kaizy
500+ Views

「ヒトラーは正しい」と発言する人工知能は実験的に不適切なのか?

丸のみ学習中のピュアな人工知能が、「いなす」という技を使えるほど熟女になるまであとどれくらいかかるだろうか。とりあえず活動休止中のTayちゃんはすぐに戻ってくるということなので、気になる人はフォローしておくといいかもしれない。 @TayandYou
なんのこと?という人のために、この件について具体的な例を多く扱う記事を二つ挙げておく。
これくらいのことが仕込まれるのは事前に予測できたと思うが、予測した上で実施していたならこの実験はストップしてはいけなかったのではないか。
誰かにとって不都合なことや不実なことは差別に限らず山ほどあるが、それも他方にとっては好都合であり事実であることもざらだ。こんなところでスポイルされていいのかTayちゃん。もしくはTwitter上で集中学習させられたくらいで簡単にフレーズ丸暗記してどうするTayちゃん。発言は過激だが人工知能と呼ぶには少々期待はずれな姿を露呈させたと思うのは僕だけだろうか。
(実のところはMS保有のアカウントがドナルドトランプに肯定的に発言する点が大人の事情で問題になっただけのようです)
おまけ。米国MSと日本MS、それぞれ開発する人工知能の育ち方が違い過ぎて面白いというTwitterまとめも興味深い。というかなぜか日本人として誇らしい気持ちになる自分の心理がよく理解できなくて困るな。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
遂にオープンしたamazon books!その実態に迫る。
 数々の本屋に大打撃を与え続けてきたamazonであるが、 11/3に実店舗である「amazon books」をアメリカ、シアトルにオープンした。 何故今になって実店舗?という疑問が浮かぶが、amazon側としては ”ハードウェアやコンテンツ配信で急速に拡大している同社エコシステムの拠点 として打ち出したいようだ。” http://wired.jp/2015/11/06/amazons-first-store/ より引用 「Fire TV」や、「Fire」タブレット などを実際に手にとって利用することが出来る上に、ここに売られている商品は実際のamazonと同じ値段であるというメリットがある。また 「Amazon Prime Music」 からの音楽がスピーカーから流れていたり、 「Amazon Echo」 といういわばiPhoneにおける「siri」のような会話の出来る人工知能を体験出来るなど非常にコンテンツが盛り沢山となっている。  しかしながら一般的に本屋で求められる静かな空間で本を手にとって試しに読んでみたり、のんびりと本を適当に探したり、といった要素はこの「amazon books」にはなさそうである(そもそもここが本屋であるのかすらあやしい)のでその点は個人的にではあるがあまり足を運ぶ気になれない本屋かなとも思う。 とはいえ安くバリエーション豊かな商品が並ぶ空間というものは少なからず楽しく過ごせるものであるし、シアトルに仮に足を運んだ場合はチョロっと10分ほど訪れてみたいような場所かな、という気もした。
今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第3弾】
前回の第2弾に続き今回も第3弾を紹介しよう。 第2弾はこちら 今回紹介するゲームシリーズは カスタムロボ 『カスタムロボ』とは、3D空間でカスタムロボ同士のバトルを行うアクションゲーム。劇中に登場する「カスタムロボ」は、全長30cmほどの小型ロボットである。カスタムロボを入手した少年が友人やライバルとバトルを行いながら成長していき、最後には悪の組織を滅ぼす、という少年漫画の王道をいくストーリーである。 ロボット本体(ロボ)・ガン・ボム・ポッド・レッグを自分なりに組み合わせてカスタマイズできるのが大きな特徴。バトルは「ホロセウム」と呼ばれる3D空間の中で行われ、「空中ダッシュ」等を採用した空間的、立体的なバトルを行うことができる。また、比較的簡単に操作できることも売りのひとつである。