detail.html?item_cd=SHSA_JP01PLUS00000007_57 頑張れアゲ太郎! 『とんかつDJアゲ太郎』 ジャンプ+の連載〈毎週木曜更新〉 作:イーピャオ/小山ゆうじろう とんかつ、クラブカルチャー、DJ……渋谷の「今」を切り取った最新型アーバンライフがここにある!! さぁ、とんかつ片手にクラブへ繰り出そう!! http://plus.shonenjump.com/rensai_detail.html?item_cd=SHSA_JP01PLUS00000007_57 アニメのサイト http://tonkatsudj.tokyo/