yummlyskitchen
1,000+ Views

Apricot & raisin loaf

サワードウとイーストをまぜて、短時間でしあげました。バターの香りとドライフルーツの甘さがほどよく、さくっとした食感です。トーストにしてもおいしい! 材料 水 500g サワードウ 100g はちみつ 10g 無塩バター 60g 小麦粉 700g ライ麦 80g 塩 20g ドライイースト 15g アプリコット+レーズン 300g ①ドライフルーツをのぞいた全部の材料を混ぜ合わせ、10分ほどこね、よく混ざったらフルーツを加えて混ぜ込む。 ②そのまま2倍の大きさになるまで1時間ほど休ませる。 ③生地を粉をまぶした台に取り出し3等分し、それぞれを丸くまとめる ④長方形のケーキ型(28cm X11cm )にバターを塗り、オーブンを250度に温める ⑤生地を長細く成型し、粉の上で転がし、型にいれてさらに粉をまぶす。そのまま40分休ませる。 ⑥生地の表面に鋭いナイフで切り込みを入れ、オーブンに入れる。オーブンの一番下の段に氷を3粒ほど投げ入れる。 ⑦温度を220度に下げ30分ほど焼いたら出来上がり。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
カップケーキ・チュートリアル 1
簡単ふわふわカップケーキの作り方、たくさんの画像つきで詳しく紹介します。 今日は第1日目、ふわふわカップケーキ本体の作り方を、次回第2日目ではおいしいかわいいフロスティングの作り方を見ていきます。 それでは始めましょう〜 まずは材料です。 小麦粉(中力粉か薄力粉)200g 砂糖 200g バター(室温において柔らかくしておく) 110g たまご 2こ ベーキングパウダー 小さじ2 牛乳 125ml バニラエッセンス 小さじ2 またはココアパウダー 大さじ4(バニラエッセンスのかわりにココアパウダーを入れるとチョコレート味のカップケーキになります)。 材料を揃えたら、オーブンを180度に温めておきましょう。 さて、では作り方です。 まず大きなボールに柔らかくしたバターと砂糖を入れます。 ハンドミキサーで砂糖とバターをよく混ぜ合わせます。写真のようにボロボロした状態になります。 そこへたまごを一つずつ混ぜ込みます。 たまご2個を混ぜあわせたところです。なめらかになりました。 バニラエッセンスを加えます。(チョコレート味にする場合はこれを省いてください。) 別のボールに小麦粉とベーキングパウダーを混ぜておきます。 チョコレート味にする場合はここでココアパウダーも一緒に混ぜ合わせます。 最初のボールに粉類を2、3回に分けて混ぜ込みます。そのたびにゴムベラで縁に残った粉をこすり落としましょう。 次に牛乳を加えよくまぜこみます。これで生地のできあがりです。 マフィン型にシートを敷きます。 スプーンなどを使い、生地を8分目ぐらいまで入れましょう。 180度に温めておいたオーブンに入れ、25分ぐらい焼きます。 焼き上がりました。マフィン型に入れたまましばらく(10分ぐらい)おいておきましょう。 型からだし、網などの上でよく冷まします。 ふんわりおいしいカップケーキの出来上がりです。普段のおやつにはこのままで十分!さあ召し上がれ〜 次回はカップケーキを華やかに飾るおいしくてかわいいフロスティングの作り方を紹介します。ぜひそちらもご覧ください〜
和菓子のお雑煮、花びら餅
