FumiHENDRIX
500+ Views

手づくりスープはカラダにやさしい!スープジャーのお弁当

「かんたん&おいしい」で定評ある家庭料理研究家・奥薗壽子さんによる『スープジャーレシピ』本。
フライパンや小鍋でひと煮立ちさせるだけ! 「化学調味料を使わず、和洋中エスニックまでバラエティに富んだ、朝5分で作れるスープのお弁当56品」ということで、ネットのクチコミでも絶賛の嵐。
やはりというべきか、サーモスのスープジャーも売れているそうですね。
監修:奥薗壽子
出版社:世界文化社
発売日:2013/10/26
価格:1,300円+税
判型:単行本(A5版)
ページ数:112
電子書籍版:無
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
これは間違いなくおすすめ !タイのシーガルのランチボックス
シーガル(Seagull)のお弁当箱を長年つかっているんですが、もうめちゃくちゃよいですよ。まず、においが移らない、パッキンとかがないから洗うのが楽、あと絶対壊れる気がしない程に丈夫!! このシーガルのお弁当箱を作っているのは「タイ・ステンレス社」というタイのメーカーなのですが、なんとあのドイツの高級車「ベンツ」のホイール部品を製造していたこともあるのだとか。そのため、技術力、品質、生産供給能力においても非常に優れているのだそうです! 今使っているのは二段のやつで、一方にご飯、もう一方におかずを入れて使っています。仕切りがあればさらによし、と思うのですがそこはなんとか別の手段で乗り切ってます。同じくステンレス製のランチボックスで有名な「アイザワ」のは仕切りもあるのでそういう意味ではアイザワのほうが上かな?国産だし。ただ、価格で言うとアイザワはシーガルの二倍ぐらいはするのでコスパでいうとシーガルの方がよいです。(実はアイザワもいつか使ってみたいなーとは思っているんですが。) もし今、「新年度からお弁当派になろうかな〜」なんてことでお弁当箱探していたりするなら断然ステンレス製のはおすすめなので、ぜひ候補にいれてみてくださいね!昔、曲げワッパとかも憧れで買ってしまったのですが結局シーガルばっかり使ってます。ほんとおすすめです。(知らなかった&試したことはないのですが実は火にかけられたりもするらしいです!!) http://www.le-noble.com/promo/090820seagull/
グラタンの季節がやってきた!
コンテチーズをたっぷり使い、じゃがいもとグラタンにドフィーネ地方の郷土料理です 【材料】4人分じゃがいも              4個コンテ                80g牛乳                140g生クリーム              50g塩                   ひとつまみナツメグ、胡椒、ガーリックパウダー 各少々 【作り方】1)コンテは細かくすりおろす2)じゃがいもは皮をむき薄く切る3)ボウルに牛乳、生クリーム、塩、ナツメグ、胡椒、ガーリックパウダーを入れて混ぜ合わせる4)グラタン皿にじゃがいもを平らにひと並べする5)3を回しかかけコンテをのせる(半量は残しておき仕上げに使う)6)4、5の作業を繰り返す7)ふんわりとラップをかけて700Wのレンジで10分加熱する8)仕上げ用のチーズを表面にのせて180℃のオーブンで約20分加熱し焼き色を付ける 毎年、秋になると作りたくなる定番のお料理です ホワイトソースなしでできる簡単グラタンぜひ作ってみてくださいね このグラタンに使ったチーズは「コンテ」 コンテはフランス東部、スイスとの国境にある山脈地帯フランシュ・コンテ地方が原産地のセミハードタイプのチーズです フランスで最も生産量が多く、人気の高いチーズなんですよ 硬く大きなチーズなので、カットしてそのまま食べます クセのない味は料理にも使いやすく便利! 加熱するとよく溶けるので、チーズフォンデュやグラタン、オニオンスープなどに入れてもよく合います フランスのカフェで出される軽食として知られるクロックムッシュにもコンテが使われています 塩気が強すぎず、ミルク風味もしっかりと感じられるチーズで、熟成が進むと栗やクルミのようなナッツの風味が加わります 食感もホクッとした感じになり、大変美味しいチーズです
