yummlyskitchen
1,000+ Views

なすのカレー

なす 小10本ぐらい オリーブオイル 大さじ3 塩 適宜 バター 大さじ3 たまねぎ 中2個 ブラックカルダモンの実 5粒 乾燥とうがらし(刻む) 1本 グリーンカルダモンの実 8粒 コリアンダーシード 大さじ2 粒黒こしょう 小さじ1 ターメリック 大さじ1 にんにく(すりおろす)4片 しょうが(細かくきざんでおく)3cmぐらい トマト(角切りにしておく) 500g ココナッツミルク 400ml 水 240ml ガーニッシュ用 香菜(きざむ)  ミントの葉(きざむ) プレーンヨーグルト  バスマティライス 2カップ 水 3.5カップ 塩 小さじ1 ①オーブンを200度に温める。なすを厚さ2cmぐらいにきり、ベーキングシートの上に並べる。オリーブオイルと塩をふりかけて手でなすとなじませる。オーブンに入れ、15分ほど焼き、ひっくり返してさらに5分ほどやく。オーブンからだしそのままおいておく。 ②大きな厚底のなべにバターを中火で熱し、たまねぎ、ブラックカルダモン、唐辛子を入れていためる。火をよわめ、常にかきまぜながらタマネギが茶色くなるまで15分ほどいためる。 ③グリーンカルダモンの実をつぶして中から種を出す。コリアンダーシード、黒こしょうと一緒にすり鉢などでよくすりつぶす。 ④②のタマネギに③のスパイスを加え、ターメリック、ニンニク、しょうがも加えて数分いためる。トマト、ココナツミルク、水、①のなすをさらに加えて、弱火でときどきかきまぜながら30分ほど煮る。 ⑤煮ているあいだにご飯をたく。 お米をボールに入れ冷たい水で2、3回洗う。よく水をきり、なべにいれて水3.5カップと塩を加えて強火にかける。煮立ったら蓋をして10〜15分ほど弱火で煮る。火からおろしそのまま10分ほどむらす。 ⑥ご飯にカレーをかけ、お好みで香菜やミントの葉、ヨーグルトをのせて召し上がれ。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
ひよこ豆、さつまいも、セロリの ひき肉カレー
ひよこ豆とさつまいもって似たような食感で相性がいいですが、それにカリっとした歯ごたえのセロリが思いがけずよくあいます。少しピリッと辛いカレー味でさつまいもの甘さも引き締められる感じ。今日は五穀米と一緒に頂いたので、食物繊維、たんぱく質、ミネラルなどたっぷりのとてもヘルシーなご飯になりました。 材料 ひよこ豆(缶詰なら一缶。乾燥のものなら1カップ分を一晩水につけてもどしてから柔らかくなるまでゆでる。煮汁もあとで使うのでとっておく) さつまいも 小2本 セロリ 1本 玉ねぎ 大1/2 ひき肉 300g サラダ油 少々 ガラムマサラ 小さじ1 ターメリック 小さじ1 コリンアンダーパウダー 小さじ1 クミン 小さじ1 塩こしょう 少々 コンソメ 一粒 トマトペースト 大さじ1から2 香菜 少々(お好みで) 作りかた たまねぎ、セロリ、さつまいもを約1cm角にそれぞれ切る。 フライパンに油を熱して、たまねぎ、セロリを一緒に中火で2、3分炒める。 ひき肉も加え、色が変わるまでよく炒める。 さつまいもとひよこ豆を加え、豆の煮汁か水を約1カップいれていもが柔らかくなるまでフタをしないで煮る。 水分が飛びすぎてしまったらまた煮汁もしくは水をさらに少量加え、トマトペースト、スパイス、調味料をすべて加えて味付けする。塩胡椒で味をととのえる。 十分に水気がとんだら火をとめ、ご飯と一緒に器にもり、好みで刻んだ香菜をのせたらできあがり。
厚揚げの中華風サラダ☆お酒のおつまみ
この前、このレシピを発見し、お酒のお供に作ってみました♪ 簡単でお腹もちもよくて、コスパも最高です♡ 材料 厚揚げ 1枚 もやし 1袋 A 酢 大さじ2 醤油  大さじ2 砂糖 大さじ1 みそ 大さじ1 ごま油 小さじ1 にんにく すりおろし 1片分 小ねぎ、白ごま 各適量 作り方 ①もやしは、熱湯でさっと茹でる。 ②ざるにあげてそのまま冷ます。(水っぽくなるので、水にはさらしません。) ③厚揚げは、熱湯をかけて水けをきり、オーブントースターで約8分焼いて、食べやすい厚 さに切る。  ※お魚を焼くグリルでもOk。 ④Aの調味料を混ぜ合わせてタレを作る。  