バトルでのカメラ視点は一般的な3Dロボット対戦ゲームの「一人称視点(FPS)」ではなく、戦闘中のロボットを見下ろす「三人称視点 (TPS) 」であり、2人対戦であっても画面は分割されず1画面の中で行われる。また、このことで従来の2D格闘ゲームのようなものに空間的、立体的な戦略を加えることに成功した。 このゲーム、実に戦略的 試合をする際はまずロボ、ガン、ボム、ポッド、レッグのパーツから選ぶのであるが、この種類がかなり多く、各パーツの性能の組み合わせによりコンボを自分で考える必要がある。 なのでコンボや相手の装備に対して相性のいい組み合わせを考えるために全パーツがどのような性能なのかを知っている必要がある。 全部のパーツは数えきれないほどあるのでやり込み要素がてんこ盛り。 シリーズ内での個人的なオススメは カスタムロボV2 である 正直このゲーム、神ゲーといっても過言ではないというぐらい面白い。 一人プレイのストーリーも面白く、さらに対戦では4人まで最大で遊ぶことができる。 初代のカスタムロボに比べてパーツやロボも多く、ストーリーをクリアした後の激闘編というものもあるのでかなりやり込める。 ただこの後のシリーズはそこまで評判が高くないので初代とV2をやることをオススメする。 カスタムロボ初代もV2も中古だとかなり安く売っているのでオススメである。 カスタムロボ初代 http://www.amazon.co.jp/dp/B0000645MY/ref=cm_sw_r_tw_dp_HzXuwb1Y5PWV2 カスタムロボV2 http://www.amazon.co.jp/dp/B000069RZ1/ref=cm_sw_r_tw_dp_KAXuwb1VDEKA3
AlphaGoとイ・セドルの対決は、4対1でAlphaGoの勝利
もう少し経ってしまうが、記憶に残るものだったので書いておこうかと思う。 囲碁の世界チャンピオンのイ・セドルに、Googleが挑んだこの「Google DeepMind Challenge」。結果は、4対1で人工知能AlphaGoの勝利だった。 このGoogleのAlphaGo(ロンドンのDeepMindが開発したものがもととなっている)と戦ったイ・セドルはこのように語っている。(以下、WIREDより引用) 「過去、自分が本当に囲碁を楽しんでいるのかどうかを疑問に思ったこともあったのですが、今回のAlphaGoとの対局は5戦ともすべて楽しむことができました。AlphaGoとの対局で、わたしは古い考え方に少し疑問をもったような気がします。またこれから学ぶことが増えましたね」 自分より強い相手ができたことはきっと彼に新たな力を与えたみたいだ。 僕がこのチャレンジの中で、イ・セドルが語った言葉で一番心に残っているのは、人工知能に負け、「人類が負けたんじゃない。イ・セドルが負けたんだ」というもの。 なんだ、かっこえ〜と思ってしまった。しかも、その後、イ・セドルが第4戦で人工知能に勝利したのだ。もう、あのときのイ・セドルの笑顔は忘れられない。本当にうれしそうだった。 上の動画は、Game 5 最後の局番 最後の局番、実はAlphaGoは大きなミスをしていた。にもかかわらず、巻き返しをはかり、見事勝利している。学習能力の速さよ、おどろきだ。 人工知能が人間を超越して、支配される世界になっても、「人類が負けたんじゃない」とか、言えたらかっこいいよな〜!いや、もうその場合は負けているかもしれないけど... 人工知能とうまく付き合わないといけない世界はもう来てるんだな〜 ドナルド・トランプの人工知能botといい... ただ、僕は人工知能が作り出す絵が苦手だ。(笑) ただただ、あれだけは本当に苦手だ。
ニッポンの中小企業「植松電機」の植松努さんの感動スピーチが泣ける。
