okucase
100+ Views

ステューシー Stussy iphoneケースが登場!STUSSY iPhone7/iphone7plusケースがよく売れている!!

ステューシー(Stussy)とは、ボードシェイパーのショーン?ステューシー(Shawn Stussy)が、彼の仲間のためにデザインした数枚のTシャツから始まったアパレルブランドである。
日本では主にサーファー、スケーター、ヒップホップ、裏原宿系ファッションの愛好家に人気がある。

チェック柄デザインはステューシー iphoneケースの新しい設計ですが、小さいブロックは今年の人気デザイン。
新素材TPUを使用したケースは、シリコンのようなしなやかさと硬質プラスチックのような強靭さを兼ね備え、iPhone8/8 plus iPhone7/iPhone7 Plusにぴったりフィット。
ブラックとホワイト二つカラーはシンプルで、ペアケースとして恋人に大人気である。
ソフト手触りや軽量化や精密的な裁縫を組み合わせて高級なブラント製品を作ります。
機能面はもちろんのことデザイン性にも優れており、男女を問わず街歩きのファッションアイテムとしても常に人気を集めています。
本製品は液晶画面側と背面側の両面を保護できる薄いタイプで携帯やすいジャケットケースです。
接続口に簡単にアクセス---全ての接続口に簡単にアクセス出来、電源口にはゴミ除けのカバーがついています。
電源ボタンと音量ボタンには、カバーの上からの操作でも、カメラ穴、音量ボタン及びホームボタンの位置を精確で把握!

ステューシーはたくさんストリート系ブランドの一つで、個性的なので、ファッションな若い者に超人気である。
このリング付きケースは素敵や高性能や個性の最適なステューシー iPhone7ケース代表者!
個性的でファッションな落書きデザインは十足なストリート風を現れている。
市場の需要と個性的でファッションを素晴らしいバランスの間完璧な作成することができます。
リングに指を通してお使いいただけるため、落下防止に一役!さらにスタンド機能としても使えるバンカーリング付き★
また安定的なスタンド機能と360度回転リングで突発的な状況にも片手で楽に使用することができます。
{count, plural, =0 {Comment} one {Comment} other {{count} Comments}}
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
男が着るピンクは自信の表れという話
画像の選択に悪意はない。ないったらない。 少し前に周りで話題になっていた「ピンク男子は自信家」の元ネタを探してみた結果、全米綿花評議会(National Cotton Council of America)という団体が1500人のビジネスマンを対象に実施したワイシャツの色に関する調査によるものだとわかった。 肝心のレポートは見つけ出せなかったが、複数のブログで共通の情報を発見し、それを足がかりに検索した結果、どうも日本語情報の元はダイヤモンドオンラインの記事らしい。記事は2013年のものなので、おそらく調査も当時のものであろう。 消費インサイド 「桃鍋男子」も登場!職場でも増殖する“ピンク旋風”どこまで? 引用してみよう。 「すると、ピンク色のワイシャツを好んで着る男性は、自信があり、同僚の女性から褒められることも多いことが判明。さらに驚くべきことに、収入では他の色を好む男性より平均して年間約13万円多く稼ぎ、学歴でも修士号や博士号を持つ割合が高いこともわかった。」 年間13万円ということは月給にして1万円程度の差。収入に差があるとするには微妙な数字のような気もするが、ほかの数値的なデータは示されていなかった。僕の職場にピンクのワイシャツを着る同僚は見当たらないが、クライアントのオフィスでは見かけたような覚えがある。その程度の差である。 ないったらない。僕はヒデ好きでしたよ。 記事にもあった通り、鶏が先か卵が先かということもある。ピンクを着れば自信が湧いて13万円年収が増えるかもしれない。好景気が心理的な明るさにつながるなら、ピンクを着て「俺は景気いいぜ」感を装ってみると女子諸君が振り向いてくれるのではないだろうか。 たしかにピンクを着ているのに暗い顔をしてるヤツを見たこともないかもしれない。女の子だって暗いヤツより明るいヤツがいいに決まっている。 そうか。そういうことなのか。
ユニクロさんが、HelmesやLACOSTEにいらした方とコラボされますね!