お正月休みも終わりますねー。個人的に毎年だいたい大掃除して実家に行って帰ってきたら終わってるという慌ただしい休暇なので特に嬉しくもないんですが、この時期に楽しみなのが花びら餅です。 大大大大好物で、和菓子の中で一番美味しいんじゃないかと思うくらい。お正月前後しか販売されないので飽きるまで食べすぎないのもいいのかもしれません。 もとは宮中雑煮という食べ物からお菓子になった経緯のため、味噌餡と牛蒡がベーシックな中身のようです。私がいつも買う仙太郎さんのは人参も入っていてますますお雑煮。古式ゆかしく牛蒡も二本です。詳しくはこちらを。 お正月限定菓子なのであちこち食べ比べる機会もないのですが、今まで食べた中では仙太郎さんの味が一番好みでかれこれ10年くらいいただいてます。 牛蒡も人参も餡もそれぞれとてもいい味な上に、口の中で一緒になるとこれまた絶妙のバランス。味だけでなく食感や香りや水分もパーフェクトなんじゃないでしょうか。販売されてるうちにあと3回は食べちゃおう。 と、こんなに褒めておきながら実はほかにも美味しい花びら餅があったら食べてみたい。たまには違うお店で買ってみようかなあ。 「ここの花びら餅はすんごいよ」というのがあったら是非教えてください! 仙太郎
豚肉ハム作ってみました
いつか@farineさんのこちらのページをみて、絶対に作ってみようと思っていた豚肉ハム、ついに作ってみました〜! 思った以上の美味しさ、しかもすごく簡単にできちゃうんですよね。 無添加で安心の自家製ハム、もう作り続けるしかないでしょう! 今回わたしが参考にしたのは、こちらのレシピ 超簡単なのに本格豚ハム♪byフィオママ です。 以下転載 材料 豚モモブロック300~600g 塩(アラ塩)美味しい塩がお薦め大さじ1 砂糖大さじ1 お好みで(粗引きブラックペッパー、ローリエ、ローズマリーなど) 作り方 1。豚肉塊を2重のビニールに入れ塩→砂糖→胡椒・ハーブ類を順番にまぶしながら入れ空気を抜くように口を閉じたら冷蔵庫に入れる 2。数日寝かせたら(肉300g~400gは2~3日、450~600gは1週間位) ビニール袋を開けてそのまま肉を水で周りを軽く洗い流して、ラップに置く。 3。胡椒やお好みのハーブをもう1度たっぷりまぶし、キャンディー状に包みラップの両端はたたむ。しっかり包むだけで良い形です。 4。アルミホイルでしっかり包み、鍋に入れたら水をたっぷりかぶるくらい入れる。 5。沸騰するまで強火で、沸騰したらタイマーセット300g~400gなら30分450g~600gなら40分弱火で。 6。5の時は落し蓋して上に蓋をしてください。時間の半分くらいで裏返して下さい。火を止めたらしっかり冷めるまでそのままで放置。 7。我家は夜、火を通して翌日カットします。しっとりです~。 注)by yummy 今回わたしはローリエの葉っぱを茹でる前に肉にこすりつけました。それでも十分香りがついて美味しかったです。その他の香辛料は胡椒だけ。 それから最初に寝かせるとき、レシピ通り砂糖大さじ1加えましたが、少し甘すぎたような気も。次回は少し砂糖を減らしてやってみようと思います。 みなさん、美味しくて簡単な自家製ハム、本当にオススメですよ〜
大人シュークリーム♡日本初上陸
シュークリーム専門店「シュー・ダンフェール パリ(choux d'enfer PARIS)」が、日本初上陸です!! 新宿の新商業施設「ニュウマン」に、2016年4月15日(金)にオープンしたとの事でかなり話題になっているお店の一つですよね♡ 私も気になっているものの、まだ行けてませんが;;;;; 早く食べてみたいものです=333 フランス料理界を代表するカリスマシェフ、アラン・デュカス(写真2の方)のもと、2014年にパリで誕生した「シュー・ダンフェール パリ」。 生地には、ローストナッツやあられ糖などでアクセントを。 