Jona3
3 years ago1,000+ Views
「瞬発力と持久力」の大規模蓄電システム、伊豆大島に導入
本土よりも人と電力消費量が少ないけど、独立した発電システムが必要になる島。また、発電システムが稼働しなくなったときに備え、ある程度蓄電もしなければならない島。 こういう島の使い方もあるのか。 新たな電力需給のモデルになってもらい、事業の対価に補助金等を受ける。事業実施に人が集まり観光需要が発生。 電力会社、官公庁や研究所は島です得たデータをもとに内地のテストに移る。 地域の人たちはうまい電力システムを見物しに島へ訪れる。ここで若干の観光需要。 こうはうまくいかないんだろうけど、今日の妄想でした。 スマートジャパン 「瞬発力と持久力」の大規模蓄電システム、伊豆大島に導入 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1501/05/news082.html
0 comments
3
Comment
1