kakikukeko
500+ Views

スマホを充電できるヤカン「KettleCharge」

よく分かりにくと思うけど、基本的にはフツーに火にかけて使うヤカン。重さが約900gで容量は750ml。
ポイントはここからで、お湯が沸くと同時に発電されて、内蔵の1250mAhバッテリーに蓄電されますそう(湧かした時の余熱を利用するということなのかな?)。
あとはUSBケーブルを繋いで、スマホやタブレット、デジカメなどを充電するだけ。
「BioLite」というNY発のアウトドア・ストーブのブランドらしく、日本の代理店はあのモンベルだから消してネタとかではないみたいですよ。
とは言え!まだ値段が安くないんだよなぁ〜...
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
IKEAの組み立てるだけのシェルター住宅が気になる!!
現在は、イラクやレバノン、エチオピアの難民キャンプで実際にテスト使用されているものらしいです。震災時の仮設避難所としても使えそうですよね。 こちらの記事のよると・・・ http://gigazine.net/news/20150327-ikea-temporary-house/ ・たったの4時間で組み立て可能 ・屋根にはソーラーパネルが装着されていて内蔵ランプやUSBコネクタに電力を供給することも可能 ・中の面積は188平方フィート(約17.5平方メートル)で、5人が寝泊まり可能 単に4時間でこんな家がたつだけでも素晴らしいのに、ソーラーパネル装着とはすばらしい!! IKEA、単にやすい家具を作っている会社かと思いきや・・・ 中はこんな感じであくまでシンプルな「小屋」という感じ。17.5平方メートルで5人というのはややきついようにも思えるけど、家具がないシンプルな部屋だったら余裕かもしれないですね。 https://www.ikeafoundation.org/press/better-shelter-ikea-foundation-and-unhcr-ready-to-improve-life-for-thousands-of-refugee-families/ これが日本でも発売になることも待たれますが、このような商品、日本の企業からもぜひでてきてほしいです。ありえそうなところでいうとジョイフルホンダから出ているジョイパネの進化系、ってかんじになるのかな・・・期待!!!
タバコのポイ捨てで指名手配!?香港の「Face Of Litter」プロジェクト
結構前に知って、画期的だなーと思っていたこの広告。 広告代理店のogilvy(オグルヴィ)が制作したこのポスター、なんとタバコをポイ捨てた人の顔を映し出し、「指名手配」してしまうのだ。 香港の非営利団体「Hong Kong Cleanup」のために行われたこのプロジェクトは、DNA分析にアメリカの企業Parabon Nanolabs社が協力している。(以下、WIREDから引用) 香港のゴミに付着したDNAは、遺伝子型判定の研究所にもち込まれ、そこで落とし主に関する膨大なデータが作成される。このデータをParabon Nanolabs社の機械学習アルゴリズムによって処理すると、特定の表現型(特徴)をおおざっぱにとらえたスナップ写真がつくられるのだ。 ひょひょひょー、実際に犯罪捜査にも利用される技術だというから、精度はかなり高い。 香港は、街中でポイ捨てされるゴミで悩まされている。政府は、ポイ捨てに約200ドルの罰金を科している。 でも、タバコをポイ捨てしただけで、自分の顔や知り合いの顔が「指名手配」されたら、生きにくいな。笑 それほど、香港はゴミ問題に困っているということだけどね。 罰金制度より効果ありそうなアイデアでおもしろい。
R2-D2型移動式冷蔵庫が欲しい!けど…
12月のスターウォーズ祭りを盛り上げるべく、いろいろとスターウォーズコラボ製品が出てきています。その中でも私が欲しいのはコレ! 写真を見ればすぐにわかる、R2-D2の形をした冷蔵庫です。 中国のメーカー「ハイアール」が発表していたものが、今日の昼から予約開始だそうです。 https://otakumode.com/shop/haier/aqua/R2-D2-Moving-Refrigerator ただ、問題になるのはその価格なんですよ。その値段はなんと 998,000 円(税抜)なんです。税金を入れると 1,077,840 円という 100 万円オーバーの超弩級価格の冷蔵庫です。 もちろん、100万円という価格に見合うのが商品力。「R2-D2」を等身大(高さ95センチ)で再現し、胴体部分に保冷機能を内蔵。缶やペットボトルなどを冷やせる移動式。赤外線利用のコントローラで前後左右に操作でき、頭部にはプロジェクターを内蔵し、ワイヤレス技術「Miracast」でスマートフォンなどに表示した映像の投影も可能。おお、すごい! でも、肝心の冷蔵庫としては缶飲料が6本入る程度の容量です。 だったら、缶一本だけ冷やすことのできるダースベイダー冷蔵庫(39,800円)の方がまだ現実的な感じがしますね。 等身大「R2-D2」冷蔵庫に、缶1本を冷やすダース・ベイダーのマスクも──ハイアール「スター・ウォーズ」コラボで“日本家電の覚醒” http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1510/29/news089.html