シューのフレーバーは・・・・・ パリ店と同じショコラとキャラメル、柑橘系のアグリュムに加え、日本限定のカスタード、抹茶、さくらの3種類が追加されているとの事。 ◇特にさくらは、5月末までのシーズンフレーバーで桜の葉の塩味を際立たせたコクのあるクリームになっているとの事です♪ 大きすぎす、小さすぎない大きさも魅力の一つで、これだと飽きずに色々な種類を食べる事 が出来そうで、手土産リストにまた一つ候補が増えました♡ 6個セット680円、3個セットはトラディション240円、セゾン340円。上段《トラディション》/キャラメル、ショコラ、アグリュム(柑橘)。下段《セゾン》/カスタード、抹茶プレミアム(日本限定)、さくら(日本限定・シーズン限定) シュー・ダンフェール パリ『NEWoMan新宿店』 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoManエキナカ(新宿駅新南口駅構内) TEL 03 3354 2181。 営業時間 8時〜22時。定休日は施設に準ずる。 参考サイト http://trendybaru.com/5998.html http://casabrutus.com/food/19196
今年二度目のサングリアでホームパーティ
梨が出回り始めたので、今年二度目のサングリアを仕込みました。 室戸産の梨、スイカ、ブルーベリー、バレンシアオレンジが入っています。 他に、いただき物の岡山産のブドウと徳之島産のマンゴー、唯一スーパーで購入したキウイで、赤・白1本ずつ。 サングリア持参で、ホームパーティにお呼ばれして来ました。 室戸は外食する場所も限られているので、誰かのお家に集まることもしばしばです。 せっかくなので、室戸産食材を使用したお料理をいくつかご紹介します。 こちらはサツマイモの茎の炒め煮。 今の時期はよく食卓に登場します。 台風接近中で漁が無いので、貴重なお魚の鯖。 焼き鯖にして南蛮漬け風の味付けで。 室戸産のドライトマトでカプレーゼ。 トマトの味が一層濃くなって、フレッシュトマトとはまた違った美味しさがあります! こちらはフレッシュトマトで冷製パスタ。 全国的にも高知産が有名な、ナスと茗荷。 室戸も例外なく、たくさん栽培されています。 夏らしくさっぱりとした美味しさです。 室戸にはお遍路さんやサーファーが多く訪れることもあり、民宿がたくさんあります。 おしゃれで快適なホテルも捨て難いですが、地元ならではの郷土料理を家庭料理で味わうなら、断然民宿がおススメです。
ベリーチーズケーキ
チーズケーキ、久しぶりにつくりました。 ジャンボパックで買ってきた冷凍ミックスベリーを使いきりたかったので、ミックスベリーのゼリーと、ベリーをたっぷり上にのせて。やっとこれでミックスベリーも終わり^^ 甘酸っぱいベリーとクリーミーなチーズケーキの組み合わせもバッチリだし、なによりも色がきれいなのがいいですよね。 材料 (底なしのケーキ型18cm) ダイジェスティブクッキー 7枚 バター 40g クリームチーズ(室温においておく) 250g 生クリーム 200ml 砂糖 100g 板ゼラチン 5枚 レモン汁 1個分 ミックスベリーソース(裏ごしする) 半カップ 水 半カップ 板ゼラチン 2枚 ⭐️飾り用 粉砂糖 少々 冷凍ベリー 半カップほど 作り方 ⭐️クラスト ケーキ型の内側にうすくバターを塗っておく。 ダイジェスティブクッキーをプロセッサーにかけ、細かく砕く。 なべにバターを溶かし、クッキーを加えよくまぜ、皿の上においたケーキがたの底に敷き詰めてて上からスプーンなどで押さえながら平にならす。 冷蔵庫に入れて冷やし、その間にチーズケーキ部分をつくる。 ⭐️チーズケーキ 板ゼラチンを少量の水でふやかしておく 室温にもどしたクリームチーズをボールに入れ、砂糖を加えよくまぜる。 生クリームを加えさらにかき混ぜる。 レモン汁をしぼり小さいなべに入れて火にかけ、沸騰直前まであたためる。 ふやかしたゼラチンを入れよく溶かし、そのままさます。 クリームチーズのボールに少しずつレモン汁を注ぎかきまぜる。 冷蔵庫からケーキ型をだし、クラストの上にクリームチーズの混合物を平に広げ、スパチュラなどでよくならす。縁の部分までしっかり広げる。 冷蔵庫に入れ、2、3時間冷やし固める。その間にゼリー部分をつくる。 ⭐️ゼリー 板ゼラチンを少量の水でふやかす。 ミックスベリーソースに水を加えてなべにいれ、沸騰直前まであたためる。 ソースの実の部分を漉し器で漉す。 ふやかしたゼラチンを入れてよくとかし、そのまま完全にさます。 冷蔵庫からケーキ型を出して、固まったチーズケーキの上にゼリー液をそそぐ。 冷蔵庫に入れふたたびよく固まるまで2、3時間ひやす。 冷蔵庫からだしてケーキ型をはずす。冷蔵庫からだして10分ぐらいおいてから、熱湯につけ硬く絞ったふきんで型の外側を素早くふき、その上で竹串などをつかって縁の内側を一周させてはずすと、うまく外れやすい。 半解凍した冷凍ベリーを上にのせ、粉砂糖をふったらできあがり。
手作りリコッタチーズ チュートリアル
今日はリコッタチーズの作り方チュートリアルです。 作り方を初めて知った時は、え〜こんなに簡単に作れるのお〜と目からウロコでした。 簡単でまず失敗することもなく、しかもリコッタチーズってお菓子にお料理にと、あるといろいろ活用できてとても重宝。 ぜひぜひ作ってみてください〜🎵 材料 牛乳 750ml 生クリーム 100ml お酢※(米酢や穀物酢などでなくホワイトビネガーと呼ばれるもの)またはレモン汁 大さじ2 塩 小さじ1/2 ※ホワイトビネガー(普通のスーパーにはないかも)とレモン、働きはまったく変わらないので、ホワイトビネガーがなければわざわざ買わずにレモンを使ってくださいね。 それでは作っていきましょう〜 鍋に牛乳、生クリーム、塩を入れて火にかけます。ちょっと熱くなってきたかなと思ったら温度計をいれて、沸騰直前、90度前後になるのを見計らって、火をとめます。 そこにお酢、またはレモン汁をいれ、軽くかきまぜると、脂肪と水分がすぐに分離し始めます。しばらくそのままにしておきましょう。 10分ぐらい経ったところ。かなり固まってきています。このまま完全に冷めるまでおいておきます。 冷めたらボールの上にざるを置き、その上にガーゼをおきます。そして鍋の中身を静かに注ぎいれます。 そのまま冷蔵庫にいれ、一晩おいておきます。 翌日の朝です。ガーゼを絞ってみるとすっかり水気がきれ、固形状になっています。 こちらはボールに溜まった水分。これは乳清(ホエー)と呼ばれ、パン作りやお料理に使えるので、私は大事にとっておきます。またちょっと検索したところ美容と健康にもいいそうですよ(こちらは参考まで)。せっかくなので捨てずにとっておきましょう🎵 ガーゼをしぼって丸くまとめてからお皿にだし、そのまま食卓にのせてもいいし、ガラス瓶などにいれて保存しても。 味見をしてみると酸味というよりはほんのり甘みさえ感じられる濃厚なクリーム状のチーズがお口に広がって幸せな気分に❤️ まずはパンやクラッカーにのせて食べたり、パンケーキやマフィンにのせたりとそのままのお味を楽しむのがいいかもしれませんね〜
さつまいも・りんご・レーズンマフィン
