ayumiita
500+ Views

NYからヒマラヤまで...自分の人生を変える『LIFE!』

「生きてる間に、生まれ変わろう。」

この映画のコピーも好きですが、ストーリーも最高です。
私はこの映画でベン・スティラーを好きになりました(笑)
ストーリーは疲れ切ったサラリーマンのウォルター・ミティ(ベン・スティラー)が人生をかけて冒険に出る話。この冒険をするにつれて、どんどん彼が生き生きしていく様子を描かれています。映画の中では、ジョンレノンやデヴィッド・ボウイの曲も使われているのでそこにも注目!
勤める写真雑誌会社のあるニューヨークから、ある写真家を探して、グリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと旅するウォルター。どんどんワイルドになり、カッコよくなっていくので、そこにも注目です。
この映画のもう一つ注目すべき点は、ウォルターの並外れた妄想癖。この空想と現実の混ざった世界を表すために映像技術を使用していて、そのシーンにも引き込まれます。
最終的にいつも妄想ばかりして行動を起こさなかったウォルターが、現実で行動を起こし変わっていく、自分の人生に積極的になっていくところがこの映画の醍醐味です。
仕事や人生にモヤモヤしている人にオススメですよ!
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
おうちでできる英会話に挑戦!レアジョブにトライしてみた。
結婚を機に会社を退社して、早1年。今は専業主婦です。最近夫が第三外国語を勉強し始めました。夕飯の間もテキストを読んで勉強するほどの熱中度。勉強している夫を横目に晩酌するのもいいですが、まあちょっと気が引けるので、私もせっかくだから始めることにしました!私の場合は、英語ですけどね^^; 私は、わりと中高とも英語が好きなほうだったのですが、会話系は皆無。 話す機会がこれまでなく、会話ができません。 かろうじて、How are you?くらいかな(笑) ということで、どうせなら使える英語を学びたい、と思いまして、英会話の練習をすることにしました。 予算の関係上、比較的安くて、できれば週に何回も空いた時間にできると助かる、と思って、探していたところ、英会話教室よりオンライン英会話が合っているかもという結論に至りました^^ (面と向かっての会話も凄く興味はあるのですが、なんせ外出するのに時間もかかる…加えて、週に何度もいけない点がネックになってやめました。) 前置きが長くなりましたが… 私が今回、チャレンジしたのは、「レアジョブ」です。 選んだ理由は、 ・安い(月8回プラン 4,200円/月) ・日本語を話せる講師がいる ・体験レッスンがある ・チャット機能があって聞き取れないときは書いてもらえる ・入門教材などが充実している ・PCがなくてもスマホでもOK ・好きな時間帯を選べる 言ったら、パーフェクトだったわけです(笑) 実際にやってみての感想は、講師がフィリピンの方でイントネーションに少し癖があるような感じはしましたが、こちらが「まったく分からない!」という困った顔をしていれば、すぐチャットで補助してくれるし、ゆっくりと話してくれるので、なんとか乗り切れました。 約25分でしたが、とても長く感じた…初めてだからでしょうが、こんなにもどかしい思いは久しぶりです^^;  もう少し、頑張ってみようと思います! 夫の出張についていっても安心できるくらいには…。仕事に復帰するにも有利そうだしね^^ 英語の絵本を子供に読み聞かせるボランティア?もあるみたいだし、それをできるくらいまでになりたいな。 みなさんのおすすめの勉強法、教えて下さい^^
猛男と凛子を優しくみつめる自分に気づいちゃう。実写版『俺物語!!』
見た目よりずっとまっすぐ、ずっと本気 以前アニメ版を紹介してきになっていた実写版「俺物語!!」が10/31に公開されました。 パッと見、冗談みたいなビジュアルですけど、まっすぐな「漢」を絵にしたらこうなった!?って感じですね。 剛田猛男を演じるのは、花子とアンや天皇の料理番からガッチャマン、変態仮面、となんでもやっちゃう、鈴木亮平さん。 とにかくなんでも本気で演じてくれる彼の演技感動です。いやあもう猛男でしかないいい! ちょっとおバカ過ぎるんだけど、いやそれは私がゆがんでいるからなのかしら。 (やり過ぎなくらいがちょうどいい) 個人的には、猛男の両親にもっと活躍してほしかったけど、顔見れただけでも良かった~。 (これから映画観る人はしっかり見るように!) 妄想のイケメンとの恋に励むくらいなら、まっすぐな二人の恋を応援したい。なんてお母さん心全開になれる俺物語!! 笑っちゃうけど、優しくなれる映画です。 猛男らしいフレーズをツイートできます。 http://ore-movie.jp/twcp/ なんとマンガ版が100ページどーんと読めちゃうそうです。 http://betsuma.shueisha.co.jp/viewer/aruko/oremono/