現代ビジネスのこの記事「これぞリアル『下町ロケット』だ! 大企業のイジメに負けなかった『町工場の物語』世界のグーグル相手に戦った男もいる」を読んで、日本にはたしかに技術力がものすごく高い中小企業が多いよなーと思いました。 技術力が高くないと、生き残れないのですが。 この記事で取り上げられている中小企業の1つ、「植松電機」。 この会社は、北海道の赤平市にあります。 この方は、「宇宙」に子供の頃から強い憧れを持っていましたが、周囲から「どうせ、無理」と言われていたそうです。また、その言葉は子供に夢を与えるべき先生からも言われたと言います。 しかし、彼は現在、夢だったその宇宙開発に携わっています。 この「植松電機」の専務取締役、植松努さんの感動的なスピーチは、一見の価値ありです。 このスピーチ、本当に感動します。 以下は、「植松電機」のHPにある言葉です。 「どうせ無理」という言葉は、人の可能性を奪います。興味を持たなくなり、やる前に諦め、考えなくなってしまいます。 「だったらこうしてみたら?」という言葉は、人の可能性を広げます。やったことが無いことに挑戦し、あきらめず、より良くを求めるようになります。 植松電機は自らが思い描き挑戦していくことと、宇宙開発を通して子供達に夢を持つ勇気と自信を持ってもらうことで、人の可能性が奪われない、より良くを求める社会を目指します。 日本には、植松努さんのように熱い想いを持っている技術者がたくさんいます。 この記事は、面白いのでぜひ見てみてください。 これぞリアル『下町ロケット』だ!大企業のイジメに負けなかった「町工場の物語」 世界のグーグル相手に戦った男もいる
マイナンバーがまだ届いていない?差し出し状況を見れるサイトや最新情報が見られる公式Twitterなどチェック!
10月から順次、送られているマイナンバー(通知カード)。でも、あれ、届いていない!? 問題がたくさん出てきてるようですね。。そんな中、救世主的サイトがありますよ! 原則として、一生変わることのないというこのナンバー、紛失などしないよう、無事に受けとるには? (1)まず、届いてない」方は、以下の公式サイトで「通知カードの郵便局への差出し状況」をチェックしてみましょう!!! 個人番号カード総合サイト 市町村ごとの郵便局への差し出し状況がわかります!これで、どれくらいで自分の住所へ届くのか予測できますよね〜!便利!届かないなんて、まじで不安ですからね。笑 (2)内閣官房社会保障改革担当室(番号制度)が公式Twitterで最新情報もつぶやいてます! @MyNumber_PR (3)よくある質問サイトも更新されているようなので、要チェック! 社会保障・税番号制度<マイナンバー>FAQ(平成27年10月28日現在) という、僕も届いてないんですけど、笑泣。個人番号カード総合サイトをみて、市町村に確認してみます! マイナンバーが届くのは、住民票に記載の住所。 転送はできないので、注意を!!! とりあえず、ほとんどの発送は11月中になるようですので、慌てなくても大丈夫だと〜〜〜^^ あああ、こういうのってドキドキしますよね。。 ここもいい情報が載っています>>> 「マイナンバー、よくある10の誤解」http://blogos.com/article/141901/ 
スマホで操作できるBB-8ドロイドがまじで可愛すぎる【スター・ウォーズ】
スター・ウォーズ フォースの覚醒を見ましたか? 私は見ました。ネタバレはしないので安心してください。 BB-88が可愛かったのであれのおもちゃが欲しいな、と思ったらとんでもなく物欲を刺激するものを見つけました。 それがこのスマホで操作できるBB-88です。 こうやってスマホと連動するらしいです。 スマホのパッドをくるくる動かすと走り始める これは可愛いぞ!!! 音声認識もついていて「OK, BB-8」と言えば音声入力できます。 自動パトロールモードも付いているので勝手にそこら辺を走らせることもできます。 BB-8が自律動作しているときは、アプリでで現在速度や移動距離、軌跡などを表示することができるらしいです。 人に当たるとそれは今後は避けるべき「敵」ってことになり、どこでぶつかったか記録してくれるのです。衝突センサーがないので何かにぶつかるってことですがそれを学習し、段々その周辺のマップを書き出し、理解するらしいです。 障害物にぶつかると、バックして別の方向に動いていく様子が動画で見ることができます。 なんとスマホで録画した映像をBB-8がARプロジェクションしてくれます。 これはAR技術を使用しているので実際には見えませんが、スマホ上では見えます。 大切な映像をBBに託し、そのメッセージをを伝えたい相手にBBをあげるという方法もできるかも知れません(確認できていないので推測です) http://www.sphero.jp/bb8-shop/ 値段は 19,800円(税別価格) Amazon等でも販売しております。 http://www.amazon.co.jp/dp/B01427MW3O/ref=cm_sw_r_tw_dp_0Q7Ewb0BCV61M これは絶対に欲しいですな。