こないだコメントをしてくださった@yoshi3さんのアイデア、さつまいも&りんごマフィン、レーズンを足して作ってみました〜 甘酸っぱいりんごとほくほくしたさつまいもが絶妙のマッチ。 ごろごろ入った具が醸し出す食感もまたよし。 おいしい秋色たっぷりのマフィンができました。 材料 バター(室温) 100g 砂糖 100g 小麦粉 200g たまご 2個 ベーキングパウダー 小さじ2 さつまいも 1本 りんご 1個 レーズン 一掴み レモン汁 1/2個分 砂糖 大さじ1 シナモン 小さじ1/2 材料 りんごを皮のままサイコロ状にきる。 小鍋に入れて砂糖とレモン汁を加え、中火で10分ほど、りんごが少し柔らかくなるまで煮る。火からあげシナモンを加え、そのまま冷ましておく。 さつまいもはふかしてから、サイコロ状にきる。 オーブンを200度にあたためておく。 大きめのボールに室温で柔らかくしておいたバターと砂糖を入れ、ハンドミキサーでかき混ぜる。大きなだま状になってよく混ざり合ったら、卵を一つずつ加え、その度によくかき混ぜる。 小麦粉とベーキングパウダーを別のボールでよく混ぜておき、先のボールに半分ずつ加えて混ぜこむ。 粉っぽさが残っているうちに冷めたりんご、さつまいも、レーズンを加えて生地に混ぜ込む。 マフィンシートをしいたマフィン型に生地をスプーンなどですくいながら9分目ぐらいまで入れる。 オーブンに入れ25分焼き、網の上に出して冷ましたらできあがり。
お洒落なあんぱん☆
パッケージを見てあんパンとは思えませんでした!!!! 本当にお洒落~!!! あんパンというと木村屋とか色々ありますが、この全てにおいてシャレオツなお店は、 あんパンのイメージを変えた気がしますよね♪笑 そんなお洒落なあんパンを販売しているのが~ <<SIZUYAPAN(しずやぱん)>> ゆずやシナモンなどの変わったあん種の他、パッケージも斬新でグローバルだとか♥ 京都で60年?65年?もの間パン屋を営む「志津屋」は、日本人なら誰もが大好き「ビーフカツサンド」や「ふんわりオムレツサンド」、まる〜い形のフランスパンのサンド「カルネ」など、ちょっと個性的なパンも売っているお店が展開したお店☆ 歴史あるお店なのに、形にこだわらず新しいものを展開してる所も素敵ですよね(^-^) 販売しているあんパンは全10種類! OGURA :白ぱん/丹波大納言つぶあん KUROMAME YUZU :酒粕白ぱん/黒豆 ゆず 丹波大納言こしあん WAGURI :黒糖ぱん/栗 丹波大納言こしあん CINNAMON :酒粕黒ぱん/もち シナモンあん MATCHA OGURA :酒粕抹茶ぱん/丹波大納言つぶあん MATCHA :抹茶ぱん/鹿の子 抹茶あん ANNO IMO :白ぱん/安納芋あん SIRO :よもぎぱん/白あん YUZU :抹茶ぱん/柚子あん MURASAKIIMO :黒ぱん/紫芋あん あんパンの袋も可愛いので京都に行った際は必ず買って帰りたい♡♡ 材料にもこだわり、パッケージもデゼインをしてもらったとか(≥∀≤)/ この素敵な袋は外国の方にも喜ばれそうですよね♬ ■SIZUYAPANS■ 住所:京都市下京区東塩小路町8-3 JR京都駅八条西口 TEL:075-692-2452
尾山台と渋谷 BOULANGERIE VENT DE LUDO
うちのパンローテーションで最近最も登場頻度が高いのがこの VENT DE LUDO のパン。といっても尾山台の青いお店は行ったことがなくて、いつも渋谷の東急FOODSHOWで買っています。 アクセスのよさが頻度を上げてる最大の理由ですが、VIRONなんかと較べるとお値段もサイズも日常のパンとして選びやすいし、好みもありますが日常使いのお店の中ではダントツ美味しいです。