kimukimu
1,000+ Views

現在解体中の国立競技場の建設風景

これは貴重。
大正13年に建てられた明治神宮外苑球技場の跡地にできた国立競技場だけど、もともと、現在の国立競技場は、東京オリンピック開催に伴い建てられたのではなく、昭和33年に行われる第3回アジア競技大会開催のために建設され、この大会が成功により、東京オリンピック開催が決まったとか。
なお、大量のコンクリートが必要になったため、敷地内にコンクリートの製造設備が建てられたり、当時まだ珍しかった排水設備が整った水はけの良い人工芝のグラウンド作りが行われたり。
そして、約1年で当時東洋一といわれた国立競技場が完成したんですね。で、この競技場は2020年開催の東京オリンピックために、これから壊していくんですね。
昨年はさよならイベントなるものが、スポーツのみならず、コンサートイベントも多数行われて、それ相応の盛り上がりがありました。現在は、新国立競技場のデザインで揉めてたり、解体時期が延びてしまったりと話題はつきないけれど、新しくできる競技場が楽しみ。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
北島康介さん、素晴らしい選手人生でしたね〜^^
私今まで北島選手のお顔は恐いイメージがあって苦手な方だったのですが、引退記者会見の時のおだやかなお顔はとても素敵でしたね〜!本当に長い間大変な道を歩まれて、おつかれさまでした。 スイムキャップを被っていると目が吊り上がって見えてしまって怖かったのかもしれませんが、今回は完全燃焼されたからのようにも思いますし、競技人生の追い立てられるような生活がなければ本来こういうお顔の方だったのかもしれませんけど、本当に気持ちよいすがすがしいお顔でした。顔のことばかり申し上げてお恥ずかしいですけど…^^; ちょうど同じタイミングで対照的なバドミントンの件があったのも相当あると思うのですけど、やはり誰もが想像を絶する努力をなさる中でも世界のトップに上り詰める方というのは、人間として立派な方なんだろうなと会見のお話を聞いてても思いました。 最後も、やれるだけのことをなさって、ご自分で状態を確認して、判断して引退を決められたのですものね。スポーツ選手の方の引退って色々な形があると思うのですが、本当に拍手を送りたくなるような一連の出来事と観ておりました。 スポーツには疎い方ですので、オリンピックですとかニュースであの有名な名言やメダルのことを見聞きする時くらいしか記憶になかったのですが、この方、トータルでは二回のオリンピックで金メダル二つずつも取ってらっしゃったんですね。一方でご自分の会社も運営して水泳人口の育成も手がけてらっしゃったり本当にご立派です。 お相撲の白鸚関もそうですけど、トップに立つ方はやはり相応しい佇まいと振る舞いと風格をお持ちの方の方が快く応援させていただけますね。私最近清原選手のことなどでも残念な気分でおりましたので、今回はチョー気持ちよく拝見いたしました。^^
東京2020大会エンブレムの見方について
僕は以前エンブレムの選考が白紙撤回になった時にこれを投稿しました。 4つの最終案が発表された今も、考えは変わりません。この選考はやはりおかしい。 最終的に残った案がプロのものかアマチュアのものかは現時点で発表されていませんが、この中のどれかひとつが実際に東京オリンピックのエンブレムになって、日本で開催される世界的イベントのシンボルになるということが信じられない思いです。 同時に、その程度のお祭りなんだなという別の感情も湧きました。誰からも文句を言われないことが最重要事項であって、大会を支える展開ができるデザイン性なんてどうでもいいのかもしれない。そして正直になれば、僕もオリンピックなんてどうでもよかったかもしれない。 最終候補作品に関する意見募集という窓口が用意されていますが、僕はここに書込む気にもなれません。そもそも意見の内容よりも、何十万という国民の意見を聞きました、という数字上の裏付けを作るための装置だと感じているからです。 しかし、すでに4案についてはみなさんも話題にしているし、意見を送る人もいると思います。 そこで、僕はこれらについての印象を確認する時に、ひとつだけ提案したいと思います。 エンブレムは単体で見てください。できれば大きくしたり小さくしたり、実際に使われる状態を想像してください。 オリンピックとパラリンピックは同時平行には開催されません。それぞれのエンブレムは、基本的に現在発表されているような並びで使われることはほとんどないでしょう。二つ並んでいると補完されていることも、それぞれ単体になった時に補いきれない欠点が見えてきます。 まだ2016年ですが、僕の2020年東京オリンピックは終了しました。
函館に行ったら、寄ってやってみたい!大沼公園のカヌー!!
