cavasheer
1,000+ Views

京都・祇園の老舗草履屋が作った新たなビーサンブランド『jojo』

このビーサン、欲しい!!
京都・祇園の老舗履物匠「ない藤」さんが新たに立ち上げたビーチサンダルらしいのです。
まず、そのたたずまい。素材も厳選されているそうで、ビーサンとしては驚異的なお値段に仕上がっています(笑)。
でも、ビルケンのレザーのシリーズとかを考えれば、有り得ない値段ではないですよね。まずは試し履きしてみた〜い!
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
晴れ着で初詣!レンタルきものor1万以下きもの購入?
初詣、着物で行かれる方増えましたよね。私も今年は着物で行ってみたいなと思ってて、探してみたら、格安で三が日からレンタルをしているところがありましたよ! 「あそびぎ屋」の1DAYサービスは、5,400円から!(10:00~17:00の利用) 着物の種類は、「小紋」と呼ばれる、「基本的に街に出かける際の着物としてカジュアルな感覚で」着られているもの。 1, 2, 3月は色が濃いめで華やかな柄を選ぶといいようですよ^^ 公式サイトはこちら。 「あそびぎ屋」 http://asobigiya.tokyo/asobigi.html 東京都港区六本木7-3-12 六本木インターナショナルビル5F 鎌倉散策を着物でしてみようかな、と思っている方にも朗報! 手ぶらで行って着物を着られちゃうプランがあるのです。 公式サイトはこちら。 「小袖」 http://paull.jp/kosode/plan/sanpo.php 〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2-7-31 営業時間:AM10:00~PM6:00 カジュアル着物は、こちらから選べます! http://paull.jp/kosode/plan/kimono.php そのまま参拝するのもいいですね^^ そして、なんとなんと、 1万以下でかわいい着物を購入できてしまいます! kimonokomachiの洗える着物!6,048円(税込) http://www.kimonomachi.co.jp/fs/kimonomachi/kimonomachi_kimonofukubukuro/014434 すでに売れ切れているものもあるので、早めにみてね!
吃在日本
去年冬天到日本旅行的照片了,今天整理文件的时候无意中看到,发现美食的照片真的占了大多数,看得我又口水直流,想着下次什么时候再去日本吃个爽快。 不知道这里有没有跟我一样吃好吃的之前不拍照会死星人,还有吃到日本拉面会感动得流泪星人,来说说你们旅游的时候吃过的美食和趣事吧(灬ºωº灬) 拉面篇。 真的走近日本的随便一家拉面店都好吃到哭,特别是第一张图和第二张图真的真的提升了我人生中的味觉享受!真的让我顿顿吃都行好吗?第一张图是在庆応大学一个宿舍附近。第二张图是很有名的一兰拉面,在一兰吃的时候把汤喝到一滴不剩,碗底下写着“对一碗拉面的最高赞赏”(我猜的,一句日语不会)。如果有钱,我真愿意就为了一碗拉面飞日本。 盒饭篇 第二觉得好吃的就是日本的盒饭!好吧,我承认我在吃的方面没有高大上的追求。在日本11天,天天就想找单身男人安静吃饭的盒饭店吃,进去还一顿拍拍拍,同行的好友一直翻我白眼来着,但是我真的在这“味增”酱里吃到以前奶奶给我做的菜的味道好吗…… 抹茶篇 去日本怎么能不吃抹茶点心呢,虽然国内也很多地方能吃到抹茶冰淇淋,我还是想体验来自京都的抹茶味。第一张图就是在便利店买的抹茶冰淇淋,比想象中苦……第二张图是在岚山吃的点心,茶吧……还是很苦……还是抹茶拿铁比较对我味。 鸡皮篇 对超爱吃鸡皮的我,日本真是天堂,到处都有鸡皮串卖,虽然价格贵贵,但是吃得过瘾!三张图分别是在烧烤酒吧、铁板烧店、神社路边摊吃的鸡皮串(*ˇωˇ*人) 同行的好友一边抱怨:“你怎么就知道吃鸡皮?!”一边说:“给我也来两串!” 哈哈 章鱼小丸子篇 就在大阪吃了两回章鱼小丸子,虽然真的有章鱼腿在里面,但是味道其实有点失望,不知道是不是找对家。道顿街上吃的都有点贵味道也不怎么地,还不如去一般的店吃。 还有些小吃比较杂,就没有发上来了,上面都是给我印象最深的。 你们也跟我一样吗?
