kecotte
3 years ago1,000+ Views
ORION で星空をキャッチ!
これは、AUDREYさんが考えたガジェット「ORION Stargazing Companion」のコンセプトムービー。まだコンセプト段階とはいえ、見てると夢と期待が膨らみます。 日本語の記事がまだ少ないけど、この記事によるとAUDREYさんはフランスのプロダクトデザイナーだということです。ムービーでは、縁が固定されていない虫眼鏡っぽい形状のアイテムを使っていて、これを星空にかざすと虫眼鏡のレンズにあたるグラス部分に星の説明や星座としての輪郭が浮かび上がってます。天体観測の望遠鏡に、Googleグラス的な機能を持たせて、手軽に見上げられる形に仕上げた、という感じでしょうか。

広い空を観察するのになぜ虫眼鏡??

これ、私が最初に感じた疑問なんですが、ムービー中盤に答えがありました。
夜空にかざしてグラス部分の淵をなぞることで目的の星座や星を捕まえて、楽しんだあとは本体を振って星をリリースしてあげる、という動きがあります。なるほどの虫眼鏡型というか、この辺は昆虫観察の動作に近そうで、だからなのかーと納得。
空に近づけたり遠ざけたりでズームできるのも含めて、このムービーのように子供だったら、先にリアル虫眼鏡使ってるとすぐに使い方がわかるんだろうなーという感じがします。



観察する以外に、プラネタリウム機能も検討されてるようで、これはPCからデータをダウンロードする様子がムービーにありました。
これ、さっきまで外で観察してた星に連動してその星座の部分がクローズアップやマーキングされた形で投影されるとか、メイン機能との関連性があるともっと良さそうだなーと勝手なことを思ったり。ただ子供だったらいつまでも寝てくれなさそうだからこれくらい漠然とした環境映像みたいなほうがいいのかな(笑)。
実際に製品化されるまでにはどれくらいかかるんだろうなあ。
東京で星空が綺麗に見えるのか?という別の問題はありますけど…でも楽しみです!

ORION - Stargazing companionfrom

Audrey YRIEIX




0 comments
2
Comment
5