moala
500+ Views

本、剥製、標本...生物&科学好きにぴったりのカフェ「ダーウィンルーム」

下北沢に、気になるお店を見つけました。
「ダーウィンルーム」は「教養の再生」を理念にしたブックカフェ。
自然科学や文化人類学などの本がたくさん揃っているそうです。
店内には剥製が多数。
後ろにちらっと写っている本だけでも、お店の教養度の高さがうかがえますね。。。
標本もたくさんお店で販売しているようで、これは昆虫アクリル標本。安い物は1000円以下で購入できます。
アカデミックなイベントもよく行われているようで、まさに「教養の再生」のお店!
入るのにちょっと勇気がいりそうな気がしますが、生物好きとして、近いうちに行ってみたいと思います!
3 Comments
Suggested
Recent
わー!貴重な情報ありがとうございます。よくぞお気づきになりましたね。そうか〜、てっきりこだわりのオジサマが個人でやっている感じかと思いきや、けっこう大きそうな企業がやっているんですね〜。ザ・スタディールームって、二子玉のライズにあるあのネイチャーグッズとか売ってるお店か!
ダーウィンルーム公式サイトの「歴 史・沿 革」のところみたら、やはり「ザ・スタディールーム」の系列みたいでした!!
たしか「ザ・スタディールーム」っていう、サイエンス雑貨扱っているお店が前下北沢にあったのだけどこれに変わったのかしら??
Cards you may also be interested in
ふんわりタマゴ・サンドウィッチが食べられる喫茶店3選
タマゴ・サンドウィッチと聞くと、ゆで卵のみじん切りがマヨネーズであえられているものと、オムレツ状のタマゴがサンドされているもの、どちらを思い浮かべますか? 実は、前者は関東の、後者は関西のタマゴ・サンドウィッチなんですって。 でも、東京でも、ふわふわのオムレツ・タマゴ・サンドウィッチが食べられます!メニューに入っている喫茶店(どこもカフェというより喫茶店!)を調べてみました♪ まずは、四ツ谷にあるロン。 なんと創業は1954年。 「特製タマゴサンドイッチ」は650円。 ロンのコーヒーはネルドリップ。(フランネルという布を使ってドリップするコーヒー。紙よりもさらにゆっくりとコーヒーが抽出されるので、より味わい深くなる) タマゴサンドイッチと合わせて、楽しみたいですね。 ◆ロン 谷根千エリアを代表する喫茶店、カヤバ珈琲。 カヤバ珈琲は昭和13年から営業しており、店長の逝去により一時閉店しましたが、その後、有志により平成20年に再オープン。 この「たまごサンド」(500円)は往年のレシピを再現したものだそうです。 ◆カヤバ珈琲 有楽町、はまの屋パーラー。 こちらも、45年間営業したのち、閉店して、再度オープンしたそうです。 「玉子・サンドゥイッチ」620円。 食べごたえありそうですね! 45年間作り続けた、先代の味を引き継いでいるそうです。 ◆はまの屋パーラー どのお店のタマゴ・サンドウィッチもとっても美味しそうですね♪ 書いていたらお腹がすいてきましたので、これにて!
