chottoniche
2 years ago500+ Views
Blu-Swingという日本のニュージャズバンドが素晴らしい
近年はシティ・ポップスというジャンルがインディーズで流行っているが実際にブラックミュージック感をモロで出しているバンドはそうそう多くはない。
ブラックミュージックのグルーヴのエッセンスを含んだ日本の独自のポップスとでも言うべきだろうか。
その中でシティ・ポップスではないが「シティ・ポップスっぽさもあるニュージャズ/アシッドジャズバンド」を見つけた。

その名前はBlu-Swing

実際に現代のシーンで活躍しているバンドと比べてブラックミュージックの影響が強く、リズムの取り方からもかなり伝わってくる。
そしてこのバンドの何が素晴らしいかと言うとそのようなクラブジャズっぽい軽快なリズムの上に

日本の昭和歌謡曲に通じる哀愁漂うメロディが乗っていることだ。

ホーン隊のリズムの取り方が素晴らしいと思ったらなんと

ジャミロクワイ、ブランニューヘビー­­ズなどでも活躍したホーンセクションチームが参加しているらしい。

そして歌メロがただの海外バンドのパクリではなく、とても日本人の心にしみそうな物となっている。
私が個人的に一番好きであった曲は下記の曲である。
普段洋楽ばかり聞いている私だが、このような曲は日本語が染みこんでくる。
興味が出た方は下記からゲットできる
iTunes: Flash
Album: Flash
0 comments
3
Comment
3