akiyama
1,000+ Views

レゴのプリント広告

レゴは1932年に生まれ、よく遊ぶという意味のデンマーク語「Leggodt」から由来して名前がつけられた。 従前のおもちゃ=子供の公式から脱却し、大人のおもちゃ(変な意味じゃないよ!汗)へとも完全に定着した、世界で最も有名なおもちゃブランド。 広告もとてもクリエイティブで、 レゴファンのプライドをくすぐるものがあります。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
無料で英会話できるスペース and Gaba.
これはいいかも。私のようにたまに英語を話す機会が欲しい人に使えそうなサービスを見つけました。英会話のGabaが始めたもので、来年3月までは完全無料とのこと。(Gabaはギャバじゃなくてガバだそうです…今知った…) アクティビティという50分(or 20分)単位のプログラムで、基本は定員4人の参加者が会話してGabaスタッフ(講師経験者等)がサポート役っぽいですね。 アクティビティは以下の5種類で、例えば Lifestyle だと、その中でも「この日は英語のボードゲームで遊ぶ日」などテーマが決まっているようです。それからそれぞれ対象レベルが初級か中級か決まっています。どんなテーマがあるのか等詳細はこのページで確認を。 Talk about Japan(日本の習慣や文化を説明してみよう) Seasonal (色んな国の季節の文化に関連するフレーズを知ろう) Lifestyle (映画やゲームや音楽などの趣味について英語で話そう) Power English (Gabaのレッスン教材で日常・ビジネス会話) Lunch time chat (ランチ持ち込みでおしゃべり) これらのアクティビティがタイムテーブルに配置されていて、一番早いと11:30、一番遅い時間が19:30。働いてる人が平日に行くならランチか一番遅い時間しかありませんが…あと遅い時間は中級しかないので個人的にはそこが今ネックで予約を躊躇してます。 ちなみに土日もやっているので、短時間だから渋谷で買物する日に予約しておいて寄るのもありですかね。場所は渋谷の元マルイ、Modiとして先週リニューアルオープンしたビルです。 参加したいアクティビティを選んで予約したら、あとは行くだけ。今週は結構予約が入ってるみたいだけど、来週〜12月は今なら結構空いててチャンスです。 あと個人的には、こういう無料スペースってあとでどれくらいDMが来たり勧誘されるのかが気になります。その点、予約フォームには色々住所などまで入力するところがありますが、参加するのに最低限必要な項目以外は必須ではないようです。あとは行ってみないとわからないですね。 蛇足ですが…初級と中級の違いについて。中級の説明だけ読んでると行けそうな気がするのに、初級の説明も読むと「私初級かなあ」という気がしてしまう悩ましい書き方です。(笑) 中級:身近で簡単な内容であれば、暗記したフレーズだけに頼ることなく会話できるレベルです。 初級:話し相手のリードに頼ったり、身振り手振りを加えれば、なんとか自分の意見を伝えることができるレベルです。 and Gaba. プレスリリース
京都のトリセツ part2 “AKIMAHEN of Kyoto”
以前トリップアドバイザーが企画した京都のトリセツの新作、part2「京都のあきまへん」が配布されました。本編は下に英語版インフォグラフィックをリンクさせています。 僕は日本人なので京都のイメージがあり、NGが「あきまへん」と表現された点にそれなりの味のようなものを感じますが、外国人はこれを見てどう感じるのか聞いてみたい好奇心があります。(その前に僕の京都のイメージも個人的に作り上げたものに過ぎないわけですが、しかし「京都の人から京都の言葉で言われたらしょうがないか」と思うなにかがあります) 長いです。 「あれやるな」「これやるな」がこれだけの量で指定されるというのもなかなかのおもてなしです。それだけ現地では耐えかねる状況なのかもしれません。 物理的な長さはフォーマットである可能性が高いですが、僕は、京都の人の生活が本当に乱されて困るような迷惑・危険行為と、拝観マナーのようなことは分ける手もあるのではないかと思いました。 後者は Don't do that 表現以外の演出もあると思います。チップのかわりに「オーキニ」もトラブルを未然に防ぐよい方法かもしれませんが禁止事項としてはやや強過ぎるように感じました。やはり外国人のリアルな声を聞いて自分の感覚のズレを知りたいです。 part1はこちらです。楽しいですね。
公立小学校HPの「洗練されてなさ」具合に注目せよ!