昨日発表の UNIQLO AND LEMAIRE というコレクションの話題でもちきりです。ルメールさんといえば今はご自身のブランドですけど、やはりエルメスを担当されていたのが気になりますよね〜。どれくらいのお値段になるのか興味津々で一生懸命検索してしまいました。(*^^*) ファッションプレスさんの情報です。 ウィメンズ 30型メンズ 25型 ■価格帯 シャツ:2,990円〜3,990円 ニット:2,990円〜14,900円 アウター:12,900円〜17,900円 パンツ:2,990円〜6,990円 スカート:3,990円〜7,990円 ドレス:5,990円〜7,990円 ジャケット:6,990円〜14,900円 カットソー:2,490円〜3,490円 ※価格は現時点での計画であり、変更の可能性有り。※価格は全て税別。 お値段からの推測で、+Jよりもイネスコレクションに近い品質のように見えますね。せっかくなので多少お高くても贅沢素材にしていただければと思ってしまいますけれど…これ以上は想像してもわかりませんね。写真の白いニットは柔らかそうに見えます! こちらの画像のお洋服はすべて UNIQLO AND LAMAIRE のものだそうです。ベーシックなお色なので着まわしがききそうですね。黒、ネイビー、カーキ、クリームに赤が効いています。襟がないブラウスですとか、リブセーター、ビッグシルエットのコートなどが予定されているようなことが。ケープのこともありましたが、左奥のモデルさんが着てらっしゃるのがそうなのかしら。 8月にオフィシャルのコラボ情報が発表されて10月に発表とのことですので、当分はこのお写真で想像するしかありませんね〜 気になってルメールさんのコレクションも調べてしまいました。色合いがかなり近いんですね!真ん中の方のネイビーのコートのようなタイプがあれば衝動買いしてしまいそうです〜 もっとご覧になりたい方はルメールさんのショップがありますよ。 ルメールさんが担当されたエルメスのコレクションはこちらに。(*^^*)
エルメスのAppleWatch!! ドゥブルトゥールが気になります〜
HERMES-Appleをご覧になってください〜、エルメスのロゴがこんなところに並ぶなんて!家でAppleWatchの話をされてもチンプンカンプンだった私もこれは気になってしまいます! このブルージーンのドゥブルトゥール、エルメスらしいお色でこんなに素敵。 HERMESの公式HPの方にもフランス語ですがこのようなページがありましたよ。 最初はベルトだけがエルメスだと思っていましたけど、文字盤もエルメスロゴが入っていて、このデザインもエルメスが参加しているようなことが書かれてます。 ドゥブルトゥール、シンプルトゥール、カフ、の3タイプがあるそうですけど、私はやはりケリードゥブルトゥールのように二重巻きができるこちらのドゥブルトゥールが一番気になります!カフもボリューム満点なのですが、ファッションが限定されそうですね。時計のことは置いておいて、ブレスレットとしか見ていない発言でゴメンナサイ。^^; カラーはブルージーンのほかには、フォーブバレニア、カプシーヌとエタンもあるようです。こちらのお写真は少し色合いがグリーンがかっているようですけど… お色のネーミングも全てエルメスレザーアイテムと同じなので、ケリーと同じレザーで発色や質感も同じなのでしょうね!期待してしまいます! そして気になるエルメスオレンジのお箱ですが、AppleWatchのロゴが並んでしまうのですね。同じパッケージなのにロゴが一つ増えるだけでどうして雰囲気が異なってしまうのでしょう…でもAppleWatchファンの方はこのようにならないと納得されないですよね。どこまでも門外漢な発言で申し訳ないです。^^; 気になるお値段なのですが、アメリカですとドゥブルトゥールで約15万円、シンプルトゥール約13万円、カフ約18万円程度という記事を見ました。ケープゴットのドゥブルトゥールが30万ほどですから、比べるとなぜか安く感じてしまうのが不思議ですね〜 実際に購入するしないはさておき、みなさんどのタイプがお好みですか?
