a year ago
goobuy
in 日本語 · 10 Views
likes 0clips 1comments 0
暗視補正機能と赤外線ライトの違いは?

暗視補正機能と赤外線ライトの違いは?

小型 カメラ暗視補正とは?
肉眼では暗闇ではターゲットははっきりと見えません。もちろん隠しカメラでそのまま撮影すると暗く映ってしまいますが、そのターゲットを、「照明が当たっているように明るく色再現してくれる」 のが暗視補正機能です。
小型カメラ
夕方や夜間など暗い場所では、撮影に必要な光が十分にありません。そんなときに目安にしてほしいのが、「最低被写体照度」。これは、撮影可能な最低レベルの明るさを表します。そしてその単位はLux(ルクス)であらわされます。
暗視補正機能つきの隠しカメラの「最低被写体照度」は、約1ルクスです。これは、暗闇でろうそくをつけ、そこから1mくらい離れたところの明るさ、といったところです。
よって、暗視補正機能つき隠しカメラは、その環境ででもターゲットをはっきりと映してくれるといえます。
隠しカメラ赤外線ライトとは?
赤外線、と聞いてテレビのリモコンや、携帯(ガラケー)の赤外線送信を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。「赤」とありますが、実際には赤い光が出るわけではありません。赤外線は、人の目では見ることができない光で、「不可視光線」とも呼ばれます。現在、各ブランドはその赤外線ライトがついた隠しカメラに力を入れているのです。
赤外線ライトは光が全くない真っ暗闇でもターゲットを映し出すことができます。それは、赤外線ライトの「最低被写体照度」が、0.0Lux(※赤外線使用時)だから。「最低被写体照度」が低ければ低いほど、暗い場所での撮影が可能になりますので、赤外線ライトは、暗視補正機能よりも暗い場所に強いといえます。
火災報知器カメラ

「高画質火災報知器型隠しカメラ説明」

◆火災報知器は現在各家庭に設置が義務付けられています。その設置義務のある火災報知器カメラです。天井からの視点で対象を把握しやすいです。
◆置時計型隠しカメラなどとはちがって、真上から録画するので、別の被写体などで遮られることもありません。ご自宅・オフィスの防犯からビジネス用途までマルチに活躍します。
◆メモリ64GBにまで対応しているので安心。人が動いた時だけ録画する動体検知機能は留守のお部屋の防犯対策にも!対応メモリーはmicroSDカード最大64GBまで(別売)
クローゼットフック型隠しカメラ
◆火災報知器型カメラが長時間連続録画+繰り返し録画機能搭載、最長距離約10mのリモコン操作対応で楽々操作できて、赤外線暗視カメラ動体検知機能がついているのでで無駄な録画を減らしメモリーを余計につかうこともありません。
◆本物の火災報知器そっくりなので、取り付けていても自然で、絶対に怪しまれることがありません。防犯対策に最適な、店長一押しの隠しカメラです。
関連サイト
goobuy clipped in 1 collections
0 comments