tenasiaJAP
4 years ago5,000+ Views
A Pink「NoNoNo」音楽番組のカメラワークを徹底比較分析
アイドルにとって振り付けは欠かせない要素だ。ユニークで視線を引きつける振り付けは、歌よりも関心を呼び起こす時もある。これはアイドルが空白期間を経てカムバックするたびに、ポイントとなる振り付けを常に強調しなければならない理由でもある。アイドルが意欲的に準備した振り付けを最大に活かせるかどうかは音楽番組の役割である。音楽番組のカメラが何を映すのかによって、振り付けの効果は2倍になったり、半減されたりする。音楽番組もカメラワークの重要性を知っているため、カメラ監督たちは、アイドルグループのメンバーの名前と顔を覚え、振り付けのディテールまで把握しなければならない。アイドルグループもリハーサルの時は、大きな名札を付けることで、振り付けやパートをカメラにより捉えてもらえやすくする。アルバム発表後、番組活動が長くなればなるほど、音楽番組との相性が良くなる。今後10アジアは一週間に1グループずつ選定して、音楽番組とのカメラワークを比較分析したい。一番目の選手として、今月3枚目のミニアルバム「Secret Garden」でカムバックしたガールズグループA Pinkのステージを細かくチェックした。(アシアナ航空機事故に関する特別報道のため、7日のSBS「人気歌謡」は放送中止となった) http://www.tenasia.jp/archives/10760
0 comments
4
Comment
1