kecotte
1,000+ Views

日本発ボードゲーム、その名も「枯山水」

この写真、お寺の紙芝居じゃありません、国産ボードゲーム「枯山水」のパッケージです。

正直言って「枯山水を競うってどういうこと??」と全く想像できませんが、そこはかとなく魅力的な匂いがするのはなぜでしょう…
メーカー説明に「自らの庭で、禅の精神と芸術性を最も良く表したプレイヤーが勝利します」とありますが、これだけではゲームとして成立してるのか実際にやってみるまで信じられない気すらします。

ちなみに、こんなに渋いのに対象年齢は10歳以上だそうです。





既に2014年11月発売からじわじわとTwitterで話題になっていたそうです。

私はwithnewsで知りまして、それから引用させていただきますと、

“タイルを敷き詰めた庭園には、「座禅」によって稼いだ「徳」ポイントを使うことで、好きな形の石を置くことができます。” “大きな立石が置かれたコケのタイルが2つ並ぶ「蓬萊山ボーナス」、2×3枚のタイルの対角に石がある「桂馬置きボーナス」”
などと罠のようなキーワードがじわじわと迫ってきます。実際読んでみてもよくわからない説明なのに、期待感だけは増す一方。小堀遠州なんてカードを切り札にどんな技を使えるのか気になってたまりません。重森三玲だって使えます。




おまけに、ボードには実際に石などのパーツを並べられるようです。しかもこの石、メーカーの社員さんが手作業で着色しているそうで、それを聞くとますます並べてみたくなります。きっと一つ一つ微妙に違うんでしょうね。そうであってほしい。

お値段は8100円と安くはありませんが、メーカーサイトは在庫切れ。社員さんの作業が追いつけば補充されることを願って、絶対入手したいと思ってます。これ、今年一番欲しいかも。遊んだら感想追記しなければ。

あと、このメーカーさんは海外ゲームの翻訳をメインにされてるそうなんですが、むしろ「枯山水」を海外向けに翻訳・販売されたら面白そうなんですけどね。周りの外国人にプレゼントしたくなるなあ。