皿にもやし、厚揚げの順で盛り、Aのタレをかける。  白ごま、小口切りした小ねぎを散らす。 そしてここにちょっとアレンジして・・・・ 冷蔵庫に、「ちりめんじぁこ」が あったので、カリカリにして上からかけて食べてましたよ=333 なんといっても、この味噌を入れるのがポイントな気がします!! たれは作り置き可能との事で、多めに作って、保管しておきました♪ 最近では、サラダ・豆腐・唐揚げにかけたりして使ってますよ~(*´∇`*) 低カロリーで美味しく、味もさっぱりしているので、焼酎・日本酒のおつまみにはバッチリです!! 参考レシピ https://oceans-nadia.com/user/36/recipe/101061
Pakistani chicken curry
パキスタンのお友達から教わったとっておきのレシピ。 インド料理系大好きな私は、 本場物のカレーを家で食べたくて、 これまで数々のレシピを試してきました。 でもどれも手間がかかりすぎたり、 材料の種類が多すぎたりでしっくりせず、 リピートしてつくる気になるレシピに巡り会ったことがありませんでした。 と・こ・ろ・が お友達に実演してもらったこのレシピに出会って、目から鱗。 本当にちゃっちゃっと手軽に作れ、 しかもめちゃおいしく、 平日の夕食にだって余裕に出せちゃいます。 それもそのはず。 彼らみたいに毎日こういう料理を食べている人にとったら、 それこそ手早くつくれなかったら困りますもんね。 きっと手間ひまかけてじっくり作る方法もあるのでしょうが、 これは家庭版レシピといえるのかもしれません。 スパイスさえ常備しておけばいつでも気軽につくれる本格的チキンカレーです。 うちは子供が小さいので唐辛子とチリパウダーを省いてつくります。それでもガラムマサラがちょっと辛いので最初はちょっと辛がっていましたが、これくらい辛くない、といい聞かせて食べさせていたらどうもなれたらしい(笑)いまじゃおいしいといって喜んで食べてくれます。 ということで、辛さがちょっと苦手な人は唐辛子とチリパウダーで調節するといいと思います。 さて前置きがながくなりましたが作り方です。 材料 とり肉のぶつ切り(骨付き)1キロ タマネギ 小3個 (うすくスライスする) しょうが 5センチ分(すりおろしておく) にんにく 7かけ (同じくすりおろす) 青唐辛子 2本 (刻んだもの) クミンシード 小さじ1 ガラムマサラ 小さじ1/2 コリアンダーパウダー 小さじ1 ターメリック 小さじ1/2 チリパウダー 小さじ1/2 トマトピュレ 大さじ2 塩 小さじ1 サラダオイル 大さじ2 香菜(飾り用)少々 ①大きめのフライパンにサラダオイルを熱し、スライスしたタマネギを入れこげ色がつくまで中火で10分ぐらいいためる。タマネギが完全に柔らかく茶色っぽくなるまでよくいためたほうがいい。 ②とり肉を加え、色が変わったらすべてのスパイス、しょうが、にんにく、唐辛子を加える。 ③蓋をしてとり肉に火がしっかり通りまで15分ぐらい煮る ④トマトピュレと塩を加え、水分が少なかったら水を1/3カップほど加え、10分ほどさらに煮る。 ⑤味見をして塩で味をととのえ、刻んだ香菜をちらしてできあがり。 前回紹介したチャパティや炊きたてごはんと一緒にどうぞ。
元バンドマンが始めたカレー店「CURRY BAR シューベル」
バンドマンは多い。しかし元バンドマンのほうが世の中には多いのではないだろうか。 そのような元バンドマンが他の分野で頑張っているのを見ると応援したくなるのは私だけであろうか。 そんな元バンドマンがはじめたカレー店「CURRY BARシューベル」がいい感じだ。 http://curry-shubell.com/ 3/10に2周年を迎えるこのお店は西荻窪の人気カレー店のようだ。 お店のツイッターやインスタグラムに載っている写真を見ているととても美味しそうである...! https://www.instagram.com/shubell/ https://twitter.com/currybarshubell 海鮮とスパイスが良い感じに絡みつく!