gamesan
500+ Views

やっぱりボタンでやりたいんじゃ。プチ忍者ゲーNinja Smasher!見参也

いかにも忍者的な動作感、チマチマ楽しめる雰囲気、かわいいとシンプルの絶妙の間。
わたしの妄想の中の忍者じゃじゃ丸くんはこんな感じ、なゲーム「Ninja Smasher! 」。
ただ。。。気にはなっておったんじゃが、これアプリ専用だったんじゃあ。どうもやりつらそうなんじゃあ。アクションゲームをスマホでやるのは苦手なんじゃあ。わしゃだれなんじゃあ。
そうしたらやたらめったら褒めておるんじゃあ。(インサイドスチームアワード2014)
審査委員から
スマートフォンで手軽に遊べる完成度の高い爽快アクションは必見。(東江)
ゲーム作りの教科書のように丁寧に作られた良作。こういう物は日の目を見るべき。(楢村)
もうすごいんじゃあ。そのときは、マリオのことばっかり考えておったんじゃあ。
そしたら、、、
2016年、なんと3DS版がでることになったんじゃああああああああああ!
Ninja Smasher! (ニンジャスマッシャー)
プラットフォーム:ニンテンドー3DS
配信開始日:2016/4/13(水)10:00
価 格  :400円(税込)
公式サイト
アプリでやりたい人はこちらなんじゃあ。
久々に3DSの電源をつけるじゃ!
(再開していたWiiのトワイライトプリンセスはあと少しでクリアじゃじゃじゃ!)
疲。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第1弾】
いきなり自分語りをはじめるが、私はゲームが好きだ。 しかし新しいゲームを買うのはお金がかかる。 そういうわけで私は小さい頃にやっていたゲームを再発掘してやるようにしている。 昔のゲームかも知れないが中には本当に面白くて熱中してしまうものがある。 そういう「今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ」を数回にわけて書いていこうと思う。また当アカウントは「ちょっとニッチ」ってこともあり、ドラクエやFFシリーズ等の誰でも知っているような作品については書かない。 暇だから久しぶりにゲームやってみたいけどゲーム機器買うお金をかけたくない! という人にオススメです。 まず第1弾は 「クラッシュバンディクー」シリーズ 『クラッシュ・バンディクー』(Crash Bandicoot)は、ソニー・コンピュータエンタテインメントが発売したプレイステーション用のアクションゲーム。 1996年12月に第1作『クラッシュ・バンディクー』(機種はPlayStation)の発売から始まった、コミカルなアクションゲームのシリーズである。第1作では「宇宙初の奥スクロールアクション」という煽り文句が書かれていた。 シリーズ内にはアクションゲーム以外には「レーシング」や「カーニバル」というシリーズがあるがここではそれについては割愛させて頂く。 このゲームがまた面白い。当時のアクションゲームは横スクロールのゲームばっかりであったがこれは初の「奥スクロール」のゲームである。 奥スクロールになったことにより臨場感が増し、一気に大ヒット作品となった。 そして何よりも結構難しい 子供の頃は本当に苦戦したゲームでも今やるとほど良い難易度になっており、楽しくプレイできる。 オススメはクラッシュ・バンディクー2である 1ではセーブするポイントがかなり限られていて、ゲームの難易度というより気軽にやる難易度が高かった。 しかし2からゲームのシステムが見直され、ステージ間のロビーとなるワープルームでいつでもセーブできるようになった。そのような意味でさらに楽しめる形になっている。 スピード感あふれ、ハラハラドキドキできる難易度が大人にちょうどいいゲームとなっている。 なによりも主人公「クラッシュ」のアホヅラが面白い もちろん3もめちゃくちゃ面白いので是非やってほしい。 ちなみにほぼAmazonで中古で1円で売っているので気軽に買える。 1. http://www.amazon.co.jp/dp/B000069SPX/ref=cm_sw_r_tw_dp_zCUtwb0W4NNGY 2. http://www.amazon.co.jp/dp/B000069SQ2/ref=cm_sw_r_tw_dp_xDUtwb1CXDXPM 3. http://www.amazon.co.jp/dp/B000069SQ9/ref=cm_sw_r_tw_dp_QEUtwb13CZWKY 新品だとかなり高い。 ちなみにプレイができるPS1はAmazonで1500円ぐらいで売っているので一個持っておくと捗ります。メモリーカードは50円ぐらいで買えます。 暇だしゲームしたいけどお金使いたくない!って方、昔のゲームをやってみては?