4分間見つめ合うだけで幸せになれる実験
シンガポールのプルデンシャル生命が行った実験が感動的だ。夫婦、親子、兄弟など関係のある二人が4分間見つめ合うと、その間にお互いを深く思いやり最後は感極まるところまでいく。言葉もわからない赤の他人ではあるが感動を味わってほしい。 Relationship Reconnect 遥か昔、36の質問を交わして4分間見つめ合うと恋に落ちるという実験が合ったのをご存知だろうか。ちなみに36の質問についてはこちらに詳しく載っているので悪用にならない程度に活用してほしい。 アーサー・アーロン氏の論文によるもので、関係した人間がことごとく恋に落ち結婚に至るという驚くべき結果だったが、36の質問がウケたわりに4分についてはあまり語られることがなかった。この4分のメカニズムがよく解らなかったからだと想像するが、今回の実験もおそらく同じところから4分に設定されているのではないかと思う。 実際今回のプルデンシャル生命の実験でも、おそらく心理学的な学問ではある程度解明されているのだろうが、見ている方には解らないことが多い。しかしこれがなぜか感動的で、関係ないこちらまで感極まるのだから不思議なものだ。 4分は長い。最初はぎこちなくこの特異な出来事に慣れる時間を要し、そこからなぜか人は素直になり、そして最後はお互いの存在の大切さに気づくという行程を辿る。 これを応用して戦争や犯罪を減らすことはできないものだろうか。
国谷裕子さんからの。『世界』2016年5月号
クローズアップ現代のキャスターだった国谷裕子さんの手記が、岩波の『世界』に掲載されています。「テレビに未来はあるか」という特集です。 キャスターとは、いかなる仕事なのか。──NHKの看板報道番組「クローズアップ現代」で放送開始から今年3月の放送終了まで、23年間にわたりキャスターをつとめた国谷氏が、その23年間、挑戦しつづけたインタビューという営為について、印象的かつ具体的なやりとりを振り返りつつ、述べる。本稿は、視聴者の目と耳、そして視聴者の口であろうとし、相手の如何を問わず鋭い問いかけを続けたキャスターによる、日本社会への問いかけにほかならない。 彼女が傑出したキャスターかどうかはわからないのですが、どんなキャスターを育てていく必要があるのか、多様な考えを引き出す術、人と人とのぶつかり合いの物語など、聞きたい話はたくさんあります。 さまざま語る場は増えていくかと思いますが、降板後初のテキストを読んでみたいと思います。 『世界』 2016年 05 月号 岩波書店 定価 (本体 850円+税) https://www.iwanami.co.jp/sekai/ 今回の特集自体も興味深いです。 批判ばかりしたいとは思いませんが、どんどん進化して新しい形になってほしい、とは思うわけで(もしくは枠組み自体が変わっていいなら、世の中がシフトチェンジしてもいいと思います)。 かなり長い付き合いになっただけに、テレビの未来、気になります。
「目的」と盲ろうな世界の話
今日の報道特集で「盲ろうの子どもたち」という特集をしていたのですが、その中で知ったことがとても印象に残りました。 聾啞学校や盲学校は聞いたことはあると思いますが、「盲ろう」はその両方です。つまり、視覚と聴覚の両方ともに機能障害があるので、見えないし聞こえないと。 「学ぶ」は「真似ぶ」に由来すると聞いたことがありますが、幼児期は偶発的教育によって多くのことを身につけます。例えば親が首を横に振っているのが否定のサインだと解ると、自分もイヤなときは同じ方法で意思表示するように。 しかし目からも耳からもそのことをインプットできないと、そういう一つ一つのことを他の感覚を通して教育によって身につけていくしかありません。これが非常に困難なのは想像に難くありません。 番組中、「物体が自分の手から離れてもその存在は無くならない」という概念を学ぶために、何度も缶の中のビー玉をこぼしたり、拾って入れたり、という繰返しをしている箇所がありました。たしかに光も音もない世界でその概念を知らなかったら、自分の手に触れていたものが触れなくなった時に、それがどうなってるのかまず理解できませんよね。気が遠くなるような話です。 さて、多分盲ろうのお子さんのお母さんの話だったと思うのですが、そのお子さんがほとんど家で動かないことについてこんなことをおっしゃってました。残っている印象を元に書いてるので正確ではありません。 「幼児は、見えれば、あそこに何かがあって、もっと見ようとそれに近づいて行くし、聞こえればその音に興味を示して音のする方に寄っていくが、見えず聞こえない子にはそのような目的が存在しない。だからただそこにいて動こうとしない。」(でもその子の喜びになるようなことを見つけ出したい、のような趣旨で話が締めくくられたと思います) ここで言う「目的」は目的物や対象物であるかもしれませんが、これ、盲ろうかどうかに限らず、概念的にどんな人にも言えることだなと思って聞いていました。 目を見開き、耳を澄ませ、自分の知らない何かを知覚し、その目的に興味を持ってもっと知ろうと調べたり経験したりして喜びを得る。目的がないとそういった喜びを得ず何もしないで過ぎていく。…と考えると、なんとなく身近な話ですよね。 目的がある・ない以前に、もっと意識的に知らないことを見て聞いていこう、と再認識しました。 (この絵は高橋由一さんの中州月夜の図です)
