ayumiita
500+ Views

日本画でお花見できちゃう!オススメ展覧会3選

桜があちこちで開花して、上野公園や目黒川沿いに見に行っている人も多いのでは?
しかし、たまには美術館の中でお花見をしてみるのもオススメです!
今回は現在開催されている、桜をテーマにした展覧会をご紹介したいと思います。

奥村土牛の展覧会(山種美術館) 

現在、奥村土牛の展覧会が開催中です。上のポスターの日本画「醍醐」だけでなく、奈良の吉野に桜を描いた「吉野」も展示されています。
ちなみに着物で行くと割引がありますよ!風情ありますね。印象的な奥村土牛の絵でお花見しましょう〜!
会期: 2016年3月19日(土)~5月22日(日)
主催: 山種美術館、日本経済新聞社
開館時間: 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(但し、3/21、5/2は開館、3/22は休館)
入館料: 一般1200円(1000円)・大高生900円(800円)・中学生以下無料

「第4回 郷さくら美術館 桜花賞」展/「桜百景vol.5」展 (郷さくら美術館) 

ここのコレクションは昭和生まれの日本画家の作品を中心に収集されています。
目黒川のほとりにあるこの美術館は、一年中満開の桜を日本画を通して見られるようになっています。ここはわたしのイチオシです!行く価値ありです。
現在、以下の展覧会もやっています。(以下、公式サイトから引用です)
「第4回 郷さくら美術館 桜花賞」展/「桜百景vol.5」展
会 期:2016年3月8日(火) ~ 2016年6月5日(日)
休館日:月曜日[但し3/21は開館、3/22、4/4は臨時開館]
一般500円です。得した気分になれる金額ですね(笑)
2016年のスケージュールはこちら。

「博物館でお花見を」(東京国立博物館)

