uraraka
2 years ago500+ Views
乗ってみたい、そして支援しよう!南阿蘇鉄道の復興応援切符が4月29日から発売開始
熊本を中心とした地震、未だに揺れるという近代の日本ではなかった地震のようです。そんな中、全線復旧のめどがまだ立っていない、南阿蘇鉄道ですが、幾つかのローカル線が協力をして、復興支援切符を発売することになったそうです。
若桜鉄道(鳥取県八頭郡若桜町)、いすみ鉄道(千葉県夷隅郡大多喜町)、ひたちなか海浜鉄道(茨城県ひたちなか市)、由利高原鉄道(秋田県由利本荘市)が協力し、この切符を発売。4月29日から、各鉄道の本社所在地駅で販売するとのことです。(若桜鉄道:若桜駅、ひたちなか海浜鉄道:那珂湊駅、由利高原鉄道:矢島駅、いすみ鉄道は大多喜、国吉、大原駅)
1000円で発売され、原価が300円。だから700円が南阿蘇鉄道への支援金額となるそうです。
2011年の時にも、同様の支援切符が発売されひたちなか海浜鉄道、三陸鉄道に支援をしたそうです。第3セクターのローカル線が力を合わせて復興に協力をしていく姿を見ると、このゴールデンウィークに、発売駅まで足を運んで、支援もしたくなりますよね。
詳しくはいすみ鉄道の社長Blogまで。
2 comments
これいいですね、トロッコ列車があることも知りませんでした。もうちょっと落ち着いたらぜひ観光に行きたいです!
2 years ago·Reply
@yamahana さん。はい、私もまだ南阿蘇鉄道は乗ったことがありません。なので、ゴールデンウィークは、この切符を買いにひたちなか海浜鉄道かいすみ鉄道に乗りに行って、切符を買ってきたいと思っています。そして、南阿蘇鉄道が復旧するころには、この切符を持って熊本に行ってみたいですよね。
2 years ago·Reply
1
2
1