僕が函館に住んでいたとき、よく行ったのが大沼公園。 函館中心部から20km、五稜郭駅・函館駅から電車でだいたい1時間くらいのところにあります。七飯町・鹿部町・森町にまたがる国定自然公園です! そこで、僕が気に入っていたのは大沼でできるこのカヌーです!!! なにが面白いって、コツをつかめば結構すぐに漕げるようになるんですよね。 しかも、この大沼公園には、クロスカントリーのオリンピックにも出場したこともある(?)という、名物ガイドがいます。名前は、「ヒゲさん」。 この大沼でやるカヌーの楽しみは、 離れ小島「ハンモック島」へカヌーで行くこと。 そして、島にカヌーをつけて、ハンモックで寝るんです。写真の人は、ブランコに乗ってるけど!笑 これはあったかなあ・・・? 僕は、ハンモックでひたすら誰にも邪魔されない極楽を味わっていました。笑  この小島には、カヌーでしか行けないので、秘密基地のようなワクワク感を味わえます。そして、子供のように興奮してしまいます。 あの「ヒゲさん」ガイドがいるのは、「イクサンダー大沼カヌーハウス」! キャンプもできるコースもあるみたいだな。こんなのやったら、一生の思い出になりそうだ。一回やったら「カヌーを趣味にしたい」と思うかも。笑  趣味がカヌーなんてカッコよくないですか? カヌー 2時間コース(お茶付き) 9時、13時出発 早朝ツアーは6時、ナイトツアーは19時出発 1名様4,000円(小学生1名様3,000円、小学生未満無料) 1名様より催行 カヌー 3時間コース(ピザ付き) 9時~11時の間で出発 1名様6,000円(小学生1名様5,000円) 2名様より催行 (1名様のみの催行は10.000円) 「イクサンダー大沼カヌーハウス」 〒041-1354 北海道亀田郡七飯町 大沼町22-4 Tel/Fax 0138-67-3419
ジネディーヌ・ジダン
ジダンと言ったらやっぱりまずコレ! UEFAチャンピオンズリーグの2001-2002シーズンの決勝、レバークーゼン戦でのボレーシュート!完全にゲームか漫画の世界ですよ。フットボール史に残る伝説のゴール。ちなみに彼、利き足は右なんですよ? このゴールが決勝点となり、自身初のチャンピオンズリーグのタイトルを手にしています。 もう1つ、忘れちゃいけない有名なのがコレでしょねw 2006年のドイツW杯決勝。マテラッツィへの頭突き事件。 ちなみに、ジダンはこの大会前に「この大会を最後にサッカー選手として現役引退する」ことを表明しており、この退場する姿がまさに選手としての最後になってしまったという... こちらは2010年にルイ・ヴィトンの広告写真のモデルに抜擢された1枚。ペレ、マラドーナとの3ショット!!! おそらくYouTube上で最も再生されているジダン関連の動画。再生回数は約2千万回!!!! 本名:Zinedine Yazid Zidane 愛称:zizou(ジズー) 国籍:フランス 生年月日:1972年6月23日 ポジション:MF 利き足:右 所属:カンヌ(1988-1992)→ ボルドー(1992-1996)→ ユベントス(1996-2001)→ レアル・マドリード(2001-2006) 風貌も含め、ここまでファンから愛される選手も珍しいかと。その上で、所属クラブでも、代表でも、個人でも、獲るべきタイトルは全て獲っているあたりが未だに衰えない人気の要因でしょうな。個人的には、マドリーへ移籍した時につけた背番号5というのが印象的。
東京五輪エンブレム 最終候補の4作品発表
いろいろと「アレ」な東京オリンピックのエンブレム選考。8日に4つの候補が発表されました。この中からはがきやインターネットで作品についての意見を募集し、その意見を参考にエンブレム委員会21人で議論し、委員による多数決で1点を選び、同じ日に行われる組織委員会の理事会の承認を得て、今月中に新エンブレムが決定するそうです。 https://www.emblem-comments.jp では、どんな候補があるか見てみたいと思います。 組市松紋 歴史的に世界中で愛され、日本では江戸時代に「市松模様」として広まったチェッカーデザインを、日本の伝統色しょくである藍色で、粋な日本らしさを描いた。 つなぐ輪、広がる和 選手の躍動と観客の喜びがつながってひとつの“輪”となり、世界に広がってゆく平和や調和の“和”を表現。 超える人 俵屋宗達の風神雷神図や浅草雷門(風神雷神門)など、古くから日本人に愛されてきた風神・雷神をモチーフに、ゴールテープを切る一瞬の躍動感や、「自己ベスト」を目指し、超えようとする選手たちの姿勢を描いたデザイン。雷神の太鼓を花火に、風神の風袋を虹にたとえ、平和、多様性、調和の思いを込めた。 晴れやかな顔、花咲さく 「自己ベスト」を尽くすアスリートと、彼らをたたえる人々の晴れやかな表情。その感情の動きを、空らに向いて開花する朝顔(英語名:morning glory)に重ねた。朝顔の種が芽を出し、蔓を伸ばして花を開き、再び実を結ぶ成長の過程が、大会への期待感や次世代への継承を示している。 どれもいい感じですねー。 特設サイトのフォームから意見を送ることができますよ。 https://www.emblem-comments.jp
松岡修造、いきものがかりに痛烈な一言