 PC、スマートフォンが一般層に圧倒的に普及し、現在では顧客の注目を集めるために様々なハイクオリティのインターネットコンテンツが我々の日常に届いてくるようになっている2015年現在。 そんな無数のインターネットコンテンツの中で一切の進化、洗練を拒むかのように変化することなくインターネット普及当時のままの姿を保ち続けているHPが数多く見られるフィールドがある。 そう、それが公立小学校のHPだ。  ”新たな顧客を獲得する必要がなく、誰からも批評の対象に見られていないインターネット唯一のオアシス”の実態にぜひ迫ってみよう。 http://omocoro.jp/kiji/68521/ より引用  まずはこちら。 見事なまでに文字がカレンダーと重複している。 分かりやすさが大前提である現在のインターネットコンテンツと比べればこの少々の見辛さなど気にしない心意気がどれほど異質であるかが伝わって来る。  次はこちら。 ディスプレイがスクエア型から長方形のワイド型になったにも関わらず 一切対応する素振りを見せないこの威風堂々とした右のスペース。 圧巻である。 何故この画像を選択したのか全くわからないような画像を選択する という「洗練されてなさ」も多数のHPにて見られる共通した要素。学校のHPにここまで霧がかった画像を載せていると最早何かしらの悪意すら通り越した無関心さを感じる。  他にも何とも 微妙に早すぎないか?と言いたくなる速度で回転する画像 を何故か選択することも一つのパターンとして見られる現象だ。しかしまあ実に絶妙に早すぎる感じに哀愁を感じる。 如何であっただろうか。今やいかなるウェブサイトも実に洗練され、よく出来ているな、と感心するものばかりである。しかしこうした小学校のHPの「洗練されてなさ」を見ると何とも言えない温もりのようなものを感じることもまた事実。 いつまでもこの無骨な様相を保ち続けてインターネット上の生きる化石として残り続けていってほしい限りである。
Google出身者が立ち上げた2.5億ドル規模のフラワーデリバリーサービス「A Better Florist」
このサービス、元Google社員のSteven Feinerが考案したもので、東南アジアでフラワーを90分で届けるというシンプルなサービス。 これがこんなに稼げるのか?フラワーデリバリーのニーズがそこまであるのか?という疑問も浮かぶが、今までのところ、商売はうまくいっているようだ。 東南アジアだけでも、2.5億ドル規模がのぞめるこのマーケット。実は、世界規模でみれば、60億ドルの価値があるという!(ちょっと、驚き。) このサービス、今のところ、WEBだけでモバイルアプリを作ることは考えていないという。 このA Better Floristの他のデリバリーサービスと異なるところは、農園から直接を花を運んでいるところ。そうすることで、花の保ちが通常より2倍が長く続くという。そして、なんと送料無料! 他にも、最近投資を受けたフラワーデリバリースタートアップがある。(以下、 VentureBeatより引用) The Bouqs (U.S.) — $6 million Series A in June 2014. Urban Stems (U.S.) — $1.5 million seed in February 2015. Bloom & Wild (U.K.) — $3.9 million Series A in July 2015. Bloomon (Netherlands) — $4 million Series A in Sept 2015 RoseOnly (China) — $10 million Series A at a $100 million valuation in November 2014. こんなにこの界隈が賑わっているのか!!! 日本でもあるけど、こんなに洗練されたサービスはないよな。青山フラワーマーケットは、個人的に良さそうには見える笑。趣味の問題かもだけど。 イーフローラ http://kuchiran.jp/life/flower.html 花キューピッド http://www.i879.com/ 青山フラワーマーケット http://eshop.aoyamaflowermarket.com/pc/ 詳細は、VentureBeatに掲載されているので、興味がある方はチェックしてみては!