COURRiER JAPON 満を持して完全デジタル化、3月は全コンテンツ無料
ですがこれからは、そういった制約は基本的になくなります。(中略)それどころか、そもそも翻訳すべきかどうかまで、読者投票で決めるコーナーも新設します。 (クーリエ BLOGS 新生「クーリエ・ジャポン」オープンしました) 紙のクーリエも好きです。あれはあれで新幹線や飛行機や休日のカフェなど、「今日はそういう日」と決め込んで一冊読み込むのが好きです。しかしそれはそれ、これはこれで、デジタルデバイスでアクセスできればまた違った付き合い方ができますよね。さっそく会員登録しました。登録と言っても月額1058円(税込)の決済だけしかやることはありません。 会員と非会員の差はまだそんなに実感してませんが、あちこちクリックすると50%くらいの比率で鍵マーク記事がある印象です。 雑誌以上のボリュームで記事が読めること以外では、編集会議という投票型リクエストへの参加、そしてイベントやセミナーへの参加というオンラインとリアルのユーザー参加に試み感がありますね。このセミナーはいずれ参加してみたい。 とはいえ基本的にはやはり記事を読むことで会費がペイしてる気がするので、なるべく一日1記事くらいはコンスタントに読むとしよう。今日は会員専用記事『数字がすべての世界で、私たちは 「アルゴリズムの奴隷」になるのか』(2013年のインテリジェンスライフマガジンより)を読んで寝ます。タイトルからして面白そうですよ。 COURRiE JAPON 会員登録について
Googleの新CEOのSundar Pichaiを知る17の真実
Googleの新たなリーダーSundar Pichai(サンダー・ピチャイ)とは、一体どんな人物なのか? 実は、彼は12歳になるまで家に電話さえないくらい貧しい生活もしていたようだ。 1.本名は、Pichai Sundararajan 2.2015年現在43歳(1972年7月12日生まれ) 3.人口400万人、インドで6番目に大きい都市チェンナイ出身(MicrosoftのCEOであるSatya Nadellaもここの出身) 4.クリケットが大好き(クリケットチームのキャプテンだった) 5.彼の家族は12歳になるまで電話を持ってなかった。(テレビも車も持っていなかった) 6.インドの工科大学 (the Indian Institute of Technology in Kharagpur)に通っていた。 7.インド工科大学のクラスではトップの成績であった。 8.奨学金でLarry Page(ラリー・ペイジ)と Sergey Brin(セルゲイ・ブリン)も通ったStanford Universityへ留学。マテリアルサイエンスとエンジニアリングを学んだ。 9.アメリカへの渡航費は、彼の父の年間収入よりも高かった。 10.ペンシルベニア大学ウォートンスクールのMBA保持者 11. 2004年にGoogleへ入社 12.彼の父もテクノロジー会社で働いていた 13.Googleの前は、エンジニアと経営のコンサルタント(マッキンゼー)として働いてい 14.Chrome OSの開発にも貢献し、GmailやGoogle Drive、Google Mapsなどのコア事業を監督した 15.デベロッパーのコミュニティからの信頼は厚い 16. 2015年8月10日に Google CEOに任命された 17.彼の携わったコア事業は現在最もGoogleでお金を集めている 人柄もよく、11年間Googleに務め信頼を集めてきた彼は、地道に自分の道を進み、チャンスをつかんできたように見える。かなり好感がもてる・・・ 参考: 17 facts worth knowing about new Google CEO Sundar Pichai
函館カフェ3「cafeハルジョオン・ヒメジョオン」