何じゃこれ?今週、辞書に追加された12の言葉
オクスフォード英語辞典は、今日のトレンドと社会を、正確に反映させた、40以上の新しい言葉を、今週、公式に辞書に反映しました。 そもそも、「Redditor」って誰なのか知ってるでしょうか?それから、「cupcakery」であなたは食事しましたか? こういった言葉は、辞書に載る基準を満たした、ほんのわずかな例です。 私は皆さんに12個のお気に入り且つ公式な新しい言葉を披露しようと思います。 さあ、しっかり掴まって。そして、自分がちょっと時代遅れになった気分を味わう準備をしてくださいね。 Awesomesauce 品詞:形容詞 超イイ、最高 例文:「グレッグのアパートメントからの眺め、本当に最高。」 オクスフォード英語辞典は、反対に、「みすぼらしい、もしくはガッカリさせる物、クオリティ」を意味する名刺「weaksauce」も加えました。 Beer O'Clock 品詞:名詞 ビールを飲み始めるのにピッタリの時刻 例文:「僕はオフィスを出て、ビールタイムだってことを思い浮かべ、ワクワクしながらバーに向かった。」 英語のワイン中毒者のために、オクスフォード英語辞典は近い言葉「wine o'clock(ワインを飲み始めるのにピッタリの時刻)」も追加した。 Fur Baby 品詞:名詞 個人の飼っている犬、猫、もしくはその他のフワフワなペット 例文:「スーザンは、彼女のペットちゃんに何も起きないよう、守るように彼女のプードルを抱いていた。」 Bruh 品詞:名詞 男友達(しばしば、呼びかけとして使われる) 例文:「ねえ君、たぶんそのカーキ色の服、着替えた方がいいよ。」 Manspreading 品詞:名詞 男性の習慣。特に公共交通機関で、ガバッと足を開いた座り方をし、隣の座席を侵害すること。 例文:「もし、あの老人がガバッと足を開いてなかったら、私たちは簡単に地下鉄で座れるスペースを見つけられるのに。」 Mic Drop 品詞:名詞 特別に印象的にするために、わざとパフォーマンスやスピーチの終わりにマイクを落としたり、ポイッと放り投げること。 例文:「オバマ大統領がマイクを放り投げて終わらせたので、あのスピーチは非常に印象的だった。」 Rando 品詞:名詞 特に奇妙で疑わしい、もしくは、社交上、不適切なふるまいをしていると知られている人 例文:「普段、サンディーは彼女のクラスの男子とデートするが、彼女の最近の彼氏は全体的に奇妙な奴だ。」 Butt Dial 品詞:動詞 気付かずに、ズボンの後ろポケットに入っている携帯で誰かに電話をかけてしまうこと。 例文:「ジミーは、ついに彼女が電話をかけなおしてくれたと考えたが、すぐにそれはただの『お尻ダイヤル』だとわかった。」 Rage-Quit 品詞:動詞 だんだんイライラしてくるアクティビティや追撃を、怒りながら止めること。とりわけ、ゲームプレイ中に起きる。 例文:「プレイヤー同士のスコアの差が広がってきたので、最後の面にいたプレイヤーが、ついに怒りながら止めることをとめることは出来なかった。」 MacGyver 品詞:動詞 即席もしくは独創的に、物を作ったり修理すること。どんな道具が手元にあろうとも、それを活用すること。 例文:「僕たちはお金を払って車の故障を修理するつもりだったけど、ナタネ油、ブドウのチューインガム、2トンのコットンボールでそれを修理できてしまった。 Cat Cafe 品詞:名詞 構内で飼われている猫と触れあうためにお金を出すカフェ、もしくはそれに近い施設。 例文:「実はアレルギー持ちなのだけれど、キムは地元の猫カフェへのデートを心から受け入れた。」 Hangry 品詞:形容詞 空腹によって引き起こされる機嫌の悪さ、もしくは怒りっぽさ。 例文:「ベッカはフランクに怒鳴ったわけじゃないんだ。でも、夕飯時で、彼女は理性的でいるには、あまりに『腹ぺこ怒りモード』だったんだ。」 この新しく(オフィシャルな!)英単語の勉強を楽しんでくれましたでしょうか? オクスフォード英語辞典に今月追加された単語の全リストを見たければ、オクスフォードオフィシャルブログを見てみてください。 http://blog.oxforddictionaries.com/2015/08/new-words-update-manspreading-mic-drop/