北海道の小さな書店がはじめたユニークなサービス おまかせ「1万円選書」
北海道砂川市にある小さな書店が行っているサービス。 名前の通り、1万円分のオススメの本をおまかせで頼むサービス。これが大人気で予約がパンク状態。現在受け付け停止中なのだそうです。 いきなり本を選んで送って完了、ではなくまず候補となるリストを送り、その後も丁寧にメールや手紙でコミュニケーションを取りながら、内容を調整していくのだそう。かなり手間もかかりそうですが満足度も高そうですよね。 本との新たな出会い、という意味での福袋的なものを想像していたのですが、もっとお客さんに寄り添ったサービスのようです! (有)いわた書店 https://www.facebook.com/iwatasyoten?fref=nf ちなみに、市川市立図書館、飯能市立図書館、豊島区立目白図書館などでは、まさに「福袋」のサービスも行っているようです。最近、どんどん増えてきているようなので近くの図書館についても調べてみてはいかがでしょうか。 関連ニュース おまかせ「1万円選書」に注文殺到 砂川市の書店「雑誌や新刊でなく、本を売りたい」 http://www.sankei.com/premium/news/150131/prm1501310003-n1.html 【地方書店の生きる道】北海道砂川・いわた書店の「一万円選書」にかける思い http://ddnavi.com/news/227414/a/ 市川市立図書館の新春企画「図書館員が選んだ本の福袋」 http://www.city.ichikawa.lg.jp/library/info/1150.html 図書館が貸し出してくれる「本の福袋」 意外な本との出会いが好評 http://news.livedoor.com/article/detail/9594106/
豚肉ハム作ってみました
いつか@farineさんのこちらのページをみて、絶対に作ってみようと思っていた豚肉ハム、ついに作ってみました〜! 思った以上の美味しさ、しかもすごく簡単にできちゃうんですよね。 無添加で安心の自家製ハム、もう作り続けるしかないでしょう! 今回わたしが参考にしたのは、こちらのレシピ 超簡単なのに本格豚ハム♪byフィオママ です。 以下転載 材料 豚モモブロック300~600g 塩(アラ塩)美味しい塩がお薦め大さじ1 砂糖大さじ1 お好みで(粗引きブラックペッパー、ローリエ、ローズマリーなど) 作り方 1。豚肉塊を2重のビニールに入れ塩→砂糖→胡椒・ハーブ類を順番にまぶしながら入れ空気を抜くように口を閉じたら冷蔵庫に入れる 2。数日寝かせたら(肉300g~400gは2~3日、450~600gは1週間位) ビニール袋を開けてそのまま肉を水で周りを軽く洗い流して、ラップに置く。 3。胡椒やお好みのハーブをもう1度たっぷりまぶし、キャンディー状に包みラップの両端はたたむ。しっかり包むだけで良い形です。 4。アルミホイルでしっかり包み、鍋に入れたら水をたっぷりかぶるくらい入れる。 5。沸騰するまで強火で、沸騰したらタイマーセット300g~400gなら30分450g~600gなら40分弱火で。 6。5の時は落し蓋して上に蓋をしてください。時間の半分くらいで裏返して下さい。火を止めたらしっかり冷めるまでそのままで放置。 7。我家は夜、火を通して翌日カットします。しっとりです~。 注)by yummy 今回わたしはローリエの葉っぱを茹でる前に肉にこすりつけました。それでも十分香りがついて美味しかったです。その他の香辛料は胡椒だけ。 それから最初に寝かせるとき、レシピ通り砂糖大さじ1加えましたが、少し甘すぎたような気も。次回は少し砂糖を減らしてやってみようと思います。 みなさん、美味しくて簡単な自家製ハム、本当にオススメですよ〜
高カロリーだけどやみつきになる味!お弁当屋「花ぜん」@原宿キャットストリート近く