The Loft labo の国産ダウン
ダウンと言えばヨーロッパブランド、スポーツブランド、ユニクロ、ときて最近はどのアパレルブランドでも出したりしてますが、MADE IN JAPAN表記は滅多に見ないと思います。 この The Loft は今年の秋冬からスタートしたばかりのブランドで、大阪のBISHOPが企画して、NANGAという滋賀県のダウンメーカーで製造しているとか。知りませんでしたが日本にもダウン製品のメーカーってあるんですね。NANGAは目黒にショップがあって登山家向けのシュラフなどを販売しているようです。 ということで本格的なウェアがタウンユース向けにデザインされた、ということみたいです。まずシルエットが綺麗で、シンプルだけどティティールが凝っている印象です。ヨーロッパブランドのよくあるタイプと比較して、スッキリしているけどこだわりだらけでとても「日本ぽい」感じがします。なんだろうなこの感じ。 さて、今年はウール素材のダウンベストが欲しいと思って探している中で、このNOOKというモデルのシャンブレー素材ものを見つけました。残念ながらベストではないので購入は見送る予定ですが、来年再来年にどんなモデルが出てくるかチェックしなければと思わせられました。ちなみにメンズレディースの区別はなさそうで、サイズ0〜1くらいが女性向けだと思われます。 このNOOKは5色展開で、この色だけがシャンブレーですがあとはマットなナイロンでそれも悪くありません。こだわりポイントの説明やカラー・価格はこのプロダクトページで確認してください。 The Loft labo TL15FJK3 NOOK ちなみにキルティングが内側になっているこのWIISというモデルも気になってるんですよねー。シルエットが気になる。これは公式の紺色の写真だとマッキントッシュのゴム引きコートみたいな質感に見えていい感じです。 The Loft labo TL15FJK4 WIIS The Loft labo http://loftlabo.com/ ほかにも数モデル出てますよ。どれも今までのダウンとは少しだけ違う雰囲気があります。
この指輪はどこの?
これはもう、お揃いですよね・・・?のこの指輪。笑 井上真央さんと松本潤さんが付けていると言われるペアリング♡ おそらくこの指輪だろうと言われている・・・・ 『ポワント ド ディアマン ウェディングリング』 BOUCHERON(ブシュロン) よく見ると素敵な指輪ですよね? 光の当たり具合で輝いて見える、シンプルだけど存在感のある指輪。 こんな素敵な指輪をお揃いでつけたいものです( ´ ▽ ` )ノ♡ BOUCHERON(ブシュロン) ブシュロンの代表的なブライダル用の「ポワント ド ディアマン」というリング。(上記のもの) ピラミッド状の模様がリングの上に並び、複雑な光の反射によって美しく輝いています。特殊なカッティングによって光を拡散させてきらめきを生んでいるそう。この技術は17世紀から受け継がれた伝統だそうです。 BOUCHERON(ブシュロン)『ポワント ド ディアマン ウェディングリング』 ブシュロンを象徴するモチーフ「クル ド パリ」は、光の都パリのロマンティックなエスプリと、ヴァンドーム広場の石畳を表現しています。 ゴールドに施された巧みな彫刻が光をとらえ、ダイヤモンドのようなきらめきを放ちます。 まるで二人の絆を称えるかのように、明るい輝きで永遠の愛を祝福するリングです。 ◇この指輪のストーリー◇ ガブリエル・ブシュロン 1888年、異国への旅へ出発する前日、フレデリックは愛する妻ガブリエルにヘビをモチーフにしたネックレスを贈り、彼が留守の間このヘビが守ってくれるからと言いました。以後、ヘビは愛と保護を象徴するメゾンのお守りジュエリーになりました。 BOUCHERON(ブシュロン) http://jp.boucheron.com/ja_jp/pointe-de-diamant-small-platinum-wedding-band.html
1
Comment
1