kecotte
3 years ago500+ Views
結晶が魅せるストームグラス “Tempo Drop”
我家に来てそろそろ1年経つけれど、毎日違う顔を見せてくれるので飽きることがない存在。お世話の要らないペットのようです。 ストームグラスは19世紀ヨーロッパで使われた天気予報装置らしく、樟脳やエタノールなどの薬品が気圧・気温・湿度・その他に反応してガラス内に結晶を作るもの。(詳しくはWikiで… http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9) 結晶の形状から天気を読み取っていたらしいのですが、1年も見てきたくせに私は未だに読み取れません。 天気のよい夏場は結晶ができず真水のようになるし、台風や爆弾低気圧が来てるときはド派手な結晶がモリモリと出来るけど、その間の微妙な変化が意味するところはまだまだ謎。。 ちなみに、写真の状態は「明日雪になるらしい」くらいの夕方に、どこからともなく結晶が降り始め、底にはファルコンのような塊が出来上がっている様子。綺麗です。 うちの子は、Perrocaliente というブランドがデザインした TempoDrop というもの。http://www.perrocali.com/#TEMPO インテリアオブジェとしての存在感もあるし面白いので、色んな人に勧めていたら周りがみんな置くようになってしまった。 人の家のは結晶の状態が違ったりして、「お宅のはどーお?」と写真を見せ合ったりするのも楽しいです。
0 comments
2
Comment
2