久しぶりのこのコレクションの更新。(あ、ぜひフォローしてくださいね笑) このカフェは函館駅に近いのですが、道の奥へと進んでいかないとたどり着かないような分かりくい場所にあるので、観光客はあまりいなく地元の人であふれているカフェ。 お店のHPによると、「平成15年8月に、函館市大手町の明治45年に建てられた古い2階建ての土蔵を改築」してこのお店を開店したそう。 函館には、こういう古い建物を改築してカフェに使っているお店が多く、しかもセンスが多いお店が多いのです。(Uターンしてカフェををオープンする人も多いんですよ!) 中はこんな感じ。1階がカフェで、2階が雑貨などを売っている「リーブス・クローゼット」というお店。店内には、谷川俊太郎の本や木馬も置いてあって、子供も楽しく過ごせそうな雰囲気の場所である。カップル率も高い。笑 写真は、「ベトナム風ナスと豚肉の炒めご飯」 他にも、ボリュームのある料理「ステーキごはん」やデザート系の「りんごとさつまいものタルト」など、メニューいっぱい。しかも全部美味しいから、迷う。 写真はRettyより。 住所:函館市大手町3-8 営業時間:11:30〜14:30(ランチタイム)、14:30〜17:30、ディナー:17:30〜24:30 LO23:00 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日) アクセス:市電 「魚市場通」電停 下車  徒歩2分 駐車場:有(約8台)
ティム・バートンの「ナプキンアート」画集が発売!
http://eiga.com/news/20151030/8/2/2/ http://www.fashion-press.net/news/19892 「シザーハンズ」 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」 「フランケンウィニー」 などを手がけたあの奇才のナプキンアートが発売になる。 常にペンを持ち歩き、インスピレーションやアイディアが浮かんだ時にすぐにナプキンに記録をするというティム・バートン、この画集を見れば彼の脳内を見ているような感覚を得ることであろう。 12/4からヴィレッジヴァンガードにて発売されるので要チェックだ。 【書籍情報】 画集『ナプキンアート・オブ・ティム・バートン』(The Napkin Art of Tim Burton) 発売日:2015年12月4日(金) ※10月30日(金)より、一部店舗およびオンラインストアにて予約受付がスタート 価格:3,000円(税込) 販売店舗:ヴィレッジ・ヴァンガード独占販売(オンライン&店舗) アートワーク:ティム・バートン デザイン:ホリー・ケンフ 編集:ホリー・ケンフ、リア・ガロ サイズ:15.24cm × 15.24cm ページ数:140ページ(2ページの折り込み) <予約受付店舗> ■宮城 仙台ロフト ■東京 立川ルミネ、ブルービート、上野マルイ、新宿マルイアネックス、高円寺、渋谷宇田川、三軒茶屋、高田馬場、町田路面、自由が丘、お茶の水 ■神奈川 横浜ルミネ ■大阪 阪急三番街、アメリカ村 ■京都 京都西院 ■兵庫 三宮 ■広島 広島サンモール、イオンモール広島府中、フジグラン神辺、広島段原SC、イオンモール広島祇園、フジグラン東広島、フジグラン緑井、リム・ふくやま、ゆめタウンみゆき、ゆめタウン大竹、ゆめタウン呉 ■愛知 名古屋中央、刈谷、岡崎、瀬戸、イースト、高蔵寺 ■三重 松阪 ■岡山 イオン津山、イオンモール倉敷 ■鳥取 イオン米子駅前、イオン日吉津、イオン鳥取北、ゆめタウン出雲、イオン松江 ■山口 239おのだサンパーク、ゆめタウン宇部、ゆめタウン南岩国、ゆめシティ下関、イオンタウン防府(ほうふ) ■香川 高松アッシュ、イオン高松、イオン綾川、ゆめタウン高松、ゆめタウン丸亀 ■愛媛 イオンモール新居浜、エミフルMASAKI、パルティフジ衣山、フジグラン重信、フジグラン今治、イオンモール高知、フジグラン高知 ■徳島 フジグラン石井、フジグラン北島、ゆめタウン徳島、徳島クレメントプラザ ■福岡 FREAKS福岡パルコ
ねこと街がもっと好きになる 吉祥寺にゃんこ映画祭
