masako
3 years ago1,000+ Views
和装ウエディング♥模様の意味
着物の模様にはそれぞれ素敵な意味があることを知りました( 〃▽〃) 絞りが沢山入ってるから、刺繍がほどこされていて華やかだから~と言って、選ぶのも良いけれど、その模様❪柄❫に込められた意味を知って選ぶのも一つ楽しみ♪ 今回は、和装ウエディングを調べていて、模様一つ一つに意味があることを知りました(@ ̄□ ̄@;) これを知っていれば、お呼ばれした時の楽しみが増えますよね☆  ◈百花の王、牡丹◈ とっても豪華な牡丹の花は『幸福』『富貴』を意味します♡小さな丸いつぼみから大輪の美しい花を咲かせることが由来となってます。また、『最高峰を表す模様』 高貴な意味合いを持つ牡丹の柄の着物は、昔は高い身分の人しか着ることを許されなかったほど。さすが百花の王♡存在感抜群~ ◈長生きできる、鶴◈  鶴は『生命力の豊かさ』『長寿』を意味する神秘の鳥。『鶴は先年、亀は万年』というのは、みんなさん知っていますよね~♪ そして、『末永い幸せを願う模様』 古く平安時代から長寿延齢の鳥として尊ばれてきた鶴の模様。おめでたいことがあったり、幸せを祝う場の着物の模様。 込められた意味はもちろんですが、その姿の美しさから長く愛され続けている模様です。 また、『鶴の夫婦のように愛して』♡ そして一度夫婦になると一生添い遂げる唯一の動物である、鶴。 これから新しく家庭を築いていく、2人にぴったり(* ´ ▽ ` *)ノ ◈梅の花◈ 厳しい冬を耐え忍び、春一番に美しい姿を見せてくれる梅の花。「忍耐力」や「美」を表す、美しくも力強いお花です♡ もうひとつの意味は、 梅(うめ)は、「産め」との掛詞から、安産祈願も込められているの事です! 着物の模様の素敵な意味を知って、賢く素敵な花嫁になりましょ♪ 意味を知って着るのと知らないで着るのとでは、 その価値事態が違いますもんね(*`・ω-)ノ (@意味に関して、ウエディングサイト等参照)
0 comments
4
Comment
1