Cards you may also be interested in
中国・北京5日間の旅 レポート4:頤和園
中国北京5日間の旅・レポート4回目は頤和園です。 英語でサマーパレスと呼ばれるこの場所、 皇帝の別荘かー、ふーん、と行ってみましたが、またしてもその規模に肝をぬかれました。 これ別荘じゃないよー。まちだよー。 一つのまちが丸ごと入ってまうんじゃないかと思うほどの広さの庭園には、向こう岸が見えないぐらい大きな湖あり、山あり。 これ全部人工物だってよー。 そりゃ紫禁城に住んでる人の別荘だもの、桁違いなわけです。 人造湖を一周しようと思ったものの、いくら歩いても向こう岸が一向に近くに見えてこないので、途中で諦めて元来た道を戻ることに。 一日かけても到底全部見て回ることは不可能らしいです。 入ってすぐの船乗り場。皇帝たちはもちろん歩くのではなく、到着したらすぐに豪奢な船で湖のほとりの仮のすまいに向かったのでしょう。 なんだかシャビーな雰囲気の船着場に、かつてのきらびやかさの名残がみえました。 ながーいながーい廊下。長さ約700メートルの長廊。 湖にそって続くこの屋根付きの廊下を昔の皇帝たちはどんな気持ちで歩いてたんでしょ。 写真がなかったので、リンク先からお借りしてきました。湖を掘った土で作った山を一望。 少し規模の大きさが伝わります? ということで、紫禁城、万里の長城、頤和園、と3連続で中国歴代皇帝の力の大きさを見せつけられてしまい、愕然とする私でありました。。。
多言語版防災ブック 英語・中国語・韓国語(English / 中文 / 한국어)
地震のない国から日本にきたら、きっと何がなんだかさっぱりわからなくて相当怖いだろうな、と思います。(わからな過ぎてむしろ怖くないかもしれないが…) 「東京」とはついてますが、みなさんご存知のようにこの防災ブックは都に住んでいなくても十分注意喚起・備えになる部分があるので他府県から取り寄せる人も多い本。日本に住んでる人になら誰にでも役に立つかもしれない。 というわけで、最近日本に住みはじめた日本語が解らない知人に教えてあげたいと思って外国語版を探しました。これだけ各国の人が住んでるんだからやっぱりありますよね。よかった。 デジタル版(PDF)のインデックスページはこちらです。 Disaster Preparedness Tokyo 关于制作《东京防灾》 简体中文 / 繁體中文 방재책자 '도쿄방재' 都の情報はそれぞれの言語サイトがあってそれなりに充実してるみたいなんですが、この本の案内はあまりされてなかったようなんですよね。熊本の件があったためか現在はちょっと目立つところにリンクがあるんですが。 また実際に最近越して来た人によると、入居先で受け取ったけど日本語版でわからないので放ったらかしちゃうようです(汗)。実際、外国語対応されていることを知らない日本人の人も多そうな気がしますし。 というわけで、みなさんお知り合いに日本語がわからない人がいて、地震の備えについて教えてあげたいけど説明できなくて困ってる人は、是非このPDFを活用しましょう! 知ったら自国に帰りたくなっちゃったりして…
中国・北京5日間の旅 レポート3:万里の長城
レポート第3回目は今回の旅行のハイライト、万里の長城です! 前日までの黄色い空は何処へ消え、この日の空は限りなく青く澄み、素晴らしいお天気でした。イェイ! 以前から行ってみたかった万里の長城、 こんな青空の下でみられて本当にラッキー!と朝からうきうき張り切って出かけました。 しかし。。。 この日私たちが向かったのは、万里の長城への入り口のうち、もっとも観光客に人気の高いという、バーダリン(八達嶺)。 これにはちょっといきさつがあって、 実はわたしたちが行こうと決めていたのは、もっと観光客が少ないという「幕田峪」という入り口だったのですが、 まあいろいろ訳あって、やむなくバーダリンになったのです。 