nekoneko
500+ Views

フランク・ロイド・ライトの設計による帝国ホテル旧本館の雰囲気を残す「オールドインペリアルバー」

今はなき、帝国ホテル「ライト館」の面影を現在に伝えるバー。このどっしりとした雰囲気、さすがに風格がありますね。
F・L・ライトの美しい意匠が随所に残されていて、それを見るためだけでも十分に価値がありそうなバー。ワインやカクテルより、スコッチやウイスキーが似合う雰囲気。
こういう場所が似合う大人になってから・・・・と思っていたら歳ばかりとってしまったので(苦笑)、そろそろ行きたいです。
ライト館から移設された、大谷石のファサードもいいですね。(ライトと大谷石についてはこちらの「美の壺」でもやってましたね。)
意外なところでは、「ハンバーグサンドウィッチ」が美味しいらしい。そして、「禁煙席」はないんですね...その部分でのハードルは高いですが、やっぱり一度は行かなくては...
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
【函館カフェ2】明治初期の建築と洋風ちらしのある『JOE&RACCOON』
ここは、明治初期に建てられた建物をリノベーションして使われている。ぼくの大好きなカフェで、夜になるといい雰囲気のこじんまりとしたバーになる。 ーーー 1864(元時元)年、現在の同志社大学の創始者である新島襄が、お店の建つすぐそばの岸壁からアメリカ船に乗り込み密航しました。その時、船中でみんなから「Joe」と呼ばれていた新島にちなみ店名に「Joe」と名付けました。そのため、同志社大学の卒業生の方たちがお店に訪れることも多々あるそうです。 ーーー 引用:http://co-trip.jp/article/8359/ 新島襄にちなんでいるとは・・なんだか、建物も名前もゆかりがあっていいですな。 「洋風ちらし」(990円)は、ホタテやまぐろ、いくらがのっていて特製ソースもたっぷり。本当にもう最高な味で、見た目も珍しいので、外国人の友人がいたら、連れて来たいところ。 味があるカウンター。他にもコーヒーやガレットなどがある。 また、行きたいなー。ここは、赤レンガ倉庫からも近いし、おすすめですよー! JOE&RACCOON(ジョーアンドラクーン) 〒040-0052 北海道函館市大町9-14 TEL:0138-23-5655 OPEN:11:30~21:00 水曜日定休 市電大町駅から徒歩5分 駐車場あり
現存する日本最古のビヤホール 「ビアホールライオン銀座七丁目店」
ビールの美味しい季節ですが、季節問わず美味しいビールを楽しく飲める場所といって一番に思いつくのがここです。1934年創建、現存する日本最古のビヤホールで、戦時中幸いにも空襲を免れた貴重な建物でもあります。 駒澤大学耕雲館(現在は禅文化歴史博物館)なども手がけた菅原栄蔵氏による設計の内装は、当時の建築技術を結集して作られたもの。歴史が詰まった荘厳な空間です。 知らなかったのですが、内装は「豊穣と収穫」をテーマとしてつくられており、『麦の穂』をイメージした柱や、『豊穣』や、『ビールの泡』をイメージした電球などもあるのだとか。細部まではちゃんとチェックできてなかったので今度いったときはしっかりみてみます。 この日本初の250色ガラスモザイク壁画もすばらしく、見応えありますよ〜 これを眺めながら飲むビールがまたおいしいのです。 その他、『生ビールの達人』ともいわれるビールマイスターがいたり、こだわり抜いた「サッポロ生ビールの味」だったりと、オススメポイントは他にも。 ビールはあんまり...な人も建物としての魅力が満載なので行ってみる価値ありです。 お料理も美味しいですよ。 ビアホールライオン銀座七丁目店 http://r.gnavi.co.jp/g131800/
あらかじめスパイスが入っている♪北欧の人気No.1ホットワイン「ブロッサ」
寒いさむーい北欧ではホットワインはとてもポピュラーな飲み物。 日本でも冬の間、置いてあるお店はけっこうありますよね。 自宅で楽しみたいけれど、スパイス類を買い集めるのがちょっと面倒。。(というよりも、買っても使い切れないことがしばしば。。) で、この商品です。 つい最近、日本に上陸した北欧の人気No.1ホットワイン・ブランド「BLOSSA」(ブロッサ)。 最初から、ワインに上質なスパイスやハーブ、果物が入っていて、電子レンジなどで温めればOKというお手軽さ。 しかもこの写真の「ブロッサ15 アールグレイ」は白ワインベース。 ホットワインって白ワインでもアリなんですねー! これは飲んでみたいです! そして何より、このパッケージがとってもオシャレですよね! 飾っておきたい。 さて、なぜこのパッケージが「15」なのかというと、ブロッサでは毎年、各都市をイメージした限定ホットワインを作っており、これは「2015年」の「15」のようです。 上記写真が過去のものですが、ロンドンをイメージしたという今年がダントツでいいデザインだと思います! ブロッサの定番・赤ワインバージョン「ブロッサヴァングロッグ」はこちら。 1895年から代々受け継がれている伝統的なオリジナルレシピをベースにしているそうです。 カルダモン、ジンジャー、クローブが香るリッチなお味は、スコーンやクリームチーズ、サーモントーストなどがオススメの組み合わせとのこと。 そして、夏は氷を入れて飲むのもアリらしい! 購入はこちらのサイトから↓ ブロッサ15 アールグレイ(白ワインベース) (750ml 3,200円)限定発売 ブロッサヴァングロッグ(赤ワインベース) (750ml 2,400円) もしくは、ザ・コンランショップ新宿店、丸の内店、渋谷店で!