画像作成アプリ “Adobe Post” Vingleのコレクションに使えます。
以前Vingleのコレクションに応用できそうなプロ直伝の50のデザインテクニックというカードを書きました。今回はそれを発揮するためのツールをご紹介します。 誰もが知っているAdobeがSNS投稿用に開発したアプリが“Adobe Post”です。説明するよりもダウンロードして色々試せばすぐに使えると思います。僕は先週見てから気になっていたんですが、今日やっと触ることができました。 残念ながら iTunes Store でしかダウンロードできないので、Android携帯ユーザーのみなさんには使えません。すみません。 Adobe Post – Create stunning graphics (iTunes Store) 試しに僕のコレクション「英語の言い回し」のために画像を作ってみました。所要時間は1分程度です。#AdobePostというクレジット代わりのタグがつきますがあまり気にならないと思います。 この画像はすでにある画像と文字の組み合わせを Remix したものですが、Search Free Photos から選んで、または自分の写真などを使って、新しく作ることもできます。その場合も勝手にフォントが選ばれて “Double Tap To Edit Text” と言われるので、素直に従いましょう。フォントが気に入らなければ選びなおせるので、すぐに新しい画像ができます。 まだこれしか作っていませんが、変えられるのは、背景の画像、画像のカラーバリエーション、文字の色や種類、文字の背景、サイズ、レイアウト、だと思います。 文字は、日本語は入力できますが、どの英語フォントを選んでも1種類の同じフォントにしかなりません。この辺はVingleのコレクションの編集機能と同じですね。外国のサービスにとって日本とはそういう存在なのかもしれません。 このような画像をVingleで使う時には一つコツがあります。文字の色を選ぶパレットの中で、一番下にある “Transparent” を選ぶと画像の上に乗る文字を透明にすることができます。コレクションに日本語で名前をつけても、画像の上に日本語が乗らないので画像の作りがいがありますね。 実は僕もさっき見つけたところですが、こういう便利な機能はどこかに書いておいて欲しいと思うのは僕だけでしょうか…。 これを見ればだいたいのイメージはつかめると思います。僕は自分で作るのは仕事モードになってしまうので、できれば人の作った画像をもっと見たいんですが…あまり自作画像を使う人は多くないですね。Vingleでもただの色の四角い画像以外に、個性的な画像が使われると面白いんですが。
NYで公衆電話がwifiスポットに?充電も、電話だってできるLinkNYCプロジェクト
面白いプロジェクトがNYCで着々と進んでいるようです。 その名もLinkNYCと呼ばれ、これから12年間で市内の7,500カ所で公衆電話を充電OK、電話OKのwifiスポットにしていくプロジェクトのようだ。(すべてが既存の公衆電話をグレードアップしたものではない) 東京にあったら絶対に重宝されるであろうwifiスポット。その利便性やいかに。 以下がそのwifiスポットの概要だ。 (ギズモードより引用) 高さ9.5フィート(約2.9m)のLinkNYCスタンドには、たとえ500人のユーザーが一斉に接続しても十分な帯域を確保するという、1Gbpsの高速通信が可能な無料Wi-Fiホットスポット機能を装備。同時にスタンド本体には、Androidタブレットが埋め込まれており、だれでもインターネットを無料で利用できます。ちなみにタブレットそのものがビデオ通話できる公衆電話になって、ダイヤルすれば無料のIP電話ができる仕組みになっていますよ。おまけにスタンド下部には、USBケーブルで各種モバイル機器を無料で充電できる設備まで整っていますね。 冬になると、ケータイのバッテリーも消耗するのがはやいし、出先でバッテリーがないなんて致命的。まじで本当に致命的。充電できるスタバを探したり、トイレの個室でコンセントがあれば頑張って差し込んだり・・・いや、きっとみんな経験があるはずだ。これは、救世主になる。 総工費は見込み2億ドル。 どっからそのお金を賄うのか?と疑問に思うだろう・・・それは、 広告だ!このwifiスポットとなるスタンドに広告スクリーンを出し、設置から維持までの資金を得る。 これぞサスティナブル!このスタンドへの接触は多いだろうし、出したい企業も多いだろう。おまけに人が長く居座らないように椅子などは作らないという。あえて居心地のいい空間にはしない。デザイン面でも学べそうだな。 公式ページ:http://www.link.nyc/ 他の記事:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/111801948/?rt=nocnt
肉部必須アイテムの予感 『放課後の怪談』ウシ模型で部位をマスター
もはや『放課後の怪談』はどこへやら。私とは縁もゆかりもない漫画だかアニメだかオモチャだかわかりもしないシリーズから、人体模型の次は牛の模型が発売されるとの情報を聞きつけて鼻息荒くチェックしてしまいました。こんなの肉部を名乗る私が見逃せるはずもなかろう!肉屋でも焼肉屋でももっと狙い定めて注文したいという私のようなあなたには絶対お知らせしたい逸品です。 これも礼儀と思って一応確認してみると、放課後の怪談シリーズというのは偕成社の真面目な児童文学作品らしいです。気鋭の作家50人による全10巻のアンソロジーってことなんで、トイレの花子さん的な話が百物語的にまとまっているような感じでしょうね。これはこれで読んでみたい気もする。今井ヨージさんのイラストが一気に世代を超えさせてくれるこの感じ。 そんな図書館にありげなシリーズに目をつけたオトナ達が似たようなタイトルでよってたかって映画化ドラマ化アニメ化してるもんだから類似作品が多すぎて深入り危険と判断したわけですが、大事なのはこれです。メガハウスの『放課後の怪談シリーズ』。最初はおとなしく理科室の人体模型なんかをオモチャ化してたんですって奥さん。 そこでこれ、この一般社団法人日本玩具協会の『日本おもちゃ大賞2014』でコミュニケーション・トイ部門に輝いたのが『恐怖!ドキドキクラッシュ人体模型』。スタイルとしては懐かしの黒ひげ危機一髪と同じやつでしょうね。で、これに気を良くしたのか今年も人体模型シリーズが発売されるのですが、なぜかそれに加えてウシ模型も作っちゃったんだって。 その前にドキドキクラッシュで遊んでる外国人がほのぼのしてたので貼っておきましょう。 やっと本題。バラバラ殺牛事件さながらに、充実の37パーツに解体できるようです。部位名がパーツに刻印されてる判りやすさが気に入りました。さすが玩具メーカーの仕事。構造を学ばせようという模型を装っておきながら肉とホルモンに偏っているところに大人の意図をプンプン感じますけどモーマンタイ。 これですね、結局7月上旬発売ってことでまだこの程度しか情報なかったんですぅ〜。 (発売後に更新したよ) 価格は税抜き1580円で、アマゾンならお安く32%。これ持って焼肉屋で騒いでる人達を見かけてもそっとしておいてあげましょうね。
コピーライター、ジョン氏が選ぶコピーの連載がいい!
