lovebeauty
3 years ago1,000+ Views
羊のクリームが肌をぷるっぷるにするらしい
「羊のクリーム」といっても、羊を傷つけてつくるようなものではないのでご安心を!
これは羊の毛に付着している分泌脂質、ウールグリースを精製した「ラノリン」という物質のことで、コレステロールや分岐脂肪酸など、ヒトの表皮脂質に似た成分が多く含まれているのだそう。そのため人肌と親和性が高く、高い保水力で肌を守ってくれるというわけですね。
ラノリンの効能は羊の放牧をしている人たちの手がいつまでもなめらかで美しかったことから発見されており、クリームは赤ちゃんでも使えるのだそうですよ!
0 comments
2
Comment
3