【観光立国】本当の意味の地域多様性
俺はポケモンやドラクエ、FF等のゲームを子どものときからプレイしていた。 それらのゲームでは、ダンジョン等をクリアすると新しい町に行けて、キャラクターのための新しいアイテムを入手することができた。 一つ一つの町全てが異なっていて、それぞれの特色があり、プレイヤーを飽きさせることのないようになっていたと思う。 火山の町があり、雪の町があり、木こりの町があり・・・それぞれ面白かったし、子供心に「旅ってこういうものなんだな。色んなところで色んなことをするんだな。」とワクワクしながら、旅というものに想いを馳せていたことを思い出す。 こういう感性を与えてくれたことを、ゲームの作成者たちに感謝したい。 一方、現実ではどうか。 どこへ旅行に行っても、ある程度同じものが「良い」とされていて、食べるものも伊勢海老だとか和牛だとか。正直、「なんで?」という名物もある。 また、体験するものも、小さな違いこそあるものの、ほとんど同じようなものだ。 なんというか、地域の特色?を感じることが難しい。 年々外国人観光客が増えているというものの、このまま同じようなコンテンツしか提供できないなら、やがては飽きられると思う。 外国人観光客は、ゲームのプレイヤーと似ていると感じる。 外国人観光客は、日常の日本で暮らしているわけではない。 また、ゲームをプレイする人々も、当然ながらゲームの世界で日常を過ごしているわけではない。 両者に共通する点は「期待」と「客観的な目線」だ。ワクワクと外からの視線。 現在、これに答えられる日本になっているか? 俺が子供の頃に感じたワクワクを外国人観光客達に与えられるかどうか。 我々日本人の「観光立国」が成立するかどうかはこの点にかかっていると考える。 以下のニュース記事を参照 キャリコネニュース 「高級料亭つき宿泊施設」では芸がない 人気旅館の経営者が明かす「本当の観光」 日本政府が「観光立国」を掲げて11年。海外からの観光客は年々増加しているが、英国と比べると観光客数は3分の1程度。 いまひとつブレイクしない日本の観光業には、根本的な考え方の転換が必要ではないか。 本当の観光とは、 「単に余暇を過ごすことではなく、地域にしかない魅力を全身で味わうことです」 https://news.careerconnection.jp/?p=7163
今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第2弾】
前回の第1に続き今回は第2弾。 第1弾はこちら 今回紹介するゲームシリーズは バンジョーとカズーイの大冒険 バンジョーとカズーイは1998年に出たN64のゲーム。 『ディディーコングレーシング』に登場したクマのバンジョーと本作初登場の鳥のカズーイが冒険に出る物語。2匹が文字通り一心同体となって行動するという冒険形態が特徴の作品である。アクションゲームであるが、アクション性より謎解き・人助けといった要素を重視した作風はその後の同社作品の基となった。 基本的なシステムは『スーパーマリオ64』を参考に作られており、箱庭タイプのステージ内に散らばった「ジグソー」「音符」を収集し、一定数を集めると次のステージへの道が開く。また、使うたびに残量が減るアイテムなどスーパーマリオ64には存在しない独自のシステムも多い。 開放感があり自由なゲームとなっている。 バンジョーとカズーイシリーズの私のオススメはやはりシリーズの1番目の 「バンジョーとカズーイ」の大冒険である バンジョーとカズーイ2はちょっともっさりしていてあまり好みではないが、このバンジョーとカズーイ1は個人的には今までやったゲームでトップ5に入るぐらいの名作だと思っている。 子供の頃は難易度が高くクリアできなかったものの、高校生になってもう一度チャレンジした時には面白すぎて感動し、何周もした。 これも前回のクラッシュバンディクーと同じように大人になってやったほうが難易度的にはちょうどいいゲームと言えるだろう。 ステージも多く、アクションと謎解きが混ざったゲームの中では最高峰であろう。 当時のゲームレビュー業者の大半が95点以上つけたのも納得だ。 これも1998年のゲームということもあり、中古ではめちゃくちゃ安い(105円) http://www.amazon.co.jp/dp/B000069RYM/ref=cm_sw_r_tw_dp_RgVtwb11ZVVRR ちなみにこのゲーム、音楽が最高である ゲームが105円にも関わらずサントラは5万円 http://www.amazon.co.jp/dp/B00005FQZK/ref=cm_sw_r_tw_dp_QhVtwb1DM9AR6 このゲームに必要なNintendo 64は中古販売店舗で買うと結構高いがネットで買うとかなり安い(Amazonだと中古で1000円ぐらいで売っている)