たった45時間でBBDOが作ったチョコバーTwixの動画広告のヒミツ
アメリカの広告代理店BBDOが制作したというこの広告動画。 なぜ、45時間で作れたのか? 話題のYouTuberからアイデアを得たようだ。 2015年10月、BBDOはYouTubeとパートナーを組み、社内限定の「クリエィタソン(Create-a-thon:クリエイティブとマラソンを組み合わせた造語)」コンペを実施。このコンペでは、世界各国に拠点をもつBBDOの各国におけるクリエイティブチームが、マース社の動画コンテンツキャンペーンのために競い合った。 (上記、DIGIDAY引用) このキャンペーンのため、BBDOの各国にいるクリエイターたちは、YouTuberと共に、チョコバーを製造している企業であるMarsの企業キャンペーン「left Twix vs. right Twix」をテーマにグローバル展開するための動画を制作。 また、動画制作は、YouTubeのプロダクションスペースを利用したらしい。これにより、制作スピードが上がるという効果も得られたようだ。 さらに、驚くべきことは、「制作されたすべての動画は、2015年10月の同じ日に同時公開され、公開されたそれぞれの国で100万インプレッションを超える結果をもたらした」(DIGIDAY引用)ということ。 結果、このCreate-a-thonで優勝したのは、イギリスチーム。 彼が制作した動画が「YouTube vs. YouTube」。 YouTuberと同じ要領で制作するという試みが、この45時間で面白い広告動画を作るということにつながったようだ。今後のネットを使った広告動画配信は、YouTuberから学べることが沢山ありそうだ。 ★「left Twix vs. right Twix」…(Twixのパッケージには2本のチョコレートバーが入っていて、どちらのチョコレートバーが好きかを決める内容)」
2つの塔を肴にできるミュージアムバー bar six
こんなところにバーが?の前に、こんなところにミュージアムが?ですよね。 浅草にあるアミューズミュージアムは、浮世絵や手仕事など、和と美と技術をテーマにしている小さな美術館。あの福山雅治やサザンの所属事務所のアミューズが母体ですが、その印象は全く感じません。個人的には、浮世絵やBORO(使い古されたこぎん刺しなど)の展示イメージが強いです。で、そこの6Fにあるバーだから、bar six (バー・シス)と。 6Fにも元ベランダのようなテラス席があって通年使用できるんですが、夏場はルーフトップにも席が用意されて絶好のロケーション。もともとかなり穴場だったんですが、TOKYO ASAKUSA や TimeOut Tokyo にも掲載されてもうメジャーになったのかな? 地理的に詳しい方ならおわかりでしょうが、こっち側に五重の塔が見えるということは...ハイ、軽く振り返ればもう一つの塔、スカイツリーも!(全席で見えるわけじゃないと思いますが) 美術館が18時閉館で、バーが18時OPEN。なので美術館内から直接上がる場合をのぞいて、美術館の正面とは別の若干怪しい黒い入り口から勇気を出して入ってください。ちゃんとしたバーテンダーがいるのでお酒でがっかりすることもありませんし、「今日は浅草で楽しんだねー」という日の〆に最適なんじゃないかと思います。 ちなみに美術館の展示も結構面白いですよ。お着物姿の美人先生が浮世絵の説明をしてらっしゃる日もありますし、年季の入ったこぎん刺しなんてなかなか見られません。午後遅めに展示を楽しんでから上で軽く一杯アペリティフ、そして浅草のグルメへ…って使い方もオススメ。
SUPERSTAR と STAN SMITH adidasはどちらを買うべきでしょうか?(; ;)
