akiyama
100+ Views

メンタリスト・シーズン1 (2008〜2009)

パトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー):現CBIコンサルタント。メンタリスト。 メンタリスト:他人の思考と行動の操作に長ける人。鋭い分析力、催眠、暗示を使う。 メンタリストであるジェーンは金儲けのために「サイキック(死んだ人と話せる能力を持った人)」のふりをして活躍していた。あるTVショーに出演した際、当時話題になっていた殺人魔「レッド・ジョーン」の魂を読んだと嘘をつき、彼を可哀想な人間と称してしまう。 それに怒りを感じたレッド・ジョーンはジェーンの家族を殺してしまう。 その5年後、ジェーンはレッド・ジョーンを追うためにCBIのコンサルタントとなり、CBIの様々な事件を優れた洞察力で解決して行く。 ジェーンは被害者の服装、香水、爪などを見てどんな仕事をして、どんな用事で事件現場に来て、家族写真、行動などを通じて家族中や仕事上のトラブルなどの情報を推測する。特にこのドラマの面白さは、ジェーンが根拠とした情報が視聴者にも一度は触れるようにしているため、ジェーンの一人芝居で犯人を見つけるのではなく、視聴者もジェーンと一緒に犯人を推理するようにしているところである。 (同じ探偵物?のホームズなどは、視聴者には全くん触れなかった情報によって事件が解決されることが多く、ホームズ天才!と驚くこと以外、視聴者は受動的な視聴をするしかないという限界があると思う。) パトリック・ジェーンのチームメンバーは次の4人。 テレサ・リズボン   (ロビン・タニー) キンブル・チョウ    (ティム・カン) ウェイン・リグスビー (オーウェン・イオマン) グレース・ヴァンペルト(アマンダ・リゲッティ) 4人ともキャラがはっきりとしており、またシーズンごとに各自のストーリが少しずつ公開され、涙したり感動したりするシーンも多い。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
テレビ局がネットの中で誕生する!?「AbemaTV(アベマTV)」2016年4月11日スタート
テレビの広告モデルをそのままネットに移したら…… 2016年の春、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同出資で始める「アベマTV」なるインターネットテレビが始まる。名前はなんというかキワモノ感が漂う気もするが(ちょっと懐かしいが、間寛平のギャグ「アメマ~」をほうふつとさせる)、とにかくネットでテレビをやるという話なのだ。 ネットでテレビと聞くと、いま時であればネットフリックスやフールー、dビデオなどVODを想像するが下記記事によれば、 ・一度に20チャンネルを開設 ・一切無料、登録もログインも不要 ・リアルタイム配信のみ(止める早送るなどはできない) ということで、本当にネットの中にテレビが移ったみたいなサービスなのだ。 インターネットテレビ局AbemaTVが普通じゃない3大理由 伝搬するルートを手に入れられるかが肝か 予定されている20チャンネルのジャンルを一部挙げると、 ニュース、音楽、スポーツ、ドキュメンタリー、スポーツ、アニメ、ミュージックビデオ、ペット、麻雀、釣りなどなど。結果としてまるでCS放送のようでもある。 端末はPC、Android、iOS対応で、テレビが無い人には今の地上波の代わりになるかもしれず、流しておくだけなら、一つの選択肢のもなりそう。 プレスリリース https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/press/detail/id=11689 しかし、実にわかりやすいというか、地上波のテレビ局ではほとんどその存在が紹介されない。VODよりもモデルが似ているだけに致し方ないとも言えるが、注目されなければ、質的にも日本のCSチャンネルのような雰囲気となり、これはテレビ東京もMXテレビとも戦えないだろう。 「テレビ端末が無い人」というのがひとつの狙いなのかもしれないが、ソーシャルな注目が集まらないと盛り上がりは厳しいだろう。そのうちアベマTVオリジナルの番組で事件が起こるような番組が放送されるのだろうか。(みのもんたさんが番組をやるというニュースが出ていたが、果たして) 考えればニコニコだって生放送はしているし、フジテレビもホウドウキョクというマルチデバイス対応のニュース専門局を持っているが、とにかく話題にならない。 ここへきて地上波の強さを感じるわけだが、その壁を壊す手立てにどんなものがくるのか。興味深い。 ※将来的には、個人や中小事業者らが動画を配信できるプラットフォーム「Ameba FRESH!(アメーバフレッシュ)も合体するかもしれない。 (LINEの「live」のようなもの) アベマTV https://abema.tv/ 本格スタートは2016年4月11日だが、すでにテスト放送はされているので、気になった人は今すぐ見てみよう。 ほとんどクリックの必要無い緩く動画をダラダラ見る世界がネットに生まれるかも。 ちなみに。。。。。。 コンテンツ供給が爆発的になっている現状は、 地上波中心主義だった我々にはちょっと荷が重い、という意見もあるよう。 なるほど、説得力がある。 ドラマがあふれ返って、かえって前よりドラマを観なくなっている現実について (そんでNetflix大丈夫なの?) http://sakaiosamu.com/2016/0212110014/
NetflixとHuluの簡単な比較まとめ