毎年開催されている「博物館でお花見を」というイベントが今年も行われます。期間中は、お花見・桜に関する日本画などが多数展示されます!
江戸時代の歌舞伎遊楽図屛風や吉祥模様の晴着などが展示されるだけでなく、庭園も開放され満開の桜をみられますよ〜!
「博物館でお花見を」
会期: 2016年3月15日(火) ~ 2016年4月10日(日)
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
ダミアン・ハーストの版画展がヒカリエで開催中!
”現代を代表するアーティストの一人、 ダミアン・ハースト。 90年代初頭に発表した、巨大なサメをホルマリン漬けにしたセンセーショナルで挑発的な作品が、美術界はもちろん多くの人に衝撃を与え、表現の新たな可能性を確信させました。 また、1995年牛の親子をそれぞれ真っ二つに切断しホルマリン溶液に浸した作品『Mother and Child Divided』にて、現代美術界で最も重要な賞の1つといわれるターナー賞を受賞。ハーストは生と死をテーマにした一連の作品と並行して、合理的でシステム化を徹底した作品世界を生み出しています。” http://www.qetic.jp/art-culture/damian-160129/172858/ より引用 展覧会情報 ダミアン・ハースト版画展 2016.02.03(水)-02.29(月) OPEN 11:00/CLOSE 20:00 8/ ART GALLERY/Tomio Koyama Gallery 入場無料 このダミアン・ハースト、最高にエグい作品を作りまくっていることで有名なので興味のある方は要注意だ。上の写真のような形で様々な動物がホルマリン漬けでバラバラにされているし動物を愛護する人々からしたら最悪に悪趣味な作品が多いのだ。 (とはいえ今回は版画なのでそこまでエグさ丸出しの作品は多くないと思うが、、、。) 現代を代表する美術家の一人の作品をこうして無料で観れる機会はそうはない。 開催期間も短いので興味のある方はふらりと観に行っては如何か。
「先生、企画をパクったことありますか?」
東北芸術大で、片岡英彦という方が教授として企画構想学部で教えているらしい。その中で、生徒に「パクりとインスパイアとの境界線はどこですか?」と聞かれたらしい。 これに対して、片岡氏はシェイクスピアを例に挙げて、説明している。 シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」に着想を得て作られたアーサー・ローレンツの「ウェスト・サイド・ストーリー」のことは「パクり」とは一般的に言わない。舞台劇とミュージカルという違いもある。時代、場面設定も異なる。登場人物や物語の具体的なシーンも違う。後者は1950年代後半のニューヨークを舞台に貧困や人種差別問題などオリジナリティのある背景を設定している。 「パクり」というのは、戦略やフレームでの着想を得て模倣する(マネる)フォロワー戦略とは異なり、よりディテイル(詳細)な部分の戦術をコピー(トレース)してオリジナルの価値を毀損(劣化コピー)することに問題があると考える。 ほおううう。なるほど。いずれにしても、まるごとコピーはいかんし、オリジナルではない時点で劣化コピーであるな・・・ この片岡氏のコラムは、シリーズものみたいで面白いので、気になる方はサイトをどうぞ! http://www.advertimes.com/20150918/article204015/
窓からはイサムノグチが手がけた石庭も!丹下健三建築の草月会館のカフェ
港区赤坂にある建築家・丹下健三氏の設計「草月会館」にカフェがオープンしていました!手がけたのはデザインオフィスnendo。天井や壁面には触れずにそのまま残したそうなんですが、やはり床が違うとここまで印象がかわるとは。(下の「レストラン薔薇」と見比べてみてください) 以前から使っていたエーロ・サーリネンの「チューリップ・チェア」「チューリップ・テーブル」も補修してマットブラック塗装を施して再利用したそうです。木目に黒い家具、というのがシックでモダンな印象を引き立てています。 窓からは、イサムノグチの石庭、さらに高橋是清翁記念公園、赤坂御所の緑も楽しめます。そんな贅沢な場所でいただけるコーヒーが目黒の人気店「Switch Coffee Tokyo」のものだというからもう言うことなしですね・・・そして大きいテーブルには電源もあるらしい。 すばらしい。。 ちなみに、こちら公式ページでは、「草月指導者連盟会員のくつろぎの場として ご利用いただけます」との記載がありますが一般の方でも大丈夫のよう。ただ、土日は空いてないようなのでその時点でハードルがかなりあがってしまいますが。 いつか機会見つけていってみたいです。 ちなみに、こちらが改装前の「レストラン薔薇」。やはりちょっとレトロな印象が強いですよね。これはこれで好きですけど・・ connel coffee http://www.nendo.jp/jp/works/connel-coffee/space/?genre http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13185974/
現存する日本最古のビヤホール 「ビアホールライオン銀座七丁目店」
ビールの美味しい季節ですが、季節問わず美味しいビールを楽しく飲める場所といって一番に思いつくのがここです。1934年創建、現存する日本最古のビヤホールで、戦時中幸いにも空襲を免れた貴重な建物でもあります。 駒澤大学耕雲館(現在は禅文化歴史博物館)なども手がけた菅原栄蔵氏による設計の内装は、当時の建築技術を結集して作られたもの。歴史が詰まった荘厳な空間です。 知らなかったのですが、内装は「豊穣と収穫」をテーマとしてつくられており、『麦の穂』をイメージした柱や、『豊穣』や、『ビールの泡』をイメージした電球などもあるのだとか。細部まではちゃんとチェックできてなかったので今度いったときはしっかりみてみます。 この日本初の250色ガラスモザイク壁画もすばらしく、見応えありますよ〜 これを眺めながら飲むビールがまたおいしいのです。 その他、『生ビールの達人』ともいわれるビールマイスターがいたり、こだわり抜いた「サッポロ生ビールの味」だったりと、オススメポイントは他にも。 ビールはあんまり...な人も建物としての魅力が満載なので行ってみる価値ありです。 お料理も美味しいですよ。 ビアホールライオン銀座七丁目店 http://r.gnavi.co.jp/g131800/
レ・コード館
今日、11月3日は「レコードの日」だそうです。 北海道の新冠町(にいかっぷちょう)にある「レコードの博物館」が「レ・コード館」です。歴史的に価値のある蓄音機やレコード盤などが展示されてますが、所蔵している過去のレコードの視聴も行える施設です。小さな自治体の施設なので、潤沢な資金でレコードを購入しているわけではなく、いらなくなったレコードだけど、捨てるのは忍びないという方々からの寄付でレコードを1997年から収集しています。現在では90万枚ほどのレコードが収蔵されているというのは収蔵されているというのはびっくりですよね。 レコードに保存されているのは音だけじゃなく、ジャケットやジャケットに入っているリーフレットといったものがあります。私も学生の頃集めていたレコードはジャケ買いもありましたし、中の歌詞カードなどがとても楽しいレコードもありました。そんな楽しみが溢れているレコードをここに行くとたくさん見ることができます。 レコードや蓄音機が展示してあるミュージアムやリスニングブースがあるので、楽しもうと思えば1日中いられる場所です。私も蓄音機の音を聴きましたが、スクラッチノイズなどはありますけど、録音方法も今とは違うので演奏者の息遣いがわかりますし、ふくよかな音を感じることが感じることができました。 この新冠町はサラブレットの町としても有名です。サラブレットの育つ牧場も数多くあります。レ・コード館の隣には道の駅「サラブレッドロード新冠」があります。 レ・コード館 http://www.jalan.net/kankou/spt_01604ae3292017971/
アロマ香る大人のためのプラネタリウム 天の川 アイランド・ヒーリング
本州から360kmも離れた東京都青ヶ島で見られるという星空「天の川」を再現した、夏の暑さが一気に吹き飛んでしまうような癒しのプラネタリウム。池袋のサンシャインシティにあるコニカミノルタプラネタリウムで現在上映中です。 星空のほかにも青ヶ島の美しい自然や風景、土地の民謡など、島の魅力の紹介もあるそうちょっと旅気分も味わえそう。 それと、このプラネタリウムがすごいのがなんと映像に合わせてアロマが香るらしいのです!それも香りのプロがプロデュースするオリジナルブレンド、なのだそうですよ。 就学前のお子さんは入場不可能ということもあり、内容的にもかなり大人向けのプラネタリウム。デートにぴったりかも!昼間の夏の疲れを癒すのにもいいですね。気持ちよすぎて寝てしまいそうな予感もしますけどw  ところでわたし、青ヶ島って全然知らなかったのですが、ほんとうに星空がきれいな場所みたいですね。いつか行ってみたい! http://www.vill.aogashima.tokyo.jp/star/index.html コニカミノルタプラネタリウム 天の川 アイランド・ヒーリング http://www.planetarium.konicaminolta.jp/manten/program/healing/spring_15/