kecotte
3 years ago1,000+ Views
イザというときのお守り、olleh Wi-Fi- CARD
海外へ出かける時、携帯・インターネット利用に色々な選択肢があるので毎回悩みます。SIMフリー端末になれば解消されそうだけど、日本で普通にキャリア契約してるとまだ今はそうもいかず… 以下は、私がソウルへ来る時の選択肢。 ローミングして1日数千円を払うのは限界があるし、Wi-Fi端末を借りると荷物や返却の手間が増えるし、ホテルとカフェのWi-Fiだけでもなんとかなりそうだけどちょっと心配… ということで最近お守り替わりに1枚持ってるのが olleh Wi-Fi zone にアクセスできる olleh Wi-Fi CARD です。(回し者ではありません 笑) これは olleh KTというキャリアの、おそらくソウルでは一番APの多いWi-Fiサービス。地下鉄・駅・コンビニではほぼ間違いなく、また多くの飲食店でもアクセスできるため、商業密集地なら道を歩いていてだいたいどこかのWi-Fiが拾えます。 そして、このアクセス用のPINナンバーをスクラッチカードで販売してるのが olleh Wi-Fi CARD です。 すごく便利だなと思うのは、安さと買い易さと買い置きできる点! ●安さ 基本は、24時間で3300W 4DAYカードは9900Wなので、1日分おトクです。 24時間過ぎると一旦アクセス権が切れるので、また必要な時になったらPINを入力し直します。 ●買い易さ カードはコンビニのiTunesカード等と同じエリアに置いてあるので、韓国語が話せなくても自分で探してレジへ持っていけば買えます。 もし見つからなければ「オッレ、ワイパイカド、イッソヨ?」と聞いてみると店員さんが対応してくれると思います。最初はセブンイレブンのみの販売だったようですが、今はCUでも見かけるし、観光地なら置いてる確率は相当高そう。 ●買い置き可能! このPINは購入してから1年有効なので、1年のあいだに好きな4日それぞれ使えるというスタイル。プリペイドならではの使い易さです。 絶対にどこのコンビニにも置いてるわけではないので、嵩張るものでもないし、私は見つけたら数枚買い置きしてます。 <ここに注意> このカードは、現金でしか購入できません(クレジットカードでは決済できなかったハズ)。なので、クレジットカードで何でも買えるソウルではありますが、少しだけ現金を用意しておいてください。 実はカードタイプではなく、レジで注文してレシートにPINをプリントしてくれるシステムもあるんだとか。 カードのゴミが増えずいいなあと思ってるのですが、店員さんに徹底周知されていないと聞いたことがあるので、韓国語が流暢に話せないとかえってトラブルになりそうでチャレンジしていません。 日本でもSIMフリーが入手し易くなるまであと少し。それまではイザというときのためにお財布に常備しておきます。
0 comments
7
Comment
4