yukiko
500+ Views

椿山荘にキッズアフタヌーンティーがあります!

憧れの椿山荘、、、いつか、ここでゆっくりアフタヌーンティーを楽しむのが夢なのですが、やる気になれば、すぐにその夢はかないそう?
椿山荘のロビーラウンジ「ル・ジャルダン」ではキッズアフタヌーンティーがあるそうです。
写真左の特注三段トレーがキッズ用。
内容は、サンドイッチとケーキ、焼き菓子など。スコーンは無いようです。
料金は1600円で、3日前までに要予約だそうです。
親子でアフタヌーンティー、、、想像すると優雅すぎてちょっとドキドキしてしまいますが、いつか行ってみたいです!
3 Comments
Suggested
Recent
@milkice さん おめかしして椿山荘、いいですね♪ちょっとした非日常が味わえそうです(^ ^)
興奮して改行されてしまいました・・・笑 ここのラウンジ景色もいいし、ゆったりしていていいんですよね〜。 いつか親子でおめかしして行きたいです。
いいですね、これ!!!
Cards you may also be interested in
素材うまっ。d47食堂@渋谷・ヒカリエ
「素材うまっ」っておかしいか・・・笑 でも、とにかくここのレストランのメニューは、素材が生きてるんです。 先週行ったばかり。ヒカリエに行くたびにちらっと見てはいたんですが、なんとなく入ってなかったお店。が、こんなに美味しいとは思わなかったです。(絶賛) このお店には、以下のようなコンセプトがあります。(以下、公式サイトから引用) d design travel編集部は旅先で様々な食の生産者とも交流を持ちます。d47食堂は、そこで出会った方々から仕入れた四季折々の食材をつかう定食屋です。47都道府県の「食」をテーマに、生産者や器の作り手の想いを伝え「おいしく正しい日本のご飯」を提供していきます。 d design travel という本、書店でみかけたことがある人いますかね?その編集部が47の都道府県と季節を感じる定食屋を作ったんだそう。たしかに、メニューにもしっかり説明がついていて、ストーリーを感じながらいただくことができます。 どーん!これが、私が注文した大分県の「大分定食 とり天(1,650円)」! この前に、綺麗な花のようなお新香とお茶がでてきました。(写真は撮り忘れました…) とり天なるもの、おそらくはじめて食べたような気がします。ふわっふわでした! 中央のポン酢につけて食べます。ふわふわな天ぷらに、ポン酢がよく染み込んで美味。 いくらでも食べれそうでした、すぐ無くなりました…全部美味しかったんですけど、しらす豆腐がさっぱりひんやりして、天ぷらによく合いました。最高です。 ちなみに友人は、「長崎定食 松浦港のアジフライ 1,520円」を注文。無類のアジフライ好きという彼女ですが、こんなに美味しいアジフライはじめてだ、と絶賛していたので、こちらもおすすめ。 これが「d design travel 大分」。 ラムネ温泉館というものもあるらしい。あまり関心はなかったのだけど、この「とり天」を現地で食べたくなってしまったので、これを片手に巡ろうかな。(まんまと編集部に動かされています笑)→ http://www.d-department.com/jp/oita/travel これは、大分市内にある「キッチン丸山」のとり天。 市内で「とり天」で最も有名だとされるお店らしい。 つい、調べてしまったけど、d47よりころころしたとり天。 本場のとり天、別府温泉に行ったついでに食べよう。TODOLIST行き。 大分県大分市顕徳町1-6-15 11:00~14:30 (ランチ営業のみ) d47食堂 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 11:30~14:30 ランチタイム 14:30~18:00 ティータイム 18:00~22:30 ディナータイム(ラストオーダー/フード21:30 ドリンク22:00) 59席 全席禁煙(喫煙ルーム有り) http://www.hikarie8.com/d47shokudo/
民泊のAirbnb企画「東京タワー大展望台に宿泊するプラン」
いま話題の民泊Airbnbがなんと「東京タワーの展望台に宿泊できる」というプレゼントキャンペーン実施中。展望台に宿泊させるのは東京タワーとしても初の試みとのこと。 このキャンペーン、応募資格は20歳以上で、参加者は応募者の両親または祖父母。つまり、昭和の時代を牽引したシニア世代に、Airbnbのコンセプト「暮らすように旅する」体験をしてもらいたい、というのが狙いのよう。 大展望台の布団もベッドもない場所でシニア世代を一泊させるのはきついな、と思いきや「大展望台を、一夜限りだけ、昭和の風情感じるあつらえに大変身させたお部屋をご用意・・・」とあるので少なくともその心配はなさそう。 それどころか、東京タワーに単に一泊するだけでなく、東京を巡りながらの「おもてなしツアー」で古き良き日本を体験できたりと楽しい企画も用意されているようだ。もちろん朝夕の食事付き。さらにAirbnb 宿泊クーポン5万円分ががもらえたり、他にもサプライズな体験もあるとか。 となかなか盛り沢山な企画だが、なにより「夜景も日の出も独り占めできる」ことは間違い無し(日の出は天候にもよるが)と思うので好奇心旺盛で元気な両親、もしくは祖父母をお持ちの方はぜひチェックしてみることをオススメする! https://www.airbnb.jp/night-at/tokyotower/
『東京JAZZ地図』を読んで都内でジャズを楽しもう
これまでに幾度となく使い古されてきたであろうことは承知の上で言わせていただくが、ジャズはとにかく入り口が広く、また敷居が高いという偏見を抱かれがちであるので、ジャズに興味を抱いていてもどう聞き始めればいいのかがいまいち分からないという方が多いそうだ。 ジャズバー、ジャズクラブ、ジャズ喫茶レコードショップetc... ジャズを取り扱う店舗は数多あれど、いかんせんどういった格好でそこに訪れればいいのか、どういった客層の方々がいるのか、と余計な心配事をしてしまう方にオススメの一冊が今月登場した。 それが『東京JAZZ地図』だ。 内容としては今現在トレンドとなっているような店から、ジャズを古くから扱っているような店まで幅広く掲載されているようであり、ジャズ喫茶もコーヒータイム編とバータイム編とで章が分かれているという丁寧っぷり。 更に現役DJ(大塚広子)や評論家、瀬川昌久へのインタビュー、ジャズライブスポット、ジャズレコードショップの特集もあるので非常に盛りだくさんな内容となっている。ジャズイベントリストも掲載されているので、東京JAZZ地図片手に早速イベントに突撃してみることをオススメしたい。 これまでちょっとニッチでも紹介してきたように無料のイベントなども開催されているのでサクッと気軽にジャズを体験してみよう。