Cards you may also be interested in
Bugatti Veyron Grand Sport L’Or Blanc
The Bugatti Veyron Grand Sport L’Or Blanc is being dubbed the world’s most expensive new car, costing the unidentified owner a cool $2.4 million (AU$2.33 million). The super-luxurious Veyron has been specially ordered by a UAE-based business man. Featuring things like a porcelain caviar tray and a Swarovski crystal-encrusted number plate surround, it’s no wonder the car is attached to such a dramatic price tag. On top of this, the majestic revisions are made to a Bugatti Veyron Grand Sport; the fastest drop-top supercar on sale. Behind the cabin sits the famous 8.0-litre quad-turbocharged W16 engine producing 736kW of power 1250Nm of torque. Top speed is rated similarly to the normal coupe version of the Veyron (around 407km/h), but with the roof down, top speed is limited to 369km/h. This exclusive one-off edition is something a bit different though. It was created in partnership with Bugatti and German porcelain company, KPM. It features a stunning white interior and a ‘White Gold’ exterior. There’s also a porcelain oil cap, wheel centre caps and a fuel filler cap. Stefan Brungs, Bugatti’s sales chief, recently spoke about the car but he couldn’t reveal many details about the mysterious owner, only saying that he apparently owns 800 other cars. Brungs said, “Installing porcelain in the world’s fastest convertible car seems like a pretty odd idea … but Bugatti has made a name for itself by not shying away from extravagant ideas. This is what Bugatti stands for: the realization of exceptional ideas whilst striving for the utmost in quality and aesthetics. This allows us to continue Ettore Bugatti’s heritage, who himself loved to experiment with new materials.”
高橋健太郎が執筆した音楽小説が気になる。
Twitterや数々の音楽メディアなどで音楽批評、評論を行っているライター兼アーティスト高橋健太郎。そんな彼がなんと音楽小説を書いたというのだから驚きだ。 音楽家が書籍を執筆することは少なくないが、 基本的にはそれらの多くは自伝、あるいはそれに類するノンフィクション作品である場合が多い。 アーティストでありながら作家として有名な町田康も一応ジャンル的には文学(フィクション)に類されるような作品を描いているが、その内容はどちらかといえば半自伝のように思えなくもない。 事実彼高橋健太郎もこれまでには批評、評論作品や音楽論的な内容を取り入れた作品などノンフィクション作品をいくつか発表してきた。しかし今回彼が描いた小説はいかにもフィクション的な内容となっていそうだ。 ”音楽評論、レコーディング・エンジニア、音楽プロデュース、作曲、音楽配信サイト「ototoy」運営などなど、音楽業界で30年以上にわたって多彩な活躍を続けている高橋さんのもとに、「8年ほど前のある日、ふいにやってきた」物語。それに磨きをかけて完成させたこの『ヘッドフォン・ガール』は、随所に織り込まれた音楽をめぐっての設定やエピソード、仕掛けが音楽ファンを喜ばせてくれるとともに、 タイムスリップSFとしても、ミステリーとしても、さらには青春小説としても、多くの読者を唸らせるであろう上質のエンタテインメント作品です。” http://artespublishing.com/news/headphonegirl201601/ より引用 と紹介されている通り、SF的な世界観の作品となっているようであり、音楽がそれとどう絡み合っているか実に興味深い。まだ私は購入できていないが、早めに購入して読んでみたいものである。 正直音楽を言葉で表すという行為自体が実に難しく、それを音楽以外のアートフォームで表現することは想像もつかないほどに大変そうであるが、それゆえに私は個人的に音楽小説というものに心惹かれるし、そうした作品を描くという挑戦をした作品は是非とも読んでみたいのである。
鴻巣友季子の紹介する2015年日本文学ベスト12を要チェックだ
"芥川賞を受賞した又吉直樹さんの『火花』が話題をさらった一年でしたが、2015年に刊行された小説には、他にもすばらしい作品がたくさんあることをご存知ですか?これまで各紙誌の書評委員を務め、 今年は『風と共に去りぬ』の新訳が話題の翻訳家・鴻巣友季子さんに、2015年のベスト12作品を選んでいただきました。 いずれも読み逃してはいけない傑作ばかり。ぜひ年末年始の読書の参考にして下さい!” との前置きで現代ビジネス( http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47145 )載ったランキングはこちらだ。 2015年日本文学 ベスト12(順不同) 1 星野智幸『呪文』河出書房新社 2 円城塔『プロローグ』文藝春秋 3 四元康祐『偽詩人の世にも奇妙な栄光』講談社 4 中島京子『長いお別れ』文藝春秋 5 村田沙耶香『消滅世界』河出書房新社 6 江國香織『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』朝日新聞出版 7 磯崎憲一郎『電車道』新潮社 8 小川洋子『琥珀のまたたき』講談社 9 滝口悠生『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』新潮社 10 上田岳弘『私の恋人』新潮社 11 川上未映子『あこがれ』新潮社 12 青木淳悟『匿名芸術家』講談社 番外編(超期待) 高橋弘希『朝顔の日』新潮社 以前紹介した『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』(その記事はこちら! https://www.vingle.net/posts/1126775 )もランキングに載っているがそれ以外にも新人、ありは若手作家の台頭が目立っている。 また全体的に大衆娯楽小説よりも鋭い批評性と奇抜な場面設定などを配した作品なども多く見られることも特徴だ。 今小説には「楽しさ」などよりも「納得性」「批判性」が求められているであろうことが伺えるいいランキングだ。 年始に一冊くらい手を出してみたいものである。