patagonia
環境問題に取り組む企業としても有名なアメリカ・カリフォルニア州ベンチュラに本拠地を置くアウトドア・ブランド。 「パタゴニア」という名称は南米の地名で、「地図には載っていないような遠隔地」「どの国でも発音しやすい」という理由から。元々はロッククライミング用具の製造販売からスタートした。 それまで、カラーバリエーションが少なく地味だったアウトドア製品に、鮮やかな色展開でファッション性を持たせ、”日常着としてのアウトドアウェア”の代表的ブランドとなる。また、同時にペットボトルのリサイクル素材を用いて「エコロジー」という概念の普及に貢献したという点も素晴らしい。 国内では1989年に目白へ1号店をオープンして以降、現在では全国各地に直営店を構えている。 http://www.patagonia.com/jp/ パタゴニアの代表作といえばまずはコレ。フリースジャケット”Synchilla”。 軽量、耐風、保温、透湿、撥水、日除、速乾という多くの機能性を合わせ持ち、コンパクトに収納可能。しかも着心地良しということで、絶大な人気を誇る"Houdini"ジャケットもお薦め。 コンパクトに収納できて、格別な通気性、速乾性、保温性を誇り、本格派の人たちから抜群に評価が高いのがフリース・ジャケット"R2"。 ファッションのシーンで根強い人気を誇るフリースベストが"CLASSIC RETRO-X VEST"。
新漆器「百色 hyakushiki」に驚きました!
こちら昨日のテレビで紹介されていたようなのですけど、みなさんご覧になりました? 写真のすべてが漆器なのです! 漆器といえば木製品に漆を塗ったものというのが定番ですけど、こちらはガラス器に漆を塗られたもの。今までの漆器ですとフォークやナイフなんてとても当てられませんでしたけど、こちらは内側はガラスそのままなので普通に使えるのですね。^^ 漆が塗られていているのは外側で、このガラス表面に漆を定着させられるようになったのがとても画期的な技術なのですって!素人が想像しても普通でしたら剥げてしまいそうですものね。20年の年月をかけて実現されたそうですよ。 こちらのタンブラーが気になっておりますけど、やはり朱赤の色が使われているといかにも漆という感じがしますね〜。(*^^*) テレビで取材されてましたけど、このぼかしも含めて柄付けや色つけはすべて職人さんが手作業でなさってるんです。粘度が高いのでぼかすのは難しいとおっしゃっていましたけど、こんなに均一に仕上がってるなんて素晴らしいお仕事ですね。(青いところを見ると横にたくさん線が入ってますので粘度の高さを感じます!) ストライプのものは、ストライプの上からさらに漆を塗って、外側は単色で内側はストライプに見えるデザインが多いようなのですけど、私はこのまばらに地のガラスが透けているデザインが好きです。^^ こちらのストライプ、一本一本職人さんが手で描かれてるんですよ!ボウルを一つ仕上げるのに大変な時間がかかるとおっしゃってました。具体的な時間を忘れてしまいましたけど…^^; 漆って、今は外国でもNatural Lacquerっておっしゃる方の方が多いですけど、一部のヨーロッパの方だけかもしれませんがJapanって呼んでいただけるとなんだか嬉しいですよね。 タンブラーやボウルもデザインによりますけど5000円前後のものも多いようですから、年配の方や外国人のお友達に贈りものをするときちょうどよさそうです。 こちらがきっかけで海外の方がデイリーにお使いになったら、Neo Japanと呼ばれるのかしらなんて勝手に盛り上がってワクワクしてしまいますね〜!丸嘉小坂漆器店さん、応援しております〜^^ 百式 hyakushiki 丸嘉小坂漆器店
外出時の災害対策
熊本が大変なことになっていて、胸が痛いです。 災害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。 いつか、首都圏でも大地震は起こるのだろうな、と改めて痛感しました。 皆さんはどのような災害対策をしていますか? 私は、避難グッズをつめた防災バッグの用意の他、いつも、外出中に災害に遭ったらということを考えています。 具体的には、 ・眼鏡は常に持ち歩く  もしも、出先で帰宅できなくなった場合、ソフトコンタクトをつけたまま寝るわけにはいかないので、眼鏡とコンタクトの予備は常にカバンにいれています。 ・長距離を歩ける靴を履く  私がヒールが高い靴が苦手で履けない、というのもありますが、電車が止まって、でも自宅までなんとか歩けそうな距離だったときのことを考えて。 ・その日の外出先から自宅までの徒歩ルートをなんとなくイメージしておく ・災害用の笛を常に持ち歩く  だいぶ前に買ったのでどのメーカーのを買ったか失念してしまったのですが、写真のようなものをキーチェーンにつけて携帯しています。 ・テレホンカードを持ち歩く  金券ショップで買えます。 皆さんのやっている日常の災害対策があったら是非教えてください。