枯山水 Stone Garden

希望小売価格:8,100円 オリジナル発行元:New Games Order



Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
眺めながらしっとりするスマゲー、伝説の旅団
ボードゲーム界の任天堂?!オインクゲームスが作った!、って話を長々して、褒めちぎろうと思ってたらなんか、あんたすごいよ。 Bitsummit2015 -A KYOTO INDIE GAME FESTIVAL- ビジュアル・デザイン最優秀賞ノミネート! だそうでした。 どこもかしこも、褒めまくっているので、もう書くことない。やってみて! 必要にして十分なゲームシステムが深い戦略性を生み出す 最大3体のキャラが参加するオートバトルが特徴のファンタジーRPG http://gamedeets.com/archives/11136 ある夜、突然100体の「眼」が襲ってきて、すべての街から火を奪っていった――という冒頭から始まる『伝説の旅団』。限られた仲間たちを上手にやりくりして戦い抜くオートバトルのシステムが特徴的だが、細かな操作を必要としない、ある意味で近年のアプリゲームらしい造りといえる。極限まで単純化されたシステムはボードゲームを手掛けるメーカーだけあって、必要にして十分。寓話めいた世界観を楽しみながら、世界を救う旅に出てみよう。 このゲーム、全然アクションとかないです。 「GO!」ボタンを押すだけなので、もうモノタリないくらい。で、も。 とにかく、セピア色のゲーム画面がしっとり楽しめて、手軽なのに手軽でない感じなんなのだろう。眺めているだけでいろいろ気になってきて。夏を忘れさせる。あ、夏が終わるうううう。 伝説の旅団 iOS版
窓からはイサムノグチが手がけた石庭も!丹下健三建築の草月会館のカフェ
港区赤坂にある建築家・丹下健三氏の設計「草月会館」にカフェがオープンしていました!手がけたのはデザインオフィスnendo。天井や壁面には触れずにそのまま残したそうなんですが、やはり床が違うとここまで印象がかわるとは。(下の「レストラン薔薇」と見比べてみてください) 以前から使っていたエーロ・サーリネンの「チューリップ・チェア」「チューリップ・テーブル」も補修してマットブラック塗装を施して再利用したそうです。木目に黒い家具、というのがシックでモダンな印象を引き立てています。 窓からは、イサムノグチの石庭、さらに高橋是清翁記念公園、赤坂御所の緑も楽しめます。そんな贅沢な場所でいただけるコーヒーが目黒の人気店「Switch Coffee Tokyo」のものだというからもう言うことなしですね・・・そして大きいテーブルには電源もあるらしい。 すばらしい。。 ちなみに、こちら公式ページでは、「草月指導者連盟会員のくつろぎの場として ご利用いただけます」との記載がありますが一般の方でも大丈夫のよう。ただ、土日は空いてないようなのでその時点でハードルがかなりあがってしまいますが。 いつか機会見つけていってみたいです。 ちなみに、こちらが改装前の「レストラン薔薇」。やはりちょっとレトロな印象が強いですよね。これはこれで好きですけど・・ connel coffee http://www.nendo.jp/jp/works/connel-coffee/space/?genre http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13185974/
函館カフェ3「cafeハルジョオン・ヒメジョオン」
久しぶりのこのコレクションの更新。(あ、ぜひフォローしてくださいね笑) このカフェは函館駅に近いのですが、道の奥へと進んでいかないとたどり着かないような分かりくい場所にあるので、観光客はあまりいなく地元の人であふれているカフェ。 お店のHPによると、「平成15年8月に、函館市大手町の明治45年に建てられた古い2階建ての土蔵を改築」してこのお店を開店したそう。 函館には、こういう古い建物を改築してカフェに使っているお店が多く、しかもセンスが多いお店が多いのです。(Uターンしてカフェををオープンする人も多いんですよ!) 中はこんな感じ。1階がカフェで、2階が雑貨などを売っている「リーブス・クローゼット」というお店。店内には、谷川俊太郎の本や木馬も置いてあって、子供も楽しく過ごせそうな雰囲気の場所である。カップル率も高い。笑 写真は、「ベトナム風ナスと豚肉の炒めご飯」 他にも、ボリュームのある料理「ステーキごはん」やデザート系の「りんごとさつまいものタルト」など、メニューいっぱい。しかも全部美味しいから、迷う。 写真はRettyより。 住所:函館市大手町3-8 営業時間:11:30〜14:30(ランチタイム)、14:30〜17:30、ディナー:17:30〜24:30 LO23:00 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日) アクセス:市電 「魚市場通」電停 下車  徒歩2分 駐車場:有(約8台)
和菓子のお雑煮、花びら餅
お正月休みも終わりますねー。個人的に毎年だいたい大掃除して実家に行って帰ってきたら終わってるという慌ただしい休暇なので特に嬉しくもないんですが、この時期に楽しみなのが花びら餅です。 大大大大好物で、和菓子の中で一番美味しいんじゃないかと思うくらい。お正月前後しか販売されないので飽きるまで食べすぎないのもいいのかもしれません。 もとは宮中雑煮という食べ物からお菓子になった経緯のため、味噌餡と牛蒡がベーシックな中身のようです。私がいつも買う仙太郎さんのは人参も入っていてますますお雑煮。古式ゆかしく牛蒡も二本です。詳しくはこちらを。 お正月限定菓子なのであちこち食べ比べる機会もないのですが、今まで食べた中では仙太郎さんの味が一番好みでかれこれ10年くらいいただいてます。 牛蒡も人参も餡もそれぞれとてもいい味な上に、口の中で一緒になるとこれまた絶妙のバランス。味だけでなく食感や香りや水分もパーフェクトなんじゃないでしょうか。販売されてるうちにあと3回は食べちゃおう。 と、こんなに褒めておきながら実はほかにも美味しい花びら餅があったら食べてみたい。たまには違うお店で買ってみようかなあ。 「ここの花びら餅はすんごいよ」というのがあったら是非教えてください! 仙太郎
アメトーク!!で再注目桃太郎電鉄マニアックス!