並んでいるパンが好きなタイプに見えてリピートしはじめたのですが、あらためて検索したらLUDOさん(LUDOVICさん)がブルターニュ出身ということで、なるほどバターと塩が効いていたのはそういうワケだったのか。 どのパンも、パンでワインが呑めるくらい大人向けのしっかり味です。 アレルギーじゃなければ絶対押さえておきたいのが、このお店の看板商品(たぶん)のリンゴとそば粉のパン。 もちっとしっかりしたそば粉の生地に軽くシナモン風味のリンゴがごろっと入っていて、このままでも美味しいですが、スライスして発酵バターなんか乗せても若干酸味が立って美味しいです。最初はこればかりリピートしてましたね…よく岩塩がガリガリ入ってるバターを合わせてました。 そして今はまっているのはこのパン・サレ。バターの風味が濃厚な上に岩塩が振ってある、これまた罪作りな味です。ブルターニュで岩塩ということは…と思ってあらためて札を見たらやっぱりゲランドでした。 形を見ておわかりのとおり一見クロワッサン風ですが、断面でお判りの通りあの何層も重なった皮ではありません。このお店の他の商品でモチェ・モチェというクロワッサンとフランスパンの生地を合わせたパンがあるのですが(これも好き)それに近いです。一つ食べたらもう一つ食べたくなってしまうのが困る。 10月に入ってから登場したのが、栗のパン。甘く煮た栗とヘーゼルナッツが入っているリュスティック。甘さが結構しっかりしてるので、薄く切って噛み締めてます。ほかにもそば粉のクロワッサンは試してほしいし、基本のブリオッシュもしっかり味で濃い紅茶によく合います。 このブルーと燕のように軽やかなラインのロゴが目印。尾山台のお店にしかない商品もあるそうなので、いずれオーボンヴュータンと合わせて青いお店に行ってみるとしましょう。 パンも最近はラーメン屋さんのように「どこで修行した誰々さんの暖簾分け」みたいな広がり方してますが、ここは経営的には横浜ポンパドウルの系列で、パンはフランスMOFのリュドヴィックさんが監修、というスタイルのようです。 VENT DE LUDO
りんごの季節がやってきた! りんごケーキ
こないだ@manekiinuさんのこちらのカードを見ていたらモーレツに食べたくなり、りんごケーキつくりました! りんごがた〜っぷり入ってカルデモンの香りがたまらない、とってもおいしいケーキが焼きあがりました。カルデモンがなければ、シナモンでもいけるはずです。どうぞお試しあれ〜! 参考レシピ:http://www.ica.se/recept/appelkaka-med-citron-och-kardemumma-677072/ 材料 (直径24cmの取り外し可能なケーキ型またはパイ型) バター 125g 砂糖 120g 小麦粉 150g たまご 2個 ベーキングパウダー 小さじ1 りんご 中2個 レモン汁 大さじ1 カルデモン 小さじ1 砂糖 小さじ1 作り方 オーブンを175度に温めておく。 ケーキ/パイ型にバターをうすく塗る。 バターを鍋に入れて弱火でとかしそのまま冷ます。 りんごの皮をむき、4等分にして芯をとり縦にうすくスライスし、レモン汁をふりかけておく。 さめたバターを中ぐらいのボールに移し、砂糖を入れてかきまぜ、卵を1個ずつ割り入れその度によくかきまぜる。 小麦粉とベーキングパウダーを混ぜたものを半分ずつボールに入れて混ぜこむ。 粉っぽさがなくなったらケーキ/パイ型にいれ、平にならす。 りんごを生地の上に円状にならべて、カルデモンと砂糖を上からふりかける。 オーブンにいれ一番下の段で約45分焼く。 オーブンから出して粗熱がとれたら型から出し、完全にさめたら召し上がれ。 冷蔵庫に入れてよく冷やしてから頂いても。 ホイップクリームやアイスクリームと一緒に食べるとまた格別においしいですよ〜