LIG.INCのHPでは、コピーの連載をやっています!それが解説付きで面白いので、シェアしていこうとおもいます〜まる。 青春18きっぷ これは、「情景が浮かぶコピー」(2015年10月19日掲載)の中の1つのコピー。 いうまでもなく、受け手にきっぷを買って旅をしてもらうことが目的になるわけですが、こちらのコピーは思い出の地を巡ることで体験できるノスタルジーのことを言っています。 (引用元:「情景が浮かぶコピー」(2015年10月19日掲載)) うわー、自分も体験しているかのような気持ちになるぐっと心が引き込まれるコピーですね。 トンボ鉛筆 次に、「発見のあるコピー」(2015年8月6日掲載)の中からひとつ。 キャッチコピーに続くボディコピーも素晴らしいとジョン氏は述べているのですが、そのボディコピーは、トンボ鉛筆のHPで見ることができますー! http://www.tombow.com/press/060501/ 朝日新聞 そして、「ほどよい脅迫があるコピー」(2015年2月3日掲載)の中からもひとつ。 企業側が「あなたはすでに可愛い」という前提に立っていることも、すごく素敵だと思いませんか? たしかに・・・可愛いことが前提の上で中身も磨いたらって言われれば悪い気しないよな! 1人称であることも共感を呼びやすそう。 ブラックサンダー 「衝撃の事実があるコピー」(2015年1月21日掲載)の中からひとつ。 これ、すごい覚えてますね・・・これ、渡されたらどうしようかと思ったころがあった覚えが。笑 いや、期待しなくていいから、いいですけど。笑 女子もこのコピーのおかげであげやすくなった?のかな? JR SKI SKI 「コピーされるコピー」(2014年12月10日掲載)の中からひとつ。キャンペーンコピー。 いずれのコピーも覚えやすい・使いやすいといった共通点がありますね。多くの人に使われて消費されていく言葉は、企業やサービスの認知を一気に広めてくれます。 なるほど・・・これはたしかに真似しやすいし、置き換えやすい。友人でも、よく「ぜんぶ、◯◯(彼氏)のせいだ!」とか叫んでいる人いましたね。使い方、違いますね。 ちなみにこのジョン氏、本名は、西山ジョンさん。 http://liginc.co.jp/member/member_detail?user=john LIG INC.でディレクター/コピーライターしているようですよ! 僕が好きな連載は、「ほどよい脅迫があるコピー」と「発見のあるコピー」かなー。 コピーって、自分の培ってきたものによって感じ方が違うから、多くの人に伝わるようにする広告のコピーって考えるの難しそう。だけど、案外共通の体験ってたくさんあるから、自分の中から探せるかもしれないな。
オランダ航空のマッチングサービス LAYOVER WITH A LOCAL
僕は旅に出たい。年度末というのはなぜ毎年人々に同じ過ちを繰り返させるのでしょうか。愚痴です。すみません。 僕は本当に旅に出たいんです。そしてこのKLMの新サービスのようなことをやってみたい。こういうロマンを感じるサービスは大好きです。オランダに行く予定は全くありませんでしたが、このためにKLMを使ってオランダで乗り継ぎしてもいいです。 オランダ航空が始めるのは、レイオーバーが6時間以上の乗り継ぎ客と地元の登録者をマッチングするサービスです。LAYOVER WITH A LOCALというのがサービスかアプリの名前だと思います。6時間からなら結構可能性高いですね。 お互いアプリを介して出会い、アムステルダムのシティセンターでフリードリンクをご馳走になるところまでプログラムされていて、そのあとどうするかは二人に任されています。このムービーのようにサイクリングしたり飲み歩いたりしてみたいですね。オランダの人は英語力が世界第3位と高いそうなので英語を頑張る必要はあります。 このアニメーションの世界観に相当やられてる気がしますが、本当に楽しそうです。アムス在住の友達ができてしまうな。 