dreamytouch23
500+ Views

Girls' Generation 少女時代 LOVE&GIRLS Original Choreography by Rino Nakasone and Koharu Sugawara

これがオリジナルでしたか!!やっぱすごいわ
5 Likes
0 Shares
2 Comments
Suggested
Recent
すごい!
すごい♥♥♥
Cards you may also be interested in
みんなで踊ろう!だるまちゃん50周年を記念「だるまちゃんおんど」
あの絵本の「だるまちゃん」が2017年で50周年を迎えることを記念して作られた「だるまちゃんおんど」。こちらの福音館公式ページから期間限定でダウンロードできますよ! この「だるまちゃんおんど」、作曲、および編曲は音楽家の飯田俊明さん。そして、作詞は、この絵本の作家さんでもある加古里子さん。歌詞にはだるまちゃん以外にも、てんぐちゃんなどたくさん絵本の登場人物もでてくるのでみんなと踊っているような気にもなれていいですよ!踊りも真似しやすいから子供もすぐに覚えそうです〜 しかし、あらためてだるまちゃん50周年ってすごいなと。 だるまちゃんに限らず、加古さんの描くモチーフは今の時代にしては古めのものだったり、見た目にしてもいわゆるアンパンマンやドラえもんみたいな「キャラクター的な可愛さ」とはちょっと違ったりもするんですが、どしてかすごく魅力ありますよね・・・そして、変わらず今も子供達に愛され続けているというのが、すごいと思うんですよね〜。 さらに!加古さんが今年でなんと90歳で、今もなお現役で執筆もされていて、新刊も出されているということにも、驚かされました。 ということで、いろんな意味でパワーがもらえそうな「だるまちゃんおんど」。ぜひみなさんも踊ってみましょう!! 福音館だるまちゃんサイト(だるまちゃん誕生秘話もあり。) http://www.fukuinkan.co.jp/ninkimono/daruma 加古里子さん関連でいうと日経DUALのインタビュー記事もいいですよ。 http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=3333 加古さんの出身地である福井県の越前市にあるという「かこさとし ふるさと絵本館」にもいつか行ってみたいなとおもっています。 http://www.city.echizen.lg.jp/office/090/050/kakosatosi/
白Aって、いったい誰なのかもわからないので調べてみました
先日、 Youtube で見た「白A」とはいったい誰なんだろう?と思い、調べてみたら割と簡単にいろいろと調べることができました。 公式サイトのプロフィールには 白A(=何色にも属さない、何者とも特定できない) 「テクノサウンド」と「映像」そして「パフォーマンス」の融合を表現する次世代型エンタテイメント集団。 となっています。 Wikipedia にも情報がありました http://ja.wikipedia.org/wiki/白A 2002年から仙台で活動しているそうですね。宮城県宮城広瀬高等学校の同級生を中心に結成されたようです。新体操をやっていたメンバーもいるみたい。 これは2014年10月に公開されている映像です。このころからシルエットにカラーのついたグラフィックを多用する演出が特徴となっています。 メンバーはサウンドプログラマーから表現者(ダンサー)、映像作家、DVJ、VJといった人が並んでいます。 ライブ情報 http://www.siro-a.com/schedule/ しばらくの間ライブは UK ばかりのようです。日本ではもう少ししないと観られないようですね。 日本でのライブは是非とも行ってみたいと思っています。 白A公式サイト http://www.siro-a.com/ ちなみに、この動画の中に彼らのパフォーマンスの秘密が少しだけ出ているように見えます。GoPro使う演出はかなりやばいですね。
今日はJames Brownの命日、James Brownについて【ファンクのゴッドファーザー】
皆さんJames Brownを知っていますか? 先日のFunkのドキュメンタリーを紹介した記事でもちょっと紹介したが、 ジェームス・ブラウンはファンクのゴッドファーザーと呼ばれる人物である。 今日はクリスマスであるが、同時にジェームス・ブラウンの命日でもある。 ジェイムズ・ジョセフ・ブラウン・ジュニア(James Joseph Brown, Jr., 1933年5月3日 - 2006年12月25日)は、アメリカ合衆国のソウルミュージックシンガー・音楽プロデューサー・エンターテイナー。通称JB。 ファンクの帝王と呼ばれ、 The Hardest Working Man in Show Business(ショウビジネス界一番の働き者)と称される。シャウトを用いたヴォーカルと、斬新なファンク・サウンドが特徴である。 「ナンバーワン・ソウル・ブラザー」「ミスター・ダイナマイト」「ファンキー・プレジデント」など、いくつものニック・ネイムを持っていた。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第10位[3]。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第7位。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第37位。 以前のカードで書いたように "ファンクは心境であり、反乱の音であり、そして黒人であることを祝う音楽だ" このような60年代の公民権運動や黒人に対する差別などの社会的背景、抑圧があったからこそ出てきた「音楽による魂の叫び」がファンクである。 公民権運動後も続いた差別の中で人々の声を代弁するリーダーが必要だった時代に出てきたのがこのジェームス・ブラウンである。 今までビートの拍の2と4にアクセントを置く音楽が主流であったが、それを1と3に置いたことによりファンクを作った人物だ。 そして内容は黒人であることへの賛美歌のような「自由に声を出す」というものであった。 このSex Machineはあまりにも有名だ。 特に彼のステップはとても独特であのマイケル・ジャクソンやプリンスのダンスムーブの元ともなっていて、ジェームス・ブラウンからの影響がよくわかる。 今のポップスはジェームス・ブラウンがいなければできていなかったであろう。 ヒップホップにおいても最もサンプルされたアーティストでもある。 これで興味を持った方は是非James Brownを聞いてみて欲しい