karenlover520
10+ Views

韓国サッカーリーグは、ラブドールを配置して雰囲気を作り出しました


SBSテレビなどの韓国メディアのニュースによると、光州FCに対するKリーグFC FCのキャンペーン中に、スタンドに置かれたラブドールのファンが大騒ぎを引き起こしました。 このようなファンのために、ソウルFCのアダルト製品会社との協力関係に疑問を投げかける声があり、クラブは外部に謝罪し、声明を否定しました。


コロナ流行の影響を受けて、Kリーグはこの段階で空のフィールドを使用します。 ソウルFCはスタンド内のバナーを引き上げ、ダッチワイフを配置して雰囲気を作り出した。 ファンは、インフレータブル人形製造会社の疑いのあるロゴとBJアンカーのロゴがこれらの人形に表示されていることを発見しました。これは、アダルト製品会社とのクラブの協力に関するファンの推測を裏付けているようです。

試合後、ソウルクラブの関係者は記者団に次のように説明した。 クラブがそれらを使用したときに確認されました。 「ビジネスマンは、彼らが高水準のマネキン製造を行っている会社であると主張しています。

この説明は世論の論争を鎮めることに失敗しました。 ソウルFCは18日早朝、お詫びの手紙を出した。 クラブはこう述べています。「これらのラブドールは膨脹可能なセックスドールと材料は似ていますが、クラブは最初から成人向けの製品ではないことを確認しました。 関係。 制作会社が衣料品の製造を行っており、クラブは同社が成人向け製品の会社ではないことを繰り返し確認しています。 A社からB社に供給されたマネキンが返された後、成人向け製品に関係するBの名前が現れました。また、管理下の特定のBJの応援言葉は、この点について慎重に検討しないとクラブの間違いであり、 正当化された。 「ソウルFCはまた、将来的に管理を強化し、そのような誤解が再び起こるのを防ぐことを約束すると述べた。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
ついに発売!!ananの「愛とSEX」特集★
今年もこの季節がやってきました♡ 一年に一度のanan「愛とSEX」特集~♪ いつの過激な内容をぶち込んでいて、手に取るのが恥ずかしいくらい(*/□\*)www そしてなによりも、表紙を飾るのは、キスマイの玉森裕太~ セクシーショットも満載で、ドキドキしてしまう♡笑 でも、こういう内容の雑誌っていいよね~♪ みんながSEX等に関して、どういう風に考えているのか、どんな悩みを抱えているの解るからとっても良い★ 恥ずかしくて周りに聞けない事も、これを見れば答えが出ているし~(✿´ ꒳ ` ) ♡内容♡ 「伝えあう、昂めあう、満たされる。 愛とSEX。」 表紙玉森裕太巻頭グラビア「sensual memory」 ◆みんなのSEX白書2015読者のリアルボイスを大公開。心も体も満たされた、最高のSEX。 ◆こんなとき、どうすればいいの?SEXにまつわる女子のお悩み、誌上カウンセリング。 ◆昂ぶる気持ちは最高潮に…。わたしたちが感じる、あの瞬間。 ◆大人の女の必修科目!?さらに昂めあうSEXテクニック。 ◆女子のカラダは不思議がいっぱい!最新「感じるオンナの科学」NEWS。 ◆エロスの教祖たちが降臨!男の“SEX"解体新書。 ◆人気女性作家書き下ろし 官能ショートストーリー 島本理生/湊よりこ/南 綾子 ◆セーフSEXマニュアル50問50答。  避妊と性感染症、どこまで正しく知ってる? ◆設備&サービスがこんなに充実。  いまどきの“カップルズホテル"はここがスゴイ! ◆特製DVD「in her case」そのとき、彼が欲しくなる。
男が着るピンクは自信の表れという話
画像の選択に悪意はない。ないったらない。 少し前に周りで話題になっていた「ピンク男子は自信家」の元ネタを探してみた結果、全米綿花評議会(National Cotton Council of America)という団体が1500人のビジネスマンを対象に実施したワイシャツの色に関する調査によるものだとわかった。 肝心のレポートは見つけ出せなかったが、複数のブログで共通の情報を発見し、それを足がかりに検索した結果、どうも日本語情報の元はダイヤモンドオンラインの記事らしい。記事は2013年のものなので、おそらく調査も当時のものであろう。 消費インサイド 「桃鍋男子」も登場!職場でも増殖する“ピンク旋風”どこまで? 引用してみよう。 「すると、ピンク色のワイシャツを好んで着る男性は、自信があり、同僚の女性から褒められることも多いことが判明。さらに驚くべきことに、収入では他の色を好む男性より平均して年間約13万円多く稼ぎ、学歴でも修士号や博士号を持つ割合が高いこともわかった。」 年間13万円ということは月給にして1万円程度の差。収入に差があるとするには微妙な数字のような気もするが、ほかの数値的なデータは示されていなかった。僕の職場にピンクのワイシャツを着る同僚は見当たらないが、クライアントのオフィスでは見かけたような覚えがある。その程度の差である。 ないったらない。僕はヒデ好きでしたよ。 記事にもあった通り、鶏が先か卵が先かということもある。ピンクを着れば自信が湧いて13万円年収が増えるかもしれない。好景気が心理的な明るさにつながるなら、ピンクを着て「俺は景気いいぜ」感を装ってみると女子諸君が振り向いてくれるのではないだろうか。 たしかにピンクを着ているのに暗い顔をしてるヤツを見たこともないかもしれない。女の子だって暗いヤツより明るいヤツがいいに決まっている。 そうか。そういうことなのか。