ゲーム作成者育成ゲーなんだ!「スーパーマリオメーカー」発売
正直ハマるってよりは、うちの兄の接待用ソフトって感じだったマリオ。 「旨いねお兄ちゃん」「凄いねお兄ちゃん」「教えてお兄ちゃん」 今思うと萌えゲーか、と恥かしくなるよ、わたしゃ。 スーパーマリオメーカーは、2Dのスーパーマリオのコースを自分で作って世界中で作られたコースを遊べるんだけれど、ただ好きなコースが作れるってのがメインじゃないのがすごい。 マリオのコースって実は結構考えられて作られているってのは知られていることだけど(右へ行くという基本ルール、ジャンプするということや敵を踏むということが順序良く学習できる設計がされている1-1)、マリオのコースを作る事で、「ゲームの面白さ」とは何かってことをすごく鍛えられる感じがある。しかもいきなり色々パーツが出てこないんだけど、これって単に作りたいものを作れるのが魅力なんじゃなくて、面白さを色々模索しようってそういう腹つもりだ!絶対!宮本さん、そうなんでしょ! http://www.nintendo.co.jp/wiiu/amaj/ 『スーパーマリオメーカー』 任天堂 発売 9/10 ハード Wii U 価格 5,700円(税別)パッケージ版 ということでゲーム作りの英才教育ができるスーパーマリオメーカーを義務教育に導入しよう、という提言で今日はおしまい! 30周年なので、 とにかくサイトとか色々みるところあって幸せ幸せ http://www.nintendo.co.jp/wiiu/amaj/twitter/index.html
村上春樹の世界観にインスピレーションを受けたゲーム “MEMORANDA”
僕は「ゲームは好きだけどハードは買わない」主義ですが、これはPCでプレイできるので確実にダウンロードするでしょう。 MEMORANDAは今年4月に村上春樹の世界観を元に制作されるゲームとして話題になったようですが、ついに先月Kickstarterでの資金集めに成功し、確実にプレイできる日がもうすぐやってきます。村上春樹のFacebookでも紹介されたという興奮の書き込みもあり、ソーシャルファンディングはこういうコミュニケーションも含めて楽しそうでいいですね。 ゲームのテーマの一つは「喪失」です。登場キャラクターも皆何かを失っており、中でも主人公は自分の名前を失う危機にあります。自分が自分の名前を思い出せなくなっていくことに気づき、それを取り戻そうというのがゲームの筋です。 僕は村上春樹は短編を幾つか読んだだけですが、「ぽいなあ」と思いました。この4点の画像は主人公以外のキャラクターですが、特に動物が擬人化されている絵は独特のニュアンスがあって好きですね。 ゲームのタイプは、クリックしてストーリーを追いながらヒントを集め、途中でパズルに回答するというとてもシンプルで古典的なもののようです。おそらく本を読むような楽しみ方をするものなのでしょう。またこれは話で聞いただけの未確認情報ですが、エンディングは100通りほどあり、村上春樹の小説同様にハッピーエンドのようなわかりやすいものではないということでした。 12月にはデリバリーが開始されるそうなので年末はこれで遊びたいですね。デモが公開されいるので今からやってみます。 おまけです。英語ですが発案者のインタビュー記事がありました。 Bringing The Surreal Characters Of Japanese Author Haruki Murakami To Life
どう見たって新作ジブリ映画なRPG開発決定「ニノ国2」
宮崎駿の引退宣言から2年(2013年9月)。そろそろ新作の話題が出てもよさそうな頃なのに、あそうか引退してたんだ、と寂しい気持ちになった人が目を覚ますような動画がこちらです。(正確には「想いでのマーニー」がジブリ最後の作品) https://www.youtube.com/watch?v=MGN8Hx7WI3A えー、なんかファンタジーものやるの?? と思った人は残念。 こちらは妖怪ウォッチなどでお馴染みのレベルファイブが出がけるゲームの予告編。 ただし、キャラクターデザインはジブリでお馴染み百瀬義行、音楽もなんでもかんでも久石譲と、まさにジブリ映画です。 レベルファイブのRPG「二ノ国」シリーズ最新作 「二ノ国II レヴァナントキングダム」が発表 (正確にはこの「ニノ国」シリーズは、2010年に第一弾が作られているので、今回で第二弾となる) Sony Computer Entertainment Americaが開催するイベント「PlayStation Experience 2015」で発表された本作。発売日はまだ未定ですが、PS4で作られているとのこと。 ジブリが忘れられない人、とりあえず、PS4貯金をはじめてみては。 (今すぐやりたい人は、第一弾のPS3版「ニノ国 白き聖灰の女王」もしくは3DSの「ニノ国 漆黒の魔導士 」をどうぞ) 公式サイト http://www.ninokuni.jp/rk/ (宮崎さんの引退宣言&撤回についてはこちら)