先日会社の先輩に連れて行ってもらったところが激ウマ高カロリーだったのでご紹介^^ ここは、私のオフィスからだとちょっと歩きますが、それでも初めてトライした「ソースとんかつ」の味が忘れられなかったので、今週もまた行きました(笑)下の写真が2回目来店時にゲットした「天ぷら丼」。 ソースとんかつは、昔なつかしいこってりマヨネーズに温玉、ソースが染み込んだとんかつが入ったどんぶりです。かなり美味しかったです。かなりこってりなのでお茶は必須です!650円です〜! これが2回目に行ったときにゲットした天ぷら丼。大きなエビフライがどーんと入って、にんじん、イカフライなど5種類くらいの天ぷらが入ってます。これも650円でした。 美味しいんですが、いつも食べたら激太りしそう・・・。 これはたま〜に食べることにします(笑) 店内の様子。かなり長くやられていそうなおばあちゃん店員や若い方が一緒に働かれています。地元のご飯屋さんを思い出すようなお店で、すごくあたたかい感じがします。 あ、昔は味噌汁もついてきたみたいですけど、今はなかったです・・・TT 残念。 他にも丼ものだけではなく、ミックスフライ弁当、カツサンド、鶏肉と野菜の黒酢炒め  などなど、メニューはたくさんありました。お昼少し過ぎた13:30頃でも残ってはいるので、ぜひ行ってみてください〜!^^ 花ぜん 東京都渋谷区神宮前5-30-3 03-3499-4906
放り込むだけ サツマイモでおつまみ料理
以前どこかでstaubにサツマイモとリンゴを放り込むだけのおやつの話をしましたが、甘くない方のバージョンも便利です。 サツマイモでお腹も満たされるので、疲れて帰ってきて呑みたいけどお腹が空いてる、という時の手抜きおつまみとして重宝(笑)。 材料の基本は、サツマイモ、パンチェッタやベーコンなどの塩気と旨味のある動物性タンパク質、玉ねぎやその他ネギなど香りのある薬味、水分、塩気を調整するもの、以上。 この写真のときは以下のようなアレンジでした。 1)長ネギのみじん切りとベーコンの端の脂身が多いところの屑を底に敷いてからサツマイモを入れて、最後にベーコンを乗せる。 2)鍋底に行き渡る程度のロゼワイン(もう抜けちゃったやつ)と黒胡椒たっぷりを振って蓋をし、最初は中火、煮立つ音がしたら弱火で15分。 3)一度蓋を開けてキノコダネとバターひとかけらを乗せて、また蓋を閉めて5分。火を止めて蒸らし5分。食べる前に鍋底からごろっと混ぜ返してもう一度黒胡椒。 長ネギの甘いお焦げができて食欲をそそりますよ、カジュアルな赤もコクのある白もOK。蒸すと普通のサツマイモも甘くなるし、余ったら翌日お出汁とルーを入れてクリームシチュー風にするともう一度手抜きができます(笑)。 ちなみにこの日はベーコンも切って冷凍してあったしキノコダネ(複数のキノコ類を酒と醤油で煮詰めたもの)も冷凍してあったので、サツマイモとネギをざくざく切って鍋に放り込むだけでした。 細部にわたって気を使う料理も楽しいんですが、日常はやっぱりいかにラクして美味しいもの食べるかってことを考えちゃいますね〜。
自然の恵みを食べに行こう♪カルビープラスファームダイニング☆
「カルビープラス ファームダイニング」でランチしてきました♪ ソラマチで何を食べようかレストランを検索していたところ、ここのお店の売りが・・・・ 「自然の恵みを大切に活かした、“おいしい”メニューで、お客様が笑顔になれるダイニング」です。国産野菜を中心とした食材をたっぷりと使い、カルビーが培ってきた素材に対するこだわりである「野菜の持つ魅力を最大限に味わう」メニューを、ダイニングの料理を通じて提案します。 と書かれていたので、迷わずにココに行こうと決めランチをしてきました(´∇`)ノ ランチは約1500円以内で食べられます。 ランチメニューも沢山あり、どれも野菜たっぷりで、ボリュームも満点のランチセットになっています!! ランチメニューはサラダ&ドリンクは必ずついていて、栄養バランスも抜群=333 どれも素材の味が活かされていて、野菜自体も新鮮なので、食もすすみますよ♪ 男性でも、満足できるボリュームなのでお腹を空かせて行くことをオススメします!!笑 私はちなみにハンバーグを食べましたが、お肉も柔らかくてとっても美味しかったです~(*'∀'人)♥*+ サラダの上にはカルビーのポテトチップスがふりかけられていて、とってもユーモアもありますよね☆ みなさんも、ソラマチに行った先は是非、ココでランチをして見て下さいね♪ カルビープラス ファームダイニング ◇住所 ◇ 〒131-0045  東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ4階 ◇HP◇ http://www.calbee.co.jp/calbeeplus/farm/