atsu55
3 years ago1,000+ Views
“何でもあり”がウリ?シンガポールの「tcc」が日本上陸
シンガポールで28店舗を展開する「tcc」の海外初進出店が2月16日、東京・銀座にオープンしました。
tccはシンガポールのガイドブックに必ずといっていいほど載っている定番スポットで、観光客にも地元民にもなじみ深いローカルチェーン店だそうで、産地を限定した豆を使ったコーヒーや生クリームたっぷりのラテメニューをはじめ、本格的なステーキやシーフード料理まで楽しめるというバラエティー豊かなラインナップが人気の理由。カフェといいつつも、ファミレスのような感じなのでしょうか。
ただ、銀座店ではカフェメニューを提供する「tcc カフェ&レストラン」(3階)と、ステーキやシーフードメニューを提供する「tcc ステーキ&シーフード」(4階)の2フロアに分けたそうです。
「カフェスタイルの店で本格的なステーキを楽しんでもらうのは難しい。本格的な料理を食べるのにふさわしい雰囲気が必要と考え、2フロアに分けて全く異なるインテリアにした」とのこと。確かに、銀座という場所ではそのほうがしっくりくるかもしれませんね。ステーキの後にフロアを下りてお茶、っていうのもいいなあ〜。
0 comments
5
Comment
6