心の悪魔は「両方」と言っていますが家族の目もありますので…^^; 白ベーススニーカー物色その2でございます。こちらのお写真は以前どなたかも投稿されていましたHYKEさんとのコラボバージョンのスーパースターのようです。レザーにスネークエンボスが入っていますし、ヒールのタブのところ、adidasのロゴが入っていないのですね!そしてその分踝低いのでスポーツシューズの男っぽさが減っていますよね。素敵…でもきっと入手なんて無理そうですので普通のバージョンで… 詳しくないのでわからないのですが、スーパースターにも色々あるらしく、こちらは 80's ヴィンテージという復刻モデルでしょうか?(復刻が多すぎてわからないのです〜) 私はこのベロ部分は金色ではなく白い方がいいのですが、普通のネイビーか以前雑誌で見た金色っぽいラインが比較的黒っぽい冬のお洋服に映えそうな気がしております。ほかにもラインがスネーク柄やエイ革のものもあるそうなのです。 ベースの白も何種類か見たことがありますし、つま先のところがメッシュっぽいマテリアルのものも見かけたことがあるのですけど、コラボ商品で頑張ってらっしゃるせいでしょうか、種類が多すぎて本当に全部見た中からベストな一足を選ぶのは至難の技でございます…(; ;) こちらのスタンスミスも、本当にこの夏は大勢の方が履いてらっしゃるのをお見かけしました!特にみなさん圧倒的にグリーンが多かったように思いますので、私は少し天邪鬼を発揮してネイビーしようかしらと思っております。ほかにつま先とヒールパッチにゴールドとシルバーのレザーを貼ったものをみたことがありまして、あちらもモードな方がお履きになったらきっと素敵でしょうね〜。私には上級すぎますので生まれ変わったら挑戦したいアイテムでございます。^^; こちらのスタンスミスも、ホワイトレザーの部分がエンボスになっているものなどバリエーションが多そうですよね。探し始めると止まらなくなってしまうので一番一般的に売られているものにしようとは思ってるのですけど。 選び始めるとスニーカーって難しいのですね〜。みなさまアドバイスいただけたら助かります!
新漆器「百色 hyakushiki」に驚きました!
こちら昨日のテレビで紹介されていたようなのですけど、みなさんご覧になりました? 写真のすべてが漆器なのです! 漆器といえば木製品に漆を塗ったものというのが定番ですけど、こちらはガラス器に漆を塗られたもの。今までの漆器ですとフォークやナイフなんてとても当てられませんでしたけど、こちらは内側はガラスそのままなので普通に使えるのですね。^^ 漆が塗られていているのは外側で、このガラス表面に漆を定着させられるようになったのがとても画期的な技術なのですって!素人が想像しても普通でしたら剥げてしまいそうですものね。20年の年月をかけて実現されたそうですよ。 こちらのタンブラーが気になっておりますけど、やはり朱赤の色が使われているといかにも漆という感じがしますね〜。(*^^*) テレビで取材されてましたけど、このぼかしも含めて柄付けや色つけはすべて職人さんが手作業でなさってるんです。粘度が高いのでぼかすのは難しいとおっしゃっていましたけど、こんなに均一に仕上がってるなんて素晴らしいお仕事ですね。(青いところを見ると横にたくさん線が入ってますので粘度の高さを感じます!) ストライプのものは、ストライプの上からさらに漆を塗って、外側は単色で内側はストライプに見えるデザインが多いようなのですけど、私はこのまばらに地のガラスが透けているデザインが好きです。^^ こちらのストライプ、一本一本職人さんが手で描かれてるんですよ!ボウルを一つ仕上げるのに大変な時間がかかるとおっしゃってました。具体的な時間を忘れてしまいましたけど…^^; 漆って、今は外国でもNatural Lacquerっておっしゃる方の方が多いですけど、一部のヨーロッパの方だけかもしれませんがJapanって呼んでいただけるとなんだか嬉しいですよね。 タンブラーやボウルもデザインによりますけど5000円前後のものも多いようですから、年配の方や外国人のお友達に贈りものをするときちょうどよさそうです。 こちらがきっかけで海外の方がデイリーにお使いになったら、Neo Japanと呼ばれるのかしらなんて勝手に盛り上がってワクワクしてしまいますね〜!丸嘉小坂漆器店さん、応援しております〜^^ 百式 hyakushiki 丸嘉小坂漆器店