ilovelingon
3 years ago500+ Views
肩こりにきくポーズ 弓のポーズ
前屈みの姿勢が続くことでおこる肩こり。後屈のポーズをとることで症状が改善されやすくなるそうです。 ①うつぶせになり、両手は胴体と平行にして手のひらを上向きに(腹と脚の下に折りたたんだブランケットを敷いてもよい)。息を吐き、膝を曲げてかかとをできるだけ臀部のそばに持ってくる。 背中を反らせて両手で足首(足の甲ではなく)をつかむ。 両膝が腰幅よりも広くならないように、両膝をポーズの間ずっと腰幅に保つようにする。 ②息を吸いながら、強くかかとを臀部から離すように持ち上げて、同時に太腿を床から離して持ち上げる。これは胴体上部を引き上げて、頭を床から持ち上げる効果がある。尾骨を床の方向に引き入れ、背筋を柔らかくしておく。かかとと太腿を高く持ち上げ続けながら、肩甲骨を強く背中に引き締めて胸を開く。肩を耳から引き離して前を見る。 ③腹が床のほうへ押されているので、呼吸が難しくなる。呼吸をより背中のほうへ入れるようにして、息を止めないこと。 ④このポーズで20〜30秒ステイする。息を吐きながリリースして、数呼吸休む。もう1〜2回繰り返してもよい。
3 Like
1 Share
0 comments
3
Comment
1