函館カフェ3「cafeハルジョオン・ヒメジョオン」
久しぶりのこのコレクションの更新。(あ、ぜひフォローしてくださいね笑) このカフェは函館駅に近いのですが、道の奥へと進んでいかないとたどり着かないような分かりくい場所にあるので、観光客はあまりいなく地元の人であふれているカフェ。 お店のHPによると、「平成15年8月に、函館市大手町の明治45年に建てられた古い2階建ての土蔵を改築」してこのお店を開店したそう。 函館には、こういう古い建物を改築してカフェに使っているお店が多く、しかもセンスが多いお店が多いのです。(Uターンしてカフェををオープンする人も多いんですよ!) 中はこんな感じ。1階がカフェで、2階が雑貨などを売っている「リーブス・クローゼット」というお店。店内には、谷川俊太郎の本や木馬も置いてあって、子供も楽しく過ごせそうな雰囲気の場所である。カップル率も高い。笑 写真は、「ベトナム風ナスと豚肉の炒めご飯」 他にも、ボリュームのある料理「ステーキごはん」やデザート系の「りんごとさつまいものタルト」など、メニューいっぱい。しかも全部美味しいから、迷う。 写真はRettyより。 住所:函館市大手町3-8 営業時間:11:30〜14:30(ランチタイム)、14:30〜17:30、ディナー:17:30〜24:30 LO23:00 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日) アクセス:市電 「魚市場通」電停 下車  徒歩2分 駐車場:有(約8台)
窓からはイサムノグチが手がけた石庭も!丹下健三建築の草月会館のカフェ
港区赤坂にある建築家・丹下健三氏の設計「草月会館」にカフェがオープンしていました!手がけたのはデザインオフィスnendo。天井や壁面には触れずにそのまま残したそうなんですが、やはり床が違うとここまで印象がかわるとは。(下の「レストラン薔薇」と見比べてみてください) 以前から使っていたエーロ・サーリネンの「チューリップ・チェア」「チューリップ・テーブル」も補修してマットブラック塗装を施して再利用したそうです。木目に黒い家具、というのがシックでモダンな印象を引き立てています。 窓からは、イサムノグチの石庭、さらに高橋是清翁記念公園、赤坂御所の緑も楽しめます。そんな贅沢な場所でいただけるコーヒーが目黒の人気店「Switch Coffee Tokyo」のものだというからもう言うことなしですね・・・そして大きいテーブルには電源もあるらしい。 すばらしい。。 ちなみに、こちら公式ページでは、「草月指導者連盟会員のくつろぎの場として ご利用いただけます」との記載がありますが一般の方でも大丈夫のよう。ただ、土日は空いてないようなのでその時点でハードルがかなりあがってしまいますが。 いつか機会見つけていってみたいです。 ちなみに、こちらが改装前の「レストラン薔薇」。やはりちょっとレトロな印象が強いですよね。これはこれで好きですけど・・ connel coffee http://www.nendo.jp/jp/works/connel-coffee/space/?genre http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13185974/
二子玉川駅から徒歩で行ける古民家 岡本民家園
最近蔦谷家電など話題のスポットも次々にできてますますオシャレタウンとして盛り上がっている二子玉川ですが、ちょっと足を伸ばすだけでこんな長閑な場所もあるんですよ。 こちらは、江戸時代中期に建てられたという古民家を移築復元した建物。二子玉川の駅から歩いて 20 分くらいの場所にあります。 こちらの民家園、「生きている古民家」をテーマとしており、民家園にある囲炉裏や民具などは実際に現在も利用されているもの。 建物内では、折り紙教室や糸紡ぎ教室、などの体験教室や、養蚕や柿渋作りなど農家に伝わる行事等も行っており、昔ながらの生活や風習を体験することができます。わたしが以前伺った時はお正月の凧作り教室をやっていて楽しそうでしたよ! 畳の部屋にもあがることができ、縁側からこれまた自然いっぱいなお庭を眺めたりすると田舎のおばあちゃんちに遊びに来たような懐かしい気持ちなりますよ〜 小さい子連れで行く時は囲炉裏には注意ですが、大きい畳を歩けるのはなかなか貴重でいいですよ。5歳くらいになったら、凧作りとか折り紙とかいろんな体験教室やってみるのも楽しいかも。 世田谷区内ももう一つ「次大夫堀公園民家園」というのもあるそうです。民家園、横浜や河﨑にもあるし、「民家園巡り」なかなかいいなと思う今日この頃です。 畳の部屋、癒されますよ〜 近くにはユーミンこと松任谷由実さんが寄贈した灯篭があることでも知られる岡本八幡神社も。ほんとすぐ近くなのでセット行かれてみてはいかがでしょうか! 世田谷区岡本民家園 http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1213/1265/d00122210.html
屋上露天風呂から見える富士山は圧巻!
