yummlyskitchen
3 years ago1,000+ Views
サワードウについて
サワードウとは、粉の中に含まれる酵母を発酵させてつくる自然酵母。 水と粉をまぜて室温においておくことによって粉に含まれる酵母が発酵し乳酸菌を発生させ、酸味と発酵力のある酵母ができあがる。 小麦、ライ麦などの粉が一般的に使われるが発酵を促すため、ヨーグルトやフルーツが水と一緒に加えられることもある。 サワードウで焼いたパンの特徴は、かりっとした表面、もちっとした食感、酸味、長めの保存が可能など。 またGI値(血糖指数)がイーストで焼いたパンより低いため、腹持ちがよく健康にもいいといわれる。 フランスパンやライ麦パンなど、ヨーロッパで食事用に食べられるパンによく使われる。 イーストを使ったパンよりは時間が数倍かかるけれど、手間さえ惜しまなければ、結構手軽に焼くことができます。
0 comments
4
Comment
2