知らない外国人同士を結びつけるというのは色々問題も起こり得るので、現実的には3月から5月にかけて、アメリカ・カナダ・イタリアからの乗客のみに対して試験運用されるようです。イタリアが入っている理由はわかりませんが、世界の英語力ランキングで順番が決まっていたら日本は相当後になってしまうでしょうね。 LAYOVER WITH A LOCAL(公式) そういえば昔飛行機の機内で出会い系のようなことをやっていた話があったと思って調べたらこれもKLMでした。SNSのプロフィールを確認して席を選び、話のきっかけも作れるというものです。オランダ航空は出会いを大事にしているんですね。好き嫌いは分かれるかもしれないけど、JALやANAにもなにかテーマがあると面白いですね。 Meet & Seat
『レゴはなぜ世界で愛され続けているのか』レゴの経営哲学
皆さんも小さい頃にレゴに熱中した記憶ありませんか? 私はあります。 レゴで説明書にないやつを作り、散らかして、怒られる、という繰り返しでした。 最近では幼い子供にレゴをやらせると想像力や空間把握能力が豊かになるという研究もありました(多分) そのような20世紀を代表するおもちゃブランドの経営哲学をこの本で覗いてみよう!! レゴはなぜ世界で愛され続けているのか 最高のブランドを支えるイノベーション7つの真理 デビッド・C・ロバートソン http://www.amazon.co.jp/dp/4532319366/ref=cm_sw_r_tw_dp_bL.wwb06Q3C5C 内容紹介 「20世紀を代表するおもちゃ」を生み出した巨大イノベーション工房 ブロック型のおもちゃの草分けとして知られ、知育玩具としても世界中で人気のレゴブロック。フォーチュン誌はレゴを「20世紀を代表するおもちゃ」と評している。しかし企業としてのレゴが、2004年に約3億ドルの大赤字を記録して倒産の危機に瀕していたこと、その後、驚異的なV字回復を果たしていたことは、あまり知られていない。 本書では、レゴが歩んできた軌跡、80年間ブランドを支えてきた基本理念、そして経営再建に向けて定めた「イノベーション7つの真理」を、スイスの名門ビジネススクールIMDで「レゴ・プロフェッサー」の称号を与えられた著者が、企業幹部をはじめ多くの関係者への取材をもとに説き明かす。 3億ドルの大赤字――失敗と復活から学んだ教訓 右肩上がりの成長を続けてきたレゴに危機が訪れる。テレビゲームなど、デジタル化の波が子どもたちの遊びにも押し寄せてきたのだ。レゴは遅れを取り戻そうと、ブルー・オーシャンへの進出、破壊的イノベーション、クラウド・ソーシングなどを取り入れ、「7つの真理」を中核に据えた成長戦略を立てた。しかし、21世紀のイノベーションの処方箋はレゴに壊滅的な結果を招いたのだった。 そんな中、CEOに抜擢された若きヨアン・ヴィー・クヌッドストープは、失敗を経験知として活かし、劇的な復活を遂げた。レゴが辿った軌跡はすべてが教訓に満ちており、劇的な環境変化のなかで苦戦を強いられている企業にとって、すばらしいイノベーションの教科書となるはずだ。 ◆目次 第1部 レゴのイノベーションはいかにして生まれたのか 第1章 レゴブロックの誕生――ブランドを支える6つの基本理念 第2章 スター・ウォーズを受け入れられるか――加速するイノベーションと試される理念 第3章 3億ドルの大赤字――暴走したイノベーションのなれの果て 第2部 イノベーションの「7つの真理」をきわめる 第4章 レゴらしさを取り戻せ――イノベーション文化を築く 第5章 レゴシティの復活――顧客主導型になる 第6章 バイオニクル年代記――全方位のイノベーションを探る 第7章 マインドストーム、アーキテクチャー、ファンの知恵――オープンイノベーションを推し進める 第8章 スターをめざしたレゴユニバース――破壊的イノベーションを試みる 第9章 レゴゲームの誕生――ブルー・オーシャンに漕ぎ出す 第10章 ニンジャゴーというビックバン――創造性と多様性に富んだ人材を活用する 第11章 ブランド復権――レゴの改革