longstrump
1,000+ Views

Elsa Beskow

スウェーデンの絵本作家、イラストレーター。 現在まで100年以上にわたってスウェーデンの人々に愛され続けてきたスウェーデンで最も人気の絵本作家の一人。 彼女の作品の中心的なモチーフはスウェーデンの豊かな自然と自分の6人の子供をモデルにしたといわれる幼いこどもたち。現実と幻想が混ざりあった題材がやさしいふんわりとしたタッチで描かれる。日本語に翻訳された作品も数多く、日本にもファンが多い。 Design House Stockholm ではELSA BESKOW COLLECTION として食器やキッチン用品などにイラストが使われている。
{count, plural, =0 {Comment} one {Comment} other {{count} Comments}}
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
NYで公衆電話がwifiスポットに?充電も、電話だってできるLinkNYCプロジェクト
面白いプロジェクトがNYCで着々と進んでいるようです。 その名もLinkNYCと呼ばれ、これから12年間で市内の7,500カ所で公衆電話を充電OK、電話OKのwifiスポットにしていくプロジェクトのようだ。(すべてが既存の公衆電話をグレードアップしたものではない) 東京にあったら絶対に重宝されるであろうwifiスポット。その利便性やいかに。 以下がそのwifiスポットの概要だ。 (ギズモードより引用) 高さ9.5フィート(約2.9m)のLinkNYCスタンドには、たとえ500人のユーザーが一斉に接続しても十分な帯域を確保するという、1Gbpsの高速通信が可能な無料Wi-Fiホットスポット機能を装備。同時にスタンド本体には、Androidタブレットが埋め込まれており、だれでもインターネットを無料で利用できます。ちなみにタブレットそのものがビデオ通話できる公衆電話になって、ダイヤルすれば無料のIP電話ができる仕組みになっていますよ。おまけにスタンド下部には、USBケーブルで各種モバイル機器を無料で充電できる設備まで整っていますね。 冬になると、ケータイのバッテリーも消耗するのがはやいし、出先でバッテリーがないなんて致命的。まじで本当に致命的。充電できるスタバを探したり、トイレの個室でコンセントがあれば頑張って差し込んだり・・・いや、きっとみんな経験があるはずだ。これは、救世主になる。 総工費は見込み2億ドル。 どっからそのお金を賄うのか?と疑問に思うだろう・・・それは、 広告だ!このwifiスポットとなるスタンドに広告スクリーンを出し、設置から維持までの資金を得る。 これぞサスティナブル!このスタンドへの接触は多いだろうし、出したい企業も多いだろう。おまけに人が長く居座らないように椅子などは作らないという。あえて居心地のいい空間にはしない。デザイン面でも学べそうだな。 公式ページ:http://www.link.nyc/ 他の記事:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/111801948/?rt=nocnt
もはやゆるキャラな、ウルトラの母の仕事2015
福岡の方ではモデルの仕事でおしゃれの服を着たり、水着を着たり、最近ではサンタクロースのコスプレをしている、ウルトラの母。 知っている人は驚きを持ってみてそうだけど、知らない人には女のウルトラマンってなんだって感じかも(身体の線でてるしw)。 その大量のオファーの数々を少し紹介。 ウルトラの母がサンタクロースに! “史上最大のファッションモデル”が今度はクリスマスを盛り上げる! http://news.livedoor.com/article/detail/10827130/ ウルトラの母がビキニ姿を初披露 ビーチの視線独り占め間違いなし オリーブオイル「天草オリーブ園AVILO」福岡地区でCMキャラクターとして話題の「ウルトラの母」とウルトラ怪獣「ジャミラ」を起用 クリナップ、「ウルトラの母」を起用した「システムキッチン クリンレディ」のテレビCMを放映 ウルトラの母、モデルになる! しかし本人の放つインパクトがスゴすぎて洋服が霞むという事態に AMU ULTRA RENEWAL アミュエスト誕生!CM登場篇30秒 円谷プロ ウルトラの父も大活躍しています。 ウルトラの父が「イクメン オブ ザ イヤー 2015」を受賞!ウルトラの母も受賞式典会場に駆けつけて祝福 ちなみにウルトラの母父の本当の子どもは、ウルトラマンタロウだけ。 ウルトラマン薀蓄でした!
イングマー・ベリマンが生涯愛した島 Fårö
ゴットランドの北端にある島、Fårö(訳すとひつじの島)。 世界的に有名なスウェーデン人映画監督イングマー・ベリマン(Ingmar Berman1918-2007)が生涯愛し、何本も映画を撮った場所。 息をのむほど美しい、そんな風景だらけだった。 北の果てという雰囲気の荒々しい大地がはるか遠くまで続く。 自然が作りだした不思議な岩が並ぶ海岸にたつとまるで世界の果てにきたかのような気分に。 風が強いのに海岸はとても穏やかなのが印象的だった。 人工物が限りなく少なく、あったとしてもどれもとても自然と調和している。 そびえ立つ島の北端にある灯台。 どの景色一つ切り取っても絵になる美しさ。 なんだかベリマンが生涯この島で映画を撮り続けた気持ちが少しわかるような気がする。 島内のベリマンセンターでは映画や資料見ることができ、ベリマンゆかりの地を回るバスツアーにも参加できるらしい。 また2007年に亡くなった後は住んでいた島内の幾つかの邸宅を、芸術家やジャーナリスト、研究者などに無償で仕事や研究の場として貸し出しているそう。 芸術家にとってこんなインスピレーショナルな場所はないだろうな。 べリマンセンター http://bergmancenter.se ベリマン邸 http://www.bergmangardarna.se/en/default.php?id=1
5
Comment
1