sasakky
2 years ago500+ Views
散居村を見てみたい
散居村(さんきょそん)という言葉を初めて知った。
広い平野(特に田んぼに囲まれたエリア)に民家が点在している様子を表す言葉だそうだ。
日本各地にあるらしい。
写真は富山県砺波市のとなみ夢の平・散居村展望台からの景色。
田んぼに水が張られた時期が一番美しいようだ。
これは今の時期の岩手県北上の散居村。
散居村の特徴は、強風から家を守るために、家一軒一軒を木が囲っている点。
(このこんもりとした木の中に民家があるのだ)
この民家を囲む木を、北上では「えぐね」、富山では「カイニョ」と呼ぶそうだ。
盛岡・花巻の散居村。
美しい。。。
日本に生まれて良かった。。。
0 comments
2
Comment
2