maririn
100+ Views

銀杏の栄養と食べ方

銀杏が美味しそうだったので キロ買いしました。 これらを紙で出来た封筒などに入れ 電子レンジでチンすると 簡単に皮がむけます。 (パンパン音が鳴りますが驚かないように) お酒のお供に良いですよね☆ ■銀杏(ぎんなん)の主な有効成分と効用 ●ギンナンは栄養価が高い食材です。 でんぷん、カロチン、ビタミンCなどを含んでいます ●ミネラルも豊富です カリウムをはじめ、マグネシウムやリン、鉄など、骨を作るのに欠かせないミネラルを沢山含んでいます。 ●古くから薬として活躍 中国や日本でも、古くから民間療法で活躍しており、せきや痰、また、夜尿症にも効くそうです。 ●食べすぎは要注意 ぎんなんにはビタミンB6の作用を妨げるメチルビリドキシンという中毒物質が含まれており、食べ過ぎるとけいれんなどの中毒が起きるそうです。特に幼児には解毒能力が弱いので注意が必要です。(加熱により減少)
maririn
2 Likes
1 Share
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
自分でハーゲンダッツ並みのアイスクリームを作る方法
アイスクリームって好きな人は多いけど、自分で作ってる人はあんまりいませんよね。でも、自宅にある道具だけでハーゲンダッツ並みのプレミアムアイスが作れたらいいと思いませんか? ということで、SeriousEatsが何回も試作に試作を重ね、たどり着いた濃厚で美味しいアイスの作り方をご紹介したいと思います。 <材料> 卵の黄身(Lサイズ)         8個分 砂糖                  250g バニラエッセンス           小さじ 2 コーシャーソルト(塩)        小さじ 1/4 エバミルク              340g 生クリーム(脂肪分高め48%ぐらい) 500cc <作り方> (1)大きなボールに黄身、砂糖、バニラエッセンス、塩を入れて約5分ほど泡立てます。 白っぽくなり、泡だて器から生地を落とした時に線が残るようになったらOK。 (2)エバミルクを子鍋に入れ、混ぜながら沸騰させます。 (3)(1)の卵液に沸騰したエバミルクを少しづつ加えます(常に混ぜててください)。 (4)混ざったら子鍋に戻し、カスタードみたいにトロトロになるまで焦げないように弱火で加熱します。 このとき火が強すぎたり、加熱しすぎると卵が固まり過ぎてスクランブルエッグみたいになってしまうので注意。 (5)冷まします。 (6)生クリームの半量(250cc)を2倍の量になるぐらい泡だてたら、(5)に生クリームを加え混ぜます。織り込むようにして混ぜるのがポイント。 (7)ダマが無くなったら、製氷皿に入れて約4時間冷凍します。 (8)凍ったアイスクリームと残りの生クリーム(250cc)をフードプロセッサーに入れ、滑らかになるまで(約30秒ほど)撹拌します。 (9)容器に移して、更に4時間凍らせれば出来上がりです。
何度やっても必ずうまくいく。最高のステーキを焼く2つの簡単なコツ
1. 必ず室温になじませてから焼く 2. 途中で寝かせてから2回焼く まず、肉屋さんでよく脂ののった骨付きリブアイ3.3ポンド(1.5キロ)を買って、真空パックにしてもらいます。骨が重要です。というのも、肉をみずみずしく保ってくれるからです。真空パックも酸化を防ぐため大切です。 肉を冷蔵庫から出し、真空パックのまま24時間室温(暑い部屋ではなく、普通の温度)に置きます。このプロセスは結果に大きく影響するので、絶対に省かないでください。 テフロン加工された大きなフライパンにオリーブオイルを少し引き、ステーキの両面を3分ずつ焼きます。 いったん肉を置いたら、動かしたり持ち上げたりしてはいけません。そのままにして、時間がきたらひっくり返します。 ステーキをフライパンから取り出し、金属製の網の上に置いて10分程寝かせます。 フライパンをもう一度強火で熱し、ステーキをもう一度焼きます。片面2分です。 ステーキをひっくり返して3.5オンス(100グラム)のバターをのせます。バターが溶けたら肉汁と混ぜて肉の上にかけ、2分置きます。 3ヶ所に穴を開けたアルミホイルで肉を包み、網の上で5分寝かします(こうすることで蒸れを防ぎます)。 切り分けたらfleur de sel(フルール・ド・セル)やMaldon(マルドン)のような上質なシーソルトをまぶします。 何度やっても絶対うまくいくと私が保証します。 最高の出来上がりですよ。