富士山の見える温泉と言えばここ、「鐘山苑」! 日本を感じる事ができる「鐘山苑」の凄さは、温泉だけではなく、日本庭園にもあります。 春の桜、秋の紅葉など四季折々の美しい日本の姿をみさせてくれて、絵に描いたような素敵な風景が広がっています=333 そこをゆっくり散歩すると、とっても癒やされる事はもちろん、日本の良さを再発見できる気がします(*'∀'人) また、その素敵な庭園にある茶室で、「お抹茶と和菓子」も頂けますよ~ 食事は個室で頂く事ができ、それ以外にも夜食処・お土産処と、一つ一つがかなり充実していて、テーマパークに来たかのように館内も広いです♡ いつも太鼓のイベント等が行われていて、小さいお子様も楽しめるようになっていますよ~ そしてここの、最大のポイントは・・・ 屋上露天風呂から富士山が見えるという事!! 男女入れ替え制で、旅館の屋上にある温泉から富士山、そして山梨の風景を楽しむ事ができるというです♡♡ この絶景はなんとも言えないくらい感動で、夕日の時間帯に見える富士山は特に圧巻です! この「露天風呂 富士山」は 2010年11月誕生に誕生したという事もあり、意外に知らない方も多いのでは? ゆっくり日本を感じ、のんびりしたい時にオススメですよ=333 鐘山苑 http://www.kaneyamaen.com/
バーで一緒にお食事もオススメ!
汐留にあるよ/so/ra/si/o/のフロアの中央に位置するバー♡ やはりハッピーアワー(毎日17~19時は、お飲み物を半額)の時間帯の利用は最高ですね♪ 素敵な景色をみながら、美味しいお酒が半額で飲めて、とっても幸せな気分になれます=333 そして、お酒のお供に、ちょっとした食べ物を注文するものオススメですよ♪ 私は前回、行った時に「豚のリエット 粒胡椒・ポルト酒風味 特製ブレッドと共に」と「自家製 彩りピクルス」を注文しました。 ピクルスも酸っぱすぎず、丁度良い味でしたし、リエットも胡椒が丁度良い感じにきいていて、どちらも本当に美味しかったです(*´∇`*) 本当に軽いおつまみから、パスタなどのちょっとした軽食もあるので、お酒を飲みながらお食事も楽しめますよ♪ ※ここでもう一度おさらいです☆ 東京湾の夜景を見下ろしながら、お酒が飲める場所「/so/ra/si/o/のバー」 ◆半額で飲める時間帯は・・・◆ 毎日17~19時は、お飲み物を半額でご提供との事!!(ハッピーアワー) ◆注意点◆ ※ ご利用は、バーエリアのみ。 レストランエリアは、対象外です!! ※ ボトルワイン・ソフトドリンクは除きます。 ※ 他のサービスおよび特典との併用はできません。 間違ってレストランの方に行かないように注意して下さいね!! /so/ra/si/o/ http://siodome.sorasio.jp/bar/ バーメニュー http://siodome.sorasio.jp/pdf/bar.pdf
「ペリエ」の秘めた可能性を発見!!笑
ペリエの新しい一面が(✿´ ꒳ ` ) これだとジュース感覚でお酒がかなりすすんでしまうかもww 参考にしてみて♡ 『カンパリ・ペリエ』(写真1) すっきりほろ苦い、ナイトシーンにぴったりな1杯。 *材料* ・カンパリ 30ml ・「ペリエ」 90ml ・スライスレモン 1枚 ・氷 好みの量 *作り方* 氷を入れたグラスにカンパリを注ぎ、さらに「ペリエ」を加えて軽くかきまぜる。スライスしたレモンを浮かべてできあがり♡ 『ペリエ・モヒート』(写真2) *材料* ・「ペリエ」 40ml ・ミントの葉 10枚くらい ・シュガーシロップ 20ml ・ライム 1/2カットを4つに切り分けたもの ・ホワイトラム 40ml ・クラッシュアイス 適量 *作り方* ライムとシュガーシロップを入れた大きめのグラスにミントの葉とライムを入れ、適度につぶす。