なんか映画祭ってけっこういろいろありますねー。 吉祥寺ではただいま「吉祥寺ねこ祭り」(人間がやっているようです。ねんのため)が開催中なのですが、その関連イベントとして映画祭が開催されています。 吉祥寺にゃんこ映画祭(7作品を上映) http://necofes.com/nyankofilmfes 日程・場所: ◆10月11日(日) 成蹊大学 吉祥寺ニャンポジウム 地域猫にまつわるドキュメンタリー映画の上映後、「人と猫がしあわせに生きる」をテーマに、猫にまつわるあれやこれやをみんなで考えるシンポジウムを開催します。チャリティーライブも開催します。 場所:成蹊大学(武蔵野市吉祥寺北町3-3-1) (映画上映)6号館4階大教室・(ニャンポジウム)B1階カフェCoMMichi 入場料:大人500円 中学生以下200円 ◆10月16日(金) てまりのおうち ねこだらけ上映会 CatCafeてまりのおうちで、ねこだらけ上映会を開催します。不思議な森の空間で、本物の猫たちに触れながら、夜の映画鑑賞会をお楽しみ頂きます。 開場:20:00 開映:20:30 場所:CatCafeてまりのおうち(東京都吉祥寺本町2-13-14 3F) 上映作品:「ネコのミヌース」 ※多分3500円 http://artwalk.shop-pro.jp/?pid=93409361 ◆10月22日(木)・10月23日(金) にゃんこ映画祭 at 武蔵野公会堂 選りすぐりの猫ムービーを5本上映。 (グーグーだって猫である 、パリ猫ディノの夜、レンタネコ 、猫侍、こねこ) スクリーンいっぱいに広がる猫ちゃんに会いに行こう! 場所:武蔵野公会堂 パープルホール(東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目6−22) 入場料:自由席 大人 1,000円 / 中学生以下 500円 吉祥寺ねこ祭り http://necofes.com/ 吉祥寺は、猫に関連したお店(猫カフェ、猫にまつわる作品を展示するギャラリー、雑貨店等)が点在すること、地域猫活動が根付いていること、吉祥寺が舞台の猫を題材にした映画や漫画などの作品が製作されるなど、猫にゆかりのある街という一面を持ちます。このような背景から、『むさしの地域猫の会』へのチャリティーイベントとして、また、『猫』をキーワードとして地域活性化及び、人と猫が共生する街づくりの一助になることを目的として2010年より『吉祥寺ねこ祭り』を開催しています。 お祭り中に街で野良猫をみつけたら、なんだかほっこりしちゃいそう。 お散歩候補にいれとこう!
渋谷LOFTのSTAR WARSコーナーに行ってみた【レポート】
渋谷Loftで10月4日までやっているSTAR WARSコーナーに行ってみました! 詳細はこちら http://www.loft.co.jp/lp/STARWARS/ 平日の昼間でも賑わうSTAR WARSコーナー 平日の昼間にたまたま通りがかったので寄ってみました。 まず入った瞬間にもうテンションがぶち上がってしまい、ちょっと立ち寄ろうと思って入ったにも関わらず長居してしまいました。 コーナー自体は広くはないのですが、店の中を何周もしてしまうほど見応えありです。 マグカップ、ステッカー、トートバッグ、ぬいぐるみ、衣類、コスチューム、日用品、人形、ノートなどありとあらゆるグッズを揃えているこのコーナーはSTAR WARSファンでなくても見ていて何かこみ上げてくるものがあるはずです。 その中でも一番熱いと思ったグッズはなんとプラモデルでした! STAR WARSプラモデル http://bandai-hobby.net/sw/index.html これはもうヤバイですね。 しかもダース・ベイダーとストーム・トルーパーは2592円という値段! 買うしかないですね。 店頭では無料でプラモデルのカタログがもらえる! ちゃっかりもらいました。 そして何よりも大画面で新作「STAR WAR フォースの覚醒」のメイキング映像が流れていて、それを見ている大人たちが皆ニヤニヤしているのが素晴らしかったです。 買い物をしにきているスターウォーズファンが腕を組み、ニヤニヤしながらこの動画を見ている光景をみて改めてスターウォーズのコンテンツとしての強さを感じました。 気になった方は10月4日まで渋谷LOFTでやっているので是非行ってみては? http://www.loft.co.jp/lp/STARWARS/ http://starwars.disney.co.jp/movie/force.html ちなみに私はこのポスターを480円(安い!)で買いました。
今回の究極なミッションは成功に終わるのか?!
