HiroKato
2 years ago500+ Views
最近、友達が食中毒になりました。(笑)笑い事ではないんですけど(笑)
話を聞くとおそらく鳥のレバ刺しでなったらしいんです。(一応、その子は今は回復してます!)
これまで食中毒に無縁だったのでそこまで詳しくなかったんですが、気になったので調べてみました。

食中毒になる可能性のある食べもの

肉類や魚介類、卵、およびその加工品などで、とくに加熱していない料理に多くみられます。ー中略ー また、人の手指を介して感染するブドウ球菌が原因の場合、おにぎりやすし、サンドイッチなどを食べたために発症するケースが多くなります。最近はこれらの細菌以外に、ノロウィルス(貝類に多い)やロタウイルス(生の魚介類、肉類に多い)などのウイルスが原因で食中毒が起こるケースも注目されています。
ちょっと、人の手を介して、というのを聞くと、おにぎりとか食べられなくなってしまいそうだ。。

食中毒の症状

腹痛や嘔吐、下痢がおもな症状で、下痢は水のようなものや粘液や血液が混ざったものなどが見られます。発熱が起こる場合など、かぜと間違えて放置し、処置が遅れることもありますから注意してください。
この細菌の種類によって潜伏期間が変わるようですが、「0.5時間~8日まで」というのが一般的。その発症した友達いわく、40度近く高熱を出していても解熱剤はもらえなかったと・・・。処方される抗生物質と一緒に服用すると危険とのこと。抗生物質をもらい、それで体内にいる菌をやっつけるまでは、高熱も我慢しなくてはいけません。絶対、食中毒なりたくない。。
このサイト、とても役に立ちました。ぜひ、もっと知りたい方はこちらで見てみてください。
2 comments
これからどんどん暖かくなってくるので、注意しないとですね。オニギリは、やはりラップにつつんで握った方がよいようです。
2 years ago·Reply
@Himawari14 そうですよね。そういえば実家の母も、ラップで包んで握ってました。意識的に気をつけないといけないですね。
2 years ago·Reply
1
2
1