2000年代へのファミコン入門ゲー「メトロイドアザーM」
だんだんテレビゲームってマニアな世界になっていて、マリオとかゼルダとかポケモンとかFPSとかMMOとかサンドボックスゲーとかメトロイドヴァニアとか、、。知らない人にとっては結構ナゾな言葉だらけ。 で、「メトロイド」ってその分岐点っておもう。まあだいだいしらんよねホント。 でしっかり書く。 「宇宙の密室迷宮を奥へ奥へ進んでいくエイリアン体験+パワーアップが楽しいゲーム」がメトロイドです。2Dでジャンプと迷宮が組み合わさるとだいたいメトロイドヴァニアとも言われます。(同じく同ジャンルのボス的な存在で悪魔城ドラキュラというのがあって、その名前と書け合わさった名前) で、実際にやってみたいって思った人。 メトロイドシリーズはめちゃたくさんでているから悩むけど、綺麗な画面でやりたいなら「METROID OTHER M」がいいだろなー。 正直、ファンからはスゲイ嫌われているし、場所場所でやたらに難しいけど、「メトロイド」という分野をチラッと味わうにはちょうど良いかも。 Wiiのソフトだけど安くなったし、映像で物語をしっかり説明してくれるから、押すだけ!気楽!ゆとり!(いや本当は映像長いけど、アクションは本格派。むしろ固い、固すぎる、、) 邪道と言われることはわかっているさ。でもこれですら難しいっす。オイラも全然ゲーム進められてないっす。やっぱり昔のメトロイドの方がいいか。いや、でもオイラは、スーパーメトロイドですら詰まってしまって地下迷宮から出られない状態になってるんだった。。 うむむむまあいいや。 WiiUでイカゲーしかやってないやつ、タメソウ。 METROID OTHER M 任天堂 配信開始日: 2016.3.17 価格 2,700円(税込) https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000010287
今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第3弾】
前回の第2弾に続き今回も第3弾を紹介しよう。 第2弾はこちら 今回紹介するゲームシリーズは カスタムロボ 『カスタムロボ』とは、3D空間でカスタムロボ同士のバトルを行うアクションゲーム。劇中に登場する「カスタムロボ」は、全長30cmほどの小型ロボットである。カスタムロボを入手した少年が友人やライバルとバトルを行いながら成長していき、最後には悪の組織を滅ぼす、という少年漫画の王道をいくストーリーである。 ロボット本体(ロボ)・ガン・ボム・ポッド・レッグを自分なりに組み合わせてカスタマイズできるのが大きな特徴。バトルは「ホロセウム」と呼ばれる3D空間の中で行われ、「空中ダッシュ」等を採用した空間的、立体的なバトルを行うことができる。また、比較的簡単に操作できることも売りのひとつである。バトルでのカメラ視点は一般的な3Dロボット対戦ゲームの「一人称視点(FPS)」ではなく、戦闘中のロボットを見下ろす「三人称視点 (TPS) 」であり、2人対戦であっても画面は分割されず1画面の中で行われる。また、このことで従来の2D格闘ゲームのようなものに空間的、立体的な戦略を加えることに成功した。 このゲーム、実に戦略的 試合をする際はまずロボ、ガン、ボム、ポッド、レッグのパーツから選ぶのであるが、この種類がかなり多く、各パーツの性能の組み合わせによりコンボを自分で考える必要がある。 なのでコンボや相手の装備に対して相性のいい組み合わせを考えるために全パーツがどのような性能なのかを知っている必要がある。 全部のパーツは数えきれないほどあるのでやり込み要素がてんこ盛り。 シリーズ内での個人的なオススメは カスタムロボV2 である 正直このゲーム、神ゲーといっても過言ではないというぐらい面白い。 一人プレイのストーリーも面白く、さらに対戦では4人まで最大で遊ぶことができる。 初代のカスタムロボに比べてパーツやロボも多く、ストーリーをクリアした後の激闘編というものもあるのでかなりやり込める。 ただこの後のシリーズはそこまで評判が高くないので初代とV2をやることをオススメする。 カスタムロボ初代もV2も中古だとかなり安く売っているのでオススメである。 カスタムロボ初代 http://www.amazon.co.jp/dp/B0000645MY/ref=cm_sw_r_tw_dp_HzXuwb1Y5PWV2 カスタムロボV2 http://www.amazon.co.jp/dp/B000069RZ1/ref=cm_sw_r_tw_dp_KAXuwb1VDEKA3