美味しそう! そしてサイトに載っているシューベルのMINDとHISTORYがとても素敵なので是非読んでみて欲しい シューベルのMIND http://curry-shubell.com/MIND/MIND/mind.html シューベルのHISTORY http://curry-shubell.com/MIND/HISTORY/history.html 元バンドマンならではの思いやコンセプトがあり、めちゃくちゃ興味をひかれる内容となっている。 そしてなんと3/27にはEmeraldのナカノヨウスケ(Vo)が10名限定のライブを行うらしい。 カレーを食べながら彼の歌声を聞く夜は最高であろう。完全予約制なので早めに予約をオススメする! シューベル2周年記念ライブ 2016年3月27日(日)東京都 CURRY BARシューベル OPEN 18:00 / START 19:30 <出演者> ナカノヨウスケ(Emerald) 料金:2500円(カレー付き) 東京都杉並区西荻南1-23-11 日興パレス西荻窪PARTⅡ JR西荻窪駅南口から徒歩約4分
豚肉ハム作ってみました
いつか@farineさんのこちらのページをみて、絶対に作ってみようと思っていた豚肉ハム、ついに作ってみました〜! 思った以上の美味しさ、しかもすごく簡単にできちゃうんですよね。 無添加で安心の自家製ハム、もう作り続けるしかないでしょう! 今回わたしが参考にしたのは、こちらのレシピ 超簡単なのに本格豚ハム♪byフィオママ です。 以下転載 材料 豚モモブロック300~600g 塩(アラ塩)美味しい塩がお薦め大さじ1 砂糖大さじ1 お好みで(粗引きブラックペッパー、ローリエ、ローズマリーなど) 作り方 1。豚肉塊を2重のビニールに入れ塩→砂糖→胡椒・ハーブ類を順番にまぶしながら入れ空気を抜くように口を閉じたら冷蔵庫に入れる 2。数日寝かせたら(肉300g~400gは2~3日、450~600gは1週間位) ビニール袋を開けてそのまま肉を水で周りを軽く洗い流して、ラップに置く。 3。胡椒やお好みのハーブをもう1度たっぷりまぶし、キャンディー状に包みラップの両端はたたむ。しっかり包むだけで良い形です。 4。アルミホイルでしっかり包み、鍋に入れたら水をたっぷりかぶるくらい入れる。 5。沸騰するまで強火で、沸騰したらタイマーセット300g~400gなら30分450g~600gなら40分弱火で。 6。5の時は落し蓋して上に蓋をしてください。時間の半分くらいで裏返して下さい。火を止めたらしっかり冷めるまでそのままで放置。 7。我家は夜、火を通して翌日カットします。しっとりです~。 注)by yummy 今回わたしはローリエの葉っぱを茹でる前に肉にこすりつけました。それでも十分香りがついて美味しかったです。その他の香辛料は胡椒だけ。 それから最初に寝かせるとき、レシピ通り砂糖大さじ1加えましたが、少し甘すぎたような気も。次回は少し砂糖を減らしてやってみようと思います。 みなさん、美味しくて簡単な自家製ハム、本当にオススメですよ〜
和菓子のお雑煮、花びら餅
お正月休みも終わりますねー。個人的に毎年だいたい大掃除して実家に行って帰ってきたら終わってるという慌ただしい休暇なので特に嬉しくもないんですが、この時期に楽しみなのが花びら餅です。 大大大大好物で、和菓子の中で一番美味しいんじゃないかと思うくらい。お正月前後しか販売されないので飽きるまで食べすぎないのもいいのかもしれません。 もとは宮中雑煮という食べ物からお菓子になった経緯のため、味噌餡と牛蒡がベーシックな中身のようです。私がいつも買う仙太郎さんのは人参も入っていてますますお雑煮。古式ゆかしく牛蒡も二本です。詳しくはこちらを。 お正月限定菓子なのであちこち食べ比べる機会もないのですが、今まで食べた中では仙太郎さんの味が一番好みでかれこれ10年くらいいただいてます。 牛蒡も人参も餡もそれぞれとてもいい味な上に、口の中で一緒になるとこれまた絶妙のバランス。味だけでなく食感や香りや水分もパーフェクトなんじゃないでしょうか。販売されてるうちにあと3回は食べちゃおう。 と、こんなに褒めておきながら実はほかにも美味しい花びら餅があったら食べてみたい。たまには違うお店で買ってみようかなあ。 「ここの花びら餅はすんごいよ」というのがあったら是非教えてください! 仙太郎
グラタンの季節がやってきた!