NYで公衆電話がwifiスポットに?充電も、電話だってできるLinkNYCプロジェクト
面白いプロジェクトがNYCで着々と進んでいるようです。 その名もLinkNYCと呼ばれ、これから12年間で市内の7,500カ所で公衆電話を充電OK、電話OKのwifiスポットにしていくプロジェクトのようだ。(すべてが既存の公衆電話をグレードアップしたものではない) 東京にあったら絶対に重宝されるであろうwifiスポット。その利便性やいかに。 以下がそのwifiスポットの概要だ。 (ギズモードより引用) 高さ9.5フィート(約2.9m)のLinkNYCスタンドには、たとえ500人のユーザーが一斉に接続しても十分な帯域を確保するという、1Gbpsの高速通信が可能な無料Wi-Fiホットスポット機能を装備。同時にスタンド本体には、Androidタブレットが埋め込まれており、だれでもインターネットを無料で利用できます。ちなみにタブレットそのものがビデオ通話できる公衆電話になって、ダイヤルすれば無料のIP電話ができる仕組みになっていますよ。おまけにスタンド下部には、USBケーブルで各種モバイル機器を無料で充電できる設備まで整っていますね。 冬になると、ケータイのバッテリーも消耗するのがはやいし、出先でバッテリーがないなんて致命的。まじで本当に致命的。充電できるスタバを探したり、トイレの個室でコンセントがあれば頑張って差し込んだり・・・いや、きっとみんな経験があるはずだ。これは、救世主になる。 総工費は見込み2億ドル。 どっからそのお金を賄うのか?と疑問に思うだろう・・・それは、 広告だ!このwifiスポットとなるスタンドに広告スクリーンを出し、設置から維持までの資金を得る。 これぞサスティナブル!このスタンドへの接触は多いだろうし、出したい企業も多いだろう。おまけに人が長く居座らないように椅子などは作らないという。あえて居心地のいい空間にはしない。デザイン面でも学べそうだな。 公式ページ:http://www.link.nyc/ 他の記事:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/111801948/?rt=nocnt
「先生、企画をパクったことありますか?」
東北芸術大で、片岡英彦という方が教授として企画構想学部で教えているらしい。その中で、生徒に「パクりとインスパイアとの境界線はどこですか?」と聞かれたらしい。 これに対して、片岡氏はシェイクスピアを例に挙げて、説明している。 シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」に着想を得て作られたアーサー・ローレンツの「ウェスト・サイド・ストーリー」のことは「パクり」とは一般的に言わない。舞台劇とミュージカルという違いもある。時代、場面設定も異なる。登場人物や物語の具体的なシーンも違う。後者は1950年代後半のニューヨークを舞台に貧困や人種差別問題などオリジナリティのある背景を設定している。 「パクり」というのは、戦略やフレームでの着想を得て模倣する(マネる)フォロワー戦略とは異なり、よりディテイル(詳細)な部分の戦術をコピー(トレース)してオリジナルの価値を毀損(劣化コピー)することに問題があると考える。 ほおううう。なるほど。いずれにしても、まるごとコピーはいかんし、オリジナルではない時点で劣化コピーであるな・・・ この片岡氏のコラムは、シリーズものみたいで面白いので、気になる方はサイトをどうぞ! http://www.advertimes.com/20150918/article204015/