そこへクラッシュアイスをグラスいっぱいになるまで入れ、 ホワイトラムを注ぐ。最後に「ペリエ」を加えながらスプーンで静かにかき混ぜてできあがり。飾りつけにミントやライムをさらに加えても◎♪ 『WHISPER(ウィスパー)』(写真3) *材料* ・「ペリエ」 330ml ・ウイスキー 40ml ・角氷 4個 *作り方* 氷の入ったグラスにウイスキーを注ぐ。ボトルのまま「ペリエ」をグラスの隣に。好みの濃さで楽しんで。すっかり定番となった家飲みのハイボールを、「ペリエ」でちょっとお洒落に~ 普通に美味しい♡カンパリ・ウィスキーなどはそんなに材料を揃えないといけないモノではないから手軽に作れて、とっても良い(*'∀'人)♥*+ 他にも沢山、HPに載っているのでチェックしてみて☆ また美味しかったのは、ここでUPします♪ みなさんも試してみて(*∩ω∩)
NUMBER SUGAR:ナンバーシュガー
なんと日本のお店なんです!初めて日本のお店を書きます。 原宿の手作りキャラメル屋さんですが、このお店の感じはまるでパリのよう。実はまだ行ったことがないけど、プレゼントしてもらったら可愛くて美味しくて気分が上がりまくるんです。 シンプルだけど小さな贅沢品ていいですよね。8種類の味があってひと粒100円だそうです。私はソルトとジンジャーが特に好きでしたが、どれも美味しいです。食べてる間は何もしないで、テーブルについてケーキを食べるみたいに集中して大事に食べてほしいです。 私が貰ったことがあるのは8種類全部入ってるこれです。このお花のピンクのところ、スタンプだから一つ一つ違うらしいんです。もうどこまでいい味出してるの!とキュン死しました。本当にパリのお店みたい〜〜。冬は賞味期限も長くなるからそろそろ行きたいんです。 そしてパリっぽくてもここは日本、千歳飴も販売されてるそうです。握ってたら曲がりそうだからお姉ちゃんが持っててあげるね、って奪ってしまいたくなる。 お店がオープンしたのはちょうど2年くらい前だそう。この記事で全部わかります! 注目のキャラメル店「NUMBER SUGAR」。夫婦が織りなす8フレーバー NUMBER SUGAR:ナンバーシュガー 東京都渋谷区神宮前5-11-11 1F 11:00~20:00 火曜定休日 NUMBER SUGAR facebook
イーグル
新宿のアルタ裏、1967年創業のサントリーがやってるバー。正式な名前は「サントリーラウンジ イーグル」。 入口の看板が地方のイケてない店を感じさせるけど、ドアを開けて、階段を降りたところに広がる空間はとにかく雰囲気が最高で、映画や雑誌のロケ地としてもたびたび登場する。 素晴らしいのはその雰囲気のみならず、ドリンクやフードのクオリティが高いこと。いつも2軒目か3軒目での利用が多いので、つまみ程度しかオーダーしないことがほとんどだけど、和洋中、肉や野菜、名物『ビーフストロガノフ』まで、多種多用なメニューが揃うので、1軒目での利用も十分おすすめできる。 その上、例えばウイスキーなら一杯250円から!値段が高くないのがこれまた素晴らしい。 ということで難点は人気店であること。運良く入れたとしても、いつもお客さんでいっぱい。曜日や時間帯にもよるけど、5回中2回はNGだったりする。そんな時は近所で雰囲気はふつうだけど系列店の「昴」か、大ガードくぐってオモヨコへどうぞ。 ■店舗情報 新宿区新宿3-24-11 セキネビルB1F/B2F 03-3354-7700 17:30-24:40(日祝は24時まで) 無休 ■関連サイト *食べログ *Spotlight「ウイスキーが250円!新宿・アルタ裏に佇む昭和レトロの格安バー”イーグル”」 *デイリーポータルZ「萌え萌え、サントリーバー」