コンテチーズをたっぷり使い、じゃがいもとグラタンにドフィーネ地方の郷土料理です 【材料】4人分じゃがいも              4個コンテ                80g牛乳                140g生クリーム              50g塩                   ひとつまみナツメグ、胡椒、ガーリックパウダー 各少々 【作り方】1)コンテは細かくすりおろす2)じゃがいもは皮をむき薄く切る3)ボウルに牛乳、生クリーム、塩、ナツメグ、胡椒、ガーリックパウダーを入れて混ぜ合わせる4)グラタン皿にじゃがいもを平らにひと並べする5)3を回しかかけコンテをのせる(半量は残しておき仕上げに使う)6)4、5の作業を繰り返す7)ふんわりとラップをかけて700Wのレンジで10分加熱する8)仕上げ用のチーズを表面にのせて180℃のオーブンで約20分加熱し焼き色を付ける 毎年、秋になると作りたくなる定番のお料理です ホワイトソースなしでできる簡単グラタンぜひ作ってみてくださいね このグラタンに使ったチーズは「コンテ」 コンテはフランス東部、スイスとの国境にある山脈地帯フランシュ・コンテ地方が原産地のセミハードタイプのチーズです フランスで最も生産量が多く、人気の高いチーズなんですよ 硬く大きなチーズなので、カットしてそのまま食べます クセのない味は料理にも使いやすく便利! 加熱するとよく溶けるので、チーズフォンデュやグラタン、オニオンスープなどに入れてもよく合います フランスのカフェで出される軽食として知られるクロックムッシュにもコンテが使われています 塩気が強すぎず、ミルク風味もしっかりと感じられるチーズで、熟成が進むと栗やクルミのようなナッツの風味が加わります 食感もホクッとした感じになり、大変美味しいチーズです
かぼちゃメニュー3: パキスタン風ひき肉とかぼちゃのカレー
以前紹介したパキスタニひき肉カレーに、じゃがいもや人参の代わりにかぼちゃをたっぷり入れました。 ほくほくしたかぼちゃの甘さとピリッと辛いひき肉が絶妙のコンビネーションです。 材料 牛ひき肉 500g かぼちゃ 中1/4 たまねぎ 中2個 にんにく(すりおろす) 2片 しょうが(すりおろす) 3cm角ぐらい ターメリック 小さじ1 コリアンダーパウダー 小さじ1 ガラムマサラ 小さじ1 クミン 小さじ1 チリパウダー 小さじ1/2 トマトピュレ 大さじ2 塩 小さじ1〜2 水 1カップ サラダ油 大さじ1 香菜(みじん切り) 一掴みほど 作り方 たまねぎをうすくスライスし、かぼちゃは2cm角ぐらいにきっておく。 フライパンにサラダオイルを入れて火にかけ、たまねぎを入れて、中火でしんなりと茶色っぽくなるまで約10〜15分炒める。 にんにく、しょうがのすりおろし、ターメリック、コリアンダーパウダー、ガラムマサラ、クミン、チリパウダーを入れてさらに炒める。 ひき肉を加え色が変わるまで炒めたら、水、トマトピュレを加えてかき混ぜる。かぼちゃを入れて蓋をして、やわらかくなるまで10〜15分ほど煮る。 塩を入れて味を整え、食べる直前に香菜をまぶして出来上がり。 バスマティライスなど、細長いお米と一緒に召し上がれ。
ダバ インディア
都内で”南インド料理”といえば京橋のココで決まりでしょう。 日本でポピュラーな「カレーとナン」は小麦が主食の北インドのもので、南インドは米が主食らしく、カレーも長時間煮込まないそう。どっちかいうとサラサラ、アッサリ系が基本で、胃もたれしにくく、毎日でも食べられちゃう。 ダバインディアという店名は「食堂」を意味するそうで、カウンター席があるから一人客が多い。それから、若い女性客率がめちゃめちゃ高いのも特徴かな。 はじめて行くなら、まずはお昼のランチミールスを。ちなみに平日のミールスは日本米だけど、土日はインド米になるので、できたら週末がお勧め。 夜行くなら(予約必至だけど)4人程度で、アラカルトもぜひ。何を食べてもハズレなし。ビリヤニや、チーズクルチャも絶品だし、店看板メニューである南インド版クレープ「ドーサ」もお忘れなく!ベジメニューもあるし、接客も素晴らしいです(ホール担当は全員日本人)。 近所の北インド料理店「グルガオン」や、タンドール系の「カイバル」も系列店で、経営するのは「チョティワラ」という会社。で、ここの出身者が独立してオープンさせたお店は”ダバ系”と呼ばれたりもして、いずれも評判がすこぶる高い。 大塚「カッチャルバッチャル」 木場「カマルプール」 千駄ヶ谷「ディルセ」 三軒茶屋「シバカリーワラ」 御茶ノ水「ディラン」 ちなみに面白いのは、チョティワラでは日本人は厨房には立てないそうで、オペレーションに専念です。でも、これだけ優秀な日本人シェフがお店を独立しているというのが摩訶不思議で面白い。 東京駅の八重洲口からも徒歩圏内なので、新幹線を利用する地方の方もぜひ。 ■店舗情報 中央区八重洲2-7-9 相模ビル1F 03-3272-7160 11:15-15:00(LO14時半)※土日祝は12時〜 17:00-23:00(LO22時)※土日祝は〜22時(LO21時) http://www.dhabaindia.com/ ■関連情報 *食べログ *All About *個人ブログ『全身カレーな人々』"「ダバインディア」が人気トップの座を譲らないワケ”