料理好きなら当然知っている「家ごはん」をレベルアップさせる簡単なコツ
1. ニンニクと玉ねぎを事前に用意しない ニンニクと玉ねぎは、強い香りとパンチがあり、時間が経つとそれが増すので、料理で使う前のギリギリのタイミングで切りましょう。切った玉ねぎを水1カップに重曹小さじ1を入れた重曹水に浸しておくと、辛みが弱まります。ただし、使う前に必ずゆすぎましょう。 2. トマトの種を取り除かない トマトの種のまわりにあるゼリー部分は、トマトのうまみの多くを含んでいるので、レシピに書いてある時以外は、種をとらないようにしましょう。ちなみに、レシピに取り除くと書いてあるときは、そのままだと水分が多くなりすぎて、料理に問題が生じる場合です。 3. 油分のおいしさをキープする バターや料理用の油、ナッツなどに含まれる油分は、方法によっては悪臭を放って料理の出来栄えに影響することがあります。酸素への接触を最小限にとどめ、なおかつ、ゆっくり、少しずつ酸素に触れさせましょう。バターやナッツ類は冷蔵庫で、ナッツオイルは冷凍庫で、植物油は暗い場所で保存しましょう。 4. フライパンが熱くなってから調理を始める 料理時のフライパンの温度は、食品を加えたらすぐに下がるので、フライパンの温度が上がるまでしっかり待ってから、いため始めましょう。野菜を調理する時は、油がゆるくなるまで待ちましょう。肉や卵といった高タンパク食品を調理する時は、油から煙が細くたなびき始めるまで待ちましょう。 5. フライパンにこびりついた部分も料理に活用する 調理後にフライパンの表面につく茶色の物体には、おいしい風味が凝縮されています。調理後はワインやだし汁などを入れて、木製スプーンで表面についたものを取って、ソースやスープ、シチューに入れましょう。 6. 砂糖でも味つけをする 焦げ目のついた食べ物は、よりおいしく感じられます。焦げ目をうまく付けるには、鶏肉や魚介類など脂肪分の少ないタンパク質や野菜の上に砂糖をひとつまみ振り掛けることがポイントになります。 7.スパイスや乾燥ハーブは油の中に入れて香りを引き出す 挽いたスパイスや乾燥ハーブの香りを引き立たせるには、バターまたは油少々の中に1、2分入れて調理し、その後に液体を入れましょう。玉ねぎなどのにおいのあるものを入れるようにレシピに書かれている場合は、野菜に火が通った時点でスパイスを入れましょう。 8. パン、パイ、ケーキは黄金の焼き目がつくまで待つ 焼き目=風味です。だから、パン、パイ、ケーキなどは黄金の焼き目がつくまではオーブンから出さないように。パイを透明なガラス容器に入れて焼くのは、色の変化を見るためです。パイ生地など壊れやすい生地を作る時は、それぞれの層を下から見て、きちんと焼き目がついているか、確認しましょう。 9. うまみ成分を少し加える しょうゆとアンチョビは高いグルタミン酸を含んでおり、料理にうまみや肉のような味わいを加えます。スープやシチューを作る時は、チリパウダーにスプーン1杯か2杯のしょうゆを加えたり、野菜と一緒にアンチョビ少々を加えたりしてみましょう。 10. 新鮮なハーブを一番良いタイミングで入れる タイム、ローズマリー、オレガノ、セージ、マジョラムなどの固いハーブを加える時は、調理の初期段階で入れましょう。こうすると、香りが最大限引き出されるとともに、素材の固い食感が気にならなくなります。これに対し、パセリ、コリアンダー、タラゴン、アサツキ、バジルなどの傷つきやすいハーブは、料理の最終段階で入れましょう。そうしないと、風味と色が損なわれてしまいます。