https://www.netflix.com/jp/ 2015年9月2日、動画配信サービス「Netflix」が日本でも利用可能になりましたね! 世界最大級の動画配信サービスなので皆期待は大! でもよく考えてみると日本でもHuluは既に利用可能でしたよね...? そんなあなたのために簡単に比較してまとめてみました! 料金プラン -Plan- Netflix料金プラン Netflix ベーシック:月額650円(SD画質、同時視聴1台迄) Netflix スタンダード:月額950円(HD画質、同時視聴2台迄) Netflix プレミアム:月額1450円(4K/UHD画質、同時視聴4台迄) Hulu料金プラン Hulu:月額933円(HD画質、同時視聴1台迄) Netflixの特徴は一番安いプランが月額650円という値段ですが、SD画質でしか視聴できません! モバイル端末以外でSD画質は結構キツイものがあります... HD画質で見たければNetflixスタンダード月額950円からということ... そう考えるとHD画質のHuluと比べると、月額料金はほぼ同等ですね! 同時接続数 Huluは同時接続ができません...(実は2つまでならできるとの噂も...?) Netflixスタンダードであれば2台まで、プレミアムプランでなんと4台まで同時接続ができます! 家族で一個アカウントをとって団欒しないで全員でバラバラで見たい人はNetflixであれば恥ずかしい作品も泣ける作品も安心して見ることができます。 作品数 Netflixはまだ日本では作品数がかなり少ないらしいです...! 今のところはまだ1000本ほど、これから増えることに期待ですね。 現時点では海外ドラマはHuluのほうが多いらしい。
JIMI HENDRIXの伝記映画【Andre 3000】
JIMI:栄光への軌跡 天才ギタリストと呼ばれるJIMI HENDRIX(ジミ・ヘンドリックス:通称ジミヘン)がスターになるまでを描いた伝記映画。 元々ナイトクラブで演奏していたところを見出され、今や「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」の一位でもある。 彼がスターになるまでの葛藤や、27歳の若さで亡くなるまでのできごとを描いた作品。 作中のジミを演じるのはヒップホップデュオ、OutKast(アウトキャスト)のAndre 3000ことアンドレ・ベンジャミンで、実際に600時間の練習を経てジミ特有の左利き奏法をマスターしたとのこと。 JIMI HENDRIXとは? ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス(James Marshall Hendrix、1942年11月27日 - 1970年9月18日)は、アメリカ合衆国のミュージシャン、シンガーソングライター。ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の名で親しまれ、日本では「ジミヘン」の略称でも呼ばれる。 天才ギタリストとして多くのミュージシャンに多大な影響を与えたロックミュージックのパイオニアの一人。右利き用のギターを逆さまにして左利きの構えで演奏するスタイルで知られる。ギターを歯や背中で弾いたり、火を放ったり、破壊したりするパフォーマンスでも有名。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第1位、2011年の改訂版でも第1位に選ばれている[1]。2008年5月にブラジルのメタル専門誌『ROADIE CREW』が行った「HR/HM系ミュージシャンの選ぶギタリスト・ランキング」[2]、『ギター・マガジン』2010年12月号の「ギター・マガジンが選ぶ! 史上最も偉大なギタリスト100人」で1位となっている。 Wikipediaより引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%9F%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9 主演のAndre 3000とは? アンドレ・3000 (英 : André 3000、1975年5月27日 - )とは、アメリカ合衆国ジョージア州,アトランタ出身のミュージシャンである。本名は、アンドレ・ローレン・ベンジャミン。 グラミー賞受賞歴を持つ人気ヒップホップデュオ、アウトキャストの一員である。しかし、現在は活動休止中のため、ソロ活動を中心に行っており、ミュージシャンとしてよりも、主に俳優方面での活躍が中心となっている。 wikipediaより引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BB3000
国谷裕子さんからの。『世界』2016年5月号
クローズアップ現代のキャスターだった国谷裕子さんの手記が、岩波の『世界』に掲載されています。「テレビに未来はあるか」という特集です。 キャスターとは、いかなる仕事なのか。──NHKの看板報道番組「クローズアップ現代」で放送開始から今年3月の放送終了まで、23年間にわたりキャスターをつとめた国谷氏が、その23年間、挑戦しつづけたインタビューという営為について、印象的かつ具体的なやりとりを振り返りつつ、述べる。本稿は、視聴者の目と耳、そして視聴者の口であろうとし、相手の如何を問わず鋭い問いかけを続けたキャスターによる、日本社会への問いかけにほかならない。 彼女が傑出したキャスターかどうかはわからないのですが、どんなキャスターを育てていく必要があるのか、多様な考えを引き出す術、人と人とのぶつかり合いの物語など、聞きたい話はたくさんあります。 さまざま語る場は増えていくかと思いますが、降板後初のテキストを読んでみたいと思います。 『世界』 2016年 05 月号 岩波書店 定価 (本体 850円+税) https://www.iwanami.co.jp/sekai/ 今回の特集自体も興味深いです。 批判ばかりしたいとは思いませんが、どんどん進化して新しい形になってほしい、とは思うわけで(もしくは枠組み自体が変わっていいなら、世の中がシフトチェンジしてもいいと思います)。 かなり長い付き合いになっただけに、テレビの未来、気になります。