masamasa
3 years ago1,000+ Views
「パズドラ」ガンホー社長のインタビュー
爆発的なヒットをしたパズドラだが、森下社長はこのインタビューで短期的な利益よりも、長期的なブランド育成を考えている、と語った。
「山は作るな、山脈を作れ」といった刺さる言葉から、
高校時代には毎日カレーを食べていたエピソードであったり、そういったエピソードも仕事につなげて語っている。
特に印象的だったのがメールについてで、1週間のうち、メールを1通するかしないか、とのこと。
またゲームを作る困難さについても語っている。
"ゲームって、人がいれば作れるってみんな思っている。ゲームを作ることは、単純な作業とは違う。何て言えばいいんだろう。。泥臭い。"
自身はゲーム作りに携わったことがない。しかし、青春時代にしていたゲームを思い出すと、作られた背景などは考えたことがなかった。
IT業界に身を置いて、サービスを多くのユーザーの方に使ってもらいたいと思うし、楽しい時間を過ごして欲しいとも思う。
ヒットを狙わなければならないのはあって、圧倒的な成功をしたサービスをみると、とても気になる。
飽和市場にあるスマホ市場を、ブルーオーシャンに変えるようなゲームを考えているとの話は、ハッとさせられた。
インタビューを読んで、この上記記事の動画を思い出した。
いい作品に触れて、いいものに触れる。自分の引き出しは十分にあるだろうか。
そして、自分がいいと思ったものを作れる状況にあるだろうか。
ハックを探したり、ノウハウを探したり、偏りがちになっていないかな、振り返ってみたいと思った。
0 comments
3
Comment
2