Jona3
3 years ago1,000+ Views
舛添レポート 「東京がひとつになる日。」を実現できた東京マラソン2015の成果と、今後の課題
今回は世界中からランナーが参加したようです。 通訳とか、翻訳マシーンと活躍したみたいです。 沿道で見てて思ったけど、すげー色んな人がランナーに声援を送ってて微笑ましかったです。 たくさんボランティアスタッフがいたけどらオリンピックに向けてボランティアスタッフを育成する意味もあったんだなぁーと感心しました。 色んな課題とか問題点はあるみたいだけど、解決して国際的にも素晴らしい大会にそだてていきたいですね。 約5000人の外国人ランナー(台湾1367人、アメリカ708人、中国510人、香港476人、イギリス295人など88の国・地域から参加) http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42223
0 comments
3
Comment
1