2015年8月7日(金) 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』がついに公開です!!! 毎回、ハードなアクションで、見ている側をドキドキ♡ハラハラ★させてくれますが、今回はどのように内容になっているのでしょうか?! 楽しみですね(∩∀`○)*,+'., そして50代とは思えない、トムクルーズの肉体美も注目ですよね♡笑 内容・・・・ IMFのエージェント、イーサン・ハントは謎の多国籍スパイ組織<シンジケート>を秘密裏に追跡していたが、催涙ガスによって敵の手に落ちてしまう。 目覚めると後ろ手に拘束されており、目の前には謎の女と、3年前に死亡したはずのエージェントがいた。 まさに拷問が始まろうとしたその時、女は驚くべき格闘術でイーサンを脱出させる。ブラントからIMF解体を知らされたイーサンは<シンジケート>の殲滅を誓うのだが、彼は国際手配の身となっていた…。 組織の後ろ盾を失ったイーサンと仲間たちは<シンジケート>とどう闘うのか? 敵か味方か、謎の女の正体とは?そして究極の諜報バトル、その結末は―??                                 「公式サイトより」
素材うまっ。d47食堂@渋谷・ヒカリエ
「素材うまっ」っておかしいか・・・笑 でも、とにかくここのレストランのメニューは、素材が生きてるんです。 先週行ったばかり。ヒカリエに行くたびにちらっと見てはいたんですが、なんとなく入ってなかったお店。が、こんなに美味しいとは思わなかったです。(絶賛) このお店には、以下のようなコンセプトがあります。(以下、公式サイトから引用) d design travel編集部は旅先で様々な食の生産者とも交流を持ちます。d47食堂は、そこで出会った方々から仕入れた四季折々の食材をつかう定食屋です。47都道府県の「食」をテーマに、生産者や器の作り手の想いを伝え「おいしく正しい日本のご飯」を提供していきます。 d design travel という本、書店でみかけたことがある人いますかね?その編集部が47の都道府県と季節を感じる定食屋を作ったんだそう。たしかに、メニューにもしっかり説明がついていて、ストーリーを感じながらいただくことができます。 どーん!これが、私が注文した大分県の「大分定食 とり天(1,650円)」! この前に、綺麗な花のようなお新香とお茶がでてきました。(写真は撮り忘れました…) とり天なるもの、おそらくはじめて食べたような気がします。ふわっふわでした! 中央のポン酢につけて食べます。ふわふわな天ぷらに、ポン酢がよく染み込んで美味。 いくらでも食べれそうでした、すぐ無くなりました…全部美味しかったんですけど、しらす豆腐がさっぱりひんやりして、天ぷらによく合いました。最高です。 ちなみに友人は、「長崎定食 松浦港のアジフライ 1,520円」を注文。無類のアジフライ好きという彼女ですが、こんなに美味しいアジフライはじめてだ、と絶賛していたので、こちらもおすすめ。 これが「d design travel 大分」。 ラムネ温泉館というものもあるらしい。あまり関心はなかったのだけど、この「とり天」を現地で食べたくなってしまったので、これを片手に巡ろうかな。(まんまと編集部に動かされています笑)→ http://www.d-department.com/jp/oita/travel これは、大分市内にある「キッチン丸山」のとり天。 市内で「とり天」で最も有名だとされるお店らしい。 つい、調べてしまったけど、d47よりころころしたとり天。 本場のとり天、別府温泉に行ったついでに食べよう。TODOLIST行き。 大分県大分市顕徳町1-6-15 11:00~14:30 (ランチ営業のみ) d47食堂 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 11:30~14:30 ランチタイム 14:30~18:00 ティータイム 18:00~22:30 ディナータイム(ラストオーダー/フード21:30 ドリンク22:00) 59席 全席禁煙(喫煙ルーム有り) http://www.hikarie8.com/d47shokudo/