業界視聴率ナンバーワンのアメトーク。DVD売り上げも半端じゃないこの番組で取り扱うとお店で無くなってしまうという、マツコの知らない世界に並ぶ注目度の高さ! そんなアメトークで取り上げられた、「桃鉄」の愛称で知られる、パーティーテレビゲームの雄「桃太郎電鉄」が今大注目だ。 え。桃鉄を知らない? といったジェネレーションギャップにはちょっとした原因が。 そのあたり解きほぐしていくぜ! 桃鉄とは… サイコロを降って、モノポリーのようにコマを移動し物件を購入。お金を儲けていくテレビゲームでやるボードゲーム。対戦がとにかく熱いのだ! 1.今、桃鉄はみんなで遊びにくい! 桃太郎電鉄は、ファミコン時代に発売されたのが一番最初。そこから20数年に渡り、新作が出続けていたのだが、実は新しい家庭用ゲーム機版は2010年から発売されていない。 (アメトークで芸人がやっていたのは、おそらくWiiの2010版) だから、今リビングで桃鉄をやろうとすると、WiiUで古いWiiのゲームをやるか、PS2などの古いゲーム機でやるしかないという。。 確かに、桃鉄知らない人がいても仕方がない。 ※ちなみに今、桃鉄はアプリで楽しめる桃太郎電鉄 JAPAN+ http://www.konami.jp/products/momotetsu_japanplus/ 2.生みの親「さくまあきらさん」が新作作らないっていった 番組中でも取り上げられていた生みの親さくまあきらさん。 実はこの方は、あのドラクエの生みの親堀井雄二さんともつながりがあるゲームレジェンド。黄金期のジャンプ編集部にも関わりがあり(ジャンプ放送局を知ってるかな)、とにかく凄い人。 参考:「どんな子供でも遊べなければいけない」 黄金期のジャンプ編集部で叩き込まれた”教え”が生んだ大ヒットゲーム「桃太郎電鉄」 参考:「桃鉄の生みの親」さくまあきら氏スペシャルセミナーを神戸電子専門学校で開催! ところが、なにが理由かわからないが、新作を出さないとさくまさんが宣言してしまった。どうやら原因は、現在の桃鉄の権利を持っているコナミとの方針の違いと言われているが、真相は業界のことでよくわからない。 3.生みの親会社ハドソンも実はもう無い ゲーム好きの人なら知っているロードランナーやスターソルジャーなど伝説のゲームの数々を生み出したハドソン。16連射の高橋名人もハドソンの社員だった。 このハドソンが桃太郎電鉄を作った会社だったのだけど、実はこの会社はもうすでにない。コナミが吸収して、結局ブランドも無くなってしまったのだ。 さくまさんだけではなく、制作スタッフもバラバラになってしまったようなのだ。 そんなこんなで、桃鉄は実は結構厳しい状況で、いっときのブームが(CMもたくさんやっていた)比べるとピンとこないも致し方ないかも。 それでも最近はボードゲーム版なんかも出たりしてまた復活の兆し?! 桃太郎電鉄ボードゲーム 大どんでん返しの巻 http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/momotetsu/index.html 次の桃鉄が出る事を祈って! さくまさーん、まってまーす!
おそロシ庵、ソ連はんこの再販を検討中
上から、レーニ印・スターリ印・ガガーリ印となっている。何も知らなければ味のあるハンコだが、しかしどうだろう。しばし受け取った時の気持ちを考えてみてほしい。 スターリ印で押された『処理済』 この髭のおじさんは岡田眞澄ではないのだ。もはや命の保証がないような気がするのは僕だけではないはずだ。生きながらえるために未処理案件をいつまでも処理中に留める可能性もなくはない。これぞコルホーズ的生き方! さて、サイトによると『おそロシ庵』というメディア(諜報機関かもしれないが表向きは謎のメディアだ)についてこのように紹介されていた。 ロシアの面白情報、ロシア人からみた色々な事。ネット上での「おそロシア」のみではなく、リアルなロシアの情報をお届けしたいと思っています。 ソ連はんこの販売に至る過程は謎に包まれている。どう考えてもリアルなロシア情報でもロシア人から見た情報でもなさそうな気がするがいかがなのか。 話を元に戻すと、これらのはんこはすでに販売終了したようなのだが、このたび再販を検討されているらしい。こちらのページから送られる反響が大きければ再販が決定されるようだ。ここから送信しても即注文という扱いにはならないようだが、今日中に送信した人から抽選でクリスマスプレゼントが当たるようだ。処理したいみなさんは送ってみよう。 ソ連はんこプレオーダー
芸術祭:芸術鑑賞という名の旅「瀬戸内国際芸術祭2016」
少々乗り遅れたが、瀬戸芸が3/20に始まった。 新潟で行われている大地の芸術祭についで注目度の高い国内芸術祭だろう。今回で第3回となる。 特徴的なのは、言い方は悪いが「行きにくいところ」だと私は考える。 ちょっと大げさな旅になるとでも言おうか。 //瀬戸内海12の島などに国内外のアーティストの作品が展示されています。// (直島 / 豊島 / 女木島 / 男木島 / 小豆島 / 大島 / 犬島 /など) 新潟も似てはいるがやはり島へ行くというのはコストもかかる。ただしその分記憶に残る体験になるとも言える。 芸術祭をきっかけに移住者が急増というニュースまであった。 http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/feature/post_108468 この盛り上がりは、大地の芸術祭でも名前が出ている北川フラム氏の力もあろうが、やはり、福武財団理事長で、ベネッセホールディングス最高顧問の福武總一郞氏の存在は大きいだろう。 あまりにも規模の大きいイベントであるが、3期間に分かれゆったりと楽しめるのも、ありがたい。 瀬戸内国際芸術祭2016 春|2016年3月20日[日・春分の日]4月17日[日]29日間 夏|2016年7月18日[月・海の日]9月4日[日]49日間 秋|2016年10月8日[土]11月6日[日]30日間 販売価格 一般:5,000円 高校生:3,500円 ※価格は税込 http://setouchi-artfest.jp/ せとうちはなかなか遠いが、だからこそ地域を味わう切り口として、芸術旅参加してみてはどうだろうか。心理的な山を乗り越えていくことで、強い記憶になって、個人的体験がつくられるだろう。 国内のイベントとは思えない会場地図。印象的だ。