案の定、北京市内を車で出発して40分ほど、高速を降りたところで、限りなく続く車の列に巻き込まれ。。。 万里の長城まではもう目と鼻の先のはずなのに、一向に車が進みません。 だから言わんこっちゃない、と3kmほどの道のりを約1時間半かけてやっと車を降りたころには、そうとうテンションが下がっていました。 でも気をとりなおして、駐車場付近にある食堂でランチ。 そしていざ万里の長城に向けて門をくぐるころにはまた、気分が盛り上がってきました。 ついにきたぞ〜万里の長城! 登り始めて通路を埋める人の群れに辟易しつつも、張り切って上に向かいます。 幾重にも続く山の尾根をぬって蛇のように細い壁がにょろにょろとどこまでも続いています。まさに絶景です。 またここでも中国のスケールの大きさを感じました。 中国3000年の歴史と歴代皇帝たちの桁違いの権力! しかしこれつくるのにいったい何人の人が死んでんだろ(想像を絶するすごい数でしょう)、とか、 こんなんつくって本当に効果あったんだろか(実際あんまり役にたってなかったそうです。隙間だらけだし、騎馬民族は余裕で侵入してたそう)、とか いろいろな思いが頭のなかを渦巻く中ひたすら歩いていると、やっと頂上が見えてきましたー。 そして気がつけば、人もどんどんまばらになってなんだかいい雰囲気になってきました。 でも登っているときはあまり気にする余裕がなかった勾配の急さ、降りるときはちょっと怖かったー。 ほとんど垂直に近いんじゃないかという急な階段や坂を下りてはまた登りを繰り返し、徐々に下っていきます。 そしてやっと終点に到着です。 出てすぐのところには、月の輪熊が何匹も飼われていて、投げた人参をパクッと食べるという芸を見せてくれました。 青空の下、壮大な景色の中を悠久の歴史を感じながら歩いた万里の長城、一生忘れられないすばらしい経験でした〜!
中国語 入門講座(初級) - 基本フレーズ70 #1/7 挨拶
"テキストと注釈は(http://kaeru-life.com/kyozai/exp_01/)で確認できます。 このコーナーでは、中国語をはじめて学習する方に向けたビデオ講座を無料で提供してい­ます。最初におぼえておきたい基本単語(数字、時間、色)と、あいさつなどの基本表現­をわかりやすく分類し、学習者が暗記しやすいように、ピンインと日中音声を入れたビデ­オ教材にしました。 基本単語と表現をおぼえた後は、基本文法のビデオ講座(約75分)で、語順や基本文型­などの基本文法を一から学べます。 「中国語を勉強したいけど、発音以外に何から学べばいいか分からない」、「中国語を独­学したい」という方も、最初のステップとして本コーナーをご利用いただくことで、スム­ーズに次の学習ステップに移れると思います。以下その他の初心者向け無料講座です。 ◯ 数字をおぼえよう http://kaeru-life.com/kyozai/num_01/ ◯ 年/月/日/曜日/時間をおぼえよう http://kaeru-life.com/kyozai/time_01/ ◯ 基本の12色をおぼえよう http://kaeru-life.com/kyozai/col_01/ ◯基本の文法を学ぼう http://kaeru-life.com/kyozai/gram_01/ -------------------- 【単語を学びたい方へ】 単語ドリル『みるみる定着・中国語単語』(http://kaeru-life.com/kyozai/tango_01/)では、映像を使って単語を楽しく学べます。日中音声と映像で単語をリズム良くおぼえ­た後、単語をひとかたまりのフレーズにしておぼえることで、単語が頭に定着し、会話で­使える応用力が身に付きます。 単語数は2689語。新HSKの入門レベル〜初中級レベルの常用語彙を網羅したほか、­中国語検定準4〜3級頻出単語や、会話で使える実用的な単語を精選しているので検定対­策としても最適です。この単語ドリルで、語彙量を一気に伸ばしましょう。"