いきものがかりの『ありがとう』。 多くの方も知っているであろうこの(J-Popシーン的に言えば)名曲の歌詞に会心の一撃を加えた男がいる。 その男の名は松岡修造。 彼は一体何と言ったのだろうか。まずは『ありがとう』を聞いてみよう。 この曲のサビの歌詞。一度聞けば頭に残るこのフレーズに対して松岡が一言物申したそうだがそのエピソードを紹介したい。 ”15日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で、いきものがかりが、松岡修造に叱られた過去を明かした。 いきものがかりは、今年でデビュー10周年を迎えており、この日はヒット曲の「ありがとう」と「じょいふる」のSPメドレーを披露することとなった。曲前のトークコーナーで、タモリは「『ありがとう』の思い出はありますか?」と、曲にまつわるエピソードを尋ねた。 すると、作詞作曲を手掛けた水野良樹は「ある番組で松岡修造さんに、『“ありがとうと伝えたくて”じゃなくて、伝えろよ』と怒られたことがあって」と明かしたのだ。曲ではサビの部分に「“ありがとう”って伝えたくて あなたを見つめるけど」というフレーズが使われている。” http://news.livedoor.com/article/detail/11421148/ より引用 納得の一言だ。 こんなクヨクヨしてる話を歌詞として聞かされる方もたまったもんではない。 今後いきものがかりの綺麗事をツラツラと述べたような歌詞がこの一言を機に変わることを祈るばかりだ。
スペシャルオリンピックスへ関心を向かせた、あるサッカー選手の行動
ベルギーのサッカー選手、Kevin De Bruyne(ケビン・デ・ブルイネ)さんは、ある日、自身のツイッター上で、このようなツイートをしました。自分の顔に、ダウン症の方の顔を合成した写真と共に。 Would you still be my fan if I looked like this? こんな感じになっても、まだファンでいてくれるかな? さらに彼は「Does De Bruyne deserve fewer supporters now?(デ・ブルイネのサポーターは減ってしまうだろうか?)」というメッセージがついた上の写真を投稿。この行動は、ファンの間で物議を醸しました。 なぜ、彼はこんなことをしたのでしょうか? 実は、この彼の突然の行動はスペシャルオリンピックスのキャンペーンで、あまり注目を浴びていなかった、このスペシャルオリンピックスへ関心を集めるために行ったことだったのです。 このキャンペーン、ほかの有名スポーツ選手も行っていました。 さらに、デ・ブルイネさんはその物議を醸したツイート後、このようなツイートをしています。 Come see the Special Olympic Games. Because every great performance deserves a great audience. スペシャルオリンピックスの試合を見に来て。すべての最高のパフォーマンスには、最高の観客たちに見てもらう価値があるから。 彼のツイッターはここ:https://twitter.com/DeBruyneKev/ かっこいい。このときに行われたスペシャルオリンピックスのヨーロッパ夏季大会の開会式と閉会式のチケットは、完売。実際に多くの観客を集めることに成功しました。 今まであまり触れられてこなかった領域に、あえて踏み込み、人々に問いかける。 心が動かされる広告ってこういうことなんだな〜。
つば九郎のブラックジョークが絶好調すぎる!!
 これまでにも様々な場面で余りの畜生っぷりを発揮する余り、ネット上などで 畜生ペンギン、略して”畜ペン”と呼ばれているつば九郎。  そんなつば九郎のブラックすぎるジョークが絶好調すぎるので紹介しておきたい。 ”今日からの神宮球場での試合、フジテレビが中継を行うので朝からフジの番組に出演し広報活動を行っているのだが、めざましテレビでは やくるとは しょうりがほしい  ふじてれびは すうじがほしい。 とスケッチブックに書いて、低視聴率にあえぐフジテレビをバッサリ。” http://news.livedoor.com/article/detail/10758454/ ”また、先日は がっつぽーずをかえしてください まなかのけん と、ドラフト会議で当たりクジを勘違いしてガッツポーズしてしまったヤクルトの真中監督をいじったり、はたまた くいず とばくはっけん と、現在球界を揺るがしている野球賭博までネタにしてしまうフリーダムっぷり” を遺憾なく発揮している。 http://getnews.jp/archives/1130076  また、こちらのリンクでも、先日のオリンピックのロゴ問題で発生した盗作問題にストレートな攻撃をしているなど 様々な場面でホットな話題に積極的に切り込んでいく 姿勢は実に応援したくなるものだ。  こういった畜生っぷりはつば九郎のオフィシャルブログでも時折発揮されているようなのでブラックな時事ネタが大好きな方はチェックしておくのが吉であろう。http://ameblo.jp/2896-blog/  当然ながらプロ野球の中心は選手であり、試合であることは間違いないが、陰から時折ブラックで、時折お茶目な話題を提供し続け プロ野球への世間の感心を様々な角度からサポートするつば九郎 はマスコットキャラクターの鑑とも言える。こういったブラックジョークも彼なりのプロ野球を今一度盛り上げんとする意思の現れであると考えれば、彼のその涙ぐましい努力にひたすら感心するばかりだ。 今後